【口コミ感想】映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

アニメ

【口コミ感想】映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』の評価評判

投稿日:


映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』口コミ感想ネタバレ 映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「映像がきれいで、親子愛にグッときた!」「ファイナルファンタジーが好きな人にオススメしたい!」「キャラクターの生きた表情と声優さんの素晴らしい演技が合わさった映画!」


上映中【2018年2月24日(土)公開】

 

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の脚本家・岡田麿里の初監督作となるファンタジーアニメ。10代半ばの外見のまま何百年も生きる長命の一族の少女が、親を亡くした人間の少年の母親となり、様々な困難に直面していく姿が描かれる。「ファイナルファンタジーXIV」の吉田明彦がキャラクターデザインを手がける。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

人里離れた土地に住むイオルフの民は、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らしていた。“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされている彼らは10代半ばで外見の成長が止まり、数百年の寿命を持つ。両親はいなくとも仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごすイオルフの少女マキア(声:石見舞菜香)は、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。ある日、イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨ったメザーテ軍が攻め込んでくる。イオルフ一番の美女レイリア(茅野愛衣)はメザーテに連れ去られ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリム(梶裕貴)は行方不明となる。何とか逃げ出したものの、仲間も帰る場所も失ったマキアは、虚ろな心で暗い森をさまよっていた。そこで親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊と出会う。赤ん坊だったエリアル(入野自由)は少年へ成長していき、マキアは時が経っても少女のまま。時代が変化するなか、二人の絆は色合いを変えていく……。

●キャスト●

マキア 石見舞菜香
エリアル 入野自由
レイリア 茅野愛衣
クリム 梶裕貴
ラシーヌ 沢城みゆき
ラング 細谷佳正
ミド 佐藤利奈
ディタ 日笠陽子
メドメル 久野美咲
イゾル 杉田智和
バロウ 平田広明

●スタッフ●

監督 岡田麿里
副監督 篠原俊哉
脚本 岡田麿里
総作画監督 石井百合子
キャラクターデザイン 石井百合子
音楽 川井憲次
主題歌 rionos

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』を観た人の感想、評価、口コミ

ここさけ!あの花!脚本の岡田さんが監督!!
をごり押しされた結果、え…何この映画…というギャップが生まれた…。

あくまで個人的な意見ですけど、
号泣しました!とかあと3回は観れる!とかのコメントにもドン引きしてしまうほど、世界に入り込めず。フィルマークスでも平均評価3.6?!まじで?!笑
なぜ…。私にまだ子供がいないから?笑

 

ロールプレイングゲームのような世界。絵がきれいで、親子愛にグッときた。

 

固有名詞とか人とかで少し混乱したけど、それは異世界感もあってよいのかなと思ったので、個人的には大丈夫でした。ただ、そういうのがめんどくさい人には少し大変かも?
マキアの声が好きで、演技力すごいなって思いました。同じ言葉でも伝わってくる雰囲気が違う。包容力を感じる言葉の数々で泣きそうになりました。
最後の追い込み方もよかった。ただ、もう少しひとりひとりに感情移入してからラスト迎えたかった、でも映画ってみじかいからそれも難しいんだよなぁっておもったり。
主題歌もすごく良かったです。ファンになりました。

 

誰だここまで追い込んだの!と問い詰めたくなる異常な作り込みのアニメーション映画。ここまで追い込んだ首謀者は現場からの引退宣言的発言をしている堀川社長かメインアニメーターとしてクレジットされている井上俊之さんかコア・ディレクターとしてクレジットされている平松禎史さんか或いは他の方かと思っていたのですが、上記Febri誌を読んだ印象では岡田監督っぽいですね。なお盟友長井龍雪さん(あの花、ここさけ、超電磁砲)は演出の一角として、田中将賀さん(あの花、ここさけ、君の名は)は作画監督補の一角としてクレジット。
困るだろこんなの作っちゃったら後の人が。クォリティ至上主義に拍車がかかっちゃって。なんて心配もするほどなんですけど、他の方のレビュー見る限り質アニメ()とかって評価で一部定着されそうな気配も。いや、本当に凄いんですけどね。私としてはヴァイオレット・エヴァーガーデン放送と同時期の作品として後年語り継がれる作品で、間違いなく2018年を代表するアニメーション映画になると思います。どう凄いのか具体的に言葉で表現出来なくてすいません。

 

映像はとっても綺麗。
ただ言葉足らずというか説明足らずな描写に…え?なんでそうなった?ということが多々。

とりあえず言っておきますが、メインキャラクターである男の子の一生の話です。
後半で、もしかしてアリエルだかエリアルだかの半生どころか一生のをやるんじゃないだろうな?!ってやっと気づいた。
というかこの子の成長がないと、どのくらい時間軸が進んだのかが把握できない。
の割に、青年から成人への成長が全然わからず、いつの間にか、え?子供生まれんの?!いつ結婚した?!な状態。

 

壮大なファンタジーヒューマンドラマ。

まず評価したいのは絵がとても綺麗。
ワンシーンを切り抜いてポスターにしたくなるような美しいシーンがたくさんあります。ドラゴンが太陽/月に向かって飛んで行くシーンなんてウットリしました。それだけでも見る価値はあります。
衣装や背景もとても美しい。

ここからは辛口な批評になります。
試写会で見ておいて申し訳ないのですが、私には合わない部分が多々ありました。

ストーリーが壮大すぎて、説明不足な部分が多すぎて物語に入り込めない。この作品特有の固有名詞がよく出てくるのにその説明がキチンとないからよくわからない。あのドラゴンたちは結局どうしてあのようなことになったのかとか最後まで説明がなかったし、主人公以外のキャラクターや世界観の描き方が浅く共感しずらい部分が多すぎた。都合よすぎる展開が多いしなんだかなぁという感じ。
伝えたいテーマはわかるし良いのだけれどこれは少し勿体ないと感じました。

 

ファイナルファンタジーが好きな人にオススメしたい。
雰囲気があのゲームみたいって作品を見ている間感じました。

 

思うてたんとちごうた〜!
良い意味で。

もっと年の差愛とか、許されぬ立場愛でキュンキュンしちゃう物語かと思っていました(^^;)
それよりずっと深くて壮大な物語でした。

母から子への無償の愛。
人間達の営みの愚かさと尊さ。
人間とは異なる時間の流れで生きている主人公の目を通して、
そういった事が描かれていたように思いました。

 

あからさまな欠点は多々あれど、個人的には大切な一本となってしまった。
もう一度、再鑑賞したい!

 

デザインがいちいち素敵。
男性キャラがイケメンで素敵(((o(*゚▽゚*)o)))
皆んな素敵に育って、素敵に歳をとっていきます。

スポンサーリンク

お衣装が素敵。
長老様のお衣装にはハラハラさせられて、一部セリフが頭に入って来ませんでしたがww

中世を思わせる街並みや建造物が素敵。
ディテールのこだわりを感じて、どこを切り取っても絵になりそう。ミドと一緒に布を買ってもらう雑貨屋(?)が特にお気に入り。

美しい自然の風景が素敵。
日本のアニメの風景が“物語る”ようになって久しいですが、
もはやシーンの根底に流れるテーマを際立たせる為に必要不可欠な存在。

エンドロールの最後まで見逃さないで!

 

号泣とかとは違うんだけど各所でポロポロと涙が落ちてくる。涙腺弱々なのですぐ泣くんだけどねw
悲しいけど暖かい映画だった。

 

話としては、感動できて面白かったと思います!
物語の入りで観てる側は少し不安がありながら進んでく感じでした(設定とかの理解が甘くて)

映画としては、話の切り替わり(?)が多くてぴょんぴょんしてる感じだったので見にくかった印象です…(語彙力)

それに伴って、話の本筋とはあまり関係ないような展開は切っても良かったんじゃないかな、と
描きたいこと、伝えたいって気持ちは分かるんだけど詰め込みすぎ感がありました

映像や音楽、声優さんももちろん素晴らしかったです!
特に映像は本当に綺麗で、これはスクリーンで観る価値があるなあと思いました

 

涙、涙、涙…。
涙をこらえるのが大変でした。

映画館じゃなかったら、一人で号泣していたかもしれません…。

『あの花』『ここさけ』で有名な岡田監督が手がけた作品。
正直、あまり期待していなかったのですが、それが逆に予想を裏切られて良かったのかもしれません。

 

14

 

15

 

今回は、愛と家族の絆がテーマでした。
一言では語りつくせない壮大なファンタジーとなっていますが、
軸となるのは、マキアとエリアルの二人の絆。

種族を超えた二人の愛に、泣かされっぱなしでした。

パンフレットから、恋愛ものだと思っていましたが、
良い意味で予想を裏切られる結果となりました。

この作品には恋愛以上に、大切な人との愛情が沢山詰まっていました。

大切な人を守りたくなるような、愛する我が子をますます愛したくなるような、
そんな素敵な感情に満たされます!

また、豪華声優陣という所も、この作品の見どころの1つ。

今年大ブレイクした入野自由さんをはじめ、
最近話題の石見舞菜香さん、ベテランの梶裕貴さんなど、錚々たるメンバーが並びます!

素敵な声色に聴き惚れ行くうちに、どんどん作品に引き込まれていきました。
涙なしには観ることが出来ない、とても素敵な作品に仕上がっていると思います。

特に、女性にはおススメ。

子を大切にしたいと思う母性が、溢れ出ています。
感動をたくさん感じられる、今年イチオシのアニメ作品となりました(o^^o)

 

映画を見るときに目を開けないといけないというのがめんどくさいと思う時がたまにある。
いつか目を閉じたまま映画を見ることができるようになればいいのに。

 

泣けたには泣けたけど、全体を通して「母・女性は強し」ってのを全面に押し出してきているように感じた。
男性からしてみると、その部分がくどいかな…
登場人物の名前も混乱するし、内容も説明不足な部分も多く、ちょっとまとまりがないかも。

 

「さよならの朝に約束の花をかざろう」。この長〜いタイトル。
そうです。「あの花」「ここさけ」の岡田麿里初監督作品です。

赤ん坊が指をぎゅっと握ってきた時の幸せな気持ちは親にしかわからない。

ほとんど歳をとらず数百年を生きるイオルフ。世界に数匹残されたドラゴン。
「ゲーム・オブ・スローンズ」的な世界観に、岡田麿里もファンタジーに逃げたか?と思ったが…

素晴らしい作品でした。さすが「この花」の岡田麿里!
設定がファンタジーであろうと、素晴らしい、人の心に訴える作品でした!

 

ファンタジー世界で繰り広げられる、母と子の物語。親子とは、何なのか?
血の繋がった親子、血の繋がっていない親子。それぞれの苦悩と葛藤。

私には「あの花」「ここさけ」以上の感動がありました。岡田麿里、新たな傑作です。

 

愛ある物語だったかな?
でも、あたし…
ごめんなさい。よくわからなかった。

展開早いし。
これが正直な感想。

 

美麗が売りなのは結構だが、正直それ以上引き込まれる要素がなかったのが本音。期待のハードルを上げすぎてしまったか。試写会権利もらった立場ながら申し訳ないですが辛めです。

初っ端から展開がとても早い。歳をとらない種族の人が住む街に騒ぎが起こったかと思いきや、民族がバラバラになって人間の赤ん坊に出会うところまでほとんど説明がない。おまけにみんな見た目が似てる上にカタカナが連発で理解が追いつかない。

そんな中でも人間はどんどん育っていくのでこれで展開が早いのだなと勘付く。特殊な家庭の中で周りからも指をさされつつ紆余曲折しながら育っていく。育つのは子供の見た目が大きいが親子ともに中身が育っていくのはとてもわかりやすいところ。

ただ他が理解出来ないところが多すぎたかなあ。結局争ってる理由や、ドラゴンが衰退していった理由もうやむやな感じだったし。そしてエンドロールでサイゲームスの文字を見て思い出す。ああこの感情はグラブル感か。

 

あの花、ここさけ、の新作と堂々煽っていたので期待していたら肩透かしをくらった気分。
ちょっと期待し過ぎました。
擬似親子モノ。
ドラゴンもどきは何故逃げずに留まり続けていたのか謎のままでとても気になりました。

 

一体いつになったら面白くなってくるのかなあ〜と思ってるうちに終わる。
RPGゲームにありがちな世界観の中、悪い意味で話がサクサクと進む割りに代り映えしない展開がダレる。
ダレる原因を作ってしまってるのBGMが原因の一つのような気がする。

そして結局最後迄あのアニメ声に慣れることなく、不快。
比べてはいけないのかもしれないが、こういうの観ちゃうと「やっぱジブリの世界観の作り方って凄いんだなあ」と感じる。
この人の前2作の原作は良かっただけに残念。

 

号泣!言う人の意味がわからない。
この映画のどこで泣くんだろうか?
母親層が自身とシンクロして泣くならまだしも、今時の若い子はこれで泣けるんだ...と不思議。
まあ、感性なんて人それぞれだから別にいいんだけど...
「じゃあ、オメーは何なら泣けるんだよ!?」って!?
最近のアニメだと「Devilman Crybaby」ですかね。
そういうオッさんからすると、この作品はタルすぎて甘すぎて、クサすぎるのです。
ゴメンナサイ。

 

・背景美術はすごい綺麗だった。イオルフの暮らす土地の水とかメザーテの城とか。
・色んなテーマが混ざった作品だと思った。メインは拾った戦災孤児を少女マキアがなんとか育てていく親子関係だけど、不老長寿に目をつけられた人間の欲に弄ばれるレイリア、故郷と好きな女を取り戻そうとするクリムと、それぞれの立場の違う目的や考えがクロスしていて面白かった。
・イオルフのキャラに共通しているのは「村の外に出たら(不老長寿ゆえ)ひとりぼっちになってしまう」という長老の言葉に縛られているのがもうひとつのテーマかなと

 

・エリアルが成長してからの工業地域での生活の場面はよかった。
・赤目病とか王国がレイリアの代わりにマキアを探す下りとかマキアを守れるほど強くなるために軍に入ったエリアルがいつのまにか家庭築いてマキア放置してたりは「ん?笑」ってなった
・最後のあのシーンはまぁ泣かせに来てるなぁと。行商人の「次の別れに出会いに、さぁ行くとしようか。」ってセリフがこの映画の肝だと思った。
・アニメとかゲームにありがちだけど、固有名詞ってのは極力少ない方がいいのかな…と思った。ファンタジー世界観を作るのには大切だと思うけど、聞き慣れない言葉は名前とその対象の一致に時間がかかる。「レナト」は「龍」でも、「メザーテ」は「帝国」でも伝わるし…。
・ヒビオルがもっとシナリオの中核になってほしかった。

 

すこし…中途半端な濁し表現が逆に下品かなと…
が、最後に避けれないパンチが来ました。

 

本当に絵が綺麗で、話に引き込まれる。ファンタジーの世界観なのでキャラクターの名前や顔を覚えるのは少し大変だったけど、物語がわかりやすいのでそんなに気にならなかった。
くっつく、くっつかないを超えた愛を感じた。自分の大切な人のことをじっくり考えられる作品だった。結構好き。

 

背景をはじめ映像がとても綺麗で世界観とぴったりだった。そこにキャラクターの生きた表情と声優さんの素晴らしい演技が合わさって、映画を見ながらその世界の日常を側で覗いてるような気持ちで見てました。
話の展開の中に、んんんってもやもやするとこともあったけど、それも含めてその世界の生活で、日常で、時間の流れなんだろうなと思うと別れの一族がまた輪郭をはっきりとさせるので、上手くできた世界観だなあと思いました。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-アニメ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.