映画『忍びの国』


【2017年7月1日(土)公開】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】中村義洋【原作】和田竜【脚本】和田竜

【キャスト】

無門 大野智
お国 石原さとみ
下山平兵衛 鈴木亮平
織田信雄 知念侑李
長野左京亮 マキタスポーツ
北畠凛 平祐奈
下山次郎兵衛 満島真之介
下山甲斐 でんでん
音羽の半六 きたろう
百地三太夫 立川談春
北畠具教 國村隼
日置大膳 伊勢谷友介

『のぼうの城』など歴史小説を得意とする和田竜のベストセラーを嵐の大野智主演で映画化した痛快アクション。織田信長も恐れた伊賀・忍び軍団の活躍を迫力満点のアクション描写と共に描く。石原さとみが主人公の妻を演じるほか、伊勢谷友介、鈴木亮平らが脇を固める。監督は数々のヒット作を手がけてきた中村義洋。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

天下統一に向け諸国を次々と攻め落としていく織田信長でさえ攻め入ることができない唯一の国、伊賀。そこには、超人的能力を持ち人を人とも思わない人でなしの忍者衆が暮らしていた。その中でも無門(大野智)は、どんな堅牢な門も彼の前では意味をなさないと言われるほどの凄腕だが、普段はこの上ないほど怠け者で、女房・お国(石原さとみ)の尻に敷かれ通しだった。天正七年九月、信長の次男・織田信雄(知念侑李)が父の命に背いて伊賀討伐に乗り出し、圧倒的な戦力を誇る織田の大軍が伊賀に迫る。様々な思惑が交錯する中、無門率いる忍びの軍団は想像を絶する秘策で織田軍に抗戦する。

『忍びの国』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

◉映画「忍びの国」見ました。
何も知らないで、痛快戦国アクションもの
みたいなイメージで見たんですけど、結構えげつない話だった……。

でも確かに、忍びの国というものが
どういうものだったかを描いた作品だったなと思った。
泥くさくてすごく好きでしたね。
大野さんも飄々としたキャラとても似合う。

 

◉【忍びの国】

戦国時代忍びの国として名高い伊賀
超人的な戦闘能力を誇り虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも
特に腕の立つという無門は怠惰な日々を過ごしては妻・お国に稼ぎのなさを叱責されていた

 

◉『忍びの国』
何回観ても深くてすごくいい映画。
智くんのアクションもいざという時の表情も声もハッとさせられた。
鈴木亮平さんとの死闘はほとんど本人たちで演じていて手に汗握るのに涙する。

 

◉映画『忍びの国』
大野智氏は凄腕のとぼけた忍者の役。
エンタメを飲み込まぬ、演じる作為が全くない素朴さで、
その眼光に別次元の写実の狂気を孕み、
作品の質とのバランスがとれていない。
狂気が人情、知性を得た時の演技は写実の極みである。
殺陣も素晴らしく、できれば特撮のない大野智を観たかった。

 

◉『忍びの国』
大野さんのお芝居に肌がビリビリして、背筋がぞくぞくしました。

 

◉『忍びの国』
歴史が苦手な私ですが、ネタバレは見ない程度に
Wikipediaでちょいちょい内容の確認しながら観たら、
理解できながら楽しめた!これは面白い!!
細かい感想は難しくて言えんけど、これはだいぶ良い!

◉映画『忍びの国』初日、旦那と観に行った。
観終わって「ヤバイ!めっちゃ面白かった!もう1回観たい!」って言ったら、
私が好きなものには必ず何かしらケチを付ける旦那が一言「うん」と。
ビックリしたし、男性にもウケる映画なんやと嬉しかったんだよね。

 

◉嵐:大野さんが主演の映画【忍びの国】
久し振りに「おぉ~」と言葉にしてしまうほど
興味深い作品でした。

・嵐:大野智さんの演技力
・作品全体が進むにつれて作品ジャンルも変化
・人間の本性(本能)を映画で表現

とても良い意味で期待を裏切られました👏

 

◉『忍びの国』
大野くんめちゃよかった👏🏻めちゃめちゃ泣けた😭

 

◉『忍びの国』鑑賞した。
本当に何度見ても面白い映画だ。
昨日関ヶ原見て、キャストの豪華さやロケの規模が
格段に立派で戦闘シーンも大迫力の戦国時代劇。
この後だと見劣りするかと思ったけど全然そんなことなかった。
一貫して伝わってくる大作以上の物語。
何度も見たのに同じ箇所で身震い、興奮、涙。

 

◉忍びの国に行ってきました!
一言で言うと、無門が智で、智が無門だった。
監督が智の魅力を引きだし、智が無門の魅力を引きだしたのだろう。
素晴らしき映画。

 

◉映画「忍びの国」観に行ってきました。大野さんのいい意味で脱力感がある演技が良かった❗鈴木亮平さん伊勢谷友介さんの戦いのシーンも圧倒されました。戦いばかりではなくクスッと笑えたりホロッと涙するところもありもう一度観たいと思える映画でした😆

 

◉映画『忍びの国』。
笑いあり涙あり愛あり、アクションシーンは迫力満点!時代劇が苦手な方も楽しめると思いますので、是非劇場で観ていただきたい映画です。キャストの皆さんの演技が素晴らしい✨ゾクゾクしました…!

 

◉映画『忍びの国』鑑賞。
亮平さんとの死闘は中村監督が視聴者が「もたない」という理由で短く編集した意味がよく解った。殺陣だけでなく無門の表情の変化が見所。二人の殺気と想いがスクリーンから溢れてきて受け止めるのが精一杯だった。あの数分で映画1本分の価値がある。

 

◉映画「忍びの国」2時間5分があっという間に過ぎていました。
老若男女問わず楽しめるエンターテインメント映画です。

 

◉「忍びの国」。無門を含め登場人物の背景や想いをもっと掘り下げて同じキャストでドラマ化して欲しい!
それくらい魅力的な映画でした。アクションはPOPでコミカル。
そして凄絶!笑えるのに虚しさも込み上げ未だに余韻が…。改めて大野智の声に惚れました。

 

◉はぁーーー忍びの国、良かったですーーー(;_;)💕
何度観ても良い映画✨✨✨←だと思いました!!

 

◉久しぶりに見たお馬鹿映画(苦笑)
誰にも感情移入ゼロ。
登場人物の動機がスカスカ。
全て中途半端でした。。。

 

◉少しずつ少しずつ盛り上がってきたかと思えば、反比例するように少しずつ少しずつ冷めていき…すいません。伊勢谷友介さんや鈴木亮平さんにだいぶ助けられてるような気もしたが、反面こういった類の喜劇では存在そのものが浮いてしまうなぁと、勿論いい意味で。

 

◉もうちょっと面白くできたんじゃないかなぁ的な。
折角忍びだし、もっとSFでも良かったんじゃないかなぁ。
これは原作読んでないから言える事なんだろうけど。
築城のトコ面白かったな。
大膳は格好良かったです。

 

◉時代劇とか歴史モノ苦手だなって人でも楽しめるアクションコメディ!
大野くんとってもよかったです!
キャラクターもピッタリ。
アクションもさすがジャニーズ!とっても迫力ありました。
コメディ要素が強いので、
なにも考えず気軽に観れると思います✌

 

◉歴史モノを期待されている方はちょっと違う、ジャニーズのアクション映画。
原作を読んだので出演者を聞いたときは残念に感じましたが、実際はそこまで違和感なく観れました。

 

◉無門のキャラクターは好きだけど、矛盾も感じる。そこは気にならなかったけど、
CGがイマドキの大作にしてはちょっと…

 

◉大野くんは大野くんでした(*^^*)
何と言っても伊勢谷友介さんが、かっこいいのです♡
映画楽しめました(*^^*)

 

◉大野智さん主演の「忍びの国」。
忍びと言うのですから、キリリとしたオーラと俊敏な動きを想像していました…。
しかし、スクリーンに映るのは真逆な忍者⁈
ノホホンとした雰囲気で、敵陣に突っ込んで行く姿はまさに大野さんそのもの。
「無門」という名の如く、目の前に障害があっても、次々と押しのけて突き進んでしまうのです!
優しい佇まいながらも、「やる時はやる‼︎」という男気を見せるところも大野さんそのもの!
まさに、大野さん尽くしな映画でした!

 

◉石原さとみが無茶苦茶きれいです。役者も頑張ってます。

 

◉面白い
大野くんの可愛さに笑える
アクションシーン半端ない
鈴木亮平とのとこ凄いかっこいい

 

◉キムタクの映画みたいなんかなと思ってみたら、ハードルが低かったからなのか、意外と面白かった。
冒頭のわざとらしいアクションととってつけたような大野の声が気になった。
ラスト、大野が仲間を引き連れて織田軍の目の前に現れるシーンは迫力。ストーリーの流れはいい。
大野ファンは必見だな。

 

◉普通なら絶対にありえないぐらい魅力ないやつが主役になっている
不自然な映画
愚かな金儲けをするジャニーズ事務所のための恥ずかしい映画
ブランド大好きなバカだけがお金を投資する自己満足映画

 

◉予想以上に面白かった! ヒットするんじゃないかな♪ 笑いあり!涙あり!ってこーゆー事だ!って思いました(^-^) それにしても大ちゃんが可愛いし♡カッコイイし♡

 

◉面白いです、やり取りも今風で重苦しくなく観られます。エンターテイメント性の高い娯楽映画としてよくできている作品だと思います。それぞれの演者の方の個性が生きていて素敵でした。

 

◉とにかく笑って泣けてきゅんとして たくさんの感情でぐちゃぐちゃになる見ててとても飽きない作品でした 人でなし忍者たちもほんとに最悪ながらに可愛くて愛らしくて最高でした

 

◉はっきり言って、観る価値はあまりないかも。 和田さんの大ファンなだけに、ジャニーズに偏ってしまっただけに、演技は一辺倒、大野は最悪。キムタクと一緒で全く同じ演技にしかみえん。ジャパニーズブランドの忍者を傷つけたに過ぎない感じ

 

◉まずまず。
ストーリーが深みがある場面と浅い場面とあり共感しにくい場面があった。お国とのシーンが足りなかった。

 

◉よかった点は、大野くんと鈴木さんのタイマンシーン 非常に良かったです もうちょうここがなーなのは、 ストーリー。 後半の伊勢谷さんのセリフを言いたかったんだろうなー、とは思いつつも、なんとも言えない煮え切らなさ 主人公もなんでそうなったのかイマイチ分かりにくい 途中の盛り上がるところも、なんか釈然としない 凄いのにすっとぼけている方面がもっと強めが良かったな 映像としてもタイマンなどカッコいいところも多々あるのですが乱戦の合成ぽさ 大野くんと石原さんの会話シーンの違和感がありました なんか全体的に徹底できず共感しにくくなってしまい、見終わったあとになんとも言えないクエスチョンマークが浮かぶ映画でした

 

◉全体的に話が、えっ?という感じでした タイマンのシーンは良かったです

 

◉まあまあです。大野くんファンにはたまらないんじゃないの。
そうでない人には、まあまあ。
一つ言えることは、のぼうよりは、確実に面白いよ。

 

◉ジャニーズもピンきりで、大野何某の芝居云々はさておき、
相当にジャニーズ邦画にしては迫力のある終盤のタイマンはかなりいけていた。
戦国物の流行は今に始まったことではないが、
切り口が通常のおっさん堅苦しい歴史物に比べてポップになっており、中々面白い。

 

---------------------------------

スポンサーリンク

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 1,630 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入