【口コミ感想】映画『いぬやしき』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

SFアクション コミック原作

【口コミ感想】映画『いぬやしき』の評価評判

投稿日:


映画『いぬやしき』口コミ感想ネタバレ 映画『いぬやしき』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「最後の味噌汁のシーンかわいかった!」「佐藤健演じる獅子神とノリさん演じるいぬやしきの対比が素晴らしい!」「二階堂ふみは相変わらず可愛い!」


上映中【2018年4月20日(金)公開】

 

テレビアニメ化もされた奥浩哉の人気コミックを木梨憲武主演で実写映画化したSFアクション。ある日、何者かによって人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマンと高校生が、それぞれの思いを胸に対決する。主人公と対峙する高校生・獅子神役で佐藤健が自身初の悪役に挑戦。監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

58歳、定年間際のサラリーマン犬屋敷壱郎(木梨憲武)は、妻・万理江(濱田マリ)と高校生の娘・麻理(三吉彩花)、中学生の息子・剛史(福崎那由他)と暮している。家ではうだつの上がらない父親で、覇気もなく、実年齢より老けているので娘の友人からは“おじいちゃん”と勘違いされるほど。そんなある日、犬の散歩中に謎の事故に巻き込まれた犬屋敷が目を覚ますと、見た目は変わらないまま、身体の中が機械で出来たサイボーグになっていた。自分の身体が機械となったことを自覚した犬屋敷は、信じられないほどの破壊能力や生物を治癒する能力を手に入れたことに気づく。その能力を人助けに使うことで、自分の存在意義を見出すようになり、“生”を実感していく犬屋敷。一方、犬屋敷と同じく事故に巻き込まれ、同じ能力を手に入れた高校生・獅子神皓(佐藤健)は、悪事に手を染めていき、人の“死“を見ることによって自分の“生”を実感していくのだった。やがて、獅子神は自分に敵対する人間への攻撃を開始。そんな獅子神によって危機的状況に陥った日本を救うため、史上最弱の心優しきヒーロー犬屋敷が立ち上がる……。

●キャスト●

犬屋敷壱郎 木梨憲武
獅子神皓 佐藤健
安堂直行 本郷奏多
渡辺しおん 二階堂ふみ
犬屋敷麻理 三吉彩花
犬屋敷剛史 福崎那由他
生瀬勝久
犬屋敷万理江 濱田マリ
獅子神優子 斉藤由貴
萩原刑事 伊勢谷友介

●スタッフ●

監督 佐藤信介
製作 石原隆 、 市川南 、 吉羽治
プロデューサー 梶本圭 、 甘木モリオ
アソシエイトプロデューサー 片山怜子
原作 奥浩哉
脚本 橋本裕志
衣装 宮本まさ江
犬屋敷特殊メイクデザイン 藤原カクセイ
音楽 やまだ豊
主題歌 MAN WITH A MISSION

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『いぬやしき』を観た人の感想、評価、口コミ

◉木梨憲武 4.8
佐藤健 4.0
三吉彩花 3.5
CG 5.0
ストーリー 4.0
キャラクター 5.0
アクション 3.5

原作読了済みで鑑賞
奥浩哉作品の映画はこの前のアニメ版のGANTZのおかげで期待値ガン上がりなのですが、冒頭5分でハードル超えてきた
なにより木梨憲武が演じるいぬやしきさんが凄くいい。もしかしたら原作通りのたどたどしさを再現することに全力を注いでいたらいたたまれなさ過ぎて見ているのがしんどいかも、と思っていたのだが木梨憲武独特の喜劇的オーラがそうはさせず、しかしそれでいて虐げられる父親像がそこにあった。
CGに関しても言うことなし。とくに新宿区内を飛び回るシーンは鳥肌の連続。洋画だから、邦画だから、じゃないんだなぁと。制作陣の気合を感じるし、やっぱすげぇじゃん!ってなった。ストーリー関係なしにあのアクションCGだけでも涙(笑)

やっぱ奥浩哉だなぁ。

 

◉予告での期待通りCG凄くて良かったです。もっとも一番印象的な戦闘シーンは二人がヌードで絡むところだったかもしれませんが。
主演二人はもちろん脇を固めるキャストもなかなか良かったと思います。

 

◉佐藤健の冷めた目付き、亜人の時と似てた。
反面、二階堂ふみの異常な献身さがもう愛おしくて。
あと、本郷奏多はこの手の作品には常連だねほんと。

 

◉もの凄い迫力だった!
VFXが全く違和感なかった!
漫画でも映画でもはな子はやっぱり癒し☺️
全国のお父さん!頑張れ!!

しかし、その後2人はどうやって生きていくのか気になるな〜
そして佐藤健の高校生役はやっぱ少し無理があると思った。
本郷奏多がアニメと同じ役なんだから、虹郎くんでも良かったのでは?とか思いながら観てた。
ノリさんはよかった!!!
最後の味噌汁のシーンかわいかった!笑

 

◉獅子神くんもいぬやしきさんもなんだか可愛そうな人生だなぁと思ってしまった(´pωq`)
でも私の大好きな新宿が沢山でててアクションシーンもなかなかでよかった!

 

◉尺足りない感じかな。
もう少し佐藤健の心の変化を繊細に描いた方が良かった気がする

木梨さん演じるいぬやしきさんの心が溢れてる感じは好き。
もう少しアクション多めでも良かった

 

◉佐藤信介監督といえば、大泉洋、有村架純、長澤まさみを無駄遣いした「アイ・アム・ア・ヒーロー」。どうも相性が悪い監督です。やたらに人を殺しまくる監督で、本作でも、バタバタ、人が殺されていくのですが、今回はそれほどグロくなく、受容範囲内。ストーリー展開も適度な速さで、アンダープロットも見事。何よりも、白昼の新宿繁華街の大量虐殺シーンは驚愕もの。よくこんなロケ撮影が出来たなと。西新宿高層ビル街での空中戦のCGも必見。ただ、評価が真っ二つに分かれている作品です。ストーリー的にも続編を前提としたエンディングなので、最終評価は次回作を見てから。

 

◉正直、観る前は舐めてました本当にすいませんでした焼き土下座します
世界に出しても恥ずかしくないヒーロー映画の傑作が日本で作られた!って印象
佐藤健演じる獅子神とノリさん演じるいぬやしきの対比が素晴らしい
しっかりとしたヒーローとヴィラン誕生譚になっており、オリジンとしての完成度も高い
上手くいったパターンの「マン・オブ・スティール」と言っても過言じゃないと思うマジで
家族の愛を取り戻す男の話、ヒーローとしての正義感に目覚めていく話、不幸な環境から世界に絶望していく男の話
どこを切り取っても面白い。個人的には傑作。

 

◉獅子神の憎しみに犬屋敷の気持ちが勝っているように思えなかった。

 

◉木梨憲武が主演で良かったと思った
漫画アニメ見てたから内容わかるけど、映画だけやと個人的に好きなシーンも省かれてたし、謎な部分も多いんじゃないかなあと思った
佐藤健がひたすらかっこよかった

 

◉とにかく撮り方が上手い。アングルや構図云々ではなく、感情をフィルム通して見せるその魅せ方が。これなんて監督だろ。
音楽も主張しすぎずベストマッチで、さすがやまだ豊。東京喰種ではお世話になりました。あの曲好きです。
感情を序盤からグッと掴まれて、その上で展開されていく救いようのない物語。

スポンサーリンク

きっと救いはあるはず、きっと救いは……と、中盤から終盤にかけてはもう祈るような気持ちで見てしまった。
マンガ原作ということで、やはり尺足らずの説明不足はあるが、そんな子細の不足を微塵も感じさせない出来上がりだったと思う。
足の裏にまで汗握った映画も久しぶりでした。

 

◉やはり原作物だからダイジェスト感有るけどなかなか楽しかった
木梨のくたびれた中年の様子が見事にハマっているし健の高校生役もギリギリなライン。
結局、機械化した理由や家族内の問題は、放ったらかしだからモヤモヤするけど新宿ドッグファイトは、全て吹き飛ばす❗(洋画に比べたらまだまだだけど)

 

◉原作知らなかったんですが
終始ドキドキ。
造形的にびっくりする感じですが迫力あった。

個人的に深刻なシーンでも二階堂ふみはいい味出してるなーと感心。笑うとこではないかもしれないけど笑ったし。

獅子神が暴走を始めていくあたりから、涙が出てきた。
犯罪者の心理ってこういうことなのかなーって感じたり。

木梨さんがんばってましたね!

チョッコー(?)以外の高校生が本気でクソなのが多くてそれはそれで怖かったな。
ってか世の中クソなのばっかな描き方でしたね。そうなると目にもの見せてやりたいって気は起こるからその辺の中二病的感覚は面白かった!

 

◉ジジイがヒーローの名に偽りなし。
敵役の情景もしっかり描かれているので、心情が伝わる良作だと思う。
敵役がやたらとしっかり書かれているので、敵役にも感情移入出来る人は出来ると思う。
敵役が早く別の力に気がついて入ればまた別の物語に変わったかもしれない。
次回に続きそう。( ̄▽ ̄)

 

◉なんじゃこの映画は、、いい意味でとんでもなかった。
最初から最後まで目が離せなかった。CG技術がすさまじく、違和感が全くなかった。
こんなにもジジィで楽しめるなんて思いもしなかった。笑

 

◉スケール小さいな。
早く空中戦してくれよ。
あと今時あのヲタ描写はないやろ。。実際にいるかどうかは別として。

しかし二階堂ふみは相変わらず可愛い。
惚れ直したぜ。

 

◉久しぶりに映画館で観るのだから、臨場感を味わえるものが観たくてコレを選びましたが、なかなか面白かったです。
佐藤健さんの演技が怖かったんですけど、ほとんどがCGだったので、木梨憲武さんと空中戦?のシーンの撮影風景を想像するとなかなか笑えました()

 

◉作品自体には全く期待せず友達の仕事ぶりを見る感覚で行ったけど、思ったより良かった!
CGのクオリティも良いし、戦闘は新宿が舞台で、ドンキのビルを横向きで走り抜けたり、
安田火災ビルのディテールとか、いつもの風景が全く違った目線で見れた。
東京モード学園は破損してなかった笑

コメディと思って観るのが正解だよね??
ちょっと人殺す理由とか理不尽過ぎるし、お父さん新築買って頑張ってるのに嫌われ過ぎだし笑
あなた方のお母さん育て方どないなってんのやちょいとちょいと!!

とにかく突っ込む所は満載!笑
でも原作読んでる友達の説明聞くと納得!やっぱり漫画を実写化は尺が短すぎるよね。
花子めちゃ可愛かった!

 

◉原作は全く読んでません。
つまらなくはないのですが、全体的にテンポが悪いように感じました。
一つ一つのシーンにそれぞれ時間をかけ過ぎていて、もっとスピーディーに話が進めばいいのに、と思いながら観てました。
空を飛ぶシーンは4Dだったらもっと面白かったかもしれません。

 

◉正直、最初はいぬやしき実写化に期待はしてませんでした。
僕は第1巻しか読んだことがないので実写化が成功かどうか分かりませんがあまりいぬやしきを知らない人としては、なかなかに面白かったです。

どこかドクターストレンジを彷彿とさせるような新次元映像トリップ。
後半はなかなか鳥肌が立ちました( -`ω-)
ただ、前半が少しテンポ悪かったかな…
流石にお風呂の親子殺しシーンは無いのか(^^;
そこそこに満足

 

◉配役については佐藤健の高校生役はさすがにもう無理があると思いました。
木梨憲武もさすがベテランの芸人さんなので表情の出し方などとても良かったです。

前にも少し書きましたが、壱郎に関しても皓に関しても物語全体的に
救いが足りないように感じましたが新宿上空戦のクオリティだけで十分過ぎました。

 

◉『いぬやしき』
新宿のビル街を空中爆走!疾走感溢れる怒涛の映像トリップ、邦画界の新たな挑戦に拍手👏一方、要素要素は魅力的なのに、尺不足故説得力不足で、人間ドラマに粗と蛇足感。ただ娯楽作としては及第点で、木梨憲武の哀愁漂う駄目オヤジの頑張りに、そして三吉彩花の可愛さにガッツポーズ!

 

◉配役よかったです。木梨さんはダメダメな切ないお父さんぴったりでした。表情豊か。佐藤健くんはさすがに高校生役は無理感出てましたが、最高にカッコいいです!悪役も似合いますね。本郷奏多くんは高校生役全然違和感なかったです。虐められててちょっとスレた、けど、ふつーの感性の高校生を好演してました。伊勢谷さんの刑事役は、せっかくの伊勢谷さんだったのにあんまり絡んでこなくてもったいなかった。
原作の漫画読んでますが、やっぱりかなりカットされてて、改変されてました。個人的にはふみちゃん役の女の子とおばあちゃんが死んじゃったのがショック…あと、娘さん役の子はもうちょっと美人がよかった…木梨さんと健くんのバトルの場面は、木梨さん弱すぎてイラっとしました笑もうちょい頑張れよ!あとは健くんの上半身美しかった。
最後はあんな感じで終わり、ちょっとビックリ。まさか続編作る気??それはないよねぇ…
はなこはかわいくて癒し。

 

◉いぬやしきのマンガとアニメ好きだけど、正直実写化は期待してなかった。
でも見てみたら再現度高くてびっくりした!!
終わり方がアニメとかと少し違って残念だったけど面白かった!!
佐藤健が出てるマンガ実写化今のところ成功してる!

 

◉原作は読んでないけど多分上手くまとまってたと思う!
前半の犬屋敷やんの人生辛すぎ(笑)
ロボットに改造されてからのアクションは中々良かった!
日本の特殊部隊ってあんな静かに部屋に侵入できるんかな?
最後の新宿での虐殺からタイマンまでのアクションはこの映画の見所!!

 

◉定年間際の気弱なサラリーマン・犬屋敷は家族にすら相手にされず、おまけに末期ガンを宣告される。
ある日、犬屋敷は娘の同級生・獅子神と共に夜の公園で謎の事故に遭遇。その事で何故か機械の身体に生まれ変わった犬屋敷は、瀕死の生き物を蘇生させる能力で人助けを始めるが、獅子神はその力で殺戮を繰り返す。やがて二人は対決する事になる…
突拍子も無い設定だが、木梨が初老のしょぼくれた男を自然な感じで演じ、哀愁や優しさ、後半では格好良さも漂わせる。
「ターミネーター」を彷彿とさせる二人の戦闘シーンは迫力やドキドキ感も十分ある。
全体としてはSF作品の部類入りそうだが、家族の関係、友情…様々なものが詰め込まれた秀作。

 

◉佐藤健は素晴らしい。若手で頭1つ抜き出てる。
ただ映画は最高の最後が要らないシーン。続編の可能性を残そうという下心がミエミエ。
このあたりが今の日本映画のダメなところ。悲しい。過去には残らない作品になってる。

 

◉原作は読んだことなく、名前とおじいさんの顔だけは知ってました。
機械の体に驚いた時の木梨憲武の表情がたまりません(笑)流石です!
佐藤健は、以前から殺し屋とか悪役が似合うだろうなと思っていましたが、やっときました。あの容赦の無さ、カッコいいですね!ラストも良かった。
飛び回るCGは良かったけど、終盤の殴り合い?は、少し雑になってたような…でもまー全体的には楽しめました!

 

◉前情報も入れずに原作見たことない私でも面白かった。佐藤健の目つきが素晴らしい。

 

◉【体感】短め
【ストーリー】薄め。テンポがいい
【映像】VFXは所々違和感あり。邦画としてはかなり良い出来
【総評】
後半になるまで犬屋敷さんがほとんど出てこない。でも前半の短い時間で彼のダメダメぶりを見せつけて後半のカタルシスへ持ち込んでいく流れがとても良かった。アクションも派手で爽快。
佐藤健の悪役のハマりがすごい。弱いけど優しい、純粋な若者してる本郷奏多もいい。
どうして機械の身体になったのか、人を生かし殺す能力の意味はなんなのか……続編があるならその辺が知りたい。
【特記事項】はなこがかわいい。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-SFアクション, コミック原作
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.