人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『マイ・ブックショップ』の感想評価評判

投稿日:03/06/2019 更新日:

「イザベル・コイシェのあたたかみのある演出が光っていた!」「本好きはもちろん、ファッション好きな人にもおススメの映画!」「受け継がれる事に胸が熱くなりました!」


上映中【2019年3月9日(土)公開】

 

ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説をイザベル・コイシェが映画化。1959 年のイギリス。未亡人のフローレンスが、保守的な町に初めての書店を開業。だが、彼女を快く思わない地元の有力者ガマート夫人が、書店の閉鎖を画策していた。出演は「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・モーティマー、「人生はシネマティック!」のビル・ナイ、「しあわせへのまわり道」のパトリシア・クラークソン。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1959 年のイギリス。夫を戦争で亡くした未亡人のフローレンス(エミリー・モーティマー)は、書店のない保守的な地方の町に、周囲の反発を受けながらも書店を開店する。やがて彼女は、40 年以上も邸宅に引きこもり、ただ本を読むだけの日々を過ごしていた老紳士ブランディッシュ(ビル・ナイ)と出会う。読書に対する情熱を共有するブランディッシュに支えられ、書店を軌道に乗せるフローレンス。だが、彼女を快く思わない地元の有力者ガマート夫人(パトリシア・クラークソン)が、彼女の書店を閉店に追い込もうと画策していた……。

●キャスト●

Florence Green エミリー・モーティマー
Edmund Brundish ビル・ナイ
Violet Gamart パトリシア・クラークソン

●スタッフ●

監督 イザベル・コイシェ
原作 ペネロピ・フィッツジェラルド
脚本 イザベル・コイシェ
ナレーション ジュリー・クリスティ

映画『マイ・ブックショップ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『マイ・ブックショップ』
国や時代が違っても、本に対する思いを同じように抱いていた人がいたのだと改めて思いました。

 

◉映画『マイ・ブックショップ』
本に関わる仕事をしていることを誇りに思える、そんな映画でした。
本の匂いが漂ってきそうなそんな作品。
イザベル・コイシェのあたたかみのある演出が光っていました。

 

◉期待をはるかに超えて面白かったし良かったです。
本をめぐるあらゆること、良いことも悪いことも含まれているのはすごいと思いましたね。
本好きとして深く共感し、感動しました。

 

◉音楽、セット含め世界観は夢のように美しかったです。
けれど美しいだけではないシビアな現実に孤独にたたかう主人公とほんのわずかな味方、
それを結びつけているものが”本”というところは本好きにはたまらない展開です。

 

◉「マイ・ブックショップ」
期待をはるかに超えて面白かったし良かったです。
本をめぐるあらゆること、良いことも悪いことも含まれているのはすごいと思いましたね。
本好きとして深く共感し、感動しました。

◉『マイ・ブックショップ』試写会。
なんともイギリス映画というかんじだった… いい意味でこじんまりしていた。
本も芸術も好きなので悪役があながち悪とも言い切れんなと思ってみていた。

 

◉「マイブックショップ」の試写会に行ってきたよ〜📚
前半凄くゆったりと進む雰囲気の良い映画だったな〜!
好きだよ!あとビル・ナイのおじちゃんがめちゃめちゃ良い味出してて最高だったよ…

 

◉「マイブックショップ」へ。
ストーリーから受ける感情もですが、1カット毎に役者、撮影、演出、美術、衣装、音楽と全てのものから丁寧な愛情が感じられて、
とてもとても素敵な映画でした。ある意味、凄く現実を描いた映画でもあります。

 

◉「マイブックショップ」
主人公の本への、自分の店への情熱がじわじわ伝わり、
トークショーで林真理子さんが仰ってた「受け継がれる」事に胸が熱くなりました。
地味な作品だけどまた見に行きたい!

 

◉映画「マイ・ブックショップ」観てきました。

この作品の言葉を借りるならば
【良質】な映画でした♪

スポンサーリンク

主人公と少女とおじいちゃんと風景がとても素敵です😊
一生懸命真面目に生きている人々が素晴らしく輝いて見えました😭

 

 

◉映画「マイブックショップ」観た。
保守的な田舎町で書店を開く女性と、法律を変えてまであれこれ邪魔してやりたい放題の有力者とその取り巻き。
日本でも似たような事あるけど。

 

◉『マイ・ブックショップ』観る。
立ち向かう勇気の大切さ、ひたむきさ、素敵な映画でした。

 

◉『マイ・ブックショップ』。
書店を開いた未亡人と権力者の物件争いがドラマの軸。
本好きの常連客や同性の理解者は登場せず、よそ者には厳しい気質が良くも悪くも英国らしさを象徴している。
孤独な老紳士との少しだけロマンチックな絆にドキドキ。扮するビル・ナイがカッコイイ!美しい映像も◎。

 

◉『マイ・ブックショップ』鑑賞。
イギリスの地方都市で書店を開く女性の話。
ただ本屋を開いていたかっただけなのに、邪魔する人たちむかつきますね。
私も本屋大好きなので、この本屋の雰囲気はたまらなくよかった。

 

◉『マイ・ブックショップ』
1959年のイギリスの海岸地方の町を舞台に、戦争未亡人が夢だった書店を開店し、
保守的な地元有力者の軋轢の中で切り盛りしようと奮闘する姿を描く本作には、
本と亡き夫への愛、そして勇気と信念があって胸を熱くする。

 

◉『マイ・ブックショップ』
戦争未亡人が海辺の町に念願の書店を開業する。
1950年代、イギリスの閉鎖的町の雰囲気が暗く陰を落とす。
よそ者に閉鎖的で権力者が意地悪。心の通じる人もいたのは救い。
古びたイギリスの素朴な景観と海が印象に残った。

 

◉『マイ・ブックショップ』
登場する50年代のファッションがとてもオシャレ。
会話もストーリーも洒落ていた。本に対する愛情が溢れていた。
戦争未亡人が書店を開き失う切ない物語だが。
ラストに希望があって良かった。余韻が残る良い映画だ。

 

◉「マイ・ブックショップ📚」

読書の楽しみを広めたいと
周囲の反対にあいながらも
イギリスの小さな町に書店を開店する女性の物語。

本好きはもちろん、ファッション好きな人にも
おススメの映画です。

劇中、カラフルな服を着ている主人公のフローレンス。
その中でも目を惹くのが「ブルー」のファッション💙
水色のコートやブラウス、カーディガンなど、
濃淡様々な 青コーデが目をひきます。 *

「青」は冷静を表す色であり
母性、受容の色とも言われ、
「言葉」を扱う色でもあります。

理不尽な思いをしても静かに、熱い。
本への信念を貫くフローレンスの生き方は、
「青」に象徴されているように感じた作品でした

 

◉マイ・ブックショップ

このタイプの映画がかなり好みなんやと思う

主人公もストーリーも映像の色合いも良いし
本の表紙の柄なんてウィリアムモリスなのか
わからんけどそんな感じ

グリーンのカーディガンが似合ってて
女店主さんがチャーミングで
あったかいお茶を女の子と飲むとことか全部好きやわ

 

◉『マイ・ブックショップ』
今、一番気に入っている映画📕

これまで一軒も書店がなかった1959年イギリスの小さな港町。
ここに亡き夫との夢である書店を開こうとするフローレンス。
しかし、フローレンスが書店を開く事を善く思わない街の有力者からの嫌がらせをうけながらも、40年以上引きこもり本を読み続けていた老紳士や書店を手伝う少女クリスティーンに支えられながら店を軌道にのせていくが、その先には更なる試練が待ち受けているのでした…。 この映画に登場する、可愛らしくお洒落な装丁の本が並ぶ素朴な書店の雰囲気、本を包む包装紙や紙紐、フローレンスやクリスティーンが着てる洋服、お茶の席に並ぶ食器や手編みのティーポットカバーなど、イギリス、雑貨好きにはたまらない数々の小物たちやロンドンの歌姫アラ・二が歌う哀愁漂うジャジーな音楽がビターな物語を暖かく包んでくれる。

正直、見終えた後に深く考えさせられるけど、
映画全体の雰囲気にものすごく魅力を感じた作品でした。

老紳士ブランディッシュを演じるビル・ナイがとっても素敵です✨
また、暖かいコーヒーを片手にゆっくり見たい☕

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 46 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-人間ドラマ
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.