【みんなの口コミ】映画『歯まん』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

ピンク映画 ファンタジー

【みんなの口コミ】映画『歯まん』の感想評価評判

投稿日:03/03/2019 更新日:

「衝撃的なタイトルだけれど、どこか切なさも感じられる印象!」「思ってたより純愛ストーリーで割と真面目に観れた!」「純愛と狂気が表裏一体である事を示してみせた作品!」


上映中【2019年3月2日(土)公開】

 

モンスターになってしまった少女の悲劇を描いた、“生と性と愛”がテーマのダークファンタジー。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015オフシアター・コンペ部門北海道知事賞、日本芸術センター第7回映像グランプリ若獅子賞を受賞するなど様々な映画祭で評価を得る。特集『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映(上映日:2018年8月11日、22日)後、2019年3月2日よりロードショー。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

女子高生の遥香は恋人との初めてのセックスの最中に、突然自分の身体に異変が起こり、恋人を殺してしまう。遥香は恐怖のあまりその場から逃げ出してしまうが……。

●キャスト●

馬場野々香
小島祐輔
水井真希
中村無何有
宇野祥平

●スタッフ●

監督 岡部哲也
脚本 岡部哲也
撮影 長谷川友美
音楽 HIR 、 三枝伸太郎

映画『歯まん』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

 

◉【歯まん】
思ってたより純愛ストーリーで割と真面目に観れた😳
【歯まん】って最初、どういう意味かわかんなかったんだけど、見事に下ネタそのまま(笑)
好きな人を殺してしまったとあるが本人に殺意なんか全く無く、
知らぬ間にモンスター化してしまって苦悩するっていうもし自分がなったらすっごい辛い話。

【生と性と愛】がテーマなんだけど、全部が綺麗におさまってる。
ストーリーはファンタジーなんだけど、歯まんであること以外はリアリティがあるし、
笑えるようで笑えない、繊細なお話でした。

人間、好きな人がいたら、心はもちろん、身体だって愛し合いたいと思うものじゃん。
なのに愛してる人と行為に及ぶと殺してしまう。そんな辛いことあるかよ〜😭

スポンサーリンク

劇中、スプラッター映画のような血しぶきが度々出てくるけど、それはホラーでもコメディーでもなく
悲しくて切ない血しぶきで。
これをコメディと捉えたのか、爆笑してる人もいたんだけど、
主人公と同じ女として、何処と無く切なさを感じた。

理不尽すぎるし、救いようが無いし、そのコンプレックスとトラウマを抱えて、
この先幸せなんてあるのだろうか、っていう。

今作ではじめて馬場野々香さんを知ったんだけど、めちゃくちゃ綺麗でとてもエロい。
ビビった。ミニシアターで観る作品で、しかも邦画で、久々にリアルにエロさを感じた女優さん。
セクシーなのに切なくて苦しくて、表情はもちろん、体を張った演技にすごく驚いた。
(本人はトークショーで、体張ったなぁみたいなのはさほど思わなかったって言ってたけどね🐶)

 

◉『歯まん』

世界の映画祭発狂✨
モンスターになってしまった少女の行方は?
“生と性と愛”がテーマのダークファンタジー❗

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018作品✴

まずタイトルからして、キラーコンドーム を連想した(笑)女性器がチ××を噛みちぎる!
餌食となるのは、初めての同級生、レイプ犯、ストーカーそして最愛の…
ラストカットは、カマキリの交尾の画、全体的にチープさが目立つかも~エロさが足りないかも😭😭
上映後には監督&出演者×山下敦弘監督 のトークイベント。
レイプ犯演じた宇野祥平の話で盛り上がり、映画の着想は、
愛のコリーダ シザーハンズって言ってたな~なるほど(笑)😵😵😵

 

◉「生と性と愛」がテーマのこちらの映画。
生きていく上で切り離せない生と性、そして愛。
衝撃的なタイトルだけれど、どこか切なさも感じられる印象。

映画『歯まん』を観た人の感想、評価、口コミ

◉歯まん→歯、まん
その (゜д゜lll) まんま!!

ユルーイ心で臨んだけど
それでもやっぱり
脚本が破綻してます(設定じゃなくてね)
もしそう思わないなら、それはアナタの
左脳が破綻してます (・ω・`;)

メ◯◯◯時限爆弾のような舞台挨拶も含め
(長過ぎ、出てけばよかった)
カリコレ史上ダントツの、ナニコレ

 

 

◉『歯まん』
愛のかたち、愛し方はいろいろあるが
歪んでしまうと時に猟奇的なものに化し
悲しみが生まれる

生きていて
好きになることや性について色んな悩みが存在する

そんな抱えている何かに肯定的な詩を与えてくれる

生への美しさや尊さがこの映画には存在し
それはいろんな意味で救いである

 

 

◉歯まん観させて頂きました。
感じ方は受け手に委ねられがちですが、
この映画ほど自分の感じたテーマや感想で正しいのか迷った作品は初めてです。
また間を空けて観たときにどの様な感覚になるのか今から楽しみです。
長い年月を経て公開されたこと、本当におめでとうございます。

 

◉ばかばかしい設定なのにメッセージ性がある

 

◉『歯まん。
SEX中、絶頂を迎えた男の性器から飛び出すのは、スペルマではなく、血飛沫。

そんなショッキングなシーンから始まる映画。
それに反して、中身はなんと純愛モノ。

そんな幸せの在り方を問うた映画。』

 

◉『歯まん』鑑賞。
純愛と狂気が表裏一体である事を示してみせた作品!
特にエンドロール前の前枝野乃加(馬場野々香)が見せた表情で「この映画は勝ち!」。
監督・演者ともに期待大!特に小島祐輔の演技も良かった!…サイン貰っちった。

 

◉歯まん。まん◯に歯が付いてて相手のちん◯を噛み切ってしまう。
コメディタッチの自主映画っぽい自主映画だろうなという先入観を持ってたけどシリアスな話。

もう少し主人公達の距離を縮めてくれれば最高に切ない話になったと思うけど
血だらけになって最後の愛を確認するラストの表情はかなりグッときた

 

 

 

◉岡部監督の「歯まん」鑑賞。
重たい1本であった。鑑賞中にぐちゃぐちゃずっと色々と考えてしまい、帰りの電車で倒れそうになる。
久々に映画館で映画鑑賞をしたが、
体力気力を使うなあ。あと水井監督の後半の演技には圧倒された。
結論としては良い映画体験だった。

 

◉歯まん 鑑賞しました。
かなり切ない作品でしたが、演技が素晴らしかったです。

 

◉歯まん」鑑賞。女優のエロさと声が良かった。
歯もキッチリとラストに表現されてたし、弟のキュウリシーンのセンスが良かったわ。
新人監督さんみんなお行儀の良い作風ですね。

 

◉「歯まん」鑑賞終了。なんというか、壮絶な映画だな。というのが素直な第一感。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-ピンク映画, ファンタジー
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.