ノンフィクション 戦争映画

【オススメ映画!みんなの口コミレビュー】映画『ダンケルク』の感想評価評判

投稿日:

映画『ダンケルク』口コミ感想ネタバレ 映画『ダンケルク』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「臨場感、音響効果は凄かった!」「とてもリアリティーの追求された映画!」「ずっと肩に力が入って、観終わった後の疲労感!」


上映中【2017年9月9日(土)公開】

 

第二次世界大戦中の1940年、フランス・ダンケルクの海岸でドイツ軍に包囲されたイギリス、フランス軍の兵士約40万人を860隻の船舶で救出した、史上最大の救出作戦を映画化したサスペンス。トム・ハーディやマーク・ライランスら名優を迎え、クリストファー・ノーラン監督が初めて実話の映画化に挑んだ意欲作。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

第二次世界大戦が本格化する1940年、フランス北端の海の町ダンケルク。フランス軍はイギリス軍とともにドイツ軍に圧倒され、英仏連合軍40万の兵士は、ドーバー海峡を望むこの地に追い詰められる。背後は海。陸海空からの敵襲。そんな逃げ場のない状況下でも、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)やアレックス(ハリー・スタイルズ)ら若き兵士たちは生き抜くことを諦めなかった。一方、母国イギリスでは、海を隔てた対岸の仲間たちを助けようと軍艦だけでなく民間船までもが動員され“史上最大の救出作戦”が動き出そうとしていた。ドーバー海峡にいる全船舶が一斉にダンケルクへと向かう。民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)も、息子らとともに危険を顧みずダンケルクを目指していた。英空軍パイロット・ファリア(トム・ハーディ)も、数において形勢不利ながらも出撃。タイムリミットが迫るなか、若者たちは生きて帰ることができるのか……。

●キャスト●

Tommy フィオン・ホワイトヘッド
Peter トム・グリン=カーニー
Collins ジャック・ロウデン
Alex ハリー・スタイルズ
Gibson アナイリン・バーナード
Colonel Winnant ジェームズ・ダーシー
George バリー・コーガン
Commander Bolton ケネス・ブラナー
Shivering Soldier キリアン・マーフィ
Mr. Dawson マーク・ライランス
Farrier トム・ハーディ

●スタッフ●

監督 クリストファー・ノーラン
製作 クリストファー・ノーラン 、 エマ・トーマス
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ
脚本 クリストファー・ノーラン

映画『ダンケルク』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉映画『ダンケルク』
砂浜の1週間と船の1日と空の1時間というめちゃくちゃ濃い群像劇を
2時間の映画にまとめて映画を3本くらい観たような満足を得られた
IMAXの大スクリーンで戦場、船室、コクピットの閉塞感をがっつり味わった

 

◉『ダンケルク』観ました!
凄いっすね!マジ半端ねぇっす!
想像はしてたけど、その場にいるような臨場感で、
最初から最後まで緊張しっぱなし。
公開当時は普通のスクリーンで観たから、この臨場感はなかった。
そして、やっぱり音が半端ねぇ。
何回か撃たれてたわ。死ぬかと思った。

 

◉『ダンケルク』が大好きなんだけど、
映画館で見る度に最初の銃声で見に来たことを後悔してしまう。
本気で怖いんだよな。でも何回でも見たくなる。

 

◉『ダンケルク』
ドイツのダンケルク港に取り残された英国兵を本国へ帰すため、
普通の漁業やってたおじさんが使命感に駆られて救出のために出動

マークライランスが本当にいい味を出していて、
映像でも戦争の悲しさが伝わる

 

◉『ダンケルク』初見!
独軍に追い詰められた英仏軍をダンケルクからイギリス本土に撤退させる話
陸海空の3つの視点から描かれてて、時間軸のズレもノーラン監督らしいと思った
アホすぎて時間軸を理解出来てなかった自分残念号泣
CGを極力使わずに演出する臨場感は抜群だった。どう撮影したのか気になる

◉映画『ダンケルク』。
なんだかアッサリしている。
極端に台詞が少ないのと、残酷描写がなかったからか?
戦争映画というより、サスペンス映画を観た気分。
スピットファイアのパイロット役がトム・ハーディだと最後まで気付かなかったよ。

 

◉映画『ダンケルク』
大好きだし円盤ももってるけど、
まともに通してみたのは映画館での初見一回きりかも。

すべてに胸を潰されそうになっちゃうんだよね……
特に最後のトミーの瞳、思い出すだけで
映画全部を味わった気分になって満足しちゃうし、
「もういいや……」ってなっちゃうの

ノーラン監督とフィンくん、最高にすごい……みんなすごすぎ……

 

◉『ダンケルク』鑑賞。
ダンケルクにて交錯する3つの時間軸。
第二次大戦下で起きた"奇跡の物語"の実像が淡々と描かれる。

状況が生み出す否応無い緊張感に息詰まる心地。
言葉少なに葛藤を表現する俳優陣の妙演も見事。秀作です

 

◉「ダンケルク」
違う時間軸がだんだんと合わさっていく作り方は面白かった
でも「ハクソーリッジ」見たあとだったからか
少し物足りない印象でした
映画自体は良かったけど比較して見てしまったのかも
ちょっともう1回見ます

 

◉ダンケルク。
ノーラン作品で唯一首を傾げた作品だけど、
なんか音が凄かったのは憶えている。

何が面白いか理解出来ていないのに引き込まれた感じ。
意図されていたものだったのかと知れて嬉しい。
もう一度観直したい。

 

◉『ダンケルク』
陸軍、海軍、空軍それぞれの目線で戦争を見ることができた。
あまり戦争映画は暗くて悲しいっていう偏見を持っていて
苦手だったけど、暗すぎずまだ見やすい方だと思った。

鑑賞中ただただギブソンの心情が気になっていた。
立ち位置が微妙な状況で、精神も弱っている中、
頑張っているのがものすごく健気?に思えた。

スポンサーリンク

ギブソン、主人公、その他の兵士の心情を1人1人考えていたけど、
自分が思っている以上に大変なんだろうと思った。
単純に見ると、汚い人間だなって思う人物もあの状況じゃ、
そうなっても仕方が無かったって思える。

戦争は人の身体はもちろん、更に精神も弱らせる。
セリフが少ない分、色々と考えることがあって、見てよかったと思った。

 

◉『ダンケルク』
レーザーIMAX体験してきた。もう圧巻!
絶壁なスクリーンに今までみてきたIMAXはいったい何だったんだろう…と。
ダンケルク自体は2回目だったけど、音の迫力も相まって陸海空の執念を感じた。

 

◉『ダンケルク』
『1917』共通して奇妙な点は、上官が無茶を言わず良い人物。
兵士同士もあまり言い争わない。

平時の実社会でさえ、個々人が欲望むき出しなのが散見されるのに、
人間とはそういう弱さを持つものだという側面を“戦場で”描いていない点であり
間接的な戦場の美化につながり危険とさえ考える。

 

◉「ダンケルク」観ましたが、
いまひとつ人気の理由が解らず…。

戦場にいる兵士一人ひとりはただひたすらに
目前の危機に対処するのに必死でとても大局的になど見られない。
ということがよく描かれていたと思う。
音響が独特でしたね。

 

◉『ダンケルク』
陸海空の軍人たちから見る3つの視点から描かれる戦争映画。
音楽が凄い、これは映画館で観るべきだったと後悔

 

◉『ダンケルク』
陸組終盤のカエル野郎云々のくだりの後
銃声がした瞬間ギブソンとトミーが周りに飛びかかるモーションのタイミングが
同時なのを見るたんびに胸が熱くなるし+とてもしんどい。

 

◉『ダンケルク』観てきた。
音の聞こえが違う。波の音、戦闘機のエンジン音、爆撃、銃撃、怖いと思った。
コリンズの着水の時なんて怖すぎ。よく無事だったななんて思ったくらい。
観に行って良かった。

 

◉『ダンケルク』鑑賞。
いい音の作品だった。語られるべき物語はなく、語られるべき状況がある。
メッサーシュミットの厭な音の存在感がずしりと重い。
場面のシンクロ感のせいか、時系列の感覚が変になった。
そのあたりの歴史の勉強をしてもう一度観ると、また評価は変わりそう。

 

◉【映画 ダンケルク】
これが実話だという驚きと、
CG一切なしという映像の隅々までとにかく実写感がすごかった。

見終わって「わたし諦めずに生きる」と言ったら単純と笑われたけど、
そんな前を向く作品。 ただ、これ4DXにしなくてよかった。
わたし空中戦で絶対酔ってた。

 

◉ダンケルク傑作だった。
ノーラン作品の中でも一番好きだ。すごいものを見てしまった。

 

◉「ダンケルク」
私が素晴らしいと思うのは、
戦場から生きて帰る事に誇りを持てる映画になっていること。

ラストシーンでは味方を救ったパイロットが愛機に火を付け堂々と捕虜になります。
旧日本軍がどうだったか知っていればこその感動です。

 

◉『ダンケルク』
想像していたものとは違った。
最後に一機だけ残った戦闘機の最後が哀しい。
あまりセリフがなく淡々と状況を流している感じ…題材が戦争なだけに。

 

◉『ダンケルク』
第二次世界大戦でイギリスとフランスが総力を挙げて
40万人の兵を撤退させようと頑張って、
後の戦果にも影響を与える事となったと言われている、
『ダンケルクの戦い』
を元に作られた映画。

面白い!!良きかな!!最高!!
ノーラン監督がまたやった!!というレベルよ。面白かった!!

冒頭から最後まで圧巻の1時間45分です!!
まさに戦場体感映画です!
四方八方から迫ってくる音
サイレン
魚雷
爆発音
戦闘機の爆撃
銃撃
など
そこからひたすら逃げる。これがまたヤバい。

 

◉「ダンケルク」です!
今作を観た感想は、非常に緊張感があり、迫力のある戦争映画でした!
映画全体常に緊張感があり、ハラハラするシーンも多かったです。

また、この映画で一番素晴らしかったのが、
音響が非常に素晴らしかったです!
飛行機の音や、銃声がとても際立ちました。
ハンスジマーの音楽もいつもどおり素晴らしく、
この映画に緊張感を与えていてよかったです。

一つマイナスな点をあげるとしたら、血の描写がありませんでした。
戦争映画なのにも血の描写がなかったので、
そこは少し制限を上げて、血の描写を加えてほしかったです。
評価は8/10点です!

 

◉『ダンケルク』
確かに自分がその場にいるような映像は感心したけど、
肝心の主軸のストーリーが淡々と生き残ろうとするだけで
映画としてのハラハラドキドキさせる感はなかった。
Cノーラン好きとしては少々残念。

 

◉『ダンケルク』
話が1つになるところでなるほどと思いました。

面白い魅せ方だなと。

内容としては題材が重たいだけに緊迫感と絶望感ただよう暗い印象。
あとストーリーの起伏は少なかったと感じました。

心折れる兵士がいる中戦場に向かう人達の勇気や信念に感動しました。

でもやっぱり戦争とは悲しい歴史ですね。

個人的には
『フランス兵がまだいる。』
という台詞と
トムハーディー
がカッコよかったです。

 

◉映画『ダンケルク』
映像は迫力あって凄い。

 

◉『ダンケルク』観た。
非現実的な夢のような広大で奇妙な映像が大作映画らしからぬ、
監督らしい美しさ。

さすがに空戦シーンは「わかりやすさ」を犠牲にしたとこはあるんだけど、
筋は明快だしH.ジマー節でハラハラ、ジーンとくる娯楽性も確保してる。

 

◉『ダンケルク』

第2次世界大戦で敢行された
兵士救出作戦を題材にした作品。

大好きなノーランの
リアルを描いた作品。

時間軸のずらし方や
迫りくるような深みのある音、
手に汗握る演出は本当にさすがノーラン。

実在した戦争の話を題材にしてる事を
理解しながらみるとより深みを感じます。

非現実な作品は言わずもがな
こういうリアルな作品もめちゃくちゃ面白く
つくれちゃう。さすがです。

劇的じゃない。
勇者じゃない。
でもアツい。

是非😊

 

◉『ダンケルク』
緊張しっぱなし。でも観て良かった。

 

◉『ダンケルク』
監督の安定の難しさ。
主人公たちが潜水艦みたいなところに立てこもって、
誰か外に様子見しなくてはいけないときに、
人種などマイノリティをはじき出して
場決めようとした場面が、印象に残った。

 

◉『ダンケルク』観ました🎥
今から、ちょうど80年前、第二次世界大戦で
独軍がフランスに侵攻しフランスの端まで追い込まれた
英軍と仏軍🇬🇧🇫🇷約40万人を救う壮大な話です。

そんな彼らを助けるために立ち上がったのは、
どこにでもありそうなイギリスの遊覧船や観光船で、
いわゆる民間船でした⛴

不幸にも、その窮地に立たされた若者たち。

それを救うために自分達の世代が
始めた戦争の責任だからと1隻の商船を操る老人。

この救助作戦を遂行するため海岸の波止場で船を待つ司令官達。
それを空から支援する戦闘機のパイロット達。

それぞれの時系列が入り乱れて訳わからなくなりそうだけど、
それぞれが、その時、その場所で、お互い助け合い、
自分より多勢を助けるために行動している人がいた。

今も、この時代とまでは言えないけど、見えない所で戦っている人がいる。

この時みたいに、人の命を助けるために海を渡って
敵機が上空を飛び交ってる戦場に行く必要もない。

ただ家にいるだけで助かる命がある、
戦ってる人の助けになると信じて、じっと我慢しようと思いました😳
グロテスクなシーンなどは少なめです、ストーリーがメインなので、
そういうのが苦手な人にも抵抗なく観れると思います。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 5 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ノンフィクション, 戦争映画
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.