【みんなの口コミ】映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

家族ドラマ

【みんなの口コミ】映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の感想評価評判

投稿日:


映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』口コミ感想ネタバレ 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「こんなに泣きながら映画みたのは初めてだ!」「ゴスペラーズの「Seven Seas Journey」がグッと来たなぁ!」「涙腺崩壊!ハンカチ必須の映画!」


上映中【2018年11月16日(金)公開】

 

歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく。共演は「ラブ×ドック」の吉田羊、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、「ホペイロの憂鬱」の白石隼也、「ガールズ・ステップ」の秋月三佳、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「泣き虫ピエロの結婚式」のおかやまはじめ、「恋人たち」の木野花。脚本を「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の大谷洋介、撮影を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の板倉陽子が担当。監督は「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

幼い頃から、美しい母・光子(吉田羊)のことが大好きだったタイジ(太賀)。しかし、家の中にいるときの光子はいつも情緒不安定で、タイジの行動にイラつき、容赦なく手を上げるのだった。そんななか、夫との離婚問題が浮上し、タイジの存在が不利になると考えた光子は、9歳のタイジを児童保護施設へ入れてしまう。1年後。良い条件で離婚した光子は、タイジとその姉・貴子を連れ、新しい家で暮らし始めるが、そこでもまた不安定な生活を送ることになる。17歳になったタイジは、ある日、光子から酷い言葉と暴力を受けたことをきっかけに、家を出ることを決意。ただ日々を生きていくだけのなか、タイジは幼い頃に唯一自分の味方をしてくれた工場の婆ちゃん(木野花)と再会、自分への強く優しい想いに心を動かされるのだった。努力を重ね、やがて一流企業の営業職に就いたタイジは、社会人劇団にも入り、金持ちで華やかだが毒舌家のキミツ(森崎ウィン)と出会う。そんな彼に戸惑いながらも、次第に打ち解けていくタイジは、会社の同僚・カナ(秋月三佳)やその恋人・大将(白石隼也)とも距離を縮めていくのであった。大人になって初めて人と心を通わせる幸せを感じたタイジは、友人たちの言葉から、自分が今も母を好きでいることに気付き、再び母と向き合うことを考え始める。そんなある日、長らく絶縁状態だった光子から連絡を受けたタイジは、光子の再婚相手の葬儀に出席するが、光子から冷たくあしらわれてしまう。だが自分から変わることを決めたタイジは、食事を作るため光子の家へ通い、もっと母のことを知ろうと叔母のもとを訪ねる。そこで、母の幼い頃の苦労を聞かされたタイジだったが、母が亡き夫の残した莫大な借金を背負っていることを知る。その借金を巡り、光子とタイジは口論。そしてまたも光子はタイジを拒絶するが……。

●キャスト●

タイジ 太賀
光子 吉田羊
キミツ 森崎ウィン
大将 白石隼也
カナ 秋月三佳
タイジ(幼少期) 小山春朋
タイジの父親 斉藤陽一郎
婆ちゃんの弟 おかやまはじめ
婆ちゃん 木野花

●スタッフ●

監督 御法川修
製作 古迫智典 、 堀内大示 、 福嶋更一郎 、 飯田雅裕 、 久保田光治 、 片岡尚 、 本間欧彦 、 樋口恵一 、 渡邉直子
プロデューサー 植村真紀 、 渡邉直子
原作 歌川たいじ
脚本 大谷洋介
撮影 板倉陽子
音楽 YOSHIZUMI
主題曲/主題歌 ゴスペラーズ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を観た人の感想、評価、口コミ

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』観賞しました
めっちゃ泣いた、浜辺のシーンでは特に泣いてしまったよ~
だけどこの映画、胸が詰まる、締め付けられる…
テーマに育児放棄が入ってる為に…
何があろうと子供はお母さんが大好きなんだ…
そして悲しみをぶち壊す映画中の俺の腹の虫、きさま~許さん!

 

◉【母さんがどんなに僕を嫌いでも】
母親に虐待を受けてきた青年タイジ。
彼の過酷な幼少期を挟みつつ、現実に向き合い乗り越えていく過程が丁寧に描かれていた。
ベタながら、なお母の愛を得ようとする子の姿と抱擁する友の優しさに何度も涙。

 

◉母さんがどんなに僕を嫌いでも
切ないだけの映画かなと思ったけど…
太賀くんが凄くよかった。彼に泣かされた。親も子も関係ない、
理解できる方が言えばいい…難しいテーマだけど、優しい思いにしてくれた。いい映画でした。

スポンサーリンク

 

◉母さんがどんなに僕を嫌いでも
初っ端から涙腺崩壊並みに涙が溢れてきた。

面白い場面もあってとっても素敵な作品だった。
今の私がどれだけ幸せに生きているのか。

行動は自分が変えなければ相手も変わらない。
どんな親子だって絶対に通じ合える。すごくメッセージ性が強く色々考えさせられる映画でした

 

◉母さんがどんなに僕を嫌いでも観てきました。

舞台挨拶もあったんだけど、大賀くん可愛かったし、吉田羊さん綺麗だったー
映画も優しさとかに触れる感じで癒されました。なんでかな、お母さん憎めなかった。

 

◉「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の映画を見ました。
原作の漫画も読んでたけれど、映画は映画で良かったです。
やはり、泣けました。漫画より暴力シーンがリアルだった。

 

◉映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」拝見しました。
歌川さんとキミツさんの友情や、大将にカナちゃん……。
とても温かい映画です。

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を観てきました。
もう、たいちゃんの好きなばあちゃんに泣かされっぱなし。
彼の心を開放させた仲間にも泣かされた。こんなに泣きながら映画みたのは初めてだ

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
何度も涙が溢れて大号泣😭😭😭

 

◉前の席に17歳くらいの真っ赤な髪の女の子がいて、客電が消えてもスマホをいじっていたんだけど、
本編が始まると間もなく泣き出し最後まで泣いてた。
観ていて辛い映画ではないけど、彼女は辛い季節を生きてるのかも。早く春になると良いね。
→母さんがどんなに僕を嫌いでも

 

◉映画もとても辛くて切なくて…
でも観て良かった。
『あの頃があるから今がある』
皆様にも超絶お勧めの映画です。

 

◉朝一番の回で観てきました。
冒頭の光子さんが歩いてはる
シーンでちょっとうるっときました。りんとしていてさみしそうな横顔、、、。
あっ、パンフレット買い忘れたー
しまったー😣もう1回映画館にいかねばー😅

 

◉「母さんがどんなに僕を嫌いでも」見てきた。
お涙頂戴の映画じゃなくて、素敵な映画だった。

虐待の話だけじゃなくて、ほんのり暖かくて、
ポンと背中を押してもらったっていうか、何て言うか、私も頑張ろうって思った。

 

◉「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
吉田羊さんが素晴らしすぎた。「気持ち分かる」なんて気楽に言えないけど、、、
ゴスペラーズの歌もよかったなあ。
もう一回原作を読み直そう。

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を見て来ました。

久しぶりに映画で泣いたなぁ・・・・。私は彼は初めましてなのだけど、太賀さんの演技が素晴らしかった。
中野英雄さんの息子さんなのね。ゴスペラーズの「Seven Seas Journey」がグッと来たなぁ・・・来るよねぇ。

 

◉涙活どころの騒ぎじゃない。「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
めちゃくちゃ泣いてスッキリしました。太賀くんがもっと好きになりました。かわいかった。゚(゚´ω`゚)゚。

 

◉「母さんがどんなに僕を嫌いでも」 要所要所に涙腺崩壊ポイントがあってハンカチ必携です。
劇中で色んな表情を見せる太賀はやっぱり芸達者だなと思ったし、吉田羊は複雑な心情の母親を見事に演じきっていました。
森崎ウィンの歌唱力もすごかったなあ。

 

◉「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
何気に見た映画だったけど。凄いグッときた。 タイジ役の子凄い良かった!

 

◉映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を見てきました。

これが実話と聞くと、信じられない位激しい話ですが、それを受けて許せる人って本当にスゴイと思います。
かなり感情が揺さぶられますが、見応えありました。

 

◉映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を観てきた。

観終わった後に頭痛がするくらい泣いた。
たいちゃんが太賀くんなのはちょっとかわいすぎる気もしたけど、すごくよかった。
吉田羊さんが怖くてでもすごくきれいだった。

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 あーもう泣いたー。
鼻水グズグズだわ。子役の男の子、頑張ったね!大賀くん、吉田羊さんはもちろん、他の役者さんたちも素晴らしかった!
そして友人に恵まれ、本物の笑顔を取り戻せたタイジくん、本当に良かったです。

 

◉母さんがどんなに僕を嫌いでも っていう映画みたけど号泣した。
小山春朋君可愛かったし。 なんかもう。泣いた。 みんな見な。

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は奇跡のような実話の映画化だけど、
劇場で観てくれた友人の母(82歳)は号泣し、思わず近くの席で号泣していた20代女子に終映後に話しかけ、
最終的に電話番号交換するほど友情が芽生えるという奇跡が!

 

◉母さんがどんなに僕を嫌いでもを観てきた。
木野花さんの出てくるシーン全てで泣いた。私も血の繋がらないばあちゃんでありたい。

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。

原作は歌川たいじのコミックエッセイ。母に罵倒されるシーンが辛いが、
その割に息子のキャラが明るく素直なのが奇跡的。

愛されることを諦めない努力が健気で、感動する。
太賀と吉田羊の熱演は大きな見どころ。率直で媚びない金持の友人も◎。

 

◉映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。

ボロボロ泣いた。苦しい部分も、楽しい部分も、裏にある想いが伝わってきて涙がでた。
太賀の演技がものすごく良くて、痛いほどに伝わってきて、苦しかった。
そして、森崎ウィンと白石隼也の魅力再発見。吉田羊も苦しい役を見事に演じ切っていて魅せられた。

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
こんな目に遭わされてるのに、どんだけ健気で素直なんだ。
映画だと言う事を忘れてしまうほどの痛々しさの中に森崎ウィン演じるキミツや友達の存在がどれだけありがたかったか。
タイトルの後に続く言葉に涙止まらず。

 

◉『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。
母親のイラッとする理由が、息子の掃除や食事を作るシーン、電話中に話しかける等、
観客にも理解できてしまうのが残念。
ただ...女王様・吉田羊に終始いたぶられ続ける作品として、その手の好事家には傑作かも?

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-家族ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.