【サッカーの起源は隕石衝突から?! 冒頭2分映像解禁!】映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ニュース

【サッカーの起源は隕石衝突から?! 冒頭2分映像解禁!】映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』

投稿日:07/04/2018 更新日:


ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズの
アードマン・アニメーションズ、最新作にして最高傑作!!

『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』

舞台は先史時代

原始人(アーリーマン)ダグとその仲間たちが、
暴君ヌース卿に奪われた大切な故郷を取り返すため、サッカーで戦いに挑む。
果たしてダグたちは強敵を相手に試合に勝つことができるのか――!?
槍をボールに持ちかえた”アーリーマン(原始人)イレブン”の笑いと感動の
エキサイティングな大冒険!

本編の冒頭は、まだ恐竜が闊歩し、言葉を持たない人間たちが原始的な暮らしを
送っている場面から始まる。しかし画面にはなぜか「ネオ更新世―マンチェスターあたり、
ランチタイム頃」の表記が現れるなど、ニック・パーク監督らしいユーモアが光る。

その後突然、地球に向かって隕石が衝突、ほとんどの人間や恐竜を焼き尽くしてしまった中、
隕石のカケラがまるでサッカーボールのような形状で転がりだす。
そして、偶然それを見つけた生き残った人間たちが自分たちの足でその丸い隕石を
自由に弄ぶゲームを開発、やがて、そのまま自然とキーパーのような役割をする人間も現れ、
まるでサッカー試合のような動きに。
その様子を壁画として描き出す人間たち、そしてそれがそのまま“サッカー” の起源へと
続いていく、、という映像となっています。

「この作品は、ストップモーションアニメーターのレイ・ハリーハウゼンの映画を
継承する映画なのです」と後日ニック監督が語っているように、
隕石衝突前に現れる2匹の恐竜は「その存在なくしては『スター・ウォーズ』は生まれなかった」と語られ、特撮怪獣が登場する作品など数多くのストップモーションアニメーションの
名作を生み出してきたレイ・ハリーハウゼン氏へのオマージュ映像ともなっております。

 

【サッカーの起源は隕石衝突から?!
冒頭2分映像解禁!】

今回、ジョージ・ルーカス氏が「その存在なくして『スター・ウォーズ』は生まれなかった」と語り、
日本のゴジラにも影響を与えたと言われるレイ・ハリーハウゼン氏へのオマージュとしても作られた、本編冒頭2分間の映像を解禁いたします。

 


STORY<ストーリー>

むかしむかし、太古のむかし。まだマンモスがいた頃のお話。

勇敢な少年ダグ(声:エディ・レッドメイン)は、ユーモラスな部族のメンバーとブタで相棒のホグノブ(声:ニック・パーク)と一緒に小さな谷間で平和に暮らしていた。しかしある日、ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿(声:トム・ヒドルストン)が、谷で採れる青銅を奪うため軍隊を引き連れて侵攻してきた。故郷を追われたダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されているサッカーと呼ばれるスポーツでヌース卿に対抗すべく、チームを作って特訓に励む。果たしてダグたちは愛すべき故郷(ホーム)を取り」戻すことができるのか・・・?!

スポンサーリンク

 


 

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

201876日(金)TOHOシネマズ 上野ほか全国ロードショー!

監督:ニック・パーク
脚本:マーク・バートン、ジェームズ・ヒギンソン

声の出演:
エディ・レッドメイン、トム・ヒドルストン、メイジー・ウィリアムズ、ティモシー・スポール

声の出演(日本語吹替版):
梶裕貴、大塚芳忠、沢城みゆき、戸田恵子、山寺宏一、堀内賢雄、佐々木梅治、諏訪部順一

2018/イギリス=フランス/アードマン・アニメーションズ提供/英語/カラー/89分/ビスタサイズ/5.1ch/日本語字幕:稲田嵯裕里/原題『EARLY MAN

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.

公式サイト:earlyman.jp


スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.