【みんなの口コミ】映画『泣くな赤鬼』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『泣くな赤鬼』の感想評価評判

投稿日:

「堤真一、人間味あふれる演技が最高でした!」「柳楽優弥の素晴らしい演技、時に熱演し時にさりげなく!」「川栄李奈の演技が光ります!最後は泣けます!」


上映中【2019年6月14日(金)公開】

 

ベストセラー作家、重松清が教師と生徒の関係をつづった短編集「せんせい。」に収録された同名作を堤真一主演で映画化した人間ドラマ。かつては熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた中年男とかつての教え子との悲しき再会が描かれる。かつての教え子で病に侵された青年を柳楽優弥、その妻を川栄李奈が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

城南工業野球部監督・小渕隆(堤真一)は、陽に焼けた赤い顔と鬼のような熱血指導から、かつては赤鬼と呼ばれていた。一歩手前までいきながら甲子園出場の夢は叶わないまま10年の月日が経ち、50代となった今では野球への情熱が衰え、身体のあちこちにガタがきている。ある日、赤鬼は診察を受けた病院でかつての教え子・斎藤智之(柳楽優弥)と偶然再会。ゴルゴという愛称だった彼は、非凡な野球センスがありながら堪え性のない性格で努力もせず、途中で挫折して高校を中退していた。10年ぶりに再会し今や20代半ばを過ぎた彼は、妻・雪乃(川栄李奈)や息子・集と幸せな家庭を築き、立派な大人になっていた。しかしゴルゴが末期がんであることが判明し、余命半年と告知される。赤鬼はゴルゴのために、彼が挑むはずだった甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画。10 年という歳月を経て、それぞれの思いを胸に、ゴルゴの最後の試合が行われる。

●キャスト●

小渕隆(赤鬼先生) 堤真一
斎藤智之(ゴルゴ) 柳楽優弥
斎藤雪乃 川栄李奈
和田圭吾 竜星涼
高校時代の斎藤智之(ゴルゴ) 堀家一希
高校時代の和田圭吾 武藤潤
佐藤玲
斎藤智美 キムラ緑子
小渕陽子 麻生祐未

●スタッフ●

監督 兼重淳
プロデューサー 橋口一成 、 関根真吾 、 東島真一郎
原作 重松清
脚本 上平満 、 兼重淳
撮影 向後光徳
音楽 北城和美 、 北城浩志
企画プロデュース 長澤昌子
主題歌 竹原ピストル

映画『泣くな赤鬼』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

 

 

◉映画「泣くな赤鬼」を見てきた
このポスターのシーン、映画にあったかな?
先生兼監督兼父親兼夫ってとても大変。
オイラは後ろ2つでさえちゃんと出来てない気がするのに…。

 

◉真一と柳楽優弥のW主演で、美波ちゃんの親友の川栄李奈ちゃん他、
豪華キャストの映画「泣くな赤鬼」を観て来ました。

川栄李奈ちゃんは、余命半年の夫を支える妻を迫真の演技で演じていました。
高校野球の好きな人にオススメの映画でした⚾😢

スポンサーリンク

◉「泣くな赤鬼」
堤真一さんとの共演に川栄さんは「怖いイメージだったので緊張していたけど、
話すと関西弁で流暢だった」とのこと😂
映画は涙なしでは観られなかった😢
赤ちゃんのしゅうくんが癒し☺️
りっちゃんと芽瑠ちゃんとの共演も🙆‍♀️

 

 

◉泣くな赤鬼を鑑賞してきました

堤さん、柳楽さんをはじめ、皆さん素晴らしい演技で引き込まれました

特に柳楽さんの高校生時代を演じた、堀家一希さんの目の演技と言うか、
目力が柳楽さんを良く研究しておるなぁと感心しました
本当に素晴らしかったです

 

◉『泣くな赤鬼』
柳楽優弥さんの素晴らしい演技、時に熱演し時にさりげなく。
鑑賞者の多数の方、家族に病のある方は身につまされる。

顔で泣かなくても心は泣いているでしょう。
時の経過で変化する教師と教え子達。心の通いあいに涙。

 

◉「泣くな赤鬼」鑑賞
兼重監督はキャラクターを大切にし育ち方や家庭環境が滲み出る。
私が好きなのは思春期だからこその一番の敵であり味方でもある「嫉妬心」の描き方。

そして『先生』というものは生徒にとってどれだけ影響力が大きいのか
というところについては現役の先生方にもみて欲しい。

 

◉泣くな赤鬼を観てきました。

堤真一さんと柳楽優弥さん、
お二人とも大好きな俳優さんです。
堤さんの良いところも弱いところも駄目なところもある人間味あふれる演技が最高でした。

 

◉『泣くな赤鬼』
赤鬼先生役の堤真一、元野球部のゴルゴ役の柳楽優弥、
この2人の演技に感動しました。

自分も部活で怖い先生に指導を受けた世代です。
でも不思議と感謝の念が強いんですよね。
今の教育の在り方を考えさせられた映画でした。

 

◉久しぶりに映画を見て泣きました、「泣くな赤鬼」。
人を思いやる心の大切さ、
心理学の学びを深めたわが身の目から、
涙が止まりませんでした。

 

◉泣くな赤鬼」
再会した生徒が末期ガンと知り、寄り添って行く教師を描いています。感動作です。

 

◉『泣くな赤鬼』
号泣というよりはホロリとくる系だった。
自分の方が上手いのにというプライドと発破をかけされるために
選ばれたんじゃないかというスッキリしない気持ちとが何とも複雑で、
でもすごくよく分かるんだよなぁ…。

 

◉「泣くな赤鬼 」行ってきました。
悲しい話だけど見終わった後に暗い気持ちにならない、素敵な映画でした。

野球未経験から頑張った武藤潤くん。
表情や小さな演技まで等身大の高校球児を演じられててとても良かったです⚾
かっこよかった👍✨

 

◉泣くな赤鬼」
せつなくて悲しいけど、背中を押してもらったような、
最後には前を向いて歩けるような‥‥そんな素敵な映画でした。

 

◉映画「泣くな赤鬼」を見てきました。

話の展開はある程度分かって見ていたのですが、
想像以上にジワジワと感動が押し寄せてくる感じで、
結構感動しました。いい映画でした。

 

◉『泣くな赤鬼』鑑賞。
学生時代に強豪校の運動部に所属していた人には
特に突き刺さる作品なのかなと思いました。
私の父も癌で亡くなったのでどうしても残された家族の目線で観てしまいました。

 

◉『泣くな赤鬼』
長男がリトルリーグから高校野球まで膝の故障で辞めるまで野球漬けだったので、
映画に登場するノックをはじめとした練習や試合風景を観ていると当時が思い出され、
特に監督の赤鬼先生とゴルゴとの絆に心揺さぶられずにいられない。

 

◉『泣くな赤鬼』
かつて野球部の熱血鬼監督だった高校教師&余命半年の元教え子との心の絆の物語は
静かに淡々と想像よりずっとナチュラルに描かれたクオリティの高い作品でした。
背番号15番の意味、不器用な2人の真っすぐさが紡ぐ未来が愛おしい☆

 

◉『泣くな赤鬼』
柳楽優弥さんの素晴らしい演技、時に熱演し時にさりげなく。
鑑賞者の多数の方、家族に病のある方は身につまされる。

顔で泣かなくても心は泣いているでしょう。
時の経過で変化する教師と教え子達。心の通いあいに涙。

 

◉『泣くな赤鬼』鑑賞。

当たってなかったら絶対観てなかった作品。
観て良かったですよ。最後泣いたし。柳楽優弥の演技が良かったです。

 

◉映画「泣くな赤鬼」
直球で勝負してくる作品、たまらず涙があふれた😢⚾️

 

◉「泣くな赤鬼」観に行って来ました❗
泣ける映画でした😢堤真一カッコいい~🤩

 

◉『泣くな赤鬼』行ってきました😌
いい映画です号泣しました😭

 

◉『泣くな赤鬼』。
重松清の小説を堤真一と柳楽優弥共演で映画化。
情熱を失った野球部監督と、かつての教え子。

悲しい運命が待ち受けながらも、お互い一番輝いていた頃を取り戻していくドラマに胸を打たれる。
ただ、全体に起伏が乏しい。最後は泣けるけど、ヤマ場がもっと盛り上がってもいい。

 

◉映画『泣くな赤鬼』。
先生と生徒って不思議で特別な関係だなと改めて思いました。
人と人が関わる上での感情の機微や揺れ動きが丁寧に描かれていて、

何気ない日々でも、そこに気付くだけで人生は豊かになるんだよなあとも。
堤真一と柳楽優弥の距離感にグッときたし、部活ってほんとドラマチック。

 

◉『泣くな赤鬼』
いろんな生徒がいるなかでひとりひとりとどう接するべきか。
その結果が人生を左右する重い選択の時もあるかもしれず何が正解になるかは難しいが、
ひっかかっていたものが解消できるきっかけが大病というせつなさ

 

◉『泣くな赤鬼』
高校の野球部の監督とその教え子の物語
教え子のほうが先に逝く悲しみ 昔の出来事の回想と重なって・・・
高校生の役と現在の柳楽、竜星くんのギャップがいい
川栄の演技が光ります 最後は泣けます。

 

◉『泣くな赤鬼』鑑賞。
かつては赤鬼と言われた高校野球の先生。
教え子が末期がんだと知って、何が出来るのかを考える。

教え子の葬式に出たことあるかの問いに何も答えられなかった赤鬼だが、
その後どうなるのかはお楽しみとしておきます。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.