【みんなの口コミ】映画『 バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『 バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の感想評価評判

投稿日:


映画『 バトル・オブ・ザ・セクシーズ』口コミ感想ネタバレ 映画『 バトル・オブ・ザ・セクシーズ』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「見た後爽快感がある!」「2人のテニスシーンは圧巻!」「気持ちが温かくなり、人の優しさが嬉しく思える作品!」


上映中【2018年7月6日(金)公開】

 

1973年に全世界のテニスファンを騒然とさせた驚愕の実話を映画化した人間ドラマ。女子の優勝賞金が男子の1/8だという事実に抗議した29歳の女子テニス世界チャンピオン、ビリー・ジーンに、55歳の男子元世界チャンピオンのボビー・リッグスが挑戦状を叩きつけ、世紀の一戦が始まる。伝説の選手ビリー・ジーンを演じるのはエマ・ストーン。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1973年、世界中で9,000 万人の目を釘づけにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)と、元男子チャンピオンのボビー・リッグス(スティーヴ・カレル)の対決だ。女子の優勝賞金が男子の1/8 だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは、仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会”を立ち上げた。待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのがボビー。ギャンブル癖が原因で、最愛の妻から別れを告げられたボビーは、この試合に人生の一発逆転を賭けていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてを賭けて戦う理由とは……?世界中が見守る中、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い”が幕を開ける……。

●キャスト●

Billie Jean King エマ・ストーン
Bobby Riggs スティーブ・カレル
Gladys Heldman サラ・シルヴァーマン
Marilyn Barnett アンドレア・ライズブロー
Jack Kramer ビル・プルマン
Cuthbert 'Ted' Tinling アラン・カミング
Priscilla Riggs エリザベス・シュー

●スタッフ●

監督 ジョナサン・デイトン 、 ヴァレリー・ファリス
製作 クリスチャン・コルソン 、 ダニー・ボイル 、 ロバート・グラフ
脚本 サイモン・ボーフォイ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『 バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を観た人の感想、評価、口コミ

◉バトル・オブ・ザ・セクシーズ、素晴らしい映画でした…女であること、人を好きになること、そんな自分に誇りを持つために闘うこと…なんだかすごく大きな手で背中を押してもらえたような気分になれた。そしてとにかく私はマリリンが好きだ。

 

◉映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」。昔のハナシでした、で終わらないところがミソ。
FOXサーチライトは今年はノリノリだよな。

 

◉バトル・オブ・ザ・セクシーズ、男と女の「バトル」にフォーカスしながらも、「自分の生き方を認めてもらいたい」という普遍的なテーマに落とし込み、だれもが自分に寄せて考えられるお話になっていたのが、わりと品がよくて好き。すくなくともフェミニズム映画の枠でしか捉えないのはもったいない。

 

◉悲劇が題材ではあるが、鑑賞後は前向きな気持ちになれるだろう。シャペコエンセを支える存在に気持ちが温かくなり、人の優しさが嬉しく思える作品だ

 

◉バトル・オブ・ザ・セクシーズ日本でもやるのか 素晴らしい映画だったから見た方がいい。

 

◉性差別、男女格差、近年ハリウッドでも常に話題に上がる問題。
スティーヴカリル演じる男性至上主義の元テニス選手、エマストーン演じる男性格差を無くそうと運動する現役女王。
2人の演技が見事でした。
容姿も実物とそっくりでビックリ。
見た後爽快感がある内容でした。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』鑑賞。キング夫人が受けた見世物試合をこんなドラマに仕上げるとは。テンポはやや良くないが最後の戦いに群像劇的、多層的に感動がやって来る。伝説を現代の視点と敬意とデフォルメを持って描くハリウッド力。EストーンとSカレルの芸達者ぶりと作品選びにも敬服。

スポンサーリンク

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』「女性が上だなんて言ってない、ただ敬意をもってほしいだけ」そうなんですよ、ただ平等に扱いを望んでいるだけなのに、優劣つけたがるのはなんでだ。しかし、夫氏するどくてびびる。あれで気付くのすごい。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』キング夫人の業績や試合結果も改めては調べずに鑑賞。冒頭から腹立たしいジャックの分かりやすい悪役ぶり。物語はテニス界に留まらず、古き流行語的イメージの「ウーマンリブ」の意味とその戦いを露わに表現。現代日本で未だ求められる精神だなと愕然、自戒。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』TOHOシャンテ。性差の戦いから性差の垣根を超える闘いという異なるテーマを同時に描いていて深い味わいの今作。最初のサロンや終盤の下りエスカレーターなど繰り返し観たいシーンの連続。エンドロールの実際の2人のへの主役の寄せが凄いのも楽しめる。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』男女の対決が強調されがちだけど、これもちゃんとしたLGBT映画。あのラストは、二重の意味で彼女は自由を手にしたということなんだな。

 

◉【バトル・オブ・ザ・セクシーズ】女性の待遇改善への闘いが、性差別全般、更にはマイノリティへの偏見払拭の願いへと連なる。淡々とした前半はもどかしいが、嫌らしく煽りまくるボビー役S.カレルの演技やA.カミングの表情演技が見処か。

 

◉「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(続き) 男女間の性差の問題ではなく、人間としていかにありのままの自分として生きるかが主題なのかもしれない。アラン・カミングの存在感が渋く輝く。4ヶ月間テニスを猛特訓したE.ストーンの巧さも光る。美容師との恋愛パートの事実には正直驚いた。

 

◉「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」
期待以上の良作だった!テニスプレーヤーの男女の8倍の賞金格差に怒り、立ち上がった女性チャンピオン、ビリー・ジーン・キング役をエマ・ストーンが好演。彼女に挑戦状を叩きつける男性至上主義のボビー役、S.カレルの憎たらしさがウザい。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』②華やかさを感じさせないE.ストーン、愉快な表層と沈殿する闇の複雑さを表現するS.カレル。そして、自身もbisexualであるA.カミングの締めの一言に心を撃ち抜かれた。質感を纏う映像と演者に尽きる。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』鑑賞。
1973年の服装やらセットやら美術再現が素晴らしい。スティーブカレルのそっくり度に脱帽でした。周囲が思うよりずっとずっと大きなものを背負って戦ったビリージーンの生き様がかっこよかった。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』1973年が舞台。美術も素晴らしい。二人のテニスシーンは圧巻。拘ったユニフォームも勝利を暗示。ビリーの闘いに終わりはなく今も続いている。現代のMeToo運動の意味と通じる気がした。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』面白かった!
男女同権を求める戦いとは、性別の垣根をなくし男女関係なく自分らしい生き方を手に入れることだと感じた。今でも女性蔑視はあるけど、現代の女性たちにとってビリー・ジーンのような人たちの存在は尊い

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
性別を超えた世紀のテニス対決に挑んだテニスの女王の感動の実話。女性の地位向上を目指し、数々の困難に立ち向かうビリー・ジーンの姿に同じ女性としてとても感動し共感し励まされた。痛快な結末だった。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
「性差を超えた戦い」を繰り広げたビリー・ジーン・キングと、本作で敵的なボビー・リッグスは夫々置かれた状況に抗い、そこから抜け出そうと戦っているように見える。激闘を終えた勝者と敗者の姿が心に残ります。

 

◉ビリーとボビー。対決者同士でありながら裏では苦悩する者同士でもあるという描き方が面白い。そんな両者を支える人物が同じ名というのもなんたる奇縁か。そしてビリーの真の敵はボビーに非ずという闇。増量して役作りしたS・ストーンはさすがの二の腕。そしてS・カレルの冴えるノリノリ小バカ演技。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』スポーツ選手を支える影の人物にもしっかりスポットライトを当て、タイトルの重みを表した内容だった。スポンサー、パフォーマンス、ファッションなどテニス以外にも見所満載!まさしく第一人者だと思う行動だった。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』。
試合の描写が割と少なく物足りないし本音を言うとかなり地味だがしかし、メインはこれは勇気と誇りを持って戦ったビリー・ジーン・キングの勇姿だ。人は選ぶかも知れないがオススメする。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』機内で。女性の権利、同性愛、ギャンブル中毒、タバコ会社がスポーツ大会のスポンサーとなることなど、トピック盛り盛り。これだけを見やすく収めている。テニス映画ではなく人生の一部分の映画だった。

 

◉『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』男女格差に道を切り開いた70年代テニス界女王の実話。昨今のハリウッドの男女間ギャラ問題にも通じる。懐かしいFOXロゴも良い。口八丁手八丁のS・カレルがドンピシャ。A・カミングも彼らしい役柄で好演。

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.