【口コミ感想】映画『のみとり侍』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ドラマ 時代劇

【口コミ感想】映画『のみとり侍』の評価評判

投稿日:


映画『のみとり侍』口コミ感想ネタバレ 映画『のみとり侍』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「あんなに顔の濃い侍が居たんだろうか。笑」「阿部寛、豊川悦司、鍛えられたイイ身体でカッコイイ!」「R15+シーンは多めなんだけれど、笑えるんだよなぁ〜」


上映中【2018年5月18日(金)公開】

 

女性をもてなす裏稼業“猫の蚤取り”をするはめになった男の悲喜こもごもを描く、阿部寛主演のユニークな時代ドラマ。お上の逆鱗に触れて左遷させられた男が、猫の蚤取りという仕事に従事するなかで、そこで出会った人々との触れ合いを通して、新たな生きがいを見出していく様がつづられる。監督は『後妻業の女』など社会派ドラマを得意とする鶴橋康夫。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

越後長岡藩のエリート藩士・小林寛之進(阿部寛)は藩主・牧野備前守忠精(松重豊)主催の和歌の会に出席するが、そこで運悪く忠精の期限を損ねてしまい、江戸の裏稼業・猫ののみとりをするよう命じられる。途方に暮れる寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛(風間杜夫)とその妻・お鈴(大竹しのぶ)の元で働くことになる。猫ののみとりとは、猫ののみを取る職業だが、実態は床で女性に愛を届ける裏稼業だった。寛之進は住む場所も失ったが、子供たちに無償で読み書きを教える佐伯友之介(斎藤工)や長屋の人々の助けを借り、“のみとり”としての新しい生活を始める。ほどなくして寛之進は、亡き妻・千鶴にそっくりなおみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たす。おみねが初めての“のみとり相手”となるが、開始早々、「下手くそ!」と罵られてしまう。落ち込む寛之進の前に、妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた恐妻家・清兵衛(豊川悦司)が現れる。欲求に忠実な清兵衛に、寛之進は女の喜ばせ方を教えてほしいと頼み込む。その甲斐あり、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、一人前になっていく。しかし、老中・田沼意次(桂文枝)が失脚すると、急遽“のみとり”禁止令が敷かれる。寛之進たちは一転、犯罪者として窮地に立たされてしまう。

●キャスト●

小林寛之進 阿部寛
おみね 寺島しのぶ
清兵衛 豊川悦司
佐伯友之介 斎藤工
甚兵衛 風間杜夫
お鈴 大竹しのぶ
おちえ 前田敦子
田沼意次 桂文枝

●スタッフ●

監督 鶴橋康夫
製作 市川南
プロデューサー 秦祐子 、 臼井央
原作 小松重男
脚本 鶴橋康夫

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『のみとり侍』を観た人の感想、評価、口コミ

◉面白かった!!映画館であんなに笑いながら観たの初めてかもしれない。周りの人たちも終始笑ってた♫

 

◉笑える部分もあったし面白かったけど、政治的な部分の話って言うのかな?
それが私にはちょっと難しくてわからなかった(;´Д`)
なんとなく雰囲気で読み取った感じ笑

時代劇の言葉は聞き慣れなくて、セリフもなんて言ってるのか聞き取れないという…それが原因かな?(´・ω・`;)

でも、全体的に面白かった!
阿部寛扮する蚤とりが相手するお客さん役の中にある女優さんが出てくるんだけど、めちゃウケたし笑笑

あと、トヨエツはやっぱり男前!
阿部寛と並ぶとやっぱりオーラがすごい!!

 

◉豪華俳優陣。
演出と脚本が本当に良いんだろうなと思いました。
基本、コメディタッチで思わずクスリとしてしまう笑いが多い。敢えてだと思いますがテンポのズレが逆に笑いを産んでいた。
脱ぎのシーンも多くあるのですが間や台詞、動きに表情などコメディの要素がある為誰と見ても見やすい。

寺島しのぶさんがひたすら色っぽい。
松重さんのバカ殿っぷりと切り替え
もちろん主演の阿部寛さんからみなさん各俳優部よかった。
隠れジミー大西

歴史の背景、江戸言葉を理解していないと終始置いていかれるシーンもあり。
観る前の簡単な予習は必要な作品だと思いました。

 

◉阿部寛の裏声に笑う!艶っぽい場面に驚きつつ、主人公と一緒に覗き見てしまう感覚に。

 

◉阿部寛の侍姿もなかなかでした!
さすが、よしもとの芸人さんも多いし
鶴橋監督の映画は、面白い!!

 

◉最近、ドーンバーン!の大作ばかり見てたからちょうどよかった…
うどん粉と下手くそ克服のお勉強あたりが楽しすぎて、若干尻すぼんだけど面白かった。

 

◉のみとり侍に行ってきたけど、面白かった〜。
それにしても、あれだけおっぱい丸出しの映画は初めてみたわ笑笑(*´-`)

 

◉『のみとり侍』(鶴橋康夫)を。いわゆる「時代劇」という固いイメージではなく、一篇(数篇の)落語を観聴きする感じ。濡れ場が多くて面食らうけど、クライマックスの「仇討ち」まで楽しめました。松重豊、豊川悦司がとりわけ良かった。

 

◉『のみとり侍』
阿部寛、豊川悦二、桂文枝、監督が映画の衣装で登壇して華やか。
映画は藩主の怒りを買い町民相手の男娼になる主人公だが当時こんな商売があったことに驚き。それも浮世絵の春画をイメージしたようなシーンにはニヤニヤ、ドギマギした。ラストはちょっと描き足りなさを感じる。

 

◉くすりと笑える場面がたくさん。
あんなに顔の濃い侍が居たんだろうか。笑
みなさん素晴らしかったんだけど、個人的には松重さんの役柄が好きでした。

 

◉阿部寛さん豊川悦司さん寺島しのぶさんのR指定シーンが色っぽくて魅入ってしまう。
前田敦子さんもお茶目?でとても可愛くて夜のシーンもキュートだった!

のみとり屋夫婦の掛け合いも楽しい!

のみとり業に左遷されても、殿の命令だからと生真面目に取り組んでいく…
寛之進の生き様から私自身も愛と人情を感じることができて温かい気持ちになった。

 

◉面白かった♪メインキャスト達があんなに身体張ってるとは!阿部寛さん豊川悦司さん鍛えられたイイ身体で、いなせでカッコイイ。
斎藤工さんは純朴で可愛かった。皆さん生き生きと描かれてて演じられてる。
ラストはちょっと分かりにくかったかも?

 

◉うどん粉というパワーワード。

江戸時代中期、長岡藩藩士の真面目な男が主人公。
主人公は、江戸の藩邸の歌会の席で藩主に恥をかかせたため、猫の蚤とりとなって暮らせと放逐される。
猫の蚤とりとは何かわからない主人公は、言われるまま蚤とり屋へ入り、オモテの顔とウラの顔を知ることとなり…

面白かったー。
江戸の町を舞台にした人情劇というのかしら。蚤とり屋=出張逆ソープみたいな職業のため、R15+シーンは多めなんだけれど、笑えるんだよなぁ。
主役は阿部寛なんだけど、オイシイ役だったのは伊達男の豊川悦司。

スポンサーリンク

 

◉少しエロティックだけど、どこか面白く、感動もある作品でした。
初めてみた時代劇!
監督と阿部寛さんの次回作も期待してます!!

 

◉物語の舞台は、田沼意次が老中として権勢を振るっていた時代。タイトルの「のみとり」とは、文字通り猫の蚤とりを生業とする人たちを指すが、その仕事の実は、猫の飼い主である女性たちにサービスをする、いまで言えば「ホスト」のような存在か。藩主の怒りに触れて、猫の「のみとり」をせよと命じられたエリート藩士・小林寛之進が、この作品の主人公だ。

監督は前作の「後妻業の女」で、優れたコメディ感覚を発揮した鶴橋康夫。主人公の小林寛之進に阿部寛を起用して、「テルマエ・ロマエ」のような路線を狙った時代劇コメディだ。「テルマエ・ロマエ」同様、阿部寛のからだを張った演技も見もののひとつだが、相手役となる寺島しのぶの一人二役の婀娜な演技も素晴らしい。

ただ、コメディとしては「後妻業の女」や「テルマエ・ロマエ」のほうが忌憚なく笑え、とくに作品の後半は、お家騒動も含んだ、侍社会の人間模様と町人たちの人情物となっていくため、やや残念な気もした。「のみとり」という特異な職業を題材に選んだからには、ここは徹底的にコメディに徹する手もあったのではないかとも感じた。とはいえ、時代劇としては、かなり異色な作品が出来上がったことは確か。主人公がこのまま「のみとり」のままなら、新しい阿部寛のシリーズができるのではないかとも思った。

 

◉後妻業で知った少々レトロな鶴橋節。
それは本作でも健在でした。

若い子から観たら理解が難しいかもしれないけれど、何と言うか…
忘れてはいけない日本の心みたいなエキスがたっぷりと入っているような映画。

「蚤とり」の意味は…
蚤とり侍=娼年かなぁ〜
簡単に言うと男性が愛を売るお仕事なのですね。

鶴橋組は個性的で演技派ぞろい。何と言っても、阿部寛さんと寺島しのぶさんのラブシーンにはびっくり!
何故なら、私は阿部さんのベッドシーンを観たのは生まれて初めて!
年齢から考えたら、信じられないくらい鍛えられた全身に驚くやら、戸惑うやら…の私でした。

 

◉助演陣も濃かった。
まだまだ、お美しい寺島さんの熱演を始め、現役バリバリ濡れ場師の豊悦兄さん。
ポンポン小気味よい台詞が出て来る風間&大竹夫妻。
亭主が好きで好きでたまらない、ヤキモチ焼きの前田敦子さんの女房役。
貧しい長屋に住み、民衆に尽くす工先生…

みーーんな、魅力に溢れた人の温かさを持つキャラ。

寛之進の言動に思わず笑ったり、人の情の温かさに涙を流したりの人情物語でした。

真面目な侍寛之進役の阿部寛さんが最高です。
益々ファンになった。

国際フォーラムで観ました。
広くて台詞がよく聞き取れなかったので公開したら真っ先に観に行く!
そしてゲラゲラ笑って、ポロリと泣きたい映画です。

 

◉独特の世界観でした。
豊川悦司さんの役柄が
ツボでした。

 

◉簡単に言えば、コメディなセクシー映画って感じです。
ちょいちょい笑わせてくるのがいいけど、ストーリーとしてはちょっと物足りないというか、ドタバタと終わってしまったのが残念でした。
とりあえず、R15はそこはありなのねと思いつつ見てましたw

 

◉阿部寛さんの口上などがあったので全体的なは楽しめたが、映画本編はコメディ部分イマイチ足りない気がした。
後半にかけて話が急展開していく部分も、セリフ回しが早すぎて、ちゃんと理解できないまま終わってしまった😅

 

◉寛之進・阿部さんのアップが〇。お色気あり。(笑)あり。しんみりうるうるあり。バックに流れる音楽に注目!

 

◉豊川悦司のおしり~~🙏🙏🙏邪な目で観てほしい作品。うっかり物語に引き込まれます。

 

◉1階後方の席だったので、口上の際声かけする方が配置されておりその突然の声量におったまげました笑

笑えるお色気。
舞台挨拶の時は「阿部寛以下皆さん長身でキリッとしててカッコいいなーでもトヨエツはそうでもないなー」と思っていたのですが!
トヨエツ最高です。あんなにセクシーで笑える人いますか…まじめに抜け抜け飄々。表情や声音が流石としか言いようがなく、惚れ惚れしました。

欲を言うともっと蚤取りの武者修行シーンが見たかったし(山村紅葉さんのシーン笑った〜)、しのぶさん落とすまでの過程が欲しかった。そうするとR18になっちゃいますかね?笑
市井の人々の暮らしや人情に触れる=蚤取りで学んだこと、とは見えなかったのが残念。その要素はほぼ長屋暮らしだけでカバーしてるよな〜。超絶怒涛のセクシー俳優、斎藤工の訳ありな佇まい。ときたらもう間違いなく蚤取り参入だと思い込んでたので、そこも、残念。

なんとなく最後のシーンバタバタし過ぎて展開についていけなかったけど、うどん粉思い出すだけでクスッと笑える身体になったので、良かった良かった。

 

◉時は江戸の老中田沼意次の時代。
越後長岡藩士の小林寛之進は、ある日自身の失言により、仕える藩主から猫の蚤取り業への左遷を命じられる。それは、女性に愛を奉仕する仕事だった…!?

猫の蚤取りという職業は本当にあった職業らしいですね。こういった職業を取り上げたという点でも異色な映画です。
職業柄、映画では濡れ場、下ネタが多いのですが、コメディタッチでライトに描かれており、笑えて楽しく見れるお色気映画となっております。

主人公の寛之進は妻に先立たれてそれから独り身のカタブツなのですが、持ち前の真面目さにより、蚤取り業も真面目に遂行しようとします。しかし、客の女性に「下手くそ」と言われてしまい、豊川悦司演じる清兵衛に教えを乞おうとする場面はもう阿部寛の真骨頂と言いますか、古代ローマ人が初めて現代の風呂に遭遇したような感じで、「初めてこんな女の悦ばせ方を知った」のであります。
寛之進が真面目に勉強すればするほど笑えるという。

後半はトーンが少し真面目になり、武士とは、また江戸時代のいざこざなどが描かれるようになり、笑いはトーンダウンして人情的な面が強くなります。
ちょっと背景がややこしいので、時代ものに明るくない人には最後の展開はわかりづらいかも、と思ったり。
しかし綺麗に終わるので、観た人を嫌な気にはさせない映画に仕上がっています。

 

◉女性にご奉仕するということで、映画のプロモーション的には若い女性に訴求したいようです。R-15なので、高校生も見れますよ!と言っていたり…若い女の子見るかなぁ(^_^;)個人的には男性に見てもらってこういう悦ばせ方もあるんだと学ぶのが楽しいかなと思ったりしました。
カップルで観に行くと盛り上がる…かも?!

 

◉笑いと人情がちょっと中途半端な感じがした。

 

◉映画は、R15指定だけど、恥ずかしくなるようなエロさではなく笑えました。
阿部寛さんのあくまで真面目な感じが余計に、笑いを誘います。コメディ部分だけではなく、人情物語になっていて楽しめました。
映画は娯楽、楽しいが一番です。

 

◉松重さんの演じる殿が好きだった(笑)
鶴橋監督作品の色彩感もめちゃ好き。

阿部寛と豊川悦司っていうキャスティングが渋いけどよい。
豊川さんの色気がとにかくすごくてきっと、ファンの人にはたまらないと思う。

キャスト/時代劇ファンの方はぜひ!

けど私はまだまだ子供なのかストーリーはそんなに面白いとは思わなかったかな。

主人公、寛之進(阿部寛)がまじめ過ぎる故に、おバカな殿様の無茶な言い付けを守ってしまうっていうコントラストが面白いのに、最後殿様が感動的な台詞を言ってなんとなくいい雰囲気で終わっちゃうのがなんとも…。

殿様は最後までギャグ路線を貫いて欲しかったね。笑

 

◉キャスト陣豪華だった。
けど、、なんかしぶい、、私自身はあまり面白い!って思えなかった。
R15だけど、恥ずかしくもならないかんじになってるのでそこは心配いりません。
うーん、、あまり心に残らなかったかな。歴史に詳しかったり、興味があったらもっと入り込めたのかも。

 

◉キャストが豪華!
R15の作品だったが、いやらしさは感じず笑いのある内容でおもしろかった。
一人でではなく友人とも見に行っても面白いのではないか。話の内容も展開もはまった。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ドラマ, 時代劇
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.