【みんなの口コミ】映画『追想』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『追想』の感想評価評判

投稿日:


映画『追想』口コミ感想ネタバレ 映画『追想』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「シアーシャの青い瞳が吸い込まれそうなほど美しく印象的!」「繊細な演技、美しい映像と楽曲の使い方も劇伴もみな素晴らしい!」「ラストシークエンスは共感の涙!」


上映中【2018年8月10日(金)公開】

 

若手実力派として注目を浴びるシアーシャ・ローナン主演の人間ドラマ。家庭環境の違いなど、様々な困難を乗り越えて夫婦となった男女が、運命の初夜で起きたトラブルを機に心が離れていくさまがつづられる。シアーシャを一躍人気者へと押し上げた『つぐない』同様、人気作家イアン・マキューアンの小説が原作となっている。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

英国発のポップカルチャー、スウィンギング・ロンドンが本格的に始まる前の1962年、夏。保守的な空気が社会を包む中、若きバイオリニストのフローレンス(シアーシャ・ローナン)は歴史学者を志す真面目なエドワード(ビリー・ハウル)と恋に落ちる。これからの人生を共に歩むことを決めた二人は、挙式後、美しい自然が広がるドーセット州のチェジル・ビーチに新婚旅行へ。しかしホテルに到着するや、初夜を迎える興奮と緊張から気まずい空気が流れだし、ついには口論に発展。フローレンスはホテルを飛び出してしまう。生い立ちもこれまでの家庭環境もまるで違っていても深く愛しあっているはずなのに、愛しているからこそボタンの掛け違いが生じ、今後の二人の人生を左右する分かれ道となってしまう。

●キャスト●

Florence Ponting シアーシャ・ローナン
Edward Mayhew ビリー・ハウル
Violet Ponting エミリー・ワトソン
Marjorie Mayhew アンヌ=マリー・ダフ
Geoffrey Ponting サミュエル・ウェスト

●スタッフ●

監督 ドミニク・クック
原作 イアン・マキューアン
脚本 イアン・マキューアン

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『追想』を観た人の感想、評価、口コミ

◉『追想』奥ゆかしくて美しくて悲しい。
婚前交渉が可能だったら破局はなかったのか?でもそんな時代だったら彼と彼女は出会わなかっただろう。
彼女が彼に許しを請うていたことに胸が痛む。彼女が見た特等席の彼は幻だったのかと思うのです…。

 

◉『追想』事前に大筋把握と冒頭から嫌系ノイズ多発の不穏感あいまち二人の一挙手一投足にヒリヒリとしつつ鑑賞。
男としてエドワードの逸り焦り羞恥を理解しつつも観客としてフローレンスの過去を一瞬見せられるから俯瞰して、若さ故の愚かしさが堪らない気持ちになりラストシークエンスは共感の涙。

 

◉追想…
シアーシャ・ローナンの瞬発力もといメリハリのある演技力が堪能できて素晴らしかったぞ

スポンサーリンク

 

◉映画「追想」。シアーシャ・ローナン主演作。
60年代、新婚の若いカップルが初夜での出来事をきっかけに関係が崩れていく様を描いた恋愛映画。
最後の展開を見て、女性の残酷さを感じた。「あなたじゃなかったのよ」みたいな……ラストが切ない。

 

◉『追想』。結婚初夜をテーマにした珍しいラブストーリー。
若さゆえの純粋さ、不安や恐怖。愛を全うすることの難しさを叙情的に綴る。
ホテルでの僅か数時間の物語に回想シーンを挟み、ラストは数十年後へ。
際どい題材ながら品格のある映画に仕上がっている。美しい風景を捉えた撮影も素晴らしい。

 

◉純愛一つを丸ごと飲み込んでもなお余る人の一生の哀しさよ。
どちらかと言えば青年エドワード寄りの視点か…こんなにも切ないラブストーリーだったとは。
S.ローナンの繊細な演技、美しい映像と楽曲の使い方も劇伴もみな素晴らしい。

 

◉『追想』
なんて意地悪な。でも、これめちゃくちゃ好きなんどけど!!!
結婚式からのたった6時間が永遠へと変わり、良くも悪くも、まさに"いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう…"だった。あの涙はすごく複雑だ。

 

◉『追想』を鑑賞。
新婚カップルのホテルの密室劇?どこかぎこちない二人。それとは逆に思い出は、鮮明で愛に満ちている。
幸せなカップルに訪れた不意の失言、失態。笑えないコメディ?とも思ったけど、後半に連れて、感情の波が打ち寄せる。あの徐々に引いていく絵がすごく好みだったなぁ。

 

◉『追想』試写会@神楽座。なぜ2人の愛は結ばれなかったのかという簡単なエピソードに90分位費やします。話が動かない、音楽は美しいので意識が遠くなる事必至。75年、2007年パートも説明過多のシーンが多数で感動なんてありません。エドワード何故にレコード屋やってるのかも謎だし。

 

◉シアーシャ・ローナン主演『追想』
イアン・マキューアンの小説「初夜」を映画化。新婚初夜、若き男女の未熟さ故の重大な過ち。
終盤のレコード屋のくだりは本当に切ない。シアーシャさんの瞳とドレスの水色が印象的。中高年層の観客の照れを考えると邦題は妥当。

 

◉『追想』 昔はあったであろう怖い話。
現代では考えられないが先代たちの経験からくることで変わったのであろう。むごいような話であるが、代償は大きかったがいい話でもある。

 

◉『追想』最後に「え?嘘でしょ?」と言いたくなっちゃいました。
若さ故の迷いにしてものちの結果が残酷だよ~。だったら何故立ち留まらなかったの?と。題名の「追想」より原題訳の「初夜」のほうがあってるかも。

 

◉『追想』厳格な家で育てられた女の子と田舎の男の子が結婚、した初夜のいろいろ、からの追想 途中ものすごくずどーんとなって気分最悪になったけど絶対最後まで観るべき 観たらとてもよかった 恋人とデートで観ていろいろ考えるとよいかもね

 

◉『追想』、私の2018年ベスト3に入ってきました🙆下半期の方が順位動きそうかなー。

 

◉「追想」色んな意味でささりまくるし、好きすぎて感情が追いついてない。
とりあえずビリー好きすぎるし、エドワードの役柄もめちゃくちゃ好き。役的に彼氏に欲しいタイプナンバーワン。
ろくに恋愛も知らない中高生くらいの純情な頃に出会って恋したかった。ちょっと無理好きしか出てこん。

 

◉映画「追想」鑑賞。
新婚旅行先で起きたある出来事をきっかけに運命を狂わせてしまう若夫婦の物語。
前半はなんだかなぁ〜って思いながら観てましたが、話が進むにつれて後半になってとっても良かったです!そしてラストでは泣いたわ😭
人生ってこんなことの方が多いんだろうなー

 

◉『追想』鑑賞
若く初々しい2人の恋愛模様は見ていて歯痒いしこそばゆい…。相手を思いやってるつもりでも頭の中は自分の事で精一杯。気持ちだけが先走ってく。あぁ…もう…じれったい。主人公の戸惑いと緊張の表情がたまらない。シアーシャの青い瞳が吸い込まれそうなほど美しく印象的。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.