【みんなの口コミ】映画『華氏119』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ドキュメンタリー

【みんなの口コミ】映画『華氏119』の感想評価評判

投稿日:11/01/2018 更新日:


映画『華氏119』口コミ感想ネタバレ 映画『華氏119』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「マイケル・ムーアは本当に巧い!」「日本も同様!選挙権がある人は、必ず毎回投票しよう!」「反国民性は日本の政権や野党の中にある克服出来ないものも同じだと感じた!」


上映中【2018年11月2日(金)公開】

 

アポなし突撃取材でアメリカ社会に一石を投じ続けるマイケル・ムーアがトランプ大統領に切り込んだドキュメンタリー。大統領選のさなかにトランプ当選の予測を的中させたムーアがトランプの驚愕の事実を明らかにし、この暗黒時代をどう抜け出すかを披露する。第43回トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門オープニング作品、第31回東京国際映画祭正式出品作品。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

大統領選さなかの2016年7月、マイケル・ムーアは『大統領選でトランプが勝利する5つの理由』というエッセイを書き、変人扱いを受けながらもその予測を的中させた。彼がトランプ大統領を取材するうちに、「トランプは‘悪の天才’。感心するほどの狡猾さでトランプを笑っている私たちでさえ彼の術中にはめられている」という驚愕の事実が分かってきた。どんなスキャンダルが起こっても大統領の座から降りなくて済むように、アメリカの国民はもちろん、ジャーナリストやメディア、憲法や司法システム、さらには他国の政治や国民すら利用して仕組んでいるというのだ。ムーアはすべてに歯止めをかけようと、本作でトランプ・ファミリーが崩壊必至のネタを大暴露し、トランプを当選させたアメリカ社会に鋭く切り込みを入れ、この暗黒時代をどう抜け出すかを示す。

●キャスト●

ドナルド・トランプ

●スタッフ●

監督 マイケル・ムーア

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『華氏119』を観た人の感想、評価、口コミ

◉華氏119
ただのトランプ叩きの映画かと思っていたらそうじゃなく、様々な立場の人からの証言を集めたドキュメンタリーになっています。
こんな事が起きていたのかと、普段の不勉強を反省する事になりました😂
ブラックユーモアも効いていて、小難しくはない印象。

 

◉マイケル・ムーア監督『華氏119』(2018年)。
ものすごい情報量で語られる映像エッセイ。
次々と登場する人や時事ネタ、政治用語についていくのは難しい。そこで、わかりやすくおさらいします。

 

◉『華氏119』
フロリダ州パークランド高校銃乱射事件後エマ・コザレスさんを始めとする同高校生達の声明や一市民が民主党から続々と立候補する行動を観て
本当に勇敢な人達が沢山いるのだと思った。
声を上げなければ気が付いたら殺されている…というような世の中に既になりつつあるのかな。

 

◉『華氏119』
トランプ大統領が公衆の面前で悪びれる様子なく吐く暴言をメディアで繰返し流されると非常識な事でさえ常識として空気に蔓延する事は恐ろしいと思うし
日本も既に似たり寄ったりだと実感し悲しくなる。
ムーア監督には安倍政権を題材に『ケチって火炎瓶』(邦題)を撮って欲しい。

 

◉マイケル・ムーア監督『華氏119』鑑賞。
民主党支持監督のプロパガンダ映画だと感じたけども映画やニュース映像を切り貼りして右左問わず権力者の裏表を暴いていく点が面白かった。
監督の故郷ミシガン州フリントにおける企業家スナイダー州知事の権力掌握による水汚染問題が最も衝撃が大きかった。

 

◉『華氏119』を観た。
これは泣く。
マイケル・ムーアは本当に巧い。
興味をそそらせるように面白く演出して観る側を飽きさせず、しっかりと自己主張もして、真剣に考えさせてくれる。
学生や教師の運動に胸打たれる。
狭い部屋に引きこもって議論もどきをしていても無意味だと改めて思った。

 

◉華氏119
日本は皆保険制度があるし、公害が起きれば厚労省や自治体がすぐ動くし、銃はないし、移民はないし、
人種差別は激しくないし、偏った独裁者はいないし、平和だなと思った。
今回マイケル・ムーアのおふざけが少なくてちょっと残念だった。

スポンサーリンク

 

◉”華氏119”TC岡南。
2016年、アメリカ大統領選挙でのトランプ勝利迄の裏話から、ミシガン州における、
緊急事態法による、住民の悲劇、フロリダ州パークランドでの銃乱射等々。
マイケル・ムーア監督が描く、出来事の裏にある政治のリアル。それは、まるで写し鏡の様に、日本の今を写しだす。

 

◉華氏119を観た。
国民の政治への関心が衰退した時、ナチスのヒトラーは政権を握った。
歴史は繰り返す。トランプが当選してしまって、暴走に見せかけた下準備が着実に進んでいるのを見て恐怖を感じずにはいられない。
危機感を持たなくては!
日本も同様!選挙権がある人は、必ず毎回投票しよう!

 

◉「ムーアの思想には大いに共鳴するが、彼の手法には全く共感できなかった。
しかしトランプ大統領を批判したこの最新作には脱帽させられた。
扇情的な映像と音楽を駆使し『いま必要なのは行動だ』と煽る。ここまでプロパガンダを徹底すれば、あっぱれだ」

 

◉マイケル・ムーア監督「華氏119」観てきました。
意味で観た監督作品の中で集大成であり一番好き。国家も法律も誰も助けてはくれない。
人は抑圧され、傷ついてからでなければ変わろうとしないのだろうか…これは他人事ではない、戦う大切さを思いました。

 

◉「華氏119」観た。
話題作の封切りなのに、新宿東宝では一番小さいスクリーンで意外だった。
日本も安倍首相による社会の破壊が酷いが、トランプによるアメリカ社会の分断破壊はそれ以上のようだ。
そして恐ろしいのは、今がアメリカ社会の底ではなく、この荒廃が加速的に進みかねない事だ。

 

◉『華氏119』を観てきた。
作品の核心部分は、富裕層と「普通のアメリカ人」に分裂したアメリカ社会において政治家が後者を代表していないという、
謂わば構造的な問題がトランプ政権の誕生を招いたと主張しつつ、
民主主義の崩壊とファシズムの到来を警告するもので、批判対象には当然民主党も含まれる。

 

◉華氏119、「ぴあ」調査員に満足度を聞かれ、90点ぐらいと答えた。
ミシガン州フリント市の水汚染、草の根からの反撃…。
ファシストをこのままにしていいのか、まだ戻れるという問いかけ。日本も同様だと思った。

 

◉映画「華氏119」
イメージの強かったアポなし突撃取材というのは鳴りを潜めて、既存の映像をコラージュして音楽とナレーションでおとなしめに驀進する感じ。
どこまでも弱者に寄り添う姿勢は頼もしいです。とても恐ろしいのは対岸の火事ではまったくなかったこと。行動が必要なのはここでも同じ。

 

◉マイケルムーアの「華氏119」見てきました。
単なるトランプ批判の映画ではなく、民主主義そのものの危機を暴く映画でした。体制擁護しかしないマスコミ、
目先の勝ちに拘って理念を捨てるリベラル層、そして21世紀型のファシズムに警鐘を鳴らす。多くの人に見て欲しいですね。

 

◉華氏119を観たんだけど、ドキュメンタリーとしてよく出来てる、さすがマイケルムーア。
と思う反面、アメリカ人なら当然知ってる(=他の国の人だとなかなかの予備知識が必要な)ことは前提なしで始まるので、
日本人がしっかりついていくのは結構難しいかなと思った。

 

◉華氏119を観てきました。
トランプ批判一辺倒かなあと思ってたら意外とそうではなく、今の日本についても直面している危機とダブって感じることが多い内容でした。
民主主義は民主が行動しないと、衰退していくことを感じました。

 

◉『華氏119』を鑑賞。
内容は、
・米国人による、米国民に向けたメッセージ色が強い
・州知事〜大統領レベルの政権批判のオンパレード
です(笑)

アクが強く、人に勧めるタイプの映画では無いですが、来週の中間選挙も視野に入った構成なので、
『旬』な映画であるのは間違いないです(´ー∀ー`)

 

◉華氏119
序盤はトランプ批判映画かと思いきや、徐々に21世紀型ファシズムへの警鐘に変貌していく。
1930年代ドイツと現代アメリカの共通点を示しながら。

貧困層の増加
人種差別の蔓延
メディアへの弾圧
外敵による危機を喧伝

・・・全て日本にもピッタリと当てはまるので他人事では無いかと。

 

◉「華氏119 」今日奥さんと観てきました。
徹底的に庶民や弱者の立場に立った姿勢に感心しました。
銃規制、水道民営化、人種差別、国民分断全て一つの底流にある事を考えさせられました。
共和党、民主党含め内在する反国民性は日本の政権や野党の中にある克服出来ないものも同じだと感じた。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ドキュメンタリー
-,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.