【口コミ感想】映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

コミック原作 ファンタジー

【口コミ感想】映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の評価評判

投稿日:


映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』口コミ感想ネタバレ 映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ドレスアップした高畑充希がめちゃくちゃ可愛い!」「堺雅人さんと高畑充希さんのほっこり夫婦がとにかく素敵でした!」「心を温めたい時に見るべし!」


上映中【2017年12月9日(土)公開】

 

山崎貴監督が『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズに引き続き、西岸良平の人気コミックを実写映画化したファンタジー。愛する妻の命を取り戻すため、たったひとりで黄泉の国へ向かったミステリー作家の冒険がVFXを駆使して描かれる。堺雅人が多趣味でユニークなミステリー作家を、その妻を高畑充希がキュートに演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

鎌倉。ここには、人間ばかりでなく、幽霊や物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神までが住んでいた。魔界や黄泉の国の間で、生者と死者の思いが交錯する都。この地に暮らすミステリー作家、一色正和(堺雅人)の元に、若い女性、亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。しかし、亜紀子は、あちこちに人ならざる者がいるような、おかしな気配を感じていた。正和と亜紀子が道を歩いていると、その前を何かが通り過ぎる。それは、ムジナか河童か……? 驚く亜紀子に正和は、“鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まっていろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる”と言うのだが……。その一方で、犯罪研究の腕を買われた一色は、迷宮入りしそうな事件が起きると、警察の捜査にも協力していた。それらの事件には魔物や幽霊までが関わってきて、一筋縄ではいかなかったが、心霊捜査にも精通する一色は、名探偵でもあった。そんなある日、大金持ちが殺害される事件が発生。一色はその捜査を依頼される。どうやらその犯行は、人間の仕業ではないらしかった。同じ頃、亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活も大きく変わっていくが……。

●キャスト●

一色正和 堺雅人
一色亜紀子 高畑充希
堤真一
安藤サクラ
田中泯
中村玉緒
市川実日子
ムロツヨシ
要潤
大倉孝二
神戸浩
國村隼
古田新太
鶴田真由
薬師丸ひろ子
吉行和子
橋爪功
三浦友和

●スタッフ●

監督 山崎貴
製作 今村司 、 市川南 、 加太孝明 、 船越雅史 、 戸塚源久 、 谷和男 、 永井聖士 、 弓矢政法 、 中西一雄 、 堀義貴 、 島村達雄 、 牧田英之 、 安部順一 、 三宅容介 、阿部秀司
プロデューサー 飯沼伸之 、 守屋圭一郎
原作 西岸良平
脚本 山崎貴
主題歌 宇多田ヒカル

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』を観た人の感想、評価、口コミ

ファンタスティックてんこ盛り、高畑さんの可愛さ、江ノ電、お決まりの踏み切り、鎌倉行きたくなりました。

 

めちゃくちゃ笑ったし
書生の堺雅人はかっこいいし、黄泉の国とドレスアップした高畑充希がめちゃくちゃ綺麗すぎてそれだけで見る価値ある。CGまじですごい。

 

高畑充希の演技はどの役もそれほど変わりばえしないのでどうしてもカホコ(民放ドラマ)に見えてしまう。原作は未読だけどおとぎ話のようだ。鎌倉の地はとても好きだし不思議な妖怪なども出そうだけど敵の恐怖感は全く伝わってこなかった。黄泉の国のVFXはさすが山崎監督だ。

 

高畑みつきがやっぱり上手だな。
なんなんだろ、すごく可愛いわけではないのに可愛いし、docomoのCMはセクシーだし、好きだなぁ!
お化けとか妖怪とか好きじゃないけど、そういうの作品のわりにはほっのりして楽しかったよ、映像綺麗。

 

堺雅人とムロツヨシ、私得な映画。
鎌倉の街並みが綺麗で、行きたくなる。
全体的にほのぼのしていてあったかい映画だった。時々ほろりと涙するところもあり、ふふふと笑えるシーンもあり。宇多田ヒカルの歌もピッタリとあってて、見た後も歌がリピートしてる。心を温めたい時に見るべし。

 

ファンタジー系なのに、しっかり見入っていました。大切なことも気づかせてくれる映画でした。高畑充希がほんとにかわいいかった!

 

笑いあり感動ありの素敵なファンタジーでした。
テーマがこれ!と良い意味で一つに留まらず、観終わったあとはほっこりとした気持ちになれる作品です。
友達や誰かと一緒に観たい作品。

 

夫婦愛を不思議な世界で魅せる大人ファンタジーです。
クスクス笑えて魔物達との闘いも見ものでした。リラックスして観る映画ですね。

 

堺雅人さんと高畑充希さんのほっこり夫婦がとにかく素敵でした(*^^*)

 

昔、原作漫画を読んでいて好きだったので観に行きました。久しぶりに面白かった邦画でとても満足しました!
結構クスクスと笑えるシーンが多かったので軽い気持ちで観ることができました。
主題歌の宇多田ヒカルさんの曲が映画にとてもマッチしていてよかったです!!

 

ジブリを実写化したらこんな感じなるような、にしても、高畑充希のやりすぎ感が苦手。

スポンサーリンク

 

いいなぁ、こういうファンタジー。
心があったかくなって、ほっとします。

 

個性豊かな俳優陣の演技、ストーリーと楽しめました(≧∀≦)
主題歌もめっちゃいい!!

 

こんなザ!ファンタジー!のような邦画を観たことはないってくらいのファンタジー映画でした。特に後半。
不思議でちょっと不気味で、でもなんだか風情があるような雰囲気づくりは鎌倉が舞台だからこそで、とても良いなと思いました。

 

とにかく高畑充希と堺雅人のラブラブっぷりが可愛い!高畑充希はもうカホコにしか見えないんですけど、本当に可愛い!!!(笑)ただ、あのカホコのノリが苦手って人をチラホラ見かけるのでそういう方は見ないほうがいいです。

 

面白かった。貧乏神様のお茶碗があんなふうに使われるとは…死神さんがなんかすごくツボった。なんかすごくいい味だしてた。でもね~私は高畑充希の演技が好きじゃない。過保護のカホコの演技が嫌い。舌っ足らずな喋り方がねー。

 

❝貧乏神にありったけの愛を💓🙋❞
うぴゃーーーーー‼!!!👋(*゚👄゚)👋
ってくらい面白かったですw爆
人に親切にしよう。そう強く思ったね僕は(๑•̀ㅂ•́)وウンウン

 

全体的に、最初思ってたよりもコメディー要素が散りばめられていて、笑える箇所が何箇所もありました。そして全体的にほっこりほんわかさせてくるような…あまりこういう雰囲気の邦画をすすんで観ることがないので、自分で映画館で選ぶことはないにせよ、たまにはいいなぁと思いました。ただ、ターゲットにしている年齢層がどこなのかちょっと謎だなあとは思いましたが。ジブリのようなファンタジーといえど、あんまり小さい子が見ても意味がわからないかなぁと思いました。

あ、あとは、安藤サクラのキャラ最高。とても演技が上手です、すき。

 

圧倒的高畑充希の可愛さだけでお釣りがくる。設定が似ている『蜜のあわれ』の二階堂ふみもよかったけど、比じゃない。
中盤までの世界観は大好きだったが、それ以降はちょっとファンタジックになりすぎて置いていかれ気味だった。高畑充希の出番も少ないし。

 

山崎監督は安定ですね。
そして音楽が本当に良いです!壮大!!
さすが佐藤直紀さん!!

宇多田さんのエンディングもとっても好き!
この夫婦が素敵すぎてほっこりします。
高畑充希ちゃんはカホコです(笑)(笑)

あとはある映画を観てると、
ニヤっとしてしまうキャスティングにも注目です✊💓💓

 

ジブリっぽい設定のジブリっぽい話。
人間が魔物や妖怪と共存する町、鎌倉。
その鎌倉で暮らす新婚夫婦の日常と、鎌倉で起こる不思議な出来事の数々を描いたファンタジー作品。
日本の実写ファンタジーはやっぱり苦手です。アニメだったら良かったのに、と思うシーンが多々ありました。

 

時代背景や人と魔界の曖昧な線引き、
殺人事件の操作方法がユニークで、
細かい所まで笑いが隠れている。

 

主役の二人はもちろん、
脇を固める堤さんと薬師丸ひろ子さんの
三丁目の夕日コンビは抜群の安定感。
三浦友和さんも素敵でした!

黄泉への案内人を演じる
安藤サクラさんの危なげな可愛らしさも必見✨

笑いと涙で、2時間が長く感じない
ファンタジー映画。お薦めです。

 

堺雅人、安定の演技力です!◎
高畑充希の演技は初めてマトモに見ましたが、ブリッコが鼻に付くのを除けばまぁまぁ良い感じ。
その他、豪華な俳優陣は一番の見所です。
特にお手伝いさんを演じる中村玉緒が凄いハマってて好きでした。安藤サクラも良かった。

宇多田ヒカルの主題歌「あなた」は100点満点。
原作漫画、機会があれば読んでみたい。

 

個人的凄く好きなジャンル。
凄く面白かった。

 

不思議ないきものたちの存在が、鎌倉の町の中に存在するものとして上手く描かれていました。
主人公の新婚夫婦、家族を残して逝ってしまうお父さん、小さい子をもったお母さん、夫が心配で現世に残り続けるおばあさん、家族を思う気持ちがそれぞれ上手く描かれていて、何度もホロっと涙がでました。

後半の世界観は、ゲームの中の世界のようで、これぞファンタジー!とても綺麗でした。
ラスボスの魔物は怖いので、小さい子供は泣くかもしれませんが、どの世代にも共感できる場面があり、全編を通してほっこり温かい気持ちになる作品でした。
俳優人も素敵でした。とくに高畑充希さんとってもかわいかったです。

 

邦画のCGとかどうせちゃっちぃ…って思ってたら、なかなかのクオリティ。
魔物とか、そこそこリアル。

ストーリーも、笑えるところもあり、ラストに伏線が回収されてGood。
邦画あんまり観ないけど、なかなか面白かったです。

 

ファンタジー系の映画は好きな方だけど、なんかちょっと映画に入れ込めなかったな。
終わってみればいろんな伏線が後半につながってたけど、それまでが長く感じてしまった。
高畑充希ちゃんはドラマのカホコちゃんに近いので、そのほっこりした感じが好きな人にはオススメ。
洋画の迫力ある映像を見慣れてる人には物足りないかも。。
安藤サクラちゃんがカラッとした性格の死神役を演じていて、すごく存在感があって良い感じだった。

 

ラストでタイトルの意味もそれまでの細かいあれこれもすとんとわかっておもしろかった。今年6月に鎌倉へ行ったばかりだったので、風景も楽しめました。堺さんファンはもちろん、じつは江ノ電ファンにもおすすめ。かっこかわいい死神(安藤サクラさん)もよかったです。

 

わかりやすい展開の妖怪ファンタジーもの。なかなかよかった。途中関係ない話が挟まったりするのがん?と思ったりしたが、最後のほうで使うための準備(布石というにはちと惜しいかんじがある;)だったのか~って繋がってよかった。安藤サクラの中性感good!
鎌倉って、こんな街だったのか(笑)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-コミック原作, ファンタジー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.