【みんなの口コミ】映画『生きてるだけで、愛。』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ドラマ

【みんなの口コミ】映画『生きてるだけで、愛。』の感想評価評判

投稿日:


映画『生きてるだけで、愛。』口コミ感想ネタバレ 映画『生きてるだけで、愛。』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「趣里✕菅田将暉の圧倒的空気感と世界観!」「線引きされた静と動!」「趣里の渾身の演技に心身とも圧倒される!」


上映中【2018年11月9日(金)公開】

 

数々の企業CMやMVを手がけてきた関根光才監督が、本谷有希子の同名小説を映画化。過眠症で引きこもり気味の寧子は、ゴシップ雑誌の編集部に勤める津奈木の部屋で同棲中。ある日、津奈木とヨリを戻したい元恋人・安堂が現れ、寧子を部屋から追い出そうとする。出演は「勝手にふるえてろ」の趣里、「あゝ荒野」の菅田将暉、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の田中哲司、石橋静河、「友罪」の西田尚美、「検察側の罪人」の松重豊、「STAR SAND 星砂物語」の織田梨沙、「土竜の唄」シリーズの仲里依紗。撮影を「I'M FLASH!」の重森豊太郎、音楽を「羊と鋼の森」の世武裕子が務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)は同棲して3年。もともとメンタルに問題を抱えていた寧子は鬱状態に入り、バイトも満足に続かない。おまけに過眠症のため、家にいても家事をするわけでもなく、敷きっぱなしの布団の上で寝てばかり。姉との電話やメールでのやり取りだけが世間との唯一のつながりだった。一方の津奈木も、文学に夢を抱いて出版社に入ったものの、週刊誌の編集部でゴシップ記事執筆の日々。仕事にやり甲斐を感じることもできない津奈木であったが、それでも毎日会社に通い、ほとんど家から出ることのない寧子のために弁当を買って帰る。津奈木は寧子がどんなに理不尽な感情をぶつけても静かにやり過ごし、怒りもしなければ喧嘩にすらならない。そんな態度に寧子は不満が募るばかりだった。だがお互いに自分の思いを言葉にして相手に伝える術は持っていない。ある日、いつものように寧子が一人で寝ていると、部屋に津奈木の元恋人・安堂(仲里依紗)が訪ねてくる。彼女は津奈木に未練を残しており、寧子と別れさせて彼を取り戻したいと言う。まるで納得のいかない話であったが、寧子が津奈木から離れても生きていけるように、なぜか安堂は寧子の社会復帰と自立を手助けすることになる。こうして寧子は安堂の紹介で、半ば強制的にカフェバーのバイトを始める。当初は嫌がっていたものの、自分を受け入れてくれる店の人たちへ寧子は次第に心を開き出す。だがある日、些細な事がきっかけで、店を飛び出してしまう寧子。同じ頃、津奈木は入稿間際の原稿を巡って上司と言い争っていた……。

●キャスト●

寧子 趣里
津奈木 菅田将暉
村田 田中哲司
真紀 西田尚美
磯山 松重豊
美里 石橋静河
莉奈 織田梨沙
安堂 仲里依紗

●スタッフ●

監督 関根光才
製作 甲斐真樹 、 松井智 、 藤本款 、 板東浩二 、 新井重人 、 森原俊朗 、 上田豊 、 前信介 、 水戸部晃
プロデューサー 甲斐真樹
アソシエイト・プロデューサー 佐藤公美 、 金井隆治
原作 本谷有希子
脚本 関根光才

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『生きてるだけで、愛。』を観た人の感想、評価、口コミ

 

 

 

◉『生きてるだけで、愛。』鑑賞。
彼氏との同棲生活を送る引きこもり女子を描いた関根光才監督作品。
趣里演じる主人公の寧子は今年のベストヒロインに決定。

共感度ゼロの彼女のことを劇場を出る頃には狂おしいほど好きになっているはず。
『寝ても覚めても』と双璧をなす恋愛映画のヘビー級チャンピオン。

 

 

 

 

◉生きてるだけで、愛。凄く良い作品だった
悪魔で私の考えだけど寧子の心境が原作には書かれてるから読んどいた方がスクリーンの寧子の表情を読み取りやすいしもっと深く作品に入り込めると思う
原作読まずに映画見てもまた違う風に味わえて良いけど波が凄い分原作読んだ方が頭を整理しやすかった🤔

 

◉映画『生きてるだけで、愛』鑑賞。
内容重いし鬱になるような映画なのになんだかところどころ笑ってしまった。
美しく魅せない女優さんの映画ってなんでこう惹かれるのだろう。
菅田くんが控えめだったので趣里、そして仲里依紗が狂ってる感じが際立っていた。隣のおじさんも笑っていた。

 

◉生きてるだけで、愛を観ている時に思い出したのが先月の映画祭で観た愛がなんだ。
どちらも恋愛の話ではあるのだけど(やや偏り気味な)愛がなんだのが共感出来ることが多かった。

 

◉映画「生きてるだけで、愛」

久しぶりにヒリヒリするような
映画だった。寧子を演じた趣里さんの
体当たりの演技に終始惹き込まれた。
ラストシーンは特に美しい。
生きづらさを感じている人、何かを感じるものがあると思う。

ほんの一瞬だけでも分かり合えたら。

 

◉『生きてるだけで、愛。』舞台挨拶付きで観てきたー。
予想以上の重く深くしんどい映画。でも、世間の多くのこうならない人たちって、
どのくらい日々考えたり受け取ったり噛み砕いたりしてるんだろ?どう生きてるんだろ?って映画だった。

 

◉映画『生きてるだけで、愛。』鑑賞。
今年見た邦画の中で『寝ても覚めても』以来の良作。この作品は…趣里‼︎趣里‼︎趣里‼︎で趣里の演技が凄い。
ただ器用にこなすのではなく彼女の身体を張った心からの叫びがぶっ飛んでいるのになんだか心に響き共感出来ます。趣里凄過ぎ。

 

◉生きてるだけで、愛。」
吉田町名店街のビルの屋上が印象的に使われ、16mmフィルムで撮影された映像も美しい。
横浜ロケマニアはぜひご覧ください。そして個人的に仲里依紗さんの悪女感がたまらん感じでした。

 

◉生きづらさとか簡単に言いたくない
でも生きてるだけでつらいんですよって声に耳をふさぎたくはない
たとえあなたにはわからないと言われたとしても

好きな人とは別れられても、自分自身とは別れられない。生きづらさを感じる人に届けたい映画

 

◉「生きてるだけで、愛」

後味が優しくて苦い、綺麗な映画でした。
主人公がタバコを吸う姿が印象的で、女の子のタバコも良いなぁなんて。

 

◉『生きてるだけで、愛』鑑賞。びっくりするくらい良作。
MVを多く手がけた監督だけに、音と映像の組み合わせが素晴らしく、なんどか椅子から落ちそうに。
主演ふたり (とくに趣里さん )の「普通だけど普通じゃない、普通じゃないけど普通」の危うさが押し付けがましくなく秀逸。

 

◉『生きてるだけで、愛。』。
本谷有希子の同名小説を映画化。社会生活を送れないほど心を病んだ女と、砂を噛むように毎日をやり過ごしている男。
見ていて苦しくなってくるシーンが満載だが、2人が初めて本音をぶつけ合うシーンに心動かされた。
愛し愛されるためには、人から逃げてはいけないのだ。

 

◉映画『生きてるだけで、愛』。
もの凄く心が揺さぶられ、予想外の所で感情が湧き上がってきて堪えきれず。
言葉にしても伝わらないこと。かき乱すようにコントロールする音楽。暗闇の中の光。
趣里✕菅田将暉の圧倒的空気感と世界観。趣里ちゃんの所作、菅田くんの受ける演技が素晴らしすぎた。傑作。

 

◉『生きてるだけで、愛。』
生きづらい社会で小器用と不器用を拗らせる2人。
自意識を確認できる共依存は純愛なのか?問うのも野暮だ。

線引きされた静と動。いや、激と無が溶け合うラスト。
夜の闇に浮かぶネオンのようなグロテスクな美しさに魅了される

 

◉『生きてるだけで、愛。』
引きこもりでコミュ障の寧子を演じる趣里さんの体当たりの演技に圧倒されました。
菅田さんの抑えた演技も良かったです。仲里依紗さんの怪演も印象に残りました。本谷ワールドにどっぷり浸れました。

 

◉『生きてるだけで、愛。』
あなたは私と別れられるけど、私は私と別れられない。胸に刺ささったセリフ。
受け入れたくない嫌な自分と出来ればお別れしたい。
めんどくさいは愛が救ってくれて、辛いを幸せに変えてくれる、とか思いたい

 

◉『生きてるだけで、愛。』
ヒロインの寧子やその恋人・津奈木のように社会で生き辛さを感じている人は多いと思う。
この作品を観ると、SNSで沢山フォロワーがいても、その辛い思いを本音で分かり合える人はどれだけいるのだろうかと思ってしまう。

 

◉主演の趣里ちゃんの渾身の演技に心身とも圧倒される!今、一番のオススメ映画🤓

 

◉『生きてるだけで、愛』
過眠症の主人公なんて他人事じゃないなあと思い観賞

寧子みたいにああーって叫んで走っていけたらいいのに 菅田将暉さんの視線が、捉えていないようで捉えている視線が、良かったで
趣里さんの薄くて細くてたくましい身体が、まさに寧子だったなと

 

◉『生きてるだけで、愛。』
ちょっと趣里が凄過ぎた。今度こそいけるかもという想いとやっぱり理解されるには途轍もない距離があるという絶望。
出すも抑えるも苦しい窮屈な感情を全身で体現してる。
特に終盤の演技はグチャグチャなのに何という美しさ、やっぱこの人は主演張ってこそ輝くね〜と確信。

 

◉『生きてるだけで、愛。』
超好き!人を深く知る事は自分を見透かされること。もうダメかも、、を自覚し曝ける前に壊してしまう寧子
そんな壊れた心で自分に疲れながらも繋がりを求める。
寧子と津奈木の関係は噛み合わんけど二人だけの訳わからん共有や訳わからん瞬間に心奪われ愛しい理解に変わる。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ドラマ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.