【口コミ感想】映画『ダリダ~あまい囁き~』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『ダリダ~あまい囁き~』の評価評判

投稿日:


映画『ダリダ~あまい囁き~』口コミ感想ネタバレ 映画『ダリダ~あまい囁き~』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「音楽史を感じることもでき楽しめる!」「ハスキーな彼女のヒットナンバーを堪能!」「ダリダの半生をまとめた伝記映画!」


上映中【2018年5月19日(土)公開】

 

ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、60年代フランス全土に社会現象を起こし、一躍スターとなった歌手ダリダの生涯を追う伝記ドラマ。私生活では数々の恋愛に悩み、愛する人との幸せな家庭に憧れ続けていた哀しくも美しい54年の人生に迫る。出演は『チャットレディ 偽りの代償』のスヴェヴァ・アルヴィティ、「ジョン・ウィック チャプター2」のリッカルド・スカマルチョ、「愛しき人生のつくりかた」のジャン=ポール・ルーヴ、『パリ警視庁:未成年保護特別部隊』のニコラ・デュヴォシェル、「汚れたダイヤモンド」のニールス・シュナイダー。監督・脚本は『LOL 愛のファンタジー』のリサ・アズエロス。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

イタリア移民の家系でエジプト・カイロに生まれ育った少女ヨランダ(スヴェヴァ・アルヴィティ)。幼い頃は、いつも周囲の視線を気にしてひとりぼっち。眼鏡姿をいじめられ自分に自信を持てなかった彼女は、16歳で自らを苦しめていた眼鏡と決別する。その数年後、ヨランダは“ダリダ”として、ミス・エジプトの栄冠に輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を巻き起こし、一躍スターの座に上りつめていた。ビジネスパートナーのルシアン(ジャン=ポール・ルーヴ)は妻帯者であったが、ふたりは愛し合いやがて結婚。だが、そのわずか1か月後、ダリダは画家のジャン(ニールス・シュナイダー)と新たな恋におちる。そんな彼女への世間の風当たりは強かったが、弟のブルーノ(リッカルド・スカマルチョ)のサポートもあり、歌手として成功を収め、元夫のルシアンとも友人としての絆を取り戻していくのだった。新恋人のイタリア人歌手ルイジ・テンコ(アレッサンドロ・ボルギ)と過ごす音楽祭の夜。スターとしてステージに立つダリダの影で、一次審査で落選したルイジは絶望し、「人間は死に向かって生きる存在だ」という尊敬するハイデガーの言葉を実行してしまう……。数年後、絶望から立ち上がったダリダは、アラン・ドロンとのデュエット曲『あまい囁き』を発表。それが大ヒットし、ドロンとの熱愛発覚と騒がれた時も、新恋人のリシャール(ニコラ・デュヴォシェル)に夢中だった。出会いと別れに傷つきながらも、その全てを歌にのせてステージで輝き続けるダリダ。しかし、再び悲しい別れが彼女を襲う……。

●キャスト●

Dalida スヴェヴァ・アルヴィティ
Orlando リッカルド・スカマルチョ
Lucien Morisse ジャン=ポール・ルーヴ
Richard Chanfray ニコラ・デュヴォシェル
Luigi Tenco アレッサンドロ・ボルギ
Lucio Sanieri ブレンノ・プラシド
Jean Sobieski ニールス・シュナイダー
Eddie Barclay ヴァンサン・ペレーズ
Bruno Coquatrix パトリック・ティムシット

●スタッフ●

スポンサーリンク
監督 リサ・アズエロス
製作指揮 フィリッペ・グエズ
プロデューサー ジュリアン・マドン 、 リサ・アズエロス 、 ジェローム・シドー
脚本 リサ・アズエロス
衣装デザイン エマニュエル・ユチノフスキー
音楽 ジャンヌ・トレリュ 、 ヤコ・ズィジストラ
字幕翻訳 星加久実

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『ダリダ~あまい囁き~』を観た人の感想、評価、口コミ

◉"人間とは死に向かって生きることだ
綱渡りをするみたいに
生と死のバランスを保ち
落ちないようにする
愛への存在でなきゃ"

 

◉大スターであると同時に、稀代のドラマクイーンでもあるダリダの半生をまとめた伝記映画。
名声と引き換えに均衡を失う人生の典型を生きた彼女は、恐らく映画の内容よりも数段激しく不安定で、なおかつショウビズ生き抜く「したたかなすれっからし」でもあったはずと邪推する。
しかし私生活と歌の世界の境界が曖昧になり「生きるために歌うのか、歌のために生きるのか」の判別さえ失くしていく姿は、壮絶の一言である。脚本に手加減や美化が加えられていたとしても「彼女の人生をより深く知りたい」と考える人間にとって、鑑賞の価値は充分にある作品だった。
個人的には、40代で果敢に新機軸を打ち出したディスコ時代の彼女を愛しているが、今回、切々と歌い上げる哀歌の凄みも再認識。特に『灰色の途』の歌詞は、字幕のおかげで、初めて正しく把握できた。
70年代のスターに「私は病んでいる、完全に病んでいる」と絶唱させ、なおかつ大喝采で受け入れるフランス大衆の懐の深さ。かように逞しい歌謡文化を育んだシャンソンという土壌の豊かさに、改めて感じ入ることができた。

 

◉フランスのシャンソン歌手ダリダの半生が描かれる。恋多きダリダは子供を産むことを希望するが許されず歌手として生きる、、。ヒットを飛ばしたダリダの有名曲が散りばめられていて、知らず知らずのうちに知っていた曲も「これもダリダの曲だったのか!」と発見があり、彼女の偉業の再確認ができる。80年代に近づくにつれて、ダンスミュージックになっていったりと、音楽史を感じることもでき楽しめる。

 

◉とにかく音楽が良い!
そして、話も実話だと思えないほどドラマティックな人生を描いていて、面白かった。最後のブロードウェイ風ミュージカルの再現はめちゃくちゃ金がかかってそうで迫力がすごかった。事実は小説よりも奇なり。

 

◉フランスの歌姫ダリダの栄枯盛衰ストーリー
ミスエジプト→プロデューサーに見出だされてデビュー→略奪結婚→年下と浮気→離婚→一回り下の男子と恋愛→怪しい啓蒙家に走る、、それに反して孤独な私生活。これぞスター物語王道!といったある意味テンプレ通りの流れで苦手なフランス語中心ながらもタブロイド的に楽しめる

アデルを彷彿させるハスキーな彼女のヒットナンバーを堪能
来日映像も出てきて嬉しかったな
本人の歌をもっと知ってれば良かったなあ

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.