【口コミ感想】映画『ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~』の評価評判

投稿日:


映画『ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~』口コミ感想ネタバレ 映画『ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ジェシカ.チャステインはまさに、アントニーナにぴったりの女優!」「ヤン夫妻の直向きな姿に、強く胸を打たれた!」「同じ女性として、この強さを見習いたい!」


上映中【2017年12月15日(金)公開】

 

自らの危険を顧みず、ユダヤ人たちを動物園の檻に匿い、300人もの命を救ったヤンとアントニーナ夫妻の実話を映画化した人間ドラマ。ベルギーの名優ヨハン・ヘルデンベルグと『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステインが動物園の経営者夫婦を演じる。監督は『クジラの島の少女』のニキ・カーロ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1939年、ポーランドのワルシャワ。ヤン(ヨハン・ヘルデンブルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)の夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を経営していた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り、動物たちに声を掛けること。そして時には、動物たちのお産を手伝うほど献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻。これをきっかけに、第二次世界大戦が勃発する。動物園の存続が危うくなる中、ヤンは“この動物園をユダヤ人たちの隠れ家にする”という驚くべき提案をする。人間も動物も、生きとし生けるものすべてに深い愛情を注ぐアントニーナは、即座にその提案を受け入れる。こうしてヤンは、ユダヤ人強制居住区域“ゲットー”に忍び込み、ユダヤ人たちを次々と救出。動物園の地下の檻に匿うと、アントニーナが得意のピアノや温かい食事でもてなし、彼らの傷ついた心を癒していく。だが、この活動がドイツ兵に見つかれば、自分たちだけでなく、我が子の命までも危険に晒すことになる。ヤンが不在にすることも多い中、独りで隠れ家を守り、怯むことなく果敢に立ち向かっていくアントニーナ。いくつもの危険を冒しながら、彼女はいかにして300もの命を救ったのか……。

●キャスト●

Antonina Zabinska ジェシカ・チャステイン
Jan Zabinski ヨハン・ヘルデンベルグ
Jerzyk マイケル・マケルハットン
Lutz Heck ダニエル・ブリュール

●スタッフ●

監督 ニキ・カーロ
原作 ダイアン・アッカーマン
脚本 アンジェラ・ワークマン
撮影 アンドリー・パレーク

映画『ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~』を観た人の感想、評価、口コミ

戦争って人間にスポットがあたりがちだけど、本当に被害を被っているのは動物や自然なんだ、と痛切に感じた。
九死に一生を得た象の出産シーンに感動したかと思えば、戦火であっけなく消えてしまう、美しいいきものの命たち。。

自らの命を省みず、ユダヤ人を救ったアントニーナの家族。
初めは救いたい一心だったものの、心は憔悴していき、この行いが、良いことなのか、悪いことなのか、さえもわからなくなってくる。
儚くも、消えてしまいそうな美しい顔立ちのなかに、燃える炎のような強い瞳。
ジェシカ.チャステインはまさに、アントニーナにぴったりの女優だと思った。

 

第二次大戦後70年以上、まだまだこういう知られざる真実が語られる
ドイツとソ連に蹂躙されたポーランド、ワルシャワで動物園を開いていた夫婦が
その中にユダヤ人をかくまい、300人もの命を救った勇気ある物語

今最も勢いと華のある女優ジェシカ・チャスティンがアントニーナを熱演
こういう作品を選ぶことで彼女自身の信条が伺える
夫にヨハン・ヘルデンベルグ 『オーバー・ザ・ブルースカイ』のブルーグラスミュージシャンの髭ヒゲ男が!渋く地味に誠実な男性を演じる

 

こういう題材の映画って
見てるとつらくてどうしていいかわからなくなるんだけど

戦争や災害で動物園ってそういえばどうなるんだろうって考えるきっかけになった
ポーランドのことを知りたくなる

あとすっごい邦題がださくてびっくり笑

 

夫を支え、家族をまもり、動物園を守ることで手一杯であるはずなのに、それに加えて、ユダヤ人を助ける勇気、強いなあ。
後半になるにつれて、ハラハラして、最後には感動。
オールハッピー映画ではないけれど、勇気をもらえるし、あの時代で、政府に反してでも人を助けたいという人々が居たことに感銘を受けた。
ユダヤ人迫害絡みだと分かっていたから、重い内容だろうなってことは覚悟していたけど、構えていたほどの重さは無くて普通に見れた。

 

予想どおりつらい。アントニーナよく守り通したよ…と思う。動物とジェシカさんのショットになごむのもつかの間だった。ブリューリュの役、ブリューリュ史上一番冷酷な表情を見せまくって驚いた。あの人もナチス時代にああならざるを得なかったのか。

 

シンドラーや杉原千畝のように、ユダヤ人を救った女性の話。同じ女性として、この強さを見習いたいと思いました。
動物を通して、人間も含めた「命のあるすべての生き物」について描いていて、強さと弱さを揺らぎながら生きている姿は、ある意味力強く心に響くものでした。
命に優劣はあるのか。優生思想の先には何があったのか。
いろいろな民族問題が噴出している現代、同じような過ちを繰り返さないためにも知っておきたい史実を映画で知ることができました。

 

人を救うと決め、流れに逆らう覚悟とぶれない軸を持ち続けた夫妻の話でした。
戦時中の動物の立場が生々しく描かれており、教科書の文章でしか知らなかったことを知るきっかけになり良かったです。

 

大変深イイ映画! ナチスによって日々、ユダヤ人の友人や知人がゲットーに連れ去られていく。また、大切に飼育していた動物たちも空爆でその大半を失ってしまう。普通なら、そこで意気消沈してしまう所だが、ヤン夫妻が凄いのはそこから‼ 動物がいなくなった動物園の檻を隠れ家にして、何度もゲットーからユダヤ人を連れ出してくる。ユダヤ人に水を与えただけでも、ナチスに殺された時代。見つかれば、わが子も危険にさらすことになるのだが、強い信念を持って、ひるまずにユダヤ人を助け続ける二人。“私たちはただ正しいことをやるだけ”というヤン夫妻の直向きな姿に、強く胸を打たれた。

 

第二次世界大戦が勃発したポーランドのワルシャワで動物園を営んでいた夫婦がユダヤ人をナチス・ドイツから動物園に匿ってあげるお話です。実話のようです。ユダヤ人にコップ一杯のお水を与えただけで自分も殺されてしまうような緊迫した状況下の中でなかなか出来ない行動だなと思いながら観ていました。ヒトラーを崇拝しているであろうドイツ人が匿っている地下室に潜入してくる場面はスリラー映画のようにドキドキします。私は泣けなかったけど一緒に行った友達は泣いていました。子供に銃口を向けるのはちょっと待って。

スポンサーリンク

 

ナチス・ドイツに侵攻されたポーランドで動物園の地下にユダヤの人々をかくまう夫妻の話。ワルシャワ動物園は有名だが、そんなドラマがあったとは知らなかった。ニコラス・ウィントンといい、杉原千畝といい、信念に基づき行動できる人々は、なんて勇気があるのだろうかと感嘆。
ちなみにヨーロッパでの題名は「飼育員の奥さん」だそうだ。タイトルって大事だよね。このタイトルだったら観に行くだろうか?うーん…

 

第二次大戦勃発の最中、ユダヤ人を助けるということは、自分や家族の命が、狙われると言うのに、彼らを自宅に引き取り、脱出の手助けをするヤン。命に対する平等感が、その根底あるのか、この混乱の中で、できる行動では、無いと思った。凄い。そして同じ思いを持つアントニーナも凄い。

 

よくバレなかったなーとか色々思うところはあっても、実話ということで色々考えさせられた。
そして何より、生で見るジェシカ・チャステインは素敵でした。

 

こちらは第二次世界大戦勃発前
から戦後までの物語。

主人公がクリスチャンだからといって、「ハクソー・リッジ」のように宗教色があることもなく、ただただ主人公のアントニーナの愛情深さと、ユダヤ人たちの苦しみが印象に残るものでした。

アントニーナの愛情深さの裏には、幼い頃の悲しい出来事があり、動物達に愛情を注いだ経験により、人にも愛情深く接していくことに繋がったんだなぁと思います。
命を愛するということが、よく伝わってきました。
そして、アントニーナの夫、思慮深く、知恵がある方でした。

 

可憐さとともに、凛とした強さを兼ね備えた妻 アントニーナ。生きとし生けるもの全ての生命を重んじ、大切にする姿に心を動かされます。
慎重さの中にみなぎる正義感、そして愛に溢れた夫 ヤン。ヤンは動物学者で、今回の舞台 ワルシャワ動物園の園長でもあります。信じられない光景を目の当たりにした時のヤン...そのまなざしが頭から離れず、またその後の行動に胸を打たれます。

穏やかで優しく、その優しさや想いが周りに伝播していく...こういうやわらかな空気に包まれた二人の人柄が、本当に素敵でした。

 

閑散とした動物園・その敷地。冷たく枯渇し、まるで死んでしまったかのような建物たち。
ラストは、そのシーンを眺めているだけで涙が溢れ出しそうになりました。
現存しているワルシャワ動物園やジャビンスキ夫妻の家。
いつか訪れ、歴史を思い、夫妻が注いだ愛情を深く心に刻みたいです。

 

列車に乗る際、手を上に伸ばす子ども達を見て、心が痛みました。

 

映画もとても面白かったので大満足。

 

アントニーナの 愛おしい とか ただ正しいことをしたい という気持ちで行動してゆく姿が尊い
あと頼りになるイエジクがありがたかった

 

物語は実話を基にした作品。
舞台となったポーランドのワルシャワ動物園は現在もあるとのこと。

チャスねぇさん動物とのシーンもワンシーン除いてすべて実際の動物と演技されてるというのはさすがだと。
ミス スローンとはまた違った姿を観せてていただきました。

 

冒頭五分の動物たちと通じ合っているジェシカ・チャスティンが自転車で走るシーンだけで涙が出てくる。前半から爆撃される動物園の凄惨さ。人、動物を問わず生けるもの全てに愛を注ぎ、怒りや武器をとらないアントニーナの魂の美しさよ。

 

戦争映画が苦手な私。
本作でもなんて言うんだろあの戦争映画ならではの理不尽さとかさ、、辛さとか直視できないんだけどこの夫婦がやり遂げた事は素晴らしい事だった。

たった一人の命を救うだけでも凄いことなのに。
大好きなジェシカチャステインが出てなかったらこういうヒトラー系のものはあまり見ないんだけどね、、この作品はハリウッドっぽく作られてた。
戦争映画ってなんでこんなに人を悲しくさせるんだろう。私達はとても幸せな時代に生まれたんだなとひしひしと感じた。

 

こういった、戦時下の話を観るたびにいつも思う。わたしたちはここから終戦までがどれくらいか知っている。観ながら、あまりの長さに絶望したり、あと少しだと耐えることもできる。だけど当時の人は、もちろんそれを知りようがなかった。それがどんなに恐ろしいことで、どんなに気の遠くなることか。彼女たちのようなことをしていたのなら、尚更だろう。
なにもしないでいることの方が、もちろん簡単であり安全である。だけど、命を救いたい、正しいと信じることをしたいと、行動した人たちのことを讃えたい。

 

収容されていくシーンの撮り方が「サウルの息子」とはまた違った物々しさ。アーケードの展示から見える爆撃機のショット、後半のあるシーンといい詩性を感じるシーンが多かった。それも「サウル」の影響な気がする。中盤の列車のシーンが辛い。ゴアも悲壮なメロディも流れないのに辛い。

 

主演のジェシカ・チャステイン、同じ、正しいと信じることをした女性を描いた『女神の見えざる手』とはまた違った印象で、こちらの彼女は、とてもおしとやかな雰囲気。でも、舞台挨拶でジェシカ自身が言っていた通り、「フェミニンであり、なおかつ強い。これは同時にそうあることができる」それは本当にそうだなあと思う。
それにしても、ジェシカのつける口紅はいつも美しく似合っていて、心惹かれてしまうなあ。

 

日本は平和ボケだの言われるけど平和ボケでもいいのかもしれないね。
そう思った作品でした。

 

泣いたわー

1939年の第二次大戦中、ドイツの占領下にあったポーランドのワルシャワ動物園で
経営者夫妻がナチスドイツ兵の目を盗んで、多くのユダヤ人を救った実話を描く

ドイツ兵はユダヤ人だけでなく、多くの動物も殺していて
この夫妻は一頭でも多くの動物、一人でも多くのユダヤ人を救おうと奔走する
命がけで人々を救おうとする彼らの愛や、命の大切さを改めて感じる作品

 

ワルシャワゲットーを見るとやっぱり心が痛い。
それでも今作はまだ綺麗なほうだけど。
密告する人もいれば、危険を冒して助ける人もいる。
自分に出来るかなと思うから、実話と聞くと、
このご夫婦の勇気には頭が下がるばかり。

 

これが実話なのが驚き。自らの危険を承知で言ってしまえば他人を匿い続けて何百人の命を救うなんて、希望がある。
ただゲットーの再現とかで言ってしまうと、ちょっと前に観た『戦場のピアニスト』があまりに衝撃的だったので、かなり劣ってしまうかなぁと。まぁ主眼が違うのだろうけど。数年間描くのもなかなか難しいんだろうか…
あと、他作品の印象からかダニエル・ブリュールの人柄の良さが滲み出ちゃってて…
邦題…

 

とても分かりやすくできていて、当時のポーランドの情勢を知らなくても理解できるところも良かった

 

良い映画だけれど良い映画止まりかもしれない。動物は可愛いし、ゲットーの様子とかもリアルではあるけれど何だろうな。それと、ダニエル・ブリュールってどこか胡散臭くて信用ならないけどふと格好いい時があるから憎めない。
個人的には動物に尽くし続けたマイケル・マケルハットンがとても好き。1番非凡で1番共感しやすい気もするし。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.