人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『私のちいさなお葬式』の感想評価評判

投稿日:

「寒いロシアの心があたたかくなるお話!」「隠れ主役と言える鯉も大活躍!」「死ぬとは思えないくらい、パワーに満ち溢れていて可愛くてお茶目で素敵でした!」


上映中【2019年12月6日(金)公開】

 

第39回モスクワ国際映画祭観客賞を受賞したドラマ。教職を全うし、年金暮らしをしている73歳のエレーナは、突然の余命宣告を受ける。都会で仕事に忙しい息子を気遣い、ひとりで葬式の準備を始めた彼女は、埋葬許可書を得るため戸籍登録所を訪れるが……。第16回ウラジオストク国際映画祭観客賞、第17回ゴールデン・イーグル賞助演女優賞など受賞。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

73歳のエレーナ(マリーナ・ネヨーロワ)は、村にひとつしかない学校で教職を全うし、定年後は慎ましい年金暮らしを送っている。エレーナはある日、病院で突然の余命宣告を受ける。5年に1度しか顔を見せないひとり息子オレク(エヴゲーニー・ミローノフ)を心から愛している彼女は、都会で仕事に忙しい彼に迷惑をかけまいと、ひとりでお葬式の準備を始める。まず、埋葬許可書を得るため、バスで戸籍登録所を訪れる。中年の女性職員は、「死亡診断書がなければ駄目です」と素っ気ない。そこで、元教え子のセルゲイが勤める遺体安置所へ向かい、事情を説明してこっそり死亡診断書を手に入れる。エレーナは戸籍登録所での手続きを済ませると、葬儀屋で真っ赤な棺を買う。翌日、エレーナはふたりの墓掘り人とともに森の墓地へ行き、夫の墓の隣に自分の埋葬場所を確保する。隣人のリューダ(アリーサ・フレインドリフ)に秘密のお葬式計画を知られてしまうが、リューダはすぐさま彼女の心情を察し、ふたりの友人とともにお通夜で振る舞う料理の準備を手伝ってくれる。リューダが去ると、生前の夫との思い出の曲をかけながら死化粧を施す。こうしてすべての段取りを整え終えたエレーナだったが、事態は想定外の方向へ転がり出す……。

●キャスト●

エレーナ マリーナ・ネヨーロワ
リュドミラ(リューダ) アリーサ・フレインドリフ
オレク エヴゲーニー・ミローノフ
役所の女性 ナタリヤ・スルコワ
検死医セルゲイ セルゲイ・プスケパリス
パーシャ アントン・シピニコフ
スヴェータ タチアナ・トゥゾワ
ナターシャ オリガ・コジェヴニコワ
ワレーラ アルチョーム・レシチク

●スタッフ●

監督 ウラジーミル・コット
プロデューサー ニキータ・ウラジーミロフ
脚本 ドミトリー・ランチヒン

映画『私のちいさなお葬式』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『私のちいさなお葬式』を観てきた。
思いやりのすれ違いと空回りぶりが愛おしかった。
息子の食事を見守る母のシーンとても良かったな。
あと、歳をとっても一緒にいてくれるお友達大事と思った。

 

◉『私のちいさなお葬式』
すごく笑いが起きていて不思議でした。
私も病気を機にエンディングノートは書いているけど、
現実的に参考になる話ではなく、さらっと楽しむ作品だと思います。
やっていることはとても非常識だから。
ロシアにはあまり馴染みがないので、風景など楽しみました。

 

◉「私のちいさなお葬式」
"少々ねじがゆるい人々の、ズレた会話やとぼけたやりとり。
すぐ読める展開、おバカなエピソード、マンガ的なシーンなど、
すべるところもあるが、
そんなほころびもほんわかした笑いを生んで思わず頬がゆるむ"
笑える終活、後味しんみり

 

◉私のちいさなお葬式見てきた、
すごく面白かった!

まずエレーナおばあちゃんも家も小物も画面が全部可愛い。
状況はしんどいしやってることは狂ってるはずなのに、
おばあちゃんの行動力ときつめのシュールなジョークで
客席の笑いも増え悲壮感なく進んでいく。
最後の美しいカットと余韻も好きだな。

 

スポンサーリンク

◉『私のちいさなお葬式』

息子の手を煩わせないために
母さん一人で終活します!

このちいさなロシア映画には、人生の悲喜こもごもが全て詰まっている。
息子を想う母の奇想天外な終活を通して浮き彫りになる生のきらめき。
なんて愛おしい映画だ!メガネ越しのよく動く黒目に笑い泣き👏

 

◉『私のちいさなお葬式』
ロシアの田舎のブラックにして愛らしい終活コメディ。
エレーナおばあちゃんがひたすら可愛い。そしてタフ。
隣家の口の悪いおばあちゃんも良い。
ロシアの死亡手続きとかお墓ってあんな感じなんや…

 

◉『私のちいさなお葬式』。
小さな村が舞台で、村人たちの殆どが主人公の教え子という設定が面白い。
あまりにオリジナル、
あまりにユニークに進められていく彼女の終活にロシアのお国柄が表れる。

隠れ主役と言える鯉も大活躍!
バーブシュカ(おばあちゃん)たちの可愛らしい衣装やインテリアも必見。

 

◉『私のちいさなお葬式』
余命宣告を受けて大急ぎでの終活準備。
周りに迷惑をかけまいとひとり準備するお葬式は最初こそ切ないけど、
それ以上に笑って泣けるから不思議と爽やか。
鯉とエレーナのシンクロ具合も面白い!

 

◉『私のちいさなお葬式』鑑賞。
自分のお葬式を計画する、
余命宣告を受けたおばあちゃんが超チャーミング!
ほっこりしつつ『死ぬ準備』について考えさせられたなー。
ロシア語の「恋のバカンス」がめっちゃ切なかったー!

 

◉映画「私のちいさなお葬式」を観てきました。
親子関係について考えさせられたなぁ。
親に思うこと。子に思うこと。
印象に残った言葉は「私は誰も許している。」

 

◉映画「私のちいさなお葬式」
余命わずかと告げられたエレーナ、73歳。
誰にも迷惑かけないように、自分の<お葬式計画>に奮闘する女性が贈る、
笑って泣けてやさしさに包まれる物語!

 

 

◉『私のちいさなお葬式』
責任感の強さから自分のお葬式のプロデュースを始める
エレーナ先生が愛らしく、その行動が息子と心を通わせる切っ掛けに。

誰もが辿る道なのだから、終活は明るく楽しく行えたらいい。
それにしてもあんなに鯉が大活躍するとは!

 

◉『私のちいさなお葬式』
想像の斜め上をいくからビックリ!
でも、この驚きは心が豊かになるようなビックリ加減!

主人公のお母さんがとても可愛くてお茶目。
死ぬとは思えないくらい、パワーに満ち溢れていて素敵でした!

 

◉『私のちいさなお葬式』
私が主人公のように年老いたとき、「友達でしょう?」と怒ってくれる、
気のおけない相手が果たしているのだろうか…なんだか羨ましくなってしまった。
人に甘えるのが下手くそで、それでも愛されてきた彼女の人柄が素敵だった。

 

◉『私のちいさなお葬式』を鑑賞!
想像の斜め上をいくからビックリ!
でも、この驚きは心が豊かになるようなビックリ加減!
主人公のお母さんがとても可愛くてお茶目。
もうすぐ死ぬ人とは思えないくらい、元気でパワーに満ち溢れている!
思ったよりコミカルだったので、映画自体を楽しんじゃいました!

 

◉『私のちいさなお葬式』。
最期まで迷惑をかけたくないと終活に勤しむ母と、
最期まで有意義な生活を送ってほしいと願う子の確執からの調和。

同様の境遇の人ならジワジワ心に来るのでは。
ロシアでは国民的ソングという「恋(鯉)のバカンス」が哀愁を誘う。
少々変わり者な隣人達もイイ味出してる。

 

◉『私のちいさなお葬式』
余命宣告を受けた73歳の女性が息子に迷惑をかけないようにと
自分のお葬式プロジェクトを企て奮闘する姿を描いた作品。

一見重いテーマですが、結構軽い感じで時々クスッと出来るほっこり映画でした。
でもやっぱ切ないなぁ

 

◉🎬私のちいさなお葬式🎬
ロシア語版 ♪恋のぉ〜バカンスぅ〜♪
ロシアのおばあちゃんが可愛くてほっこり
シュールな?リアルな?おまけ付きでした😊

 

◉映画【私のちいさなお葬式】
寒いロシアの心があたたかくなるお話。
🐟鯉がいい仕事をしてました。
なかなか観ることのないロシア映画もいいもんです

 

◉「私のちいさなお葬式」鑑賞。
突然の余命宣告を受けた73歳の女性が
自身のお葬式計画に奮闘する姿を描いたロシア映画。

ユーモアに溢れていて、泣くよりもクスッと笑えてほっこり☺️
おばあちゃん同士のやりとりがかわいかった😆
それと、ロシア版「愛のバカンス」の歌もなんだかとっても良かったな😊

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 66 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.