【みんなの口コミ】映画『500ページの夢の束』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

青春ドラマ

【みんなの口コミ】映画『500ページの夢の束』の感想評価評判

投稿日:


映画『500ページの夢の束』口コミ感想ネタバレ 映画『500ページの夢の束』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「主人公のまっすぐな思いにすっかり魅入られた!」「チワワのピート役のブラスターくん、名演技だよ!」「大好きな映画がまたひとつ増えた!」


上映中【2018年9月7日(金)公開】

 

ダコタ・ファニングが『スター・トレック』が大好きな自閉症の少女を演じる青春ドラマ。『スター・トレック』の脚本コンテストに応募するため、愛犬を連れて初めての一人旅に出た少女が、旅先で出会う人々との交流を通して、成長していく姿を描く。『マイレージ、マイライフ』のダニエル・ダビッキが製作を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディ(ダコタ・ファニング)の趣味は、自分なりの『スター・トレック』の脚本を書くこと。自閉症を抱える彼女は、ワケあって唯一の肉親である姉と離れて暮らしていた。そんなある日、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知った彼女は、渾身の作を書き上げる。ところが、その時すでに締切は目前。郵送では間に合わないと気付き、愛犬ピートと一緒にハリウッド目指して数百キロの旅に出ることを決意。500ページの脚本と、胸に秘めた“ある願い”を抱えたウェンディの旅の行方は……?

●キャスト●

ダコタ・ファニング
トニ・コレット
アリス・イヴ

●スタッフ●

監督 ベン・リューイン

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『500ページの夢の束』を観た人の感想、評価、口コミ

◉映画『500ページの夢の束』鑑賞。
「スター・トレックマニアの自閉症の女の子」って設定、冒頭の原題「please stand by」の表示だけでウルっと来るし、終始期待を裏切らない。
御涙頂戴じゃないけど、とにかく「優しい世界」を見たい人に見てほしい。もちろんトレッキーにもね!

 

◉「500ページの夢の束」
つらいときの自分を物語が支えてくれること。初めて会う人でも同じ物語を好きなことでつながれること。
映画や本が好きなら「わかるぅ」ってなりながら最後までずっと応援してしまう。着地点もとてもよい。いい映画。

 

◉『500ページの夢の束』
可能性を信じて未知への旅立ち、遭難、強奪、欺瞞、航行事故、脱出、潜入、ハッタリ効かせて危機逆転、和解と信頼····
なんだ、普通にスター・トレックのいちエピソードぢゃないか^_^;

 

◉映画「500ページの夢の束」
主人公のまっすぐな思いにすっかり魅入られた。強い思いの先にあったのは…。
あと音楽がとてもよかった。もう一度観たい。

 

◉「500ページの夢の束」
とてもよかった!これは本国版も韓国版もいいし、日本版もいいと思います。
ていうかこれはワンちゃん映画じゃん!言ってよ〜。チワワのピート役のブラスターくん、名演技だよ!

 

◉500ページの夢の束、観ました
苦手なことに挑むには勇気と気力が必要だろうに、たくさんの苦手を抱えながらも目標にひたむきなウェンディをすごいと思ったし、上映中、何度も「頑張れ!」って心の中で叫びました
小さな生き物たちにも癒され、今日から私も頑張る!と思わされる映画です☺️

 

◉「500ページの夢の束」ささやかな傑作。
今年は、レディ・プレイヤー1やブリグズビーベアのように、ピンチな時や挫けそうな時に道しるべになって拓いて照らしてくれるのは、
じぶんがほんとうに好きなものや人。っていう映画がいっぱい。

スポンサーリンク

 

◉ずっと「ウェンディ頑張れ!」ってウェンディを見守ってしまうそんな映画でした。

 

◉とても良い映画を観た。『500ページの夢の束』
主演のダコタ・ファニングが能町みね子にそっくりでキュート。
これは観て良かったやつだ。

 

◉「500ページの夢の束」
スタートレックファンの自閉症の女性が、脚本コンクールに応募するために旅をするストーリー

好きな物が現実の困難を乗り越えるキッカケになる点が、同じようなオタク趣味を持つ自分とも重なり共感できて良かった
ダコタ・ファニングだけでなく相棒の犬もカワイイ😊

 

◉『500ページの夢の束』、スタトレ押し映画で姉妹映画でした。
わんこ映画でもあった、犬は死なないので大丈夫です。

 

◉映画『500ページの夢の束』を観ました。
ダコタ・ファニングちゃんが、魅力的な自閉症(発達障害)の少女を演じています。私の感想が、ハフポストで公開されています。
自閉症の少女が踏み出した、その一歩に「長寿と繁栄」を!

 

◉『500ページの夢の束』
自閉症の女性が夢を叶えるために勇気を出して旅立つ物語は、未知の宇宙を探索するスタートレックの世界と同じように感動的。
『アイ・アム・サム』のあの少女が、こんなにもステキな女性になっていたことにも感激♪

 

◉500ページの夢の束観た!むらたまさんにもお会いできて嬉しかった!そして可愛かった!
PLEASE STAND BYが本当の題名なので、何で使ってくれないのかな。それだけでスタトレファンは嬉しいですが。

 

◉『500ページの夢の束』
魅力ある主人公、葛藤する周囲の人々、勇気ある行動を導く強い願い、それらが絡み合った素敵な映画だった。
LAの巡査が泣かせる。スタート・トレック好きならより深く楽しめるはず。

 

◉「500ページの夢の束」、あんまり期待してなかったけど秀作だった。
スタトレネタが濃くなるところで周りからはどっと笑い声が上がっていたのでスタトレをよくわかってる人はより楽しめるかも。私はスタトレのことしらないよ!

 

◉『500ページの夢の束』。
自閉症の女性の旅を通して人の生を示す。厳しい事も多いけれど救いもあって。
『スター・トレック』の知識があれば更に深い。ワンコが好演。ダコタは『アイ・アム・サム』からここまで来たのだなぁ、と感慨深い。

 

◉『500ページの夢の束』
豊かな感性を内面に湛えた自閉症の女性という複雑な役をダコタ・ファニングが見事に演じる。
姉役のアリス・イヴはそういえばスタトレに出てましたよね。
もー、頭痛くなるぐらい泣きました。大好きな映画がまたひとつ増えた。

 

◉【500ページの夢の束】
ASD描写が実にリアルで生々しい。ルーティン・ルールの取捨選択を自分でしながら人との関わりを手探りしていく困難さを慮る。
ウェンディが必死に続ける旅路の行方に固唾を飲んだ。ダコタ.Fの演技が素晴らしい。

 

◉『500ページの夢の束』♪
ウェンディの頭の中に広がるスタートレックの世界を覗いてみたいと思いながらの道中だった。
好きなものだからこそ広がる世界って興味がつきない。スタートレックに詳しくなくても大丈夫…かな。

 

◉『500ページの夢の束』
姉妹の名前がオードリー&ウェンディって!名付けたお母さん大好き。
アリス・イヴとダコタ・ファニングが愛おしい姉妹愛を演じてます。
自閉症患者を温かく見つめるソーシャルワーカーや家族に光を当てた点もナイス!

 

◉『500ページの夢の束』凄く楽しめる映画でした!
細部への拘りや主人公の持ち物などもスタートレックへのオマージュが!反面、純真な主人公を虐める人がいたのが嫌いなシーン。
主人公ダコタファニングは美貌も素晴らしいし演技もうまい!

 

◉500ページの夢の束おもしろかった。
ラストシーンのセーターとかああいうの好きです。

 

◉500ページの夢の束っていう映画観てきたんですけどめちゃくちゃ良かったです
元気出た

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-青春ドラマ
-, , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.