ヒューマンドラマ

【みんなの口コミ】映画『命みじかし、恋せよ乙女』の感想評価評判

投稿日:

「樹木希林の存在感は際立っていた!」「生きている者たちへのメッセージのように思えて涙が止まらなかった!」「樹木希林、改めて存在の大きさを痛感!」


上映中【2019年8月16日(金)公開】

 

樹木希林の遺作となったドイツ発のヒューマンドラマ。人生を見失った男が、日本人女性との出会いを機に、再び人生を取り戻していく姿を描く。主人公に影響を与える日本人女性ユウを舞踏家の入月絢が、樹木はその祖母を演じる。監督は『フクシマ・モナムール』など日本を舞台にした作品を数多く手がけるドーリス・デリエ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

ドイツのミュンヘン。カール(ゴロ・オイラー)は、酒に溺れたことが原因で仕事を失い、妻は幼い娘を連れて家を出て行き、今は一人暮らしを送っていた。孤独に苦しみ、泥酔した末に“モノノケ”を見るようになるカール。そんな彼の元にある日、日本人女性ユウ(入月絢)が訪ねてくる。ユウは10年前に東京を訪れたカールの父親ルディ(エルマー・ウェッパー)と親交があり、今は亡きルディの墓と生前の家を見に来たのだと言う。渋々付き合いながらも、次第にユウに惹かれていくカール。やがて2人は人生を見つめ直そうと、ユウの祖母に会うため、日本へと向かうが……。

●キャスト●

Karl ゴロ・オイラー
Yu 入月絢
Trudi ハンネローレ・エルスナー
Rudi エルマー・ウェッパー
Großmutter von Yu 樹木希林

●スタッフ●

監督 ドーリス・デリエ
脚本 ドーリス・デリエ

映画『命みじかし、恋せよ乙女』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉「命みじかし、恋せよ乙女」鑑賞。
これは不思議な作品だったというか下手なホラーより怖かったりもしたけど
樹木希林さんが「ゴンドラの唄」を歌うシーンが、
役柄でなくまるで樹木希林さん自身からの生きている者たちへの
メッセージのように思えて涙が止まらなかった。

 

◉【命みじかし、恋せよ乙女】
希林さんの役者人生最後の演技があの旅館…素敵♪
全体的には正直微妙だが、ホラーとしてなら嫌いじゃないし、
二転三転も個人的に【イソップ…】より好き♪

ただ不明な部分が色々多すぎて想像する喜びよりモヤモヤの勝利😅
最後にオイ字幕!そこはチ○コ言うな!性器と言え🤣

 

◉命みじかし、恋せよ乙女
好きです。野暮な旦那は知らんけど笑。
ゴンドラの唄でお解りの様に黒澤映画や小津映画に対する愛情も希林さんへの尊敬も愛も。
浮世絵、妖怪、幽霊、日本への愛もたっぷり。

形に囚われず、みんな自由に生きていいし幸せになんなきゃダメね。
タイトルは桜ともののけの方がいい🌸

 

◉樹木希林の遺作「命みじかし,恋せよ乙女」
よくわからない作品だけど,あたくしの大好きなバイエルンの風景が美しかった.

 

◉「命みじかし恋せよ乙女」
とかいう『ホラー』とも『ラブロマンス』とも言い難い奇妙すぎる映画。

でも何故か『全シーンすこぶる好き』で見ていて『心が洗われる』感覚だった。
喪失からの再生。理想からの解放。本当の自分を受け入れる旅。
そして『樹木希林』の存在……。不思議だけど凄く良かった。

◉『命みじかし、恋せよ乙女』
樹木希林さん世界デビューで遺作。映画の邦題は樹木希林さんが歌う曲。
ドイツ人青年の彷徨が大部分ではあるけど
樹木希林さんの存在感は際だってた。

スポンサーリンク

毎日19,800名様に当たる!楽天ラッキーくじ

死と生は隣り合わせ、人間何が起こるかわからない。
生を大事にと思えた。

 

◉樹木希林さんの遺作、命みじかし恋せよ乙女
生きるとは?を考えさせられなんともモヤモヤし、
遣り切れない思いが残る映画だった
(花筐鑑賞後のモヤモヤと同じ種類)けど、
印象に残る余韻を引きずる作品だった。
樹木希林さんはやはり稀有な女優さんだったと感じた

 

◉『命みじかし、恋せよ乙女』
主人公のドイツ人男性が日本で何を見出すのか知りたくて鑑賞。

一言で言えばグローバルな現代版怪談!?
笑っていいのか、つっこむべきなのか戸惑う場面多し。
ドイツ人がこの物語や作品の中の日本をどう思うか聞いてみたい

 

◉『命みじかし、恋せよ乙女』
西洋では、デーモンを忌避しようとするのに対し、
日本人ユウがデーモンをもてなそうとした姿がすべてを象徴する。

ドイツから日本へ、それを繋ぐ樹木希林さんが、存在感を発揮する。
希林さんの遺作が、この映画で良かった。

 

◉『命みじかし、恋せよ乙女』
繊細なドイツ人青年が現実の家族や霊的な者達との
関わりを通じて辿る迷宮と数奇な運命。
外国作品でも自然体の樹木希林と昭和の残影色濃い
茅ヶ崎の老舗旅館が作品に品位と品格を与えている。
日独舞台の今様怪奇譚。

 

◉『命みじかし恋せよ乙女』公開初日に観ました👀
樹木希林さんの遺作でもありますが、友人 入月絢が主人公ユウを演じています🎬
友人だと言うこと差し引きまくって、あやは素晴らしかったです👏👏👏

 

◉樹木希林さんの遺作 ということしか知らなかったのですが、
観てみたら悪霊とか幽霊とか精霊ばっかり出てきて、
樹木希林がでてくるのは最後の最後でした。

樹木希林さんは幽霊じゃなく生きてる人の役なんですが、
公開されてる今日はもうご存命じゃないわけで....
お盆の時期であることも相まって、
この世とあの世のあいだにいるような。不思議なかんじ。

 

◉『命みじかし、恋せよ乙女』
樹木希林さんの遺作観に行ってきました。
内容はオカルト的。
タイトルがなんだかしっくりこない。

でもとにかく
希林さんを堪能してきました。
スクリーンが引き締まる。すごい人です。

 

◉「命みじかし恋せよ乙女」

樹木希林さんが出演されてると知り観たかった作品

ちょっと難しくて眠たくなってしまったが
最後まで頑張った

いわゆる
もののけ…を題材にしたような?

自分を見失っていたドイツ人男性が
不思議な日本人女性と出会い時間を共にすごしたり

アルコールに溺れていたこともあり
とある事故が原因で男性とし大切なものを失い

家族との絆を取り戻したり
過去の亡霊たちと向き合うことで立ち直っていく中で

忽然と姿を消した女性を探そうと
異国の地でもあり昔、銀行員として
働いていたことのある日本に

そこで女性の亡霊?らしき人に導かれ
茅ヶ崎館という場所にたどり着き
そこにいた老婆から女性の真実を明かされ…

女性の亡霊と向き合い連れていかれそうになるも
自分はもう少し生きるから死ぬまで…あと少し
まっていてくれ…と

人間対人間の話でもあったりするんだけど
自分の大切な人がなくなった時にどう向き合ったらいいのか

そんなことを教えてくれるような
マイノリティー要素も含む作品でありました

 

◉命みじかし恋せよ乙女
なんか沁みた
映画広告って
その一言でグッと掴むからすごい

 

◉「命みじかし恋せよ乙女」
Cherry Blossoms and Demons
樹木希林さんの世界デビューにして遺作となったドイツ映画。
エンドロールの冒頭で、「樹木希林さんを偲んで」とドイツ語で書かれていたのは感動。

 

◉『命みじかし恋せよ乙女』
ん〜なんと言っていいのやら。
微妙です 。。。
世界観が独特で、日本に対する賛辞が溢れ出ているものの、言い方は悪いのですが、
ずっと単調なので、逆に中だるみなどは無く淡々と終わってしまった感じです。

ただそんな中、唯一 樹木希林がもの凄く際立っていて、病気のせいか窶れ、
細くなってしまっていたようですが、演じ始めれば
全てを飲み込んでしまうブラックホールの如き存在感で、
他を圧倒していると感じました。
今作が遺作になってしまったけれど改めて存在の大きさを痛感致しました。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 7 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

毎日19,800名様に当たる!楽天ラッキーくじ

-ヒューマンドラマ
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.