マンガ、コミック 家族ドラマ

【みんなの口コミ】映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の感想評価評判

投稿日:02/18/2019 更新日:

「安田顕さん演じるさっさんのお母さんに対しての愛も素敵でした!」「暖かい涙がこぼれます!」「人に寄り添ってくれるような優しい映画!」


上映中【2019年2月22日(金)公開】

 

漫画家・宮川サトシが自身の経験をつづったエッセイ漫画を、『日日是好日』の大森立嗣監督が映画化した家族ドラマ。母親の突然のガンの告知に動揺する主人公と彼を取り巻く人々との絆が描かれる。個性派・安田顕が母親の愛の深さに気付いていく主人公を、母親を倍賞美津子が演じる。物語を盛り上げるBEGINによる主題歌も聴きどころだ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

2012年春。30代後半の宮川サトシ(安田顕)は、母・明子(倍賞美津子)と永遠に別れる日が来るとは思ってもいなかった。子供の頃から病気がちで泣き虫でお調子モノだったサトシは、いつも優しくパワフルな母に救われてきた。そんな母が突然、胃癌を告知されたのは2年前のことだった。「俺がいるから大丈夫だよ、お袋は必ず助かるから」それまで母が自分にかけてくれていた言葉を、今度はサトシがかける番だった。百度参り、修行僧の様な滝行、国産野菜のジュース作りなど、恋人の真里(松下奈緒)に支えられながら、サトシは母のために奔走する……。母と別れて1年後。すっかり生きる気力を失っていた父・利明(石橋蓮司)と兄・祐一(村上淳)も新たな人生へ向かおうとしていた。そんなある日、サトシのもとに突然、母からプレゼントが届く。それは、想像をはるかに超えた驚くべき“スペシャルな贈り物”だった……。

●キャスト●

宮川サトシ 安田顕
真里 松下奈緒
祐一 村上淳
利明 石橋蓮司
宮川明子 倍賞美津子

●スタッフ●

監督 大森立嗣
製作 間宮登良松 、 村田嘉邦 、 安井邦好 、 鈴木仁行 、 板東浩二 、 高木司 、 樋泉実、 佐野真之 、 荒木宏幸 、 伊藤亜由美 、 稲村甲一
プロデューサー 小林智浩 、 川崎岳
アソシエイトプロデューサー 田坂公章
原作 宮川サトシ
脚本 大森立嗣
撮影 槇憲治
VFXディレクター 須賀努
音楽 大友良英
主題歌 BEGIN

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

 

◉映画試写会
『母を亡くした時僕は遺骨を食べたいと思った』
何度も何度も涙が出ちゃう映画です。
安田さん倍賞さんの演技が素晴らしいデス!(*´꒳`*)

 

◉観てきました。
ギリギリに会場に入ったので席がなかなかなくて、前から二列目😭

役者さんの顔が…
大きい…大きすぎる…😰

スポンサーリンク

倍賞美津子さんの闘病の様子は母と重なりグッと来ました。
松下奈緒さんの詰め寄るシーンも良かったです👏

最期の時まで子供を想う母。
いつも降り注ぐ愛情が当たり前すぎて、なかなか気持ちを伝えられない子。
今でこそ、どちらの気持ちもわかり泣けました。

 

◉母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
試写会にて。
大森立嗣監督と原作者宮川サトシさんとお医者さんのトークショーがありました。
大事な人を亡くして12年経っても喪失感が消えないってお医者さんが話してました。
私もこれから迎えるであろう親との別れ。
新しい出会い。そんな事を考えながら観ていました。
とても面白かった。

 

◉母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った

子供に対して大人になっても母親の愛は深く。
大人になっても親の前では子供で。
亡くなる前も息子の事を考え、深い愛を感じさせる、倍賞美津子さんのお母さんが素敵でした。
また安田顕さん演じるさっさんのお母さんに対しての愛も素敵でした。

母が病気で弱ってく、亡くなるかもしれないときに元気になると信じたい息子、
親がいざという時自分が親の気持ちをちゃんと聞いて考え汲み取れるかな?なども考えました。

お母さんが自分の想いを話すシーンは涙が止まらず。
母親が亡くなる話だから終始切ない話、ではなくくすりと笑えたりふふふとなったり。
タイトルからは怖そうな映画に見えますがほっこり、
心がじんわりと温かくなるとても良い映画でした。

最後のBEGINの曲もまた良いのです。

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』を観た人の感想、評価、口コミ

◉母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った
試写会に行きました

涙止まらないけど笑えるシーンもあり
泣けるけどあたたかい気持ちが残る良い映画でした
お母さんの耳元であの言葉が言えるって素敵だと思います

あといちごが食べたくなる映画です(見ればわかる笑)

 

◉今は当たり前にいるけど年を取ったりして弱くなったり亡くなったときに気付く母親の愛、
あたたかさ。おかんともっと出かけたりしようかなと思った

ムラジュンさんの演技熱くて良かったけど笑っちゃうww

 

◉「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」観てきました。
なんか久々に涙が溢れ落ちました。
絶妙な笑いの加減が良かった。
久々にすんなりと心に入ってきた映画でした。

 

◉映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」に行ってきました。

面白かったんだけど、あれですね、
これ多分もっと別のタイトルの方が良かったんじゃないかなと……。

 

◉映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

母を亡くすまでとその後のストーリーがストレートに描かれてて
涙が止まらない作品で原作のマンガも読んでみたいと思いました

 

◉ぼくいこ 見終わりました
こめかみが痛い…
父も抗ガン剤が効かなくなってきてるんだよね…
私は父の死をどう受け止めるんだろ…
私が死んだ時、息子に何を残せるのかなぁ
沢山、胸に刺さる良い映画でした

 

◉映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った』を見に。
泣いた泣いた。嗚咽を堪えられないくらい泣いてしまった。
安田さんが、「事ある毎に思い出すであろう作品」と言っていた意味が分かった気がした。
その時を、その先を、導いてくれる作品。
今から母に電話しよ…💓

 

◉映画「母を亡くした時僕は遺骨を食べたいと思った」鑑賞。
原作も読んでおくと、すごくじんわりくる。。。

 

◉「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」見ました。
タイトル怖いかもだけど、あったかくて、人に寄り添う映画でした。
岐阜の大垣で撮ってくれたのも県民として嬉しいです。
今度は弟と一緒に映画館に観に行きます。

 

◉宮川サトシさん原作 映画「母を亡くした時僕は遺骨を食べたいと思った」
公開おめでとうございます
泣いた 泣いた
嗚咽を押し殺すのが大変なほど泣きまくった。
安田さんが、「事ある毎に思い出すであろう作品」と言っていた意味が分かった気がした。
その時を、その先を導いてくれる作品。

安田さんは言わずもがな。
倍賞美津子さん、村上淳さん、石橋蓮司さん、松下奈緒さんが素晴らしい😭💕 ・

倍賞美津子さん演じる宮川明子さんの様なお母ちゃんでありたいと思った。

 

 

◉映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」。
最愛の人を亡くすとこうなるのかと。
私にその現実が突き付かれた時この物語のように向き合うというか受け入れられるのか自信が無い。
家族愛を強く感じて本物の家族と錯覚した。その位キャストの演技が素晴らしかった。

 

◉『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』。
死を前に終活する母と、母を失う不安から、それを阻止する息子。
互いをあまりに愛するが故の、すれ違いが切ない。サトシの考えに誰もが共感するとは思う。
ただ、そこから先に進むためには死を悲観してはいけない。ラストの死生観に感動!

 

◉『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
最愛の母が死に直面したら平静ではいられない。主人公が母の終活へ反発する様に共感。
淡々とした母と狼狽える家族、時に過去を思い出したりで母への愛しさが伝わる。母の贈りものに涙!

 

◉『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
強烈なタイトルがインパクト大。倍賞美津子さんが主人公の母親の若い頃から晩年までを演じる。
不自然さのなさに感動!亡くなるのは悲しいけど誰にでも生と死はやってくる。希望も感じた作品!

 

◉『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
宮川サトシのエッセイ漫画を安田顕主演で大森立嗣監督がガンをモチーフに実写映画化した本作では、
親子の情愛を通して「生と死」を見詰めるドラマがエモーショナルに展開していて心の琴線に触れる。

 

◉『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』を鑑賞。
親子の死別、自分ならどう立ち振る舞うだろうか?いいセリフが何度もあったのが印象深い。
「頑張ってるのに頑張れというのは辛い」とか。
「死から立ち直れないのは、死と寂しさが混ざっている状態で、死を客観視できていない」とか。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 48 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-マンガ、コミック, 家族ドラマ
-, , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.