【口コミ感想】映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の評価評判

投稿日:


映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』口コミ感想ネタバレ 映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「静かだけど心に染みる映画!」「終盤は涙が溢れて止まりませんでした!」「サリー・ホーキンスはやっぱり凄い女優だと改めて実感!」


上映中【2018年3月3日(土)公開】

 

色彩豊かで素朴なタッチの絵柄で人気の女性画家、モード・ルイス。カナダで最も有名な画家と言われる彼女の半生を描く、サリー・ホーキンス主演の人間ドラマ。孤独だった男女が出会い、夫婦の絆と確かな幸せを手に入れようとする姿がつづられる。無骨だが、妻を懸命に支えようとするモードの夫をイーサン・ホークが演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

カナダ東部の小さな町で、絵を描くことと自由を愛するモード(サリー・ホーキンス)は厳格な叔母と暮らしていた。ある日、町の商店で買い物をしていたモードは、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持つ。その男、エベレット(イーサン・ホーク)は町はずれで暮らし、魚の行商を営んでいた。叔母の束縛から逃げるため、モードは住み込みの家政婦になることを決意し、エベレットが1人で暮らす小屋を訪れる。モードは子供のころから重いリウマチを患い、一族から厄介者扱いされてきた。一方、エベレットは孤児院で育ち、学もなく、生きるのに精いっぱいだった。そんなはみだし者同士の同居生活はトラブル続きだったが、モードが作った熱々のチキンシチューを食べたエベレットは、孤独だった心が温まるのを感じる。やがて、お互いを認め合った2人は結婚する。ある日、ニューヨークから避暑に来ていた顧客のサンドラが、エベレットを訪ねてくる。彼女はモードが壁に描いたニワトリの絵を見て一目で才能を見抜き、絵の制作を依頼する。サンドラの期待に応えるため、モードは壁に、板に、請求書の裏に、夢中で絵を描く。そんな彼女をエベレットは不器用ながら応援していた。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領から依頼が来るが……。

●キャスト●

モード・ルイス サリー・ホーキンス
エベレット・ルイス イーサン・ホーク
サンドラ カリ・マチェット
アイダ ガブリエル・ローズ

●スタッフ●

監督 アシュリング・ウォルシュ
脚本 シェリー・ホワイト

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』を観た人の感想、評価、口コミ

『しあわせの絵の具』‬
‪灰色の人生に彩りを。無骨で孤独、荒れた男の心は、色彩豊かな絵画に囲まれた妻との慎ましい毎日を通じて浄化され、温もりを知る。互いが互いを必要とする唯一無二の夫婦愛。不器用な2人が寄り添い、時にはぶつかり、夫婦の両輪が次第に育まれる過程に涙し、そんな夫婦に憧れる。‬

 

静かだけど心に染みる映画。
夫婦の愛情ってこういうものかもって思わせる。

 

雇い主と家政婦の関係が逆転しちゃうシーンはほんと笑えて愛らしい
モードを荷車に乗せてるとこ可愛すぎる
お伽噺のような実話にびっくり

 

偏屈で不器用な2人。
お互いを認め、自身を肯定されることで、少しずつ変わっていく。
違う。周りが変わっていくだけで、本人たちは、まったく変わってないんだよな〜。素晴らしい愛の形。

サリー・ホーキンス、
難しい役どころですが、ほんと素晴らしかった。

 

イーサン・ホークだからとりあえず観ておこうくらいの気持ちだったけど、めちゃくちゃ良かった。
なんて不器用で、なんて愛おしい2人なんだろう。
初めはとりあえず誰も居ないからで始まったはずの2人が、かけがえのない関係になっていく過程が素晴らしい。

あんな高圧的なのに壁に絵を描くのをやめさせなかった旦那も、意外と言いたい事は言ってるモード・ルイスもよかった。
旦那が絵を売ろうとして、モード・ルイスが途中だからと嫌がったらちゃんとやめてあげる所とかホント泣ける。

絵で成功したと言っても大きな家に住んだりゼイタクするわけでもなく、
旦那は仕事を続け、ただ家に絵が増えて明るくなってくいのが、2人を表していてすごく良かった。
ラストのアレも泣いちゃったなぁ

 

カナダで最も有名な画家を描いたアシュリング・ウォルシュ監督作品。サリー・ホーキンスとイーサン・ホークが夫婦役というキャスティングが最高。
パズルのピースを埋めるようにお互いを支え合う夫婦愛に号泣。思わず結婚願望を刺激される一本。

 

カナダで最も有名な画家、モード・ルイスの半生を描いたドラマ。

「パディントン2」「シェイプオブウォーター」と今年大活躍のサリー・ホーキンスと
夫役のイーサン・ホークのそれぞれの演技がとにかく素晴らしいの一言。

リウマチ持ちで手足が不自由というこれまた難しい役をやってのけるサリー・ホーキンスはやっぱり凄い女優だと改めて実感。

無口で無骨で不器用なエベレットを演じたイーサン・ホーク。
はじめのうちは荒っぽかったけどモードと互いを認め合う内に徐々に人情味が増してくる名演。

絵はがきでありそうな自然の風景やカラフルな家家。
モードが描く絵は自分の周りに広がっているものばかりだから
とても温かいし優しいし自分の周りはカラフルなもので満ちていると伝わってくる。

夫婦の愛をじっくり丁寧に描いていて、心が温まるヒューマンドラマ。

 

モードとエベレット、ともに生き方に不器用なもんだから見ててハラハラするんだけど、互いを受け入れ始めてからのやり取りは観ていて癒やされた。
サリー・ホーキンスとイーサン・ホークが完璧だったのも高評価。

 

いい映画ではあるが、ちょっとテンポが悪くて寝落ちしそうになった。
主人公の、障害ですぐに死んだとされた娘が裕福な家庭に引き取られて元気に暮らしていて、そっと会いに行くシーンが印象に残った。
旦那の心理描写がイマイチ。

 

モードとエベレットとの出会い、そして初めは趣味や気晴らしだったモードの絵画がある出会いによって、彼女は勿論、夫婦の生きる糧になっていく人生の妙に希望を感じる。
彼女の絵が世間で高く評価され、画家として成功しても、以前からの町外れにある4メートル四方の家での2人のこじんまりとした生活は変わらない。
その変わらない生活は、モードが自分の絵を表する「いろんな命が一つのフレームに入るの」という言葉に象徴されていると思う。
カナダの美しい四季を背景に描かれた慎ましくも温かい夫婦生活からは、生きるとは、夫婦とは、そして本当の幸せとは何かということが胸に沁みるようなタッチで伝わってくる。

 

生きる事に不器用な人だからこそ運命に導かれたように自分の居場所を見つけられた人の話。
何が不幸で何が幸せなのか?!

でもきっとどんな人生を送る事になっていたとしても、彼女は何処かしらのタイミングで絵で成功していたんだと思ってあげたい。
個人的に好みの作風ではないけれどね...

 

彼女は「シェイプ・オブ・ウォーター」では発話障害のロマンチストな女性を演じているが、本作では重度のリウマチを患う絵を描くのが好きなヒロインを演じていて、その演技力の高さに改めて脱帽してしまう。
このモードを初めは家政婦として雇い入れ、後にパートナーとなるエベレットを「6才のボクが、大人になるまで。」「ブルーに生まれついて」等のイーサン・ホークが、本当は優しいのに、愛情表現が下手でがさつな故に彼女と何度も衝突してしまう不器用な男として表現している。

スポンサーリンク

 

昨日観たシェイプオブウォーターに続いて2日続けてサリーホーキンス!
この人の演技の幅はどれだけあるんだろ?ってくらいこれは完全にリウマチ持ちのモードさんにしか見えなかった。

イーサンの変わっていく感じもすごい良かった。
網戸とか黙って付けてくれるとか最高!

号泣ってわけじゃないんだけど
なんかホロってしそうになるシーン多かったな〜

最後に出てきた本人映像の男の人がエベレットなのよね?
なんかイーサンを見た後だからすごく細くて背の高いおじいさんだったのに驚いた。
モードさんは可愛らしい人だったのね。

エンドロールにいろんな絵が観れたのも良かったです!
とりあえず観た後なんかしあわせな気持ちになる映画でした。

 

不器用な二人は二人で居てもなんだか不器用なままだけど、つつましい暮らしや、
ちょっとした笑顔に気持ちがほころんだし。優しい気持ちになりました。
人生って宝物だな。

 

とてもとても良い映画だった…。なんでもないところで何度も涙ぐんでしまった。登場人物主に2人のみ。しかし全然飽きない。不器用で不完全な2人の人生と愛が丁寧に描かれていた。ストーリーも音楽も演出も演技も、全てが揃っていて心地良かった。
空気の読めないリウマチ持ちのモードをサリーホーキンス、モラハラDV夫寸前のエバレットをイーサンが。どちらも不器用でもどかしい。でもモードの空気の読めなさゆえの強さや、口では酷い悪態をつきながら、たまに手すら上げながらそれでも結局は妻に配慮するエバレットの優しさが愛しい。加減が絶妙。
イーサンは私が見たイーサン史上一番「男性的」だった気がする!!寡黙で職人気質の男!!喋り方も低くてボソボソしてて全然人の方見ないから瞳の色が見えない!!でもたまーにここぞという時にあの縋るような目をするw とても良かった。

 

会場で号泣者続出。カナダの画家モード・ルイスとその夫の日々を描いたラブストーリー。
狭くて寒そうな電気も通ってない家にすむ二人の生活は、不器用な愛に溢れていて、みてるだけで心が温かくなった。

サリー・ホーキンスの本人が憑依したかのような演技が素晴らしい。家政婦募集の張り紙を必死にとってさっと隠す姿とか可愛くて、、、きっとあのときからエベレットに一目惚れしてたのではと思う。不器用でツンデレなイーロン・マスクも必見。

自分にとって何が幸せか、何が好きか、誰を愛しているかが明確なモードの姿が、日々なんとなく過ごしてる自分には輝いて見えて羨ましく感じた。
シェイプ・オブ・ウォーターでのサリー・ホーキンスの演技もきっと素晴らしいんだろうな…楽しみ。

 

重度のリウマチを患った女性と孤児院育ちで不器用な男性、「はみ出し者」同士が営む柔らかな生活と二人をとりまく周囲を変化を描く。カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生による実話。

日々を噛みしめる度に、涙がこぼれおちるという満ち足りた時間は初めてでした。
お荷物状態のモードが一歩踏み出した勇気はとても大きな一歩で彼女の人生に革命を起こす瞬間。たとえそんなシーンだとしても、夫の不器用さが悪目立ちして険悪な時間も、結婚という分岐点でもとにかく静かで大げさには描かない。あくまで「日々」を丁寧に描いてくれています。
だからこそ小さな変化や感情の揺らぎに身を任せて、自然と泣いて笑えたんだと思う。

二人の関係性を眺めていると、自分の大切に想う相手のぬくもりに今触れたくなる、そんな一作でした。
「お前は最高の女房」そんなこと言われたら本望だなぁ。

 

カナダで有名なフォーク・アート画家、モード・ルイスの半生を描いた作品
無骨なエベレットにイーサン・ホーク、モード・ルイスをサリーホーキンスが演じていました

若年性リウマチを患い、手足が不自由ながらも、絵を描くのが大好きだったモード

ある日、家政婦を探している事を知り、エベレットの元を訪れる
最初はモードを厄介者として扱うエベレットだったが、徐々に二人の距離は近づき…

二人の暮らしは決して楽なものではなかったけど、寄り添って暮らすモードとエベレット
幸福感に満ち溢れたモードの作品に(劇中にも登場)癒されました
サリーホーキンスの演技が素晴らしく、素敵で感動な作品でした

 

指先のエメラルドグリーンを壁へとなぞるモード
しあわせとは想いのまま自由に描くこと
ぶっきらぼうなエベレットも温かみを感じ始めると
いつの間にか
壁いっぱいに愛が溢れる家に

人づきあいが苦手な上に短気なエベレット
周りから厄介者のように扱われてきたモード
不器用な二人は寄り掛かるように歩いていく

結婚式の夜に薄灯りが照らす
二人のダンスシーンにはグッとくる・・

 

つくづく、人って、出会いで生き方が変わるものだな…と。
MaudeもEvも本人そのものに見えて、最後まで引き込まれた感じ…。

 

不器用ながらも寄り添うモードとエベレットの夫婦愛に想像していたより感動してしまい、最後のシーンでは隣のお姉さん(他人)と一緒に鼻をすするほど泣いてしまった。

イーサン・ホークの感情の起伏が激しいけれどモードに対する精一杯の愛情の表し方、サリー・ホーキンスの内なる情熱や障害をものともしない可愛らしさ。登場人物がとても少ないからこそ2人の絆がより引き立てられる演出。特に終盤のイーサン・ホークが素晴らしい、イーサンちょっとおじさんになったけど演技は相変わらずとても良い。

家中に、紙に、板に、窓に、色彩たっぷりの季節がごちゃ混ぜのどこか懐かしい風景を描いた
素敵な絵に乗せて、春の訪れに見るには素敵な作品。

 

何を幸せだと感じるか、モードの生き方から学ぶことがたくさんあった。
たった4m四方の牛数匹で運べてしまうような小さなあの家には世界一の愛が詰まっていた。
(サリーはもちろんのこと、イーサン・ホーク演じるエベレットがとても…とても良かった)

 

家政婦募集の紙をすぐに剥がしちゃうお茶目さと必死さ。
その紙をずっと後になってイーサン・ホークが引き出しから発見するシーンは良かったなー。

モードルイスの猫の絵が可愛い。季節をごったにする発想もユニーク!
絵はもちろんカナダの風景も素敵だったな〜。行ってみたい!

 

この女優さんの演技素晴らしい。
そしてイーサン・ホークにメロメロ。

 

ハートにじわじわくる素敵な作品でした。
終盤は涙が溢れて止まりませんでした。

 

美しい、せつない、美しい、せつない、、、
後半ずっと涙が止まらず

モードは愛をみて生きていた
彼が変わっていく様子

最後の、本物のモードの可愛らしい表情が忘れられない。
純粋で美しく可愛らしい人だったんだな。
ヴァレンタインに観るのに最適でした

 

リウマチを患っているモードは、ある日エベレットが出した「ハウスキーパー募集」の貼り紙を持ってエベレットを訪ねていく。
頑固なエベレットだが次第にモードと心を通わせるようになる

これ、飛行機で観て涙が止まらなくなりました。あとから知りましたがモード夫妻は実在していたんですね。
モードは絵を描くことが好きでエベレットの家でもずっと絵を描いているんですが、彼女が描く絵は色鮮やかでかわいくて、彼女に命を吹きこまれたみたいに生き生きとしている。
リウマチや人とうまく話せないモードが、絵で人に感動を与えるのがすごい。言葉だけがコミュニケーションのツールではないということ。
観終わったあとは優しくてあたたかい気持ちになれました。

モードを演じたサリー・ホーキンスとイーサン・ホークの演技も素晴らしかった。
枯れイーサン・ホーク、渋くて良い…

 

単なる伝記モノと侮るなかれ!サリー・ホーキンス&イーサン・ホークの至極の演技に引きずり込まれ、
"古びたの靴下"のような夫婦の物語に心震える。

 

彼女は美しくもない中年の女性
仕事は住み込み家政婦である
それも、寂しい田舎のぼろっぼろの家の

塗りたくっていく、ありとあらゆるものに
しょうもない世界にペンキで色がつきはじめる

しずかで、心にすーーーっと流れてくる作品
こんな表現はサリーホーキンスならではという感じ。すごく素敵

 

サリー・ホーキンス、イーサン・ホークの演技が光る素敵な作品。
The Shape of Water でアカデミー賞にもノミネートが予想されるサリー・ホーキンス、今年注目の女優ですね。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.