【みんなの口コミ】映画『LAPSE』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

オムニバス

【みんなの口コミ】映画『LAPSE』の感想評価評判

投稿日:02/10/2019 更新日:

映画『LAPSE』口コミ感想ネタバレ 映画『LAPSE』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「近未来を舞台にしたオムニバス短編!」「中村ゆりかが強く印象に残った!」「3作品を通して人間の本質を見た気がした!」


上映中【2019年2月16日(土)公開】

 

映像プロダクションBABEL LABELによる近未来SFオムニバス。VRシミュレーションに辛い未来を予知される「SIN」、自分がクローン人間の失敗作だと知る「失敗人間ヒトシジュニア」、延命治療を巡る「リンデン・バウム・ハウス」の3篇を収録。オムニバス「TOKYO CITY GIRL」内の「LOCAL → TOKYO」を手がけた志真健太郎が「SIN」を、俳優としても活動するアベラヒデノブが「失敗人間ヒトシジュニア」を、数々のアーティストのミュージックビデオを手がけるHAVIT ART STUDIOが「リンデン・バウム・ハウス」を監督。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

「SIN」2062年。政府公認の教育機関エルサに呼び出された5歳のアマは、20年後に自分の母親を殺す確率が高いことを知らされる。エルサによるシミュレーションには、犯罪に手を染め大切な人たちを傷つける未来が映し出されていた。そんな未来から逃れるように懸命に生きるうちに、周囲の人たちとともに運命は少しずつ変わっていき、ついに25歳の誕生日を迎える……。「失敗人間 ヒトシジュニア」2050年。クローンと人間が共生する中、20歳になった大学生ヒトシジュニアは自分がクローン人間の失敗作であることを聞かされる。恋人にも振られ絶望の淵に立つ彼の隣りに、初美(ハッピー)という美女が現れる。彼女もまたクローンの失敗作であり、親に捨てられていた。20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられた場合、国に回収され廃棄されるという。ヒトシジュニアは生きるために、育ての親を殺して戸籍を奪う決断を迫られる……。「リンデン・バウム・ハウス」2038年、人間が人工知能に医療を委ねている時代。人工知能Satiによる延命治療を受け10年間寝たきりの祖母の若い頃を想像する大学生のヨウ。色どり豊かな音楽世界で、深夜に一緒にダンスホールで踊る夢を見る。ヨウは、全てを理解しているように振る舞うSatiにも、Satiに頼りきりの家族にも苛立ちを募らせていた。人工知能の法律改正により祖母の延命中止が決まり、ある行動に出る。

●キャスト●

アマ 柳俊太郎
サリィ 内田慈
真波 比嘉梨乃
高山 林田麻里
白木 手塚とおる
真鍋ヒトシジュニア アベラヒデノブ
田中初美(ハッピー) 中村ゆりか
杉本詩織 清水くるみ
はぴこ ねお
田中のぶ江 信江勇
リュウ 根岸拓哉
真鍋人志 深水元基
葉月ヨウ SUMIRE
葉月シナノ 小川あん

●スタッフ●

監督 志真健太郎 、 アベラヒデノブ 、 HAVIT ART STUDIO
プロデューサー 山田久人 、 藤井道人
撮影 石塚将巳 、 佐藤匡 、 大橋尚広
音楽 岩本裕司 、 河合里美
美術 遠藤信弥

映画『LAPSE』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!


◉映画「LAPSE ラプス」初日舞台挨拶観終わった。
3本の短編で近未来の設定の作品でそれぞれの監督の個性が出てました。
中村ゆりかちゃんもSUMIREちゃんも可愛かったです。
観た後にパンフレット買うと良いですよ👌

 

 

◉映画『LAPSE』のパンフレット。
情報量そのものはそれほど多くないが、監督お三方の鼎談に文字数を超えた深みがあって、
作品を解釈していくうえでの補助線としても、若いクリエイターの肉声としても、
すこぶる興味深い読み物に仕上がっている。
必読。

 

◉オムニバス映画『LAPSE ラプス』始まりました!
私は志真健太郎監督『SIN』に出演しています。
柳俊太郎さん、手塚とおるさん、比嘉梨乃さん他、魅力的なキャスト!

『リンデン・バウム・ダンス』には、
ピンカートンに会いにいく少女優子のの小川あんちゃん!

映画『LAPSE』を観た人の感想、評価、口コミ

◉『LAPSE』
設定の既視感とか、意外性の足りなさとかを持ち出して斥ける意見があるかもだけど、
こういう企画は時代が変わる度に手を替え品を替え新たな世代によって紡がれることそのものに意味があるのであって、
新奇な未来像を具現化することなんて求められてないんだよ、と主張はしておく。

 

 

◉『LAPSE ラプス』
近未来を舞台にしたオムニバス短編。
たとえ、クローンだとしても未来が予測出来たとしても私たちは人間だ。
未来に抗う姿、心の痛みにより人間らしさを感じ苦しかった。

3作品を通して人間の本質を見た気がした。
「失敗人間ヒトシジュニア」の中村ゆりかが強く印象に残った。

 

◉『LAPSE』観た!
来るべき未来をテーマにした30分三本勝負のオムニバス。
新進クリエイターの才能を青田買いするショーケースという意味では、
想定以上の手応えを感じさせる完成度。

作品ごとのテイストの違いと、確固たる意志に基づいた配列の妙で、
全体を貫く統一したテーマが感じられるところも良い。

 

◉『LAPSE』より『失敗人間ヒトシジュニア』
不世出の飛び道具俳優アベラヒデノブにクローン人間の失敗作というキャラを当て書きした時点で勝ったも同然。絶妙な間とズレが生み出す笑いと、ピュア過ぎるリリカルさが生み出す振幅の広さという監督としてのアベラヒデノブの美点も十二分に生かされている。

 

◉『LAPSE』より『リンデン・バウム・ダンス』
リア充世界の山戸結希はファイトクラブの夢を見るのか?
特段未来でなくても成立する話という時点でお題縛りからは外れる気もするが、
オムニバスの一編としては良いツイストになっている。
こういうテイストの映画が物凄く好きな層は一定以上いる気がする。

 

◉『LAPSE』より『SIN』
不覚にも私、一瞬ウルっときてしまう瞬間があったのだけれど、
どう考えても絶望より他に未来の選択肢がない現代の日本で、
若い才能が映画という表現を使って、
それでも抗っていきたいという強い意思を描いてくれた事そのものが、
3本の積み重ねによって響いていたような気もする。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-オムニバス
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.