映画『ハクソー・リッジ』


【2016年10月16日】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】メル・ギブソン【脚本】ロバート・シェンカン、アンドリュー・ナイト

【キャスト】

Desmond Doss アンドリュー・ガーフィールド
Captain Glover サム・ワーシントン
Dorothy Schutte テリーサ・パーマー
Sgt Howell ヴィンス・ヴォーン
Tom Doss ヒューゴ・ウィーヴィング
Bertha Doss レイチェル・グリフィス

衛生兵として一晩で75名の日米の負傷兵を救い、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドス。アンドリュー・ガーフィールドがドスを演じ、メル・ギブソンがその半生を映画化した人間ドラマ。沖縄の激戦地“ハクソー・リッジ”でドスが取った勇気ある行動が臨場感あふれる戦闘シーンとともに描かれる。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)の父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第1次世界大戦出征時に心に傷を負い、酒におぼれて母バーサ(レイチェル・グリフィス)との喧嘩が絶えなかった。
そんな両親を見て育ち「汝、殺すことなかれ」との教えを大切にしてきたデズモンドは、第2次大戦が激化する中、衛生兵であれば自分も国に尽くせると、父の反対や恋人ドロシー(テリーサ・パーマー)の涙を押し切り陸軍に志願する。
グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)の部隊に配属され、上官のハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)から厳しい訓練を受けるデズモンド。
生涯武器には触らないと固く心に誓っている彼は、上官や仲間の兵士たちから責められても頑なに銃をとらなかった……。

『ハクソー・リッジ』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

◉【ハクソー・リッジ】
アメリカの伝記映画。

舞台は第二次世界大戦中の沖縄で行われた地上戦で、
そこで衛生兵として従軍していたデズモンド・T・ドスの実体験を元にしている。
戦争の残酷さや悲しみが伝わった。
また、ドスの人柄や功績もしっかり表現されていた。

 

◉だからこそいろんな戦争映画見るけどフィクションや
実話だったりいろんなの見てきた中で一番印象的なのは
『ハクソー・リッジ』なんだよな。
最初は恋愛映画てなるけど後半が凄かったよね。

 

◉『ハクソー・リッジ』鑑賞。
劇場で観ておけば良かったと後悔する程面白かったが、
日本兵側の描写がちょっと薄いですね。
「シュリュウダンダー」はちょっと笑っちゃう。

 

 

◉『ハクソー・リッジ』を見終わりました。
友人の地元が舞台で、遠くない場所に感じます。
浦添市自らが広報材料としていることも、感慨深いです。

光の当て方次第で影はどちらにもできます。
その意味では「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は良作だと思います。

 

◉『ハクソー・リッジ』
戦争映画だけど、かなりおもしろかった!

◉映画『ハクソー・リッジ』
戦争ものがわりと好きです。
おすすめで見たけど神の沈黙に対する答えが本当に美しくて良かった。

 

 

◉ハクソー・リッジ

沖縄戦とか珍しい
日本描写も違和感それほどなし(むしろ頑張ってる)
戦闘シーンはCGなしで派手にグロ(苦手な人は見ないように)
・戦場の聖人伝記
衛生兵とか戦医が主役なのは良い(あざといビュテンフェルトの策略か?)

 

◉『ハクソー・リッジ』も中々…。
吹き替えで前野智昭さんと東地宏樹さんが出演している衛生兵の映画。

 

◉『ハクソー・リッジ』面白かった。
頑なに銃を取らない主人公は臆病者と罵られて、
フルメタルジャケットみたいになりかけるけど、割とみんないい人だった。
戦闘シーンはど迫力。日本兵を悪のようには描いてないけど、
沖縄戦は日本人としては複雑よね

 

◉ずっと気になってた『ハクソーリッジ』見てきた…すごかった…( *゚A゚)

 

◉『ハクソー・リッジ』観た。
ほんでたまげた。
沖縄戦だったとはね…
地上戦シーンのリアルさすごかった

 

◉『ハクソー・リッジ』
武器を持たない信念の元に衛生兵へ志願した青年の話。
主人公の純朴そうな笑顔が可愛いし、地獄の様な戦地で1
人でも多くの仲間を救おうと奔走する姿が良い。
みんな良い人だし。潰しても潰しても湧いてくる日本兵が怖かった。

 

◉『ハクソー・リッジ』観た。
かなりリアルで生々しい戦闘描写で、それもかなり衝撃的だったけど、
それ以上にドスの強い信念にいたく感動した。これが実話だなんてたまげる。

 

◉【ハクソー・リッジ】

主人公は「良心的兵役拒否者」という権利を持ち、
戦争に参加するも敵を殺傷する武器の所持を拒否できるという。

主人公のデズモンドは危険な戦場で孤独に武器なしで
負傷者を助けていく姿はまさにヒーローと言えました。

後半での戦場は非常に生々しく、思わずに見入った。

 

◉「ハクソー・リッジ」

第二次世界大戦日本とアメリカの戦争で、宗教を深く信仰し
最前線で武器を持たず75人もの命を救った
絶対に人を殺さない衛生兵のお話です。

戦争と言う目を塞ぎたくなる歴史に勇敢に立ち向かった
英雄から「命とは」を学べると思います。

 

◉ハクソー・リッジ見終わった。
すごいし実話だしレベルも高いけど、一点、兄弟の片割れの行方は?

 

◉『ハクソー・リッジ』(2016年)
第二次世界大戦、沖縄戦での実話
感動しました( ¯ ¨̯ ¯̥̥ )

 

◉ハクソー・リッジ
米軍の衛生兵の話。映画でも日本人が殺られるシーンはちょっとなあ。
ふんどし一丁で万歳突撃とか。

 

◉『ハクソー・リッジ』めっちゃ面白かったわ
あんな聖人君子いたんだな…
これは戦争映画でオススメできる

 

◉『ハクソー・リッジ』
映画としての出来は素晴らしいし、
デズモンドの行為にも文句のつけようもないが、
自分は殺さなくても周りの殺し合いを許容している時点で、
単なる自己満足かエゴにしか思えず、その信念は理解しがたい。

 

◉「ハクソー・リッジ」
戦争映画で久々に面白かった。
仲間も死んでいって、自分もいつ死ぬかわからない状況、
それを乗り越えてひと段落したと思いきや次の日またそこに乗り込まなきゃいけない。
先に戦場を経験して戻っていく兵士たちの引き締まった面構えが印象的だった。

 

◉映画『ハクソー・リッジ』
★★★☆☆

祖国を想い軍役に志願したデズモンドだが、
彼は少年時代のトラウマから暴力を振るうことを嫌い、
上官の命令を受けても銃に触れることさえせず最後まで自身の暴力を拒んだ。

対日本の沖縄戦の主戦役の一つ"ハクソー"において
殺人ではなく救命を使命とした1人の衛生兵の真実に基づく物語。

 

◉『ハクソー・リッジ』
友人と見たんやけど衛生兵として
活躍した男の話しやったんやけどこの方すごいなて思った。

 

◉『ハクソー・リッジ』
一人でも多くの仲間を助けようと必死に救助に向かう彼の姿に涙が止まらなかった。
アンドリュー・ガーフィールド出演作はほとんど見たけど、その中で一番感動した。

 

 

◉映画『ハクソー・リッジ』

銃を持たずに戦地入りし
多くの負傷した兵士を救った
ドスの奇跡の逸話

戦争史上最も過酷な接近戦
に武器も持たずに
敵味方区別なく
何人もの負傷者を助ける
英雄の中の英雄

one more!
one more!
と言いながら戦火へ
信念を守り続ける姿勢
胸が張り裂けそうでした

 

◉映画『ハクソー・リッジ』
ザ・パシフィックとか観ると、
俺らの爺ちゃん達が被って泣きそうになってしまう
死ぬまで俺は語り継ぐし絶対に戦争だけは反対する

 

◉『ハクソー・リッジ』
信仰篤い若者が殺さずの誓いを立て銃を持たずに戦場に赴く話。
米軍視点の日本兵がとにかく怖い。
戦艦の艦砲射撃で陣地をくまなく耕したのに
地下の穴からワラワラと日本兵が出て来る。
その中で活躍する主人公もまたすごい。

 

◉『ハクソー・リッジ』
実話を元にした戦争映画が苦し過ぎて
苦手で沢山観てるわけではないですが…

武器を持たず戦地に向かった兵士が敵味方関係なく
75人もの人を助けたという現実離れした
実話を爆発シーンなどもほぼCG使わずリアルに再現しています

 

◉『ハクソー・リッジ』鑑賞
ラストシーンがものすごい。
言葉は出てこない。
でも 知ること、ここに受け止め、残すこと

 

 

◉『ハクソー・リッジ』
信仰心とは己になることがよくわかる。
戦闘シーンはなかなか残酷。
日本兵が地下からわんさか出てくるシーンはゾッとする。

 

◉「ハクソー・リッジ」
映画の画面から消えて後も、彼の人生があると思いを馳せた時に、
感動よりも、灰色の絶望を感じずには得られなかったわ…

 

◉ハクソー・リッジ観た
銃を持たないと誓ったアメリカ衛生兵の話
日本兵が敵として出てくるのが新鮮だった
戦闘シーン終始ほとんど同じ場所だったけど観てて飽きなかった

 

◉『ハクソー・リッジ』見終わりました
戦争は怖いなーと思いました

 

---------------------------------

スポンサーリンク

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 119 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入