R指定 サスペンス ヒューマンサスペンス

【みんなの口コミ映画レビュー】映画『罪と女王』の感想評価評判

投稿日:06/06/2020 更新日:

「デンマーク産、カンヌで称賛浴びた作品!」「主人公の嘘と偽善が巻き起こす展開が強烈!」「後味の悪い胸のざわめきと絶望的な無力感だけを虚しく心に残す!」


上映中【2020年6月5日(金)公開】

 

デンマーク・アカデミー賞(ロバート賞)で作品賞ほか主要9部門を受賞したヒューマン・サスペンス。医者の夫と幼い双子の娘たちと暮らす有能な弁護士アンネ。だが、夫と前妻との息子である17歳のグスタフを引き取ったことから、禁断の関係にのめり込んでゆく。出演は「未来を生きる君たちへ」のトリーヌ・ディルホム、長編初出演のグスタフ・リン。一般公開に先駆け、トーキョー ノーザンライツフェスティバル 2020にて『クィーン・オブ・ハーツ』のタイトルで特別上映。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

児童保護を専門とするデンマークの弁護士アンネ(トリーヌ・ディルホム)。優しい医者の夫と幼い双子の娘たちと完璧な家庭を築いていた彼女だったが、ある日、夫と前妻との息子である17歳の少年グスタフ(グスタフ・リン)が問題を起こし退学になってしまう。アンネはスウェーデンにいたグスタフを引き取り、アンネの家族たちと同居を始めるが、グスタフは衝動的な暴力性があり家族に馴染もうとしなかった。しかし、アンネは根気よく彼を家族として迎え、正しい方向へ導こうと努めるのだった。そんななか、グスタフと少しずつ距離を縮めていくアンネだったが、親密さが行き過ぎてしまい、ある時、アンネは彼と性的関係を持ってしまう。やがて、そのことが大切な家庭とキャリアを脅かし始め、アンネは残酷な決断を選択するのだが……。

●キャスト●

アンネ トリーヌ・ディルホム
グスタフ グスタフ・リン
ペーター マグヌス・クレッペル
リナ スティーヌ・ジルデンケルニ
エリック プレーベン・クレステンセン

●スタッフ●

監督 メイ・エル・トーキー
脚本 メイ・エル・トーキー 、 マレン・ルイーズ・ケーヌ
製作総指揮 ヘンリク・ツェイン

映画『罪と女王』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『罪と女王』観た。
すごく好みの胸くそ映画やった!

 

◉『罪と女王』
むろん「母親」の犯した罪は許されざるものだろうが、
本当に彼女に石を投げることができるだろうか。イエスキリストの言う通りだろう。

登場人物は多くを語ることなく、秀逸なカメラワークとBGMがストーリーを作っていく。
製作陣の腕が光るところ。もちろんそれに耐え得る演技を役者がしているのですが。

はじまりがあれば終わりがある。その終わりを作るのは誰か。
ラストはそこが気になって気になってシーンが変わるたびにドキドキしました。罪。

スポンサーリンク

思わずFauréのRequiemが聞きたくなりました。そんな映画でした。

 

◉『罪と女王』
ノーザンライツで1回きりの上映、時間も合わず涙を飲んだ「罪と女王」
(違う邦題で上映されたっけ)を鑑賞。

これは配信で観たりしたら30回は途中停止して呼吸を整えないといけないやつでした。
映画館に閉じ込めていただけて本当に感謝。

 

◉『罪と女王』を鑑賞。
やっぱりデンマーク映画は深くて…好き

 

◉『罪と女王』
何よりデンマークが誇る名優トリーヌ・ディルホムが体現する
人道派から強権的イメージへの豹変っぷりが鮮やか過ぎて、
その衒いの無さが怖過ぎるし、可愛い姉妹は「シャイニング」的で不気味。
リューベン・オストルンド、ヨルゴス・ランティモス、ミヒャエル・ハネケ好きには堪らん!て感じ。

◉「罪と女王」
幸せな4人家族の中に加わる夫の先妻との問題児。
一つの純真が一人のモンスターにより崩壊させられる様子が、
抒情を排し鋭利な刃物で胸を抉る様に容赦なく描かれた受賞多数のデンマーク映画の傑作。
女から男へのパワハラ、セクハラという日本のマスコミが取り上げたがらないトピックは斬新で

シンメトリーを多用し泰然自若とし、緑の森との比較も印象的な映像に、
ミニマル風の現代音楽なスコア(ライヒ「18人の音楽家」も!)が重なる
クールでセンスのいいルックは、人間のより根源的でドス黒い底無しの闇を炙り出し、
後味の悪い胸のざわめきと絶望的な無力感だけを虚しく心に残す。

 

◉『罪と女王』
配給が決まってたので映画祭ではスルーしたが、見ごたえあり。
真顔で必死に嘘をつき続ける主人公を私は嘲えない。
着替えて車で出かける、それだけの描写がずしりと重い。
冒頭に還る構成も効いてる(最初は見えていなかったものが視える)。

しかしあの姉妹(双生児?)の無防備なエロさはなんなんだ笑
パパママにべったりで、おとなしく従順、歯磨きすら親にやってもらう始末。
「兄」にもすぐなついちゃうし、彼女たちの今後がおじさんは心配です(やかましい)

 

◉『罪と女王』を観た。
社会的強者である人権派の女性弁護士が保身のために
弱者たる少年の人権を躊躇なく蹂躙する展開に呆然。

しかも自らの欲望を満たすための過ちを「楽しませてやった」と正当化。
レイピストの男と同等の醜悪さは、
むしろジェンダーギャップの小さいデンマーク故の倒錯だろうか?

 

◉『罪と女王』
完璧なキャリアを築き、慈愛に満ちた女王の深層。
自らの正義に唾を吐き、土壇場でつく醜悪な嘘。

不安定で不完全な、人間としての側面も持つ彼女に抱く嫌悪と、
一寸先にある受け入れ難い共感。
己を支配するのは?と問われる不愉快な意欲作

 

◉罪と女王
あらすじ読む限りだとあらゆる意味で快傑熟女マン(意味深)ぽいので
多分好きな奴だと思いつつも、重さに耐え切れず快眠してしまいそうな気もする

 

◉『罪と女王』鑑賞。
アンモラルな恋愛劇かと思いきや、
後半主人公の嘘と偽善が巻き起こす展開が強烈。
『性風俗を規制しようとする政治家や運動家が裏で
実は自分も性的搾取を行っていた』に通ずる胸糞悪さが素晴らしい。

 

◉『罪と女王』
なるほど、エグかった。

 

◉『罪と女王』
短評がアプリ版ぴあにアップされました。
史上初、女性監督がデンマーク・アカデミー賞を受賞した作品です。
震撼させられる衝撃作なので暑くなってきたこの時期ぴったりかも。

 

 

◉『罪と女王』
デンマーク産、カンヌで称賛浴びた作品。
ある完璧な家庭に起こる禁断の秘め事を主題に。

タブーに触れる内容ゆえどう扱うか難しいとこ。
罪と罰のお話現代版なり。結末は当然悲しいものに。
透き通る風景描写は北欧ならでは。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 126 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-R指定, サスペンス, ヒューマンサスペンス
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.