マンガ、コミック

【みんなの口コミ】映画『惡の華』の感想評価評判

投稿日:

「玉城ティナがカッコいい…青春映画の救世主だ!」「若手女優全員天才か⁉️みんな、すごかった!」「正直、この作品をナメてたけどまさか感動するとは…!」


上映中【2019年9月27日(金)公開】

 

押見修造による同名コミックを、「覚悟はいいかそこの女子。」の井口昇の監督と伊藤健太郎の主演により実写化。中学2年生の春日高男は、衝動に駆られ佐伯奈々子の体操着を持ち去ったところをクラスの問題児・仲村佐和に目撃され、彼女に隷属することになる。脚本は「心が叫びたがってるんだ。」の岡田麿里。息苦しい日々をやり過ごす春日を伊藤健太郎が、春日を服従させる仲村佐和を「Diner ダイナー」の玉城ティナが演じるほか、オーディションで選ばれた秋田汐梨、「暗黒女子」の飯豊まりえらが出演。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

山々に囲まれ、閉塞感漂う地方都市。中学2年生の春日高男(伊藤健太郎)は、ボードレールの詩集『惡の華』を心のよりどころにして、息苦しい日々をどうにかやり過ごしていた。ある日の放課後、教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着を見つけた春日は、衝動に駆られ、その体操着を掴んで逃げ出してしまう。しかし一部始終をクラスの問題児・仲村佐和(玉城ティナ)が一部始終を目撃しており、この一件を秘密にする代わりにある契約を持ちかける。このことから仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった。仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちにアイデンティティが崩壊し絶望を知る春日。『惡の華』への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めていたころ、二人は夏祭りの夜に大事件を起こす。

●キャスト●

春日高男 伊藤健太郎
仲村佐和 玉城ティナ
佐伯奈々子 秋田汐梨
常磐文 飯豊まりえ
鶴見辰吾
黒沢あすか
坂井真紀
松本若菜
高橋和也
木下亜衣 北川美穂
佐久本宝
小島建 田中偉登
佐々木すみ江

●スタッフ●

監督 井口昇
製作 松井智 、 板東浩二 、 小西啓介 、 小畑良治 、 新井重人
プロデューサー 永田芳弘 、 涌田秀幸
アソシエイトプロデューサー 山野邊雅祥 、 冨松俊雄
原作 押見修造
脚本 岡田麿里
撮影 早坂伸
VFX 鹿角剛 、 大畑智也
音楽 福田裕彦
主題曲/主題歌 リーガルリリー

映画『惡の華』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

◉惡の華 観ました!
凄い映画でした♪
まさかこんな深い映画とは思いませんでした。そしてわかりやすい。
井口昇監督に感謝。

玉城ティナさんの魅力全開♪
そして飯豊まりえさんも素晴らしい😊

途中のあの演出にはやられました。
騙されましたよ😁

 

◉『惡の華』鑑賞

嘘だらけの世の中を破壊しながら欲望の向こう側へ破滅していく物語

玉城ティナさんのキラーワード連発の罵詈雑言に中毒性を感じた

深夜の教室での欲望崩壊のシーンは爽快で必見です

良くも悪くも【無茶苦茶】を楽しむ青春SM映画でした

《変態クソムシ最高!》

 

◉『惡の華』
何もない田舎町で「ここではないどこか」を探して彷徨うクソムシたち。
思春期に彼らと同じような孤独と絶望を感じた事がある人なら胸を抉られる事必至。

逃げ場もなく終わりもない人生ってやつを突きつけてくる原作を継承する青春映画の傑作。
女優 玉城ティナ…覚醒しました…

 

◉『惡の華』感想。

なかなかの問題作でした(褒め言葉)。

PG-12だけど、むしろ厨二病を発症している
思春期真っ只中の中学生くらいに観てほしい。

原作知ってたらすんなり受け入れられるだろうけど、
未読なら衝撃の連続であることは間違いなし。

全国のクソムシ達に自信を持っておすすめします。

◉『惡の華』
玉城ティナが全シーン凄い。
観る前から玉城ティナが無双する映画だろうと思ったし実際そうなんだが。
佐伯役の秋田汐梨が素晴らしい。玉城ティナに負けてないどころの話じゃない。
佐伯のとあるカットには背筋が凍りついた。
これは玉城ティナに驚嘆し、秋田汐梨を発見する映画。

 

◉『惡の華』。
押見修造のコミックを実写化した異色青春ドラマ。
ルドンの目玉の絵画、ボードレール、バタイユ、澁澤龍彦など
(私の趣味だっったりする)知的キーワードが揃う。

分かりやすく言えば自分探し系だが、小難しく哲学的な内容。
甘く見ると面食らうかも。難役を演じ切った若手キャストも◎。

 

◉惡の華

今をときめく伊藤健太郎君と玉城ティナちゃんの共演となると観ないとやね😁👍
原作は読んでいないけれど…
クソムシ達の青春の1ページは
全力演技でクソ面白かったよ〜😌👍
思春期ならでは⁈のあんな事やこんな事…あるある⁈やね…😌
とにかく「クソムシ」って言いたい
クソムシですっ😆💦

スポンサーリンク

 

◉惡の華
押見修造×井口昇×岡田麿里の危険で濃いメンバーらしい癖の強さは
万人受けとは言えないだろうが、刺されば今年1番の傑作にもなりうる作品
時折挟まれるキレキレの映像に引き込まれ変態、クソ虫の虜になる
ダレた部分もあったが実写化した意義のある新たな漫画原作の成功例作品

 

 

 

◉「惡の華」鑑賞
超絶クソムシ大傑作…全ての青春トラウマ人間に捧げる痛いじゃ
すまないぐらい刺さる残酷青春映画!!

本当にこれを井口昇が映画化してくれてよかった…
ここまで井口昇の感性が原作とシンクロした映画はないぞ!!
玉城ティナがカッコいい…青春映画の救世主だ!!超絶大傑作

 

◉惡の華 鑑賞 原作未読。
だからなのか知らないが、ぶっ飛ばされた。
モラトリアムの時期が持つ痛さと尊さ。それが呆気なく事切れる瞬間。

そして、その「青春」に告げる別れの哀しさ。
どれもこれもが俺の実人生の体験に突き刺さった。
役者陣、特に玉城ティナ。
彼女の存在そのものが奇跡的。愛おしい大傑作

 

◉惡の華を鑑賞
着実に私が観たい俳優になりつつある伊藤健太郎さん

 

◉映画 惡の華 鑑賞してきました。

色々思うところあって、自分と置き換えて考えたりして。。。
ある場面で、完全に自身の昔を思い出して頭から離れなくなり、
気がつけば大きく場面が変わっていました💦

絶対近いうちにリピートして、
今度こそ一瞬たりとも気をぬかないぞーーーー٩( 'ω' )و

 

◉『惡の華』鑑賞。
舞台となる群馬県で思春期の頃この漫画を愛してしまった身として、
映像化を成功させてくれたのは嬉しい。

今となってはイタい青春時代であるので耳を塞いでしまう瞬間は多かった…。
あの頃仲村さんにあたる人はいなかったが
そういった空気は常に隣にいた様な気はする…。イタい。

 

◉惡の華
前日に全巻読んでから鑑賞しました。
正直がっかり...途中退室しようかと思った。
セリフは原作に忠実だったのに関わらず、ストーリーがよくわからない。
話が飛びすぎて、
「なんでこの人ここに居るの?」
「今それする??」
などなど。
惡の華は原作が一番だなって思いました。

 

◉惡の華 鑑賞!
青春の心の中の現実を過激に真っ向から表現したまさに傑作。
濃厚な2時間。もう一回観たい。

仲村さんが美しい!美しい!
そして、春日の成長に救われる。

 

◉映画『惡の華』
初日行けた👍
ほぼ貸切状態で観れた💦
初回じゃないので、ちと余裕があり、色んなインタビュー聞いた後やし、
ナイスガイ健太郎さんの水かぶりとかライターのタイミング見えへんとか別路線で楽しめた☺️
でも、涙は出た😢
明日も2回鑑賞するので、どんな見方しようかな🤔

 

◉「惡の華」鑑賞

遠い昔に思春期を通り過ぎた
私には、なぜだか子供達が
愛おしくて涙が出ました
羨ましいほど真っ直ぐで…
爽やかな「青春映画」でした

次に見る時はどんな思いが
湧くのでしょう

 

◉朝より、「惡の華」鑑賞しました。🌹
心の中から、温かい思いが、込み上げる、不思議な気持ちに包まれています。
もっと、惡の華の、世界に満たされていたい気持ちです。

 

◉惡の華、鑑賞。
みんなパンチが効いてていい味出してたねぇ
特に佐伯。あの子の狂いっぷりはまさに鉄板
あと個人的に常磐がプロットを春日に見つけられて慌てふためいてほっぺを膨らすシーンはたまらへんねw
正直、この作品をナメてたけどまさか感動するとは…

 

◉映画「惡の華」を鑑賞
先日,TBSラジオたまむすびにて町山智浩さんが激賞されてましたが…さていかに?
※ちなみに原作コミック未読
※同原作者(押見修造さん)の映画化作品「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は5回観て号泣しました
※ここの劇場ポスターは「クソムシが」ではなくこっちでした

 

 

◉『惡の華』鑑賞
玉城ティナは仲村さんにしては可愛すぎるかな。
ていうか一番美人すぎる。インパクトはあるかもだが。

原作に忠実ではあったかな。
そういえばアニメ版は観てないのだけど曲だけ知ってて。
ハ・・ナ・・が咲イタヨ・・な曲はイメージぴったりだった。
映画でも聴きたかったw

 

◉『惡の華』鑑賞
イタくて苦しくて、でも、みずみずしい思春期
私も相当イタかったなぁとチクチクした
でも私、頑張った、み〜んな頑張ったよねと思った
息子は今、頑張り中
そして、主人公の伊藤くんも良かったけど、若手女優全員天才か⁉️みんな、すごかった✨

 

◉惡の華 観終わりました🎦

ぐちゃぐちゃではなく、青春恋愛映画として楽しめました。

まみちゃんの登場シーンもしっかり確認できましたよ😊

 

◉映画『惡の華』
公開初日、鑑賞してきました🎬
一度目より一層、それぞれの心の葛藤が強く感じられて泣けた💧
親目線で観てしまうのでみんなぎゅっと抱きしめてあげたくなったな…
そして、思いがけず健太郎くんティナちゃんまりえちゃんのサインに遭遇💕✨

 

◉『惡の華』 👁🥀鑑賞しました!

やはりラストシーンで解放されるまで、
あの閉塞感漂う世界に居るような感覚に陥り息苦しさを覚えました。
流れ出した"ハナヒカリ"で堪えていた感情が一気に溢れ出し涙が止まらなかった…

無性に何度も観たくなる中毒性の高い映画です😆

 

◉『惡の華』鑑賞。

押見修造の原作は、
ボードレールの鋭利なナイフで読者の心を引き裂くのに特化した為、
終盤に行くに従い致命的な女の香りが消失した。

井口昇監督はそこへ、ナブコフ的エロスの甘き香りを
玉城ティナというフィギュアに注入した。甘美な猛毒に我平伏す。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 83 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-マンガ、コミック
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.