【口コミ感想】映画『ドラえもん のび太の宝島』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

アニメ コミック原作

【口コミ感想】映画『ドラえもん のび太の宝島』の評価評判

投稿日:


映画『ドラえもん のび太の宝島』口コミ感想ネタバレ 映画『ドラえもん のび太の宝島』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「セーラとしずかちゃんが圧倒的完全無敵最強至極の可愛さを誇っていたので大大大満足でした!」「今回のドラえもんはアクション映画!」「号泣してしまった!涙と鼻水で顔がグチャグチャに!」


上映中【2018年3月3日(土)公開】

 

子供からお年寄りまで幅広い層から支持される国民的人気アニメ「ドラえもん」の劇場版第38作。プロデューサーとして『君の名は。』などを手がけた川村元気が脚本を担当し、大海原を舞台にドラえもんとのび太の友情や親子の絆が描かれる。海賊船の船長役を大泉洋、のび太らが出会う少年の母親役で長澤まさみが声優を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

のび太(声:大原めぐみ)は「宝島を見つける!」とジャイアン(木村昴)たちに宣言し、ドラえもん(水田わさび)のひみつ道具“宝探し地図”を使って宝島を探し始める。地図は、太平洋上に突然現れた新しい島を指し示す。のび太たちはノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かうが、あと少しで上陸というところでシルバー(大泉洋)を船長とする海賊たちに襲われる。のび太たちは急に現れた敵に応戦するが、戦いのドタバタのなかでしずか(かかずゆみ)が海賊船にさらわれる。海賊に逃げられた後、のび太たちは海に漂う少年フロックとオウム型ロボットのクイズと出会う。フロックは海賊船でメカニックとして働いていたが、逃げ出してきたのだ。のび太たちはフロックから宝島の重要な秘密を教わる。はたして海賊からしずかを救い出すことはできるのか? そして、宝島に眠る財宝の秘密とは……?

●キャスト●

ドラえもん 水田わさび
のび太 大原めぐみ
しずか かかずゆみ
ジャイアン 木村昴
スネ夫 関智一
シルバー 大泉洋

●スタッフ●

監督 今井一暁
演出 八田洋介
原作 藤子・F・不二雄
脚本 川村元気
キャラクター・デザイン 亀田祥倫
音楽 服部隆之
主題歌・挿入歌 星野源

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『ドラえもん のび太の宝島』を観た人の感想、評価、口コミ

ドラえもんの映画初めて見た。
なのでかなり初心者的な感想になりますが。

うわー昭和のヒーローアニメだ、ジブリだ、近年ヒットした映画アニメだ〜って所々でそう感じる瞬間があって、
いろんなアニメに影響を受けてるなぁって思った。

ストーリーもどこかで見たことのある珍しくもないものだけど、大の大人の私が見ても純粋に面白いって思っちゃったんだよね。
ただアニメにしてはちょっと長いかな。
終盤で流れる源さんの曲最高でした!

 

やはり安心して楽しめるものだった☺️
声の違和感はしょうがないから忘れるとして、タイトルに至るところとかは同じだし、大人も楽しめる。感情表現は昔より豊かになってるし、何より敵の組織に本当の悪者はいないところは子供にもいいと思う。空き地やのび太の部屋のディテールは多少異なってたかな?後は「治外法権」なんて難しい単語、昔使ってたか?気にしてなかっただけ?
それに、しずかちゃんってあんな可愛かったっけ?自分がロリコンなだけか?笑

星野源の主題歌『ドラえもん』
彼のドラえもん愛を感じるいいテーマソング♪曲中に我々大山のぶ代世代に嬉しいメロディも‥子供と来て、親もテンション上がる所ですな😝

 

久しぶりに見たドラえもん。子供の頃見たときは、もっとシンプルだったように感じたものですが、今回のは話や設定も複雑で、ちょっと重いと感じるシーンもあった。これが今のドラえもんかと。

 

しずかちゃんはかわいい(真理)

源さんのファンとして観ないわけにはいかないと初日に駆け込みました。
ガキばっかでウザかったのですが。
セーラとしずかちゃんが圧倒的完全無敵最強至極の可愛さを誇っていたので大大大大満足でした。

あと、隣の子供たちがみんな源さんと一緒にドラえもんを歌っていて、源さんもビックな存在になったなぁ…とシミジミ思いました。

 

ほんわかぱっぱ!!!
ほんわかぱっぱ!!!
ドーラえーもーんー!!!!

 

過去のドラえもんシリーズの中では1番スペクタクルな作品ではないだろうか。
とにかくボリュームのある内容だった。
ストーリーはもちろんのことキャラの設定や細かい心情も綺麗に描けていたように思う。
何よりも今作はしずかちゃんがちゃんとヒロインを演じており、彼女の純真さが強く押し出されていて良かった。
その他に、去年の映画より更に旧ドラえもん映画の要素が盛り込まれていた。
まずはひみつ道具。お馴染みのものから旧ドラえもんでお世話になっていたひみつ道具が多数登場する。
こけおどしばくだん、救命イカダなどが見ていて懐かしく感じたが、中でも新ドラえもん初となるミニドラの活躍は必見だろう。
それと、ジャイアンの映画の時に見せる格好良さが新ドラえもんの中ではずば抜けている。ジャイアンが活躍するシーンが沢山あるのも、旧ドラ映画を彷彿とさせる。
敵のデザインや戦い方など、ドラえもんらしいポップさは残しつつ、新ドラえもんならではの話に深みとボリュームを盛り入れた内容は、子供のみならず大人も魅入られることだろう。
皆さんも是非一度、ドラえもん達と一緒に夏の海の冒険に繰り出してほしい。

 

子ども向けとしてなら十分だが、大人向けとしては(当たり前だけど)幼稚な出来。感動の押し売りが凄い。のび太がやさしすぎる。秘密道具が便利すぎ。星野源の挿入歌に違和感(この点については星野源以上に違和感が凄まじかった武田鉄矢へのオマージュなので許容範囲)。ドラえもんはもっと観客を突き放してもいいと思うのだけど、まあ売れ線を考えるならこんなもんか。

そもそもドラえもんって何でもありだから、「何が出来ないか」のルール設定が一番大変だなと。その点については川村元気相当苦慮したあとが見てとれたけど、力業で押しきってる部分もたくさんあった。親子シークエンスについても、のび太サイドのフリもシルバーの理屈も弱いので、「ああこういうことがやりたかったのね、わかるよ、わかるけど」っていうふうに見えてしまった。のび太たちもまったく成長しないし。もっとブラックジョークをちりばめて、のび太たちの成長を丁寧に描いてくれれば、って思ったけど、だったら旧シリーズ観ろって感じなのかな。

子どもは大満足。それで十分なんだけど。おっさんはブラックパンサー観よう。

スポンサーリンク

 

今回のドラえもんはアクション映画です。そして胸の暑くなる展開が盛りだくさんで、最初から最後までずっと楽しめます。
ただ物語としては、「何だかよくわからなかった」というのが正直なところ。
アクション、作画、胸熱、のいずれの要素も前作の『南極カチコチ大冒険』を上回っているように感じました。あとひとつ、知的好奇心をくすぐるような物語だと尚良かったと思います。ドラえもん映画を見たときのワクワクってそこだと思うんですがね。

 

新ドラの中で一番つまらなかった

気になったところはOPが無かった事
OPがあってこそ「映画ドラえもんが始まるぞ」感があるが、OPは無く映画に入り込むタイミングを逸してしまった

キャラの動きもいちいちわざとらしく気になる
製作者側の「俺達こんなに動かせるぜ!」と言う感じが伝わってくる

ストーリも最後に親子の愛情出しておけば感動するでしょ位の物
素材はいいだけに勿体無いでこの評価です

 

冗談に思えるかもしれないけど大長編で歴代最高クラスの映画だった。今までの作品の中で1番親子の大切さを見せているし、序盤から場面場面で親子の話を見せてくれるので唐突な印象にならず安い感動には感じなかった。のび太のいざというときの勇敢さと行動力も素晴らしい。またしずかちゃんに関しても今回は圧倒的なヒロインをしていて、かなり可愛かった。ゲストキャラの存在も大きく、クイズというロボットの存在は設定として見事。初期の頃にあったシリアスな要素も少しあるし、ドラえもんを今まで見てきた人は見ないと話にならないと思う。最後にのび太は本当に「人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人」なんだと再認識させられた。

 

しずちゃんとミニドラかわいすぎ
ドラえもんのヒゲの位置が良い。

 

リメイク含めここ数年の映画ドラえもんで1番の出来だと感じました。
とても面白かったです。

所々昔の映画の小ネタみたいなものを仕込んでたり、
親世代もあっ!と思うような工夫もされていたように思いました。

 

非常に惜しい作品。
まず、映像の質はとても高くて大満足だった。
F作品らしさの溢れるコミカルな動きを終始心がけていて、また作画的見所が非常に多かったと思う。

音楽についても、流石にベテランの方を引っ張って来ているだけあって、リッチな仕上がりになっていた。
ただ、沢田完さんではなかったこともあって、「ドラえもんらしさ」に少し欠けるものだったように感じてしまった。

ストーリーについてだが、脚本家の想いの強さは伝わってきて良かった。
しかし、脚本初挑戦ということもあってか、全体的に拙さが目立ってしまっていたのが残念だ。

台詞回しやそれに伴うキャラの造形に至らなさが否めなく、「ドラえもん」としての一線を超えてしまうような危うさがあった。
脚本補佐などの配慮をすれば上手くまとまっていたのかもしれないと考えると、製作側の至らなさが思いやられる。
また、今回は随所に過去作品のネタや定番の流れを仕込んでいたが、それもあざとさが否めない上に中途半端であまり良い心地がしなかった。
ハッキリ言って蛇足である。
それに限らず脚本は全体的にもう少し取捨選択をすべきだったし、ネタを入れるならもっと突き詰めて欲しかった。

 

ラストシーンは自分自身と重なるところもあってかとても刺さるものがあり、それだけで十分満足できた。
また、コンテ演出が非常に上手く、それが脚本の拙さもカバーしていたので妥協点といった感じだ。
来年の映画ドラえもんにも期待したい。

 

最強のひみつ道具は石頭。
「ここにいないあなたへ」が良かった。
アレは歌そのものも良いが流すタイミングが雰囲気持って行ったと思う。

 

 

 

 

 

 

映画ドラえもん のび太の宝島、南海大冒険かと思いきや……という仕掛けにまず驚愕。挑戦的だった前作からカラーが一新されたが作画や劇伴などのフレッシュさは上手く調和している印象。新ドラ映画らしい脚本ながら往年のファンも納得の傑作だと思います。しずかちゃんの百合が有る映画は名作の法則。

 

映画ドラえもん のび太の宝島、観てきました✨
一言では言い表せないほど大事なものがたくさん描かれていて、号泣してしまった😭
涙と鼻水で顔がグチャグチャに💦
源さんの歌を劇場で聴けた事にも感動でした😭

 

映画『ドラえもん のび太の宝島』を朝一番の公開で観てきた(どれだけ本気なんだ…)。『君の名は。』などにも関わっている川村元気脚本作品で、非常によくできている。印象的だったのは「男らしさって何だよ!」ってスネ夫に三回ほど言わせていた点だ。これは物語の主要部分にも効いてくる仕掛け。

 

『映画ドラえもん のび太の宝島』観ました。
脚本と設定がガバガバガバだったので途中から全く集中できなかった…。
作画と主題歌は素晴らしい。
ハーモニーがワンカットくらいあるかなと思ってたけど全く無かった…(どうぶつ宝島っぽい場面はあった)。

ドラえもん見たことない人が脚本したのかな…。

 

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-アニメ, コミック原作
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.