【みんなの口コミ】映画『愛しのアイリーン』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

マンガ、コミック 人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『愛しのアイリーン』の感想評価評判

投稿日:


映画『愛しのアイリーン』口コミ感想ネタバレ 映画『愛しのアイリーン』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「一人でも多くの人に見てもらいたい!」「地上波ではムリです。凄い映画です!」「私は3回泣きました!」


上映中【2018年9月14日(金)公開】

 

小学館漫画賞を受賞し、テレビドラマにもなった「宮本から君へ」で知られる、新井英樹の人気コミックを、安田顕主演で映画化した人間ドラマ。田舎町で暮らす40代男とフィリピン人女性との国際結婚が巻き起こす騒動を描く。同作について“最も影響を受けた漫画”と公言する『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔が監督を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

地方の山村のパチンコ店で働く42歳の宍戸岩男(安田顕)は独身で、母・ツル(木野花)と認知症の父・源造(品川徹)と暮らしている。同僚のシングルマザー・愛子(河井青葉)に気があるが、女性経験のない岩男にはどうすることもできなかった。ある日、岩男は愛子から食事に誘われ舞い上がる。しかし、愛子は他の男性従業員とも関係を持っていた。岩男は愛子に告白するが、本気になられては困ると告げられる。傷心の岩男が帰宅するとツルになじられ、勢いで家を飛び出す。そのまま姿を消した岩男は、貯金の300万円をはたいてお見合いツアーに参加し、フィリピンにいた。30人もの現地女性と面会をしてパニックになった岩男は、自棄になって18歳のアイリーン(ナッツ・シトイ)に決めてしまう。彼女は貧しい漁村に生まれ、家族に仕送りをするために日本人との結婚を受け入れたのだった。フィリピンで結婚式を挙げ、二人はすぐ日本に旅立つ。岩男がフィリピンに行っている間に源造は亡くなっていた。よりにもよって葬儀の最中に突然姿を現し、フィリピン人女性を嫁だという岩男にツルは怒りを露わにする。さらに、源造が生前に作った揺り椅子をアイリーンが壊してしまい、ツルは猟銃をアイリーンに向ける。しかし、それをアイリーンが奪ってツルに向け、一触即発の事態になる。家に戻れなくなった岩男とアイリーンはラブホテルで寝泊まりすることに。アイリーンは岩男に体を許しておらず、いまだ二人は結ばれていない。一方、二人の結婚を認めないツルは、密かに別の女性を岩男の妻にしようとしていた。和解する振りをして二人を家に呼び、日本食でもてなすツル。だが、岩男が留守にした隙に、自身もフィリピン人の母親を持つ塩崎(伊勢谷友介)が現れる。外国人女性の人身売買に手を染めている塩崎は、ツルとの取引でアイリーンを連れ去る。塩崎の車に乗せられたアイリーンを、岩男はカーチェイスで追い詰める。アイリーンを助けたい一心でツルの猟銃を発砲するが……。

●キャスト●

安田顕

●スタッフ●

監督 吉田恵輔
原作 新井英樹
脚本 吉田恵輔

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『愛しのアイリーン』を観た人の感想、評価、口コミ

 

 

◉「愛しのアイリーン」
作品の熱量が凄すぎて、前のめりには見られない…
こちらが冷静に引いて見なければ、容赦なく感情が突き刺してくる。
まさに愛憎表裏一体の快作でした。これは絶対に映画館のスクリーンで見た方が良い。

 

◉一言で言うと、
私はこの映画好きです。

 

◉『愛しのアイリーン』感想。
地獄のようなラブストーリーでしたよ…(超絶褒めてる)。
観た人が軒並み「ヤバい」「すごい」「問題作」などと語彙力が低下している。
これは、これはいったいなんなんだ。マジで言語化不可能。
安田顕もすごいが、木野花(70歳)の映画史上最高のインパクトの母親を観ろ!

 

 

◉愛の形について考えさせられる映画でした!
語彙力がなさすぎてしっかり書くことができひんけど、とにかく圧倒の一言です…!!!!!!!!

 

◉愛しのアイリーン
原作は未読。綺麗事じゃない生、ままならない人生。けれど綺麗なものを信じて手を伸ばすって話…と思ってたら、そこからがこの映画の本気なのだった。生と死の混沌を愛で包んで、どさっと渡された感じ。けど、そのまとまらなさがとても心地いい。木野花さんすごい。あと、雪。

 

◉映画は今回も約2時間集中しすぎて終わった後に疲労感。
一度は観て欲しい映画です。

 

 

◉見てきました。
映画の重力が凄くて引きずり込まれてたから、上映後の舞台挨拶は嬉しかった。
安田さんの笑顔にホッとして、もう一度涙が出そうになりました。
愛しのアイリーン

 

◉私、やっぱりこの映画好きです。
人間て、馬鹿だけど愛おしい

覚悟はいるけど、観た方がいい映画
エンドロールで流れる水面の輪舞曲が鎮静剤のように沁み渡っていく

 

◉見終えてもなお余韻を引きずりまくる映画。
これは映画館だからこその没入感で味わっていただきたい。
愛しのアイリーン

 

◉アイリーンすごかった…なんだあの映画…見終わったあと胸ぎゅーんされる感覚…

 

◉「愛しのアイリーン」の舞台挨拶が当たり、観てきました!

この映画すごいです!
年に1度あるかの大圧倒でした。
面白い!感動!でなく、えぐりとられた充足感で涙ボロボロでした。映画も芸術ですね😭
これは観てほしい!
最高の誕生日プレゼントでした😂

 

◉愛しのアイリーン観てきました。
これ、ヤスケンさんの狂気がぴったりだなぁと思った。
ジャンボリーの時アズマリオーンに迫ったときに思わず出てしまった「コワイ」という感じ。
この映画は決して怖くないんだけどね。木野花さんにも拍手したかった。

 

◉愛しのアイリーン の舞台挨拶と共に観てきた。
母親役の木野花さんの岩男に対する子を思う愛情表現が恐い。
期待以上の映画だった。安田さんすごいわ。

これ、地上波無理ね。。。

 

◉「愛しのアイリーン」観てきました。
ヤスケンの抑えた芝居から、キレた芝居、さらに変態を超越した怪演が堪能出来る映画です。ぜひ観てください!

 

◉愛しのアイリーンを見てきました。
舞台挨拶では寡黙な顕ちゃんとそのサポートをする木野花さんに伊勢谷さん。
映画見ての感想は、これも一つの愛の形かな。不器用で暴力的でちょっと危うい。でもそれがいい。

 

◉映画終わる頃雨が降ってるか晴れてるか判らないけど、皆さんの心は多分どしゃ降り、と言われたのは伊勢谷さん。
どしゃ降りどころか暴風雨(褒めてます)。地上波ではムリです。凄い映画です。

 

◉愛しのアイリーンの最初の舞台挨拶と映画終わりました
安田さん、朝なのでテンション低めでしたw
でも格好よかった〜
撮影OKだったので♥
サイン入りのポスターもありました(*´ω`*)

 

◉映画愛しのアイリーン
安田顕さんと芝居ができた事、すっごい刺激。
是非、劇場へ。

 

◉【愛しのアイリーン】
「親が子へ与える愛」と「男と女が紡ぐ愛」が閉鎖的村社会で衝突する。現代日本映画のムーブメントとも言えるセックスバイオレンスフィルムを“日本文学”へと帰還させた偉大なる超傑作。平成が終わる。この映画が日本で永遠に語り継がれることを祈るしかない。有難う。

 

◉『愛しのアイリーン』
差別意識や劣等感、猜疑心等 “負の感情” を剥き出しにし「あらゆる欲望・感情がクソ味噌ごっちゃ混ぜになった世界こそが人間らしさだろ!」と言わんばかりの吉田恵輔監督らしい愛憎劇。
今年1番「おま◯こ」と叫ぶ映画である事も間違いない。おま◯ごは愛!

 

◉「愛しのアイリーン」凄かったです。腹にズーンときます。

 

◉愛しのアイリーン

切なく哀しく愛おしい映画でした。
まだ消化しきれていないので
もう一度観に行きます。

 

◉愛しのアイリーン見てきました!まさかの最前列。何だろう、「愛」を描くには色々な手法があるんだなぁと見る度に思う。何回見ても泣いてしまう。
どんな役でも見事に表現しきる安田さん、見応えのある映画に仕上げた監督、そして問題作をこの世に生み出した新井先生。凄い。

 

◉愛しのアイリーン 見てきました🎬
あらすじは知ってて少し怖かったけど、岩男とアイリーンとツルがみんな不器用な愛し方しかできないの歯がゆくて愛おしくもある、そんな映画でした。
衝撃的で暴力的な作品なので人を選ぶけど、一人でも多くの人に見てもらいたい

 

◉映画の内容は凄くて初めてエンドロールが流れてから泣いてナッツさんの演技が凄く好きでした。
あと舞台挨拶の顕ちゃんが岩男に全然見えない!スクリーンで見ると一種顕ちゃんって分かんないすげえ「愛しのアイリーン」

 

◉愛しのアイリーン 舞台挨拶回。
ショック療法のようなすごい映画だった
万人にお薦めできるかわからないジャンルではあるけど、人生を変えうるくらい鮮烈 私は3回泣きました
映画館を出たら道行く人がいとおしく思えた

映画好きの方、刺激物が大丈夫な方(R15です)、毎日に変化がほしい方、ぜひ

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-マンガ、コミック, 人間ドラマ
-, , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.