【みんなの口コミ】映画『レプリカズ』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

SFアクション

【みんなの口コミ】映画『レプリカズ』の感想評価評判

投稿日:05/16/2019 更新日:

「現実離れしてるとは、もはや言えなくなってきた!」「ザ☆キアヌ・リーヴスな映画!」「投げっぱなし気味のラストはこれでいいのか?」


上映中【2019年5月17日(金)公開】

 

キアヌ・リーヴス主演のSFアクション。人間の意識をコンピュータに移す研究に打ち込んでいた神経科学者のウィリアムは、突然の事故で失った家族4人をクローン技術で甦らせることに成功する。だが、タブーを犯した彼に、政府組織が襲いかかってくる。共演は「500ページの夢の束」のアリス・イヴ。メガホンを取ったのは、「デイ・アフター・トゥモロー」の脚本を担当したジェフリー・ナックマノフ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

神経科学者ウィリアム・フォスター(キアヌ・リーブス)は、人間の意識をコンピュータに移す研究に打ち込んでいた。その実験が今にも成功しようとしていた時、突然の事故で家族4人が死亡。悲しみに暮れるウィリアムは、タブーを犯す決断をする。家族の身体をクローン化し、意識を移し替え、完璧なレプリカとして甦らせようというのだ。その試みは無事に成功。だが、ウィリアムは甦った家族の記憶の一部を改ざんしていた……。家族と幸せな日々を送ろうとするウィリアム。そこへ、研究を狙う政府組織が、サンプルとして家族を奪おうと襲い掛かってくる。愛する家族のため、暴走した科学者の戦いが始まる……!

●キャスト●

ウィリアム・フォスター キアヌ・リーブス
モナ・フォスター アリス・イブ
エド トーマス・ミドルディッチ
ジョーンズ ジョン・オーティス

●スタッフ●

監督 ジェフリー・ナックマノフ
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 、 マーク・ガオ 、 スティーブン・ハメル 、ルイス・リーフクール
脚本 チャド・セント・ジョン

映画『レプリカズ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉キアヌ・リーヴス主演のSFアクション。
人間の意識をコンピュータに移す研究に打ち込んでいた
神経科学者のウィリアムは突然の事故で失った家族4人を
クローン技術で甦らせることに成功する。
だがタブーを犯した彼に政府組織が襲いかかってくる映画「レプリカズ」観ました‼︎

 

◉映画『レプリカズ』感想。
ホログラムの操作は『アイアンマン』トニー・スターク、
精神移植先の人型ロボットの動きは初代『ターミネーター』が思い浮かんだけど
オマージュだったりするのかな。
次のキアヌは8月の『ブルー・ダイヤモンド』だね。

 

◉キアヌの映画『レプリカズ』公開初日に行ってきました。
映画の内容はともかくキアヌ萌えポイントがありまくり❤️

 

◉レプリカズ 鑑賞。
突っ込み処が多過ぎて(笑)

 

◉映画レプリカズ、観てきた。
某ドタバタ犯罪映画をスルーして違うの選んだはずなのに
ドタバタ犯罪映画だったでゴザルの巻。

スポンサーリンク

オチが心の底から不快過ぎて、逆に心地よい。
こいつらの星みんな死んだらいい。キアヌ以外全員知らんっていうか、
演技力に難があるレベル。クソ映画。クソ映画です。すげえ好き。

◉レプリカズ観了
キアヌのイキスギ家族愛の前では倫理観など皆無!
意識と記憶を抽出し、クローン体にシュート!!
超エキサイティングな近未来サスペンス?の誕生!!!
2019年の映画にしてはCGが怪しい所もあったけど慣れれば気にならない
これは、起こりえるかも知れない未来

 

◉『レプリカズ』
大切な人を失って、蘇らせることが出来るとしたら?
感情と倫理の狭間で暴走する男を描いたSFアクション。

8〜90‘sの低予算っぽい着想と、踏み外し続けるキアヌの演技が楽しめた。
投げっぱなし気味のラストだけ、ちょっと待った!

 

◉「レプリカズ」面白かった。
フランケンシュタインコンプレックスとか
ペットセメタリー的な作品を予想していたが、
意外にも尺の約半分は複製の過程。

劇中最重要の研究課題は解決方法がやや見え透いていたものの、
こういう問いを軸に肉付けして2時間の物語にしたのはご立派。

 

◉『レプリカズ』。
キアヌ・リーブス主演のSFサスペンス。キアヌらしい正統派SF。
大切な人を失ったとき、蘇らせたいと願うのは誰しも同じ。

科学では可能でも、踏み越えてはいけない倫理がある。
その恐怖を突きつける教訓的内容。
完成度は高くないが、それなりに楽しめる。
ラストはこれでいいのか?

 

◉映画『レプリカズ』
脚本がすげー雑なので逆におもしろかった!

 

◉ハリウッド映画を代表する俳優 キアヌリーブス主演 映画『レプリカズ』
人間再生的な描写は多々描かれてきたが、
あながちSF映画は現実離れしてるとは、もはや言えなくなってきた。
どうやら私が生きている間に本物の未来を目撃出来そうである。
健康体って、それ自体が奇蹟。感謝!👍

 

◉キアヌ・リーブス主演『レプリカズ』鑑賞。
事故で家族を失った科学者が、家族の複製を造るが…というベタなお話。
上質なB級映画(CGで伝わる予算感)
ハラハラするシーンもあるが、誰しもが理性的でとても好み。
公式ページのキアヌシルエットにほくそ笑む。

 

◉『レプリカズ』鑑賞。
イロイロ怖い映画だった。
10年後には普通に中国資本と技術で実現してそうなのも怖い。

 

◉キアヌ・リーヴス主演「レプリカズ」を
ユナイテッドシネマ会員デーで鑑賞。

残念ながら僕には胸糞映画だった。
感情移入が困難な性格付けをされた登場人物たちが苦しい。
終わり方も、あれではバッドエンドだよね。

 

◉レプリカズを鑑賞。
うーん、確かにマッドサイエンティストみはあったけど、
ストーリーが平坦で盛り上がりが無い映画だった😅
脳神経を操作するシーンも未来凄いテクノロジーな感じがあって好きだけど、
題材は面白いだけに惜しいなぁ。

 

◉「レプリカズ」を見る。
死んだ家族を蘇生させるべく動くキアヌ・リーヴス(本当に家族になる人を亡くした過去アリ)の話。
常識から外れた事を、変なノリ(でも本人は真剣)で押し進め、
ひたすら自宅でアタフタする様を見せまくる、「ザ☆キアヌ・リーヴス」な映画。
倫理観とか死後の世界等は重視せずで。

 

◉レプリカズ観了
キアヌのイキスギ家族愛の前では倫理観など皆無!
意識と記憶を抽出し、クローン体にシュート!!
超エキサイティングな近未来サスペンス?の誕生!!!
2019年の映画にしてはCGが怪しい所もあったけど慣れれば気にならない
これは、起こりえるかも知れない未来

 

◉レプリカズ、予備知識を入れずに観に行ったところ
後半の大幅なコースチェンジに持っていかれ、話の着地が予想できずハラハラでした。
作中一番の大事に対する是非はうやむやにされた感はありますが。
とあるシーンの半端ないマイノリティリポート感。カッケー

 

◉レプリカズ観に来たけど、
薄々気づいていたけど超絶B級映画だコレ!結構好き!💕

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-SFアクション
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.