【口コミ感想】映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ラブストーリー

【口コミ感想】映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の評価評判

投稿日:


映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』口コミ感想ネタバレ 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「佐藤健の控えめな演技が一番効いていた。!」「太鳳ちゃんの熱演も良かった、可愛かったな~!」「色んな人に勧めたい映画!」


上映中【2017年12月16日(土)公開】

 

結婚式の直前に病に倒れて意識不明になった花嫁と、そんな彼女への愛を貫き8年間待ち続けた新郎との奇跡の実話を、佐藤健&土屋太鳳主演で映画化したラブストーリー。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の岡田惠和が脚本を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久が監督を手がけ、2人の恋愛と、ヒロインの両親との家族の物語を描き出す。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

結婚を約束した尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)は、結婚式を間近に控え、幸せの絶頂にあった。ところがある日、麻衣が突然、原因不明の病気に襲われ、意識不明に陥ってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは“もう麻衣のことは忘れてほしい”と言われるが、尚志は諦めずに麻衣の傍で回復を祈り続ける。長い年月を経て、ようやく目を覚ます麻衣、ところが、さらなる試練が2人を待ち受けていた。そして結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる……。

●キャスト●

佐藤健
土屋太鳳
北村一輝
浜野謙太
中村ゆり
堀部圭亮
古舘寛治
杉本哲太
薬師丸ひろ子

●スタッフ●

監督 瀬々敬久
原作 中原尚志 、 中原麻衣
脚本 岡田惠和
音楽 村松崇継

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』を観た人の感想、評価、口コミ

まあ泣くよね。
健くんの自撮りのシーンが特にくるんだけど、とにかく始終優しみに溢れてる健くん。
太鳳ちゃんって私は嫌いじゃないけど声がダメで…でも今作の太鳳ちゃんは可愛かったな~

 

実話だと思うと本当にすごい、、
見てる途中何度も涙が溢れてきた
ひさしさんのまいさんに向けてのビデオに1番泣いた
色んな人に勧めたい映画

 

いかにも泣いてください系に絶対泣くもんか!!と鑑賞しましたが…ウルウルして劇場を出ました(笑)

 

土屋太鳳の記憶がなくなり昏睡状態の演技も良かったが、佐藤健の控えめな演技が一番効いていた。
彼は今まで似たような演技しかしないなと思ってましたが、今回は本当に直向きな等身大の男性を演じていた。
しかも北村一輝の上司をはじめ、出てくる人みんながいい人なんです!

何年も目が覚めずに自分を忘れられるってどんな気分だろうか…奇跡を起こす姿に涙が溢れます。

 

期待はしていなかったのですがいざ見てみると引き込まれます!
佐藤健 今までにないような優しい役。表情が柔らかく、ひたすらに優しい。目覚めない婚約者の元に2時間かけて通いつめ、8年間も結婚を待ち続けるなんて…愛ですね。
土屋太鳳 役作りが凄い。彼女の体当たりな演技は見応えあります。

 

個人的に大好きな中村ゆりがプランナー役だったのが嬉しい。

泣けるポイント多数ありで、薬師丸ひろ子と杉本哲太が絡んでくると涙が…
いろんな人の立場になって、私だったら…って考えさせられる。
奇跡ってホントに起こるんですよね。このお話は、間違いなく奇跡。大病から戻ってきた彼女、8年も待つことができた尚の愛、奇跡です。

 

上映中5,6回くらい泣きました、、。
主題歌でも泣ける、、、。
泣きすぎて鼻水が、、、。笑

予想できる展開が多いけど、
土屋太鳳ちゃんの病気が発症した時の演技はすごいし、佐藤健くんの優しさと強さにあふれた演技が最高に良かった!!!!!

地元岡山の街を素敵に写してくださっていたのも、嬉しかったです。
人を信じることの大切さを感じれる映画でした。

 

感動…予想通り泣けました
土屋太鳳の病床の演技と佐藤健のカッコよさに見入ってしまいした✨
実話だと思うとホントに8年すごい!

 

実在の人物・出来事に敬意を表し、全員が真摯に向き合ったことが伝わってくる作品。
ごく普通の優しい男性を、演技感を匂わせず自然に存在させた佐藤健が◎。
また、ドラマ「Q10」の時から感じていた佐藤と薬師丸の芝居の相性の良さを再認識。中盤のお礼のシーンでの二人の呼吸・間が素晴らしかった。

 

久しぶりに映画で号泣した!
1番感動したところは、まいの携帯にひさしから沢山のメッセージビデオが届いていたことに気づいて、会いに行くところ。

今、周りはカップルだらけで嫌になることも多いけど、この映画の中の2人には心から良かったね!って言える。
また、笑えるところも沢山あって、長い映画だけど、長く感じない、あっという間だったなと印象を受けた。

ハッピーエンドでホッとしたところに、エンディングテーマのback numberの瞬きがかかってまた、号泣!映画にとてもあっていて、やっぱりback numberはいいなぁと思った。

 

綺麗な映画でした。悪い人も出てこないし、ストレスも溜まらない。こういった嫌味のない、そして作りの王道な作品が評価&ヒットされないと日本映画界はどんどん稼げなくなって衰退するんじゃないかなと感じる。これを「ヒネリのない」とか「ありきたり」「先が読める」「難病もののお涙頂戴」などという、それこそ何の工夫もない感想で終わらされると悲しいなと感じる。やはり映画は、デートであったり休日の楽しみなどでたくさん見られてほしい。そういった見方に相応しい作品だった。漫画の映画化やアート作品も良いけど、質の高い王道映画がどんどん増えてほしい。

 

やっぱり感動ベースのラブストーリーは苦手かも。
あんまり感情移入出来ない。なんやかんや少し泣くかなーと思ったけど結局泣けず。。周りは泣いてる人もいたので、私が冷めてるんだと思います。😅
佐藤健の抑えた感じの演技は実物のヒサシさんに近い感じなのかな、と感心したものの私にはあまり合いませんでした。

スポンサーリンク

 

こういう実話もあるのかと勉強になった。
土屋太鳳さんにとって代表作になるのでは?演技、素晴らしかったです。北村一輝さんも自然で印象的

 

おじさんになって涙もろくなり、終始ちょびちょび泣いてました(笑)2人の出会いが素敵で涙、プロポーズで涙、太鳳ちゃん闘病で涙、佐藤健の状況と優しさに涙、やっとのハッピーに涙。最近お気に入りの土屋太鳳ちゃん、彼女にはしばらく純粋で綺麗な役を続けてほしいな。髪をショートにしたり、悪女の役をやったりとか、そういうことはまだまだしてほしくないね。それだけ彼女自身から出てくる魅力だけで映画が成り立てるんだと感じる。好きな女優さん目当てだけで、最後までちゃんと見れる日本映画はとても貴重だ。相手役の佐藤健も良い人、親の杉本哲太と薬師丸ひろ子も良い人、脇を固める北村一輝、浜野謙太、堀部圭亮も良い人。全員良い人。これこそ奇跡。なんつって。

 

お話としてはとっても素敵だったしこれが実話ということで本当に奇跡だなと思いました。
ただお話の展開がはやかったからなのかうまく感情移入ができず泣くまではしませんでした。
周りは泣いている人が多かったです。ハマる人にはハマりそう。
2人とも演技とってもよかったです。

 

実話だったので、大げさな演出もなく、シンプルな2人と家族の話だったけど、感動して自然と涙が出てきました。太鳳ちゃんの熱演も良かった。
私だったら8年も待てないと思うので、本当にすごいなと素直に思いました。

 

おもしろかった。美化しすぎない演出が実話の重みを損なわず、純粋に感動できた。
特に太鳳ちゃんの体を張った演技は目を見張るものがあって、作品の感動を何倍にも膨らましていた。
健くんの演技もなかなかのものだったし、大勢の人に観てもらえたら良いのにと思えた。 (●'ᴗ'●)✧

 

飲み会で知り合って付き合い始めて、結婚の約束をしたカップル
ある日、突然、彼女が意識不明の重体になってしまい…

お話はとても良い話で、これが実話なんて素晴らしいなと思った

彼女がかかった病気も300万人に1人がかかる病気で、それは本当にツイてないとしか言いようがない病気で
もし身近な人が同じ病気になったらとか考えると、怖くなってくる話だった

「8年越しの花嫁」というタイトルの通り、これはそこから病気に立ち向かっていく結婚間近のカップルの話で
彼らの姿を観て、会場ではすすり泣く声とかは聞こえてきたけど
私は泣くまでではなかった…

 

実話の感動物語なのです。
佐藤健はとんびみたいな抑えた役柄。土屋たおの病床の演技がすごい。

そんな素敵な感動物語と役者の好演が光るなか、半分くらいうたた寝してました。
恋愛ベースの感動させる話が苦手だー。会場ですすり泣く声が聞こえたので好きな人は好きだと思います。
感情移入できずにみてしまったので、佐藤健がはんにゃの金田に似てるなぁとか、眉毛あんなに細かったっけ?とか思いながらみてました。

 

太鳳ちゃんの演技に引き込まれました。
佐藤健の話し方?声がとても優しくて良かったです。
普段映画を観て泣くことはないけど今回は泣きました。

 

奇跡。この言葉を改めて感じられた。
まいちゃんの強い心、支えてくれる人たちの思い。

死に近い状態まで陥ったにも関わらずリハビリで…
時にはすれ違いもあったけれど、
最後に愛の奇跡を起こす。

愛とか奇跡とか日常的に軽く行っていたけれどこれこそ真実だ。
笑いあり涙ありの感動作品。

 

出来過ぎ感があるが、実話であることに驚く。
佐藤健の役どころに物足りなさを感じたが、実際の尚志氏が優しいお人柄なのであろう。
土屋太鳳の闘病中の演技がリアルだった。

 

たおちゃんすごいよかったよーでもそれ以上でもそれ以下でもない感じだな
なんだかドキュメンタリーを見ているような気分だった。

もうちょい脚色して感動的にすることもできたけど、事実に寄り添ったんだろうね、映画としては中途半端な印象を受けたかな〜。もちろん感動はするんだけどね〜〜なんというか生々しいというか。

結末わかっててもやっぱりラストシーンは感動して泣いてしまう。序盤の苦しむたおちゃんの演技にも涙出た!たおちゃんすごく役作りがんばったそうね。とにかくたおちゃん◎でした。
今までの作品見てると、役柄のせいかちょっとオーバーでわざとらしい演技が気になってたんだけど、こういう役をやらせても様になっていて、見くびっててごめんなさい。と反省しました。

 

まだ意識の戻らない婚約者へ送る、男の不器用な自撮りムービーに、喉の奥がギュッと締め付けられる(涙)

 

たおちゃんのプロポーズされたときの演技、ぐっときた!
闘病中の演技も圧巻。かわいい若手女優の枠からステップアップしたんだなーと!
佐藤健は、口下手だけどすごく優しい尚志を好演。彼が泣いたのはあの一回だけで、ひたすらにマイのことを想い、諦めない姿に心打たれます。
そんな彼が毎日撮ったムービー…あのシーンは、もうわけがわからないくらい泣けた!

個人的にはウェディングプランナーさんが最高でした。

 

ボロ泣き、終始泣いてた。
土屋太鳳の演技が凄くて
佐藤健かっこよくて

 

とにかく土屋太鳳ちゃんがすごい。
きっととても大変な準備期間だったろうなぁと感心。
この映画は泣く箇所がたくさんありますので、涙腺弱い人はハンカチと大量のティッシュのご用意を。

 

実話に基づいたお話で、その雰囲気を2時間の中にうまく詰め込んでいて感動しました。
太鳳ちゃんの役作りがすごいなと、
そして一言一言紡ぐセリフがすごく良くて、佐藤健の声のトーンがまた良いのです、、!

これが実話なのか疑うほど本当に素敵なご夫婦なんだろうなとその雰囲気を生み出した役者二人も素晴らしい。涙溢れました、、

 

実話というだけあってとても感動しましたし、泣ける作品でした。
役者のみなさんの演技も素晴らしく心に響きます。途中入るCGには少し違和感を持ちました。しかし、街並みなどの景色や自然とうまくマッチした映像がとても綺麗で作品を引き立てます。

 

実話というだけあってとても感動
役者さんの演技が上手くて、特に土屋太鳳ちゃんの演技に驚いた。特殊メイクとかの効果もあると思うけど、別人過ぎて本人か疑ってしまうくらい

素敵な話なんだけど時折出てくるちょっとファンタジーなCGが作品に対して違和感で・・・そう思うのは自分だけかな~
見てて少し変な感覚でした

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ラブストーリー
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.