【口コミ感想】映画『彼女が目覚めるその日まで』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『彼女が目覚めるその日まで』の評価評判

投稿日:


映画『彼女が目覚めるその日まで』口コミ感想ネタバレ 映画『彼女が目覚めるその日まで』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「クロエがますます石原さとみに似てきた!」「クロエの演技力に拍手!!」「実話っていうところで涙腺崩壊!」


上映中【2017年12月16日(土)公開】

 

ある日突然、感情がコントロールできなくなる原因不明の病に侵された若き新聞記者が、両親と恋人の支えによって人生を取り戻していくさまを描く、クロエ・グレース・モレッツ主演の人間ドラマ。2009年に抗NMDA受容体脳炎に侵されたニューヨーク・ポスト紙の記者スザンナ・キャラハンが自らの闘病をつづったノンフィクションが原作となっている。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

ニューヨーク・ポスト紙に勤める21歳の若手記者スザンナ・キャハラン(クロエ・グレース・モレッツ)は、いつか一面を飾るとの夢を掲げ仕事に励んでいる。プライベート面でもミュージシャンの恋人スティーヴン(トーマス・マン)との交際を始め、公私ともに順調だった。しかし物忘れがひどくなり、大切な取材で大失態を犯す始末。さらに幻覚や幻聴に悩まされるため不眠に陥り、全身が痙攣する激しい発作を起こすまでに。それでも検査で異常は見つからず、日に日に混乱し会話もできなくなったスザンナを精神病院へ転院させるよう勧める医師たち。スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた両親とスティーヴンは決して諦めずに彼女を支える。

●キャスト●

スザンナ・キャハラン クロエ・グレース・モレッツ
スティーヴン・グリウォルスキ トーマス・マン
トム・キャハラン リチャード・アーミティッジ
ローナ・ナック キャリー=アン・モス
マーゴ ジェニー・スレイト
リチャード タイラー・ペリー
アレン アレックス・ザハラ
ジゼル ジェン・マクレーン=アンガス
上院議員 ケン・トレンブレット
ナジャー医師 ナヴィド・ネガーバン
ライアン医師 ロバート・モロニー
カーン医師 アガム・ダーシ
シスキン医師 ジャネット・キダー
サムソン医師 ヴィンセント・ゲイル

●スタッフ●

監督 ジェラルド・バレット
製作 AJ・ディクス 、 ベス・コノ 、 シャーリーズ・セロン 、 リンジ ー・マカダム 、ロブ・メリリース
製作総指揮 リサ・ウォロフスキー 、 ダニエル・ハモンド
アソシエイト・プロデューサー トッド・ジルー 、 ジェイソン・トビアス
原作 スザンナ・キャハラン
脚本 ジェラルド・バレット

映画『彼女が目覚めるその日まで』を観た人の感想、評価、口コミ

タイトルで損してる〜!
映画というより、クロエモレッツの迫真の演技をずった見てた感じ。ドキュメンタリーっぽかった。

スポンサーリンク

 

日本で“狐憑き”と言われていたのも、実は大半がこの抗NMDA受容体脳炎だったのでしょうね。
医学の進歩って素晴らしい!

 

どこまでも主人公を信じる姿に
この病気に限らず、痴呆症や躁鬱などで、もし家族の人格が変わってしまったら、私はそんな熱意を持って向き合うことが出来るだろうか?
自問させられる映画でもありました。

 

日本映画の「8年越しの花嫁」と題材が全く一緒。
同じ難病をテーマに描かれた作品で、公開日も一緒。

 

クロエちゃんが演技が上手すぎて、病気にかかっている間のスザンナが本当にエクソシストみたいで怖かった

実際のエクソシストも、この病気だったのでは?
と思われているんだって
悪魔が取り憑いてる!
そう思われてもおかしくないぐらいの狂気があって、家族や恋人は本当に大変だったろうなと思った作品だった

 

原因不明の病になった実話に基づく話なのだが、クロエ演じるNYポストの看板ライター・スザンナの全身の痙攣がホラー系の動きそのものだった。インド人医師の登場と彼の粘り強い治療に感謝だが、あの症状なら誤診も多いのだろうと思った。クロエがますます石原さとみに似てきた感あり。裸足で踏み出す所など、クロエ主演の「キャリー」を彷彿とさせる。

 

実話を基に、、だとしてもエンディングへのまとめ方がチープにも感じた(演出含め)
ただクロエ史上一番好きかも

 

あっさりしてるけどちゃんと作ってる、の前にこの病気まじでこわいんですけど。ただの精神病だと片づけられたひとがこれまでどれくらいいたんだろう…

 

実話が題材というから恐ろしい。
まだ21歳という若さでこんなことがあったら…そう思うとゾッとする。

クロエちゃんの演技、正直苦手なのだけれど、発作の時の演技はすごかった。
そしてエンドクレジットで登場する実在の方が美人すぎてびっくりした。
人を救うのはその人を愛してくれるまわりの人達なんだなって痛感しました。

 

病(illness)、疾患(disease)、症状(symptom)といったものをめぐる、現象学の話だったと思う。精神病(者である)とは、何であり、どいうことか、といった反省的思考から、近代医学に対する哲学的な問いへと路を開く。

 

実話っていうところで涙腺崩壊
こんな病気知らないし怖いと思った
クロエの演技力に拍手!

 

クロエちゃん主演、セロン様プロデュースの難病ドラマ。

クロエちゃんは実在のジャーナリストを演じてました。
話うんぬんよりも難病奇病を発したときのクロエちゃんの演技がすごすぎてね…不謹慎だけどエクソシスト見てるみたいだった…
ちょいちょい寝落ちしたので詳細わからず終いだったのが残念だった。

 

クロエは本当に綺麗だ。美しい。
クロエの演技を見せつけるような映画。
実話ということもありどんどん話が進むのではなく苦しんでいるのが長いなーと感じた。

 

実話に基づいた話。記者の女性が妄想 幻聴 痙攣 麻痺 などの症状を起こすようになり病院に行くが異常なし、原因が分からない 診た医者は精神障害という見立てになるが。
精神病院入る事になってたらと思うと怖いですねー。クロエグレースモレッツ頑張っていましたが実話という事もあり展開があまり。サラッとしてる

 

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.