ピンク映画 人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『火口のふたり』の感想評価評判

投稿日:

「ヒロインの瀧内公美の脱ぎっぷりがスゴい!」「全身全霊で演じきった二人に感動しました!」「R18+は伊達じゃない!」


上映中【2019年8月23日(金)公開】

 

直木賞作家・白石一文による同名恋愛小説を、「共喰い」はじめ数々の脚本を手がけ「この国の空」などでメガホンを取る荒井晴彦が映画化。挙式を控え、直子は昔の恋人・賢治と数年ぶりに再会。過去が鮮やかに蘇り、ふたりは抑えきれない衝動に身を委ねていく。物語の舞台を福岡から秋田に移しており、全編秋田でロケを敢行。作中に登場するモノクロームの写真は、写真家・野村佐紀子が手がけた。主演は「きみの鳥はうたえる」の柄本佑と、「彼女の人生は間違いじゃない」の瀧内公美。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

直子(瀧内公美)は挙式まであと10日となる中、故郷の秋田に帰省したかつての恋人・賢治(柄本佑)と数年ぶりに再会。新生活に向け片付けていた荷物から、直子は1冊のアルバムを取り出す。そこには、一糸纏わぬふたりの姿が写ったモノクロームの写真が収められていた。ただ欲望のままに生きていた青春の日々が蘇り、直子の婚約者が戻るまでの5日間、抗いがたい欲動に身を委ねていく。

●キャスト●

永原賢治 柄本佑
佐藤直子 瀧内公美

●スタッフ●

監督 荒井晴彦
製作 瀬井哲也 、 小西啓介 、 梅川治男
プロデューサー 田辺隆史 、 行実良
原作 白石一文
脚本 荒井晴彦

映画『火口のふたり』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉「火口のふたり」観てきました。
濃密なからみと日常の生活、5日間の二人だけの世界。
いろいろ思い出して切なくなる映画。

 

◉『火口のふたり』。
白石一文の小説を映画化。恋人って何だろうと考えさせられる。
主人公の2人は恐らく恋人同士のつもりはないが、激しく求め合い、
欲望や理性といった人間の「生と性」の本質を問いかける。
食べるシーンとセックスシーンが交互に繰り返される構成が印象的。
昭和っぽさも◎。

 

◉『火口のふたり』
柄本佑さんと瀧内公美さんのダブル主演!
凄い映画でした‼️全身全霊で演じてる二人、
瞬きもできぬほどの映画!演じきった二人に感動しました!
照れのない没頭してる姿が凄い!

 

◉「火口のふたり」
震災がいつ起こるかもしれない世界でどう生きるか。
すねる直子やダメ男の賢治に苦笑してたが、最後の夜の告白から、
賢治の今後のささやかな生き方の決意に繋がるのが自然と受け取れる。
「体の言い分」という監督らしい言葉には、
そんなに気持ちよい体験ないから分からないと言っておく

 

◉『火口のふたり』
登場人物は柄本佑と瀧口公美のふたりだけ。
このふたりが全編ヤリまくるだけ。
なのに、その先に社会が浮かび上がるという、
スゴい離れ技をやっている映画です。

◉「火口のふたり」を観てきました。
二人が食事をしながら普通に(というのもおかしいけれど)
会話をしているシーンがすごく良くて好きだった。
抱き合っている時よりも近くて遠いような気がする絶妙な距離感。

スポンサーリンク

 

◉『火口のふたり』
いい感じにクセのある量産性OLを演じる瀧内公美さん本作で初めて拝見して
上手いな〜って思ってたら、火口のふたりの柄本佑さんのお相手じゃないか!?
めちゃくちゃエロい!そういう目線で今日見たらめっちゃエロいしガレットの言い方最高だったw

 

◉『火口のふたり』鑑賞。
長い感想なのでURLを転載。とても良かった。
男女の湿度と海沿いの温度とグダグダなエゴとズルさがないまぜになる男女のおはなし。

 

◉『火口のふたり』
若い柄本佑&瀧内公美に加え、名匠 荒井晴彦 監督・脚本がまた良い!
御年70歳過ぎの荒井氏の撮り上げた本作、艶めいてたまらなく若々しく愛しく美しい。
過去のSEXを感覚を思い出す、特に女は。真実を感じた

 

◉『火口のふたり』
裸で素の柄本佑&瀧内公美が超良い!
2人は心も身体もずっと一緒。ずっと交わっている。真の愛感じた。
そしてこの世が終わる時誰といるか問われているような。
SEXシーンに嘘が無い!

 

◉「火口のふたり」。
いとこで元カップルのふたり。
男はバツイチ、女は結婚直前…で一晩を過ごす、というあるあるバナシ。

食って眠って、おもむろに、、甘い囁きも、
シリアス劇伴音楽なしにセックスが始まる。
無造作で実によい。こうゆう当たり前のセックス描写は
邦画でなかった気がする。新鮮。

 

◉火口のふたり 鑑賞。
冒頭、主人公の賢治は父親から従姉妹の結婚式の電話あり。
しかも、電話越しに喋っているのが本当に柄本親子である演出がジワジワ来る。

また、元カノの直子との二人の関係が、マグマの様に沸々と再び滾り、
観客に熱放射が強烈なのでベルクで麦酒にて冷却中…

 

◉「火口のふたり」鑑賞。
柄本佑はまだしもヒロインの瀧内公美さんの脱ぎっぷりがすごい、
R18+は伊達じゃない。体の結びつきもそうだけど、それ以外の会話劇の、
時にはどうでもいいことを喋っている感じがリアルで良かったな。
最後いきなり予想外の急展開でビックリした

 

◉映画「火口のふたり」鑑賞。
原作の中から澄んだ部分だけを掬い取ったような良作。
信頼関係をもった二人の俳優だからこそできる、
自然な会話と肉体の会話に、何故か涙腺が緩みっぱなしでした。

こんな明け透けな男女の関係は一種のファンタジー。
それが持続可能でないことも作品に深みを与えてる

 

◉映画「火口のふたり」鑑賞
結婚する前に昔の恋人の体に溺れる秋田県の夏。
どうしてご招待いただいたのかしら…と
不思議だったけど今の稽古に通じるものがあり作品との出逢いもご縁だとしみじみ。
「身体の言い分をきく」というこの言葉、それに従う2人の男女。

 

◉映画「火口のふたり」鑑賞。
世の中は綺麗事ばかりじゃない。恋愛に非ず、
性愛と肉欲をこれでもかと鍋にぶちこみ煮詰めたような、濃厚な1時間55分。

特別な秋田っぽさは案外無く、
却って何処の田舎にもある光景として捉えられるのが好印象。
っていうか意外と私映り込んでて草

 

◉「火口のふたり」
楽しみにしていた1本。
ヤバかった。AVかと思った。

 

◉『火口のふたり』。
まだ誰も書いてないと思うけど、これ「ウラ『天気の子』」。
「それでも、生きていく」でもなく「死んでもいい」でもない。

秋田では「被災者のふりは出来ても被災者になれない」男と女の、
遅過ぎる性春ブラックコメディ。秀逸だけど小学生は見ないように(笑)。

 

◉『火口のふたり』
映画の良い悪いはどうでも良くなった。純度の高さたるや。

 

◉火口のふたり 観ました。
想像していたより取っつきやすい作品。
色んな人が楽しく観れると思う。女のひとって不思議。
瀧内さんの持つ不思議な存在感が良かった。
これが色気か……小説も読み進めます。

 

◉『火口のふたり』観てきた!
エロいけど切なくて泣いた!

 

◉『火口のふたり』
7割セックス映画!!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-ピンク映画, 人間ドラマ
-, , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.