【みんなの口コミ】映画『新聞記者』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

サスペンス

【みんなの口コミ】映画『新聞記者』の感想評価評判

投稿日:

「松坂桃李のさすがの演技に脱帽!」「灰色な世界で光を失わないシム・ウンギョンの瞳が印象的!」「あの意味深なラストが気になる!」


上映中【2019年6月28日(金)公開】

 

東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、「怪しい彼女」のシム・ウンギョン×松坂桃李主演で映画化。政権が隠す権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を活写するサスペンス。共演は「今夜、ロマンス劇場で」の本田翼、「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」の岡山天音。監督は「デイアンドナイト」の藤井道人。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

日本人の父と韓国人の母の間に生まれ、アメリカで育った吉岡(シム・ウンギョン)は、ある思いを秘めて東都新聞の社会部記者として働いている。そんなある日、彼女のもとに大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。その真相を究明するため、早速、吉岡は調査を開始。一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は、「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、現政権に不都合なニュースをコントロールする現在の任務に葛藤していた。愛する妻(本田翼)の出産が迫るなか、杉原は尊敬する昔の上司・神崎(高橋和也)と久々に再会するが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう……。真実に迫ろうともがく女性記者と、“闇”の存在に気付き、選択を迫られる若手エリート官僚。そんなふたりの人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる……。

●キャスト●

シム・ウンギョン
松坂桃李
本田翼
岡山天音
郭智博
長田成哉
宮野陽名
高橋努
西田尚美
高橋和也
北村有起哉
田中哲司
望月衣塑子

●スタッフ●

監督 藤井道人
製作 河村光庸
プロデューサー 河村光庸 、 高石明彦
原案 望月衣塑子
脚本 詩森ろば 、 高石明彦 、 藤井道人
企画 河村光庸
撮影 今村圭佑
音楽 岩代太郎
主題歌 OAU

映画『新聞記者』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

◉新聞記者
新宿ピカデリー
藤井道人監督、さすが。
テンポ、緊迫感、感情が溢れ出る人、隠す人、展開も面白く、美しいカットに溢れてた。
映画としては面白いけれど、スポットライトやペンタゴン・ペーパー、
記者たちのような実話ベースではない点は取扱注意。
このような映画も公開できる日本は平和。

 

 

◉映画「新聞記者」を観た。とても怖かった。
権力に支配される国家はありえない。
数年前に高学歴で優秀、そして正義感に溢れ熱血漢の知人が、
「もうやってられない!」と言って勤めていた内閣府を突然辞めた。
その理由がやっとわかった。
絶対、選挙に行こうと思った。

 

◉【新聞記者】
日本人は、いや人間は組織の中でしかイイ仕事ができないのだろうか?
そう刷り込まれているだけじゃないだろうか?エリート官僚の情けない姿多数。

シム・ウンギョンの抑えた演技が見事に嵌る。
内閣情報調査室の糞っぷりを盛った社会派ドラマとしてこれは貴重。
配給会社にも拍手。

◉「新聞記者」
よくぞここまで…関係者各位の覚悟に敬意を表したい。
今、必ず観るべき映画。ダブル主演のお二人
シムウンギョンさんと松坂桃李さんの演技がよりリアルに現実とクロスさせる。

劇場から出る人波の中で怒りの声をあげる壮年男性が。
そう、卑劣さに怒らずにはいられない映画なのだ。

 

◉『新聞記者』
この作品にビリビリと漲っているのは「覚悟」だ。
正面切って、リアルタイムの日本の政治を劇映画として描こうという覚悟。
作り手は、真正面からよくここまで腹を括ってやり切ったと思う。

映画の次はマスコミの番だ。"権力の監視"という最大の使命を果たす「覚悟」を見せて欲しい。

スポンサーリンク

 

◉『新聞記者』
途中で怖くなって来ちゃったよ。
日本映画の覚悟が見られる骨太で重厚な社会派サスペンスでした。
難しい役柄に挑んだ桃李くんは益々いい役者さんになってきたと思った。

 

◉映画「新聞記者」を観てきました。
この作品はあくまでも「フィクション」なのですが、
どこかで聞いたような見たような事が散りばめられていて、
色々考えさせられる作品でした。 雨の中観に行って良かったです。

 

◉なんとなく気になってた松坂桃李主演の「新聞記者」観てきました。
凄い問題作。余韻が重たい。
映画のあと、こんなに気分がぐったりするとは思わなかった。
そういえば、エンドロールの最後に、「この映画はフィクションです。」って無かった

 

◉『新聞記者』を鑑賞。
現政権でもありそうな話だが、実際はもっとえげつないような気がしてしまう。
情報操作って簡単にできそうで、権力に立ち向かうのは難しいと痛感します。
今の記者にも真実を報道できるよう奮起して欲しい。

 

◉『新聞記者』
言うても日本映画で、大丈夫?みたいな気持ちがなかったわけではないけれど、
シム・ウンギョンちゃんが素晴らしく、脇を固める俳優陣もとてもよかった!
有起哉さんも素敵やったし、田中哲司は怖かったねえ

 

◉新聞記者
日本には少ないゴリゴリの社会派作品。
何よりも自分を信じ疑う事がこの作品の肝なので、リテラシーの問題が内包されているように思えました。
また、主題だけでは無く主役二人の演技力の高さを見せつけられました。
松坂桃李さんは日本を代表する俳優ですね!

 

◉「新聞記者」
映画も素晴らしく面白いんだけど兎にも角にも田中哲司が最高にセクシーだから見て・・

 

◉映画「新聞記者」を観た。
どんな国でも、権力は容易く腐敗し、暴走し、人々を抑圧する。
そして生身の人間の尊厳、地位、果ては命までもが奪われる。
ラストシーンの杉原の表情が脳裏に焼き付いて離れない。
明日あんな顔をするのは自分かもしれない。そんな恐怖を覚えた。

 

◉新聞記者という映画を見ました。
ノンフィクションなので、とてもリアルに描かれていました。奥深い映画でした!

 

◉「新聞記者」。面白かったし、良く出来てる。
内閣調査室の若手官僚と女性新聞記者二人の視点で描いた点もすごくいい。
と同時に「ここが日本映画の限界か」とも思う。「作られた事に意義がある」では終われない。
映画の力を信じるなら、この映画に続き、越える社会派映画が日本から出てくると信じたい。

 

◉『新聞記者』
どこかで見た・聞いたニュースを積み重ね物語は進むが、
ある地点で「いやにフィクショナルだ」と感じる。

そこで改めて「あ、これは映画だった」と気づく。
観客を冷静に突き放す保険?そうではなく、
フィクションだからこそどんなノンフィクションよりも現実を射抜く力がある

 

◉『新聞記者』観てきた。
あらかじめ断っておくが、ドキュメンタリーでは無く完全なフィクション。
ストーリーもある程度の予想はつく。

映画としての出来もさほどレベルが高くはないかもしれない。
しかし、この時代に生まれた映画として高く評価したい。

 

◉映画『新聞記者』鑑賞。
ジャーナリストのレイプもみ消し、特区学園、官僚の自殺、文書改竄と、
ここ数年で政府が起こした問題がフィクションの形で織り込まれていて、
その醜悪なモザイク模様にくらくらした。
これらの問題をあまり知らない人が今作を観たらどう思うのかが知りたい。

 

◉『新聞記者』
劇中のような出来事が、僕達が生きるこの現実でも起きているのだろうか。
大多数を守るために少数は切り捨てられ、その理不尽に個が抗うにはリスクばかりが付き纏う。
無知でいた方が幸福なのか、無知でいた方が不幸なのか。正義とは、幸福とは何なのか。
鋭く重い問いを投げ掛けられた。

 

◉映画「新聞記者」を見てきました。
映画が訴えたかった事は現政権への批判 に留まらず、官僚、メディアに携わる人達個々人が、
自分の子供に胸を張って説明できる仕事をしているのか?そこに嘘や忖度があった場合、
子供に説明できるのか?と問いかけているように思います。

 

◉『新聞記者』は俯瞰するのではなく没入する映画でした

 

◉『新聞記者』
いい映画だった。
はじめ、望月さんと前川さんと南さん本人出てきてびびった。
これを見た何も関心のない人のどこかに、何か変化があればいいなと思った。

 

◉「新聞記者」
内調での寒色の彩度、明度の薄暗い青い照明。
人物間の肩越しショットは緊張感に包まれる。ローアングルのアップ、
新聞社ではステディカムなのか手持ちが多用されてて切迫感が増す。

情報操作や統治体制に屈しない矜持。映画による告発。
松坂桃李さんのバックショットはもろ「孤狼の血」

 

◉「新聞記者」を見てきた。
映画にしなくてはならなかった作品だと思った。
多田が杉原に言った「何が正しいかを決めるのは、お前じゃない。国民だ」という言葉は、
そのまま映画の作り手の私達へのメッセージではないか。
何が正しいかを決めるのは政権ではない、国民なのだ」と。

 

◉新聞記者見てきました
イオン系列の映画館でしたが、映画の一番最後にイオンがスポンサーとして名前が出ていました。
シムウンギョンさんが光ってましたね。
やはりあまり日本では知られていない、まっさらな感じがとても良かったです。
ちょっと残念なラストでしたが、面白かったです。

 

◉『新聞記者』
揺らぐ日本のジャーナリズムが対峙する不条理を描いた社会派サスペンス。
いくつもの事実から真実を手繰り寄せる信念と、信念だけでは戦えない闇の深さ。
灰色な世界で光を失わないシム・ウンギョンの瞳が印象的。作品を通して知る覚悟を。

 

◉『新聞記者』を鑑賞。
メディアと政府という立場の違う2人が出会い、事件の真相に迫る社会派ミステリー。
タイムリーな時事ネタから、SNSを使った情報操作まで、リアルな背景があった。
政府機関の闇にメスを入れるような重々しさもあり、見応えある展開だ。
あの意味深なラストが気になる。

 

◉新聞記者
主演のお2人の演技に引き込まれたよ👏😄
国民はただ真実が知りたいだけ!
でも都合が悪い事実は…
上からの圧力で簡単にねじ曲げられて報道されてしまうんやろね😠💦
SNSを通じて情報が溢れかえっているけれど…
真に受けていいのかなぁ⁈って思ったよ🤔💦
この作品こそ拡散するべき⁈😌👍

 

◉「新聞記者」感想。
映画が、現実を告発する。
国家ぐるみの罪に挑む記者と官僚の重厚バディムービー。

面白さを追求するなら、忖度も自粛も表現の妨げにしかならない。
エンタメの文脈で社会性を取り込む、作り手の勇気と覚悟。そうだ、これが映画だ。

藤井道人監督の卓越した映像センスにも脱帽。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-サスペンス
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.