【みんなの口コミ】映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の感想評価評判

投稿日:


映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』口コミ感想ネタバレ 映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ボルグ役のスベリル・グドナソン本人にそっくりやな~!」「二人の闘いには手に汗握る!」「ニスファンだけじゃなくあらゆるスポーツファンにおススメ!」


上映中【2018年8月31日(金)公開】

 

1980年代のテニス界を代表するスター選手、ビヨン・ボルグとジョン・マッケンロー。2人が対決した1980年のウィンブルドン決勝戦と、そこまでの軌跡を追う人間ドラマ。スウェーデン出身のスベリル・グドナソンが自国の英雄ボルグを、『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフがジョン・マッケンローを熱演する。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

テニスブームに沸く1980年。まるでハリウッドスターのような人気を誇る対照的なスタープレイヤー2人の戦いに、世界中が熱狂していた。弱冠20歳でのウィンブルドン初優勝から4連覇を達成し、彫刻のように美しいビジュアルと冷静沈着なその姿で“氷の男”と呼ばれたビヨン・ボルグ(スヴェリル・グドナソン)。一方、絶対王者ボルグの5連覇を阻止しようと現れたのが、ジョン・マッケンロー(シャイア・ラブーフ)。類稀な才能を持つマッケンローだったが、不利な判定に対しては怒り狂い、野犬の如く審判に噛みつくその態度から“悪童”と呼ばれ、バッシングを受けていた。エレガントなプリンスとワイルドな野生児がぶつかり合ったウィンブルドン決勝戦。果たして、世界中が固唾を呑んで見守った世紀の試合の行方は……?

●キャスト●

シャイア・ラブーフ

●スタッフ●

監督 ヤヌス・メッツ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』を観た人の感想、評価、口コミ

◉ボルグ/マッケンロー面白かった
当時自分はコナーズファンだったけどあの試合と続く全米は震えるほど興奮したっけ。
役者の雰囲気もすごく似ていてビラス、コナーズ、ゲルライティスとか懐かしかったな。

 

◉「ボルグ/マッケンロー」すごくよかった。
好対照の二人としてマスコミは盛り上げるけど、二人ともキレやすいのは同じ。
プレッシャーや満たされない思いをどうやって克服して「偉大な選手」になっていくのか重厚に描かれてた。普段テニス観なくても、胸一杯。

 

◉「ボルグ/マッケンロー」傑作だった。
俳優の演技力、脚本、演出、音楽全てがハイレベルだった。テニスを知らない人にも是非見てほしい。
実際自分も2人を詳しく知らなくても本質的に全く問題なかった。

 

◉【ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男】鑑賞終わり。
泣いた。久々に映画で泣いた。予備知識なしで見たが、こいつは泣く。普通に泣ける。

 

◉ボルグ/マッケンロー見たよ。おもしろかったし、良かった。主演の二人が素晴らしかった。

 

◉『ボルグ/マッケンロー』の迫力あるテニスシーンもよかった。

 

◉「ボルグ/マッケンロー」、めちゃくちゃいいじゃないの。
表情や仕草からバシバシ伝わってくるヒリヒリ感や精神的重圧。渋い作りだけど作品が持つパワーが凄まじい。
初日直後+ファーストデイで全然入ってなかったけども、これは是非見て欲しい。。。

 

◉ボルグとマッケンローの映画観てきた!
緊迫感がすごかった!テニス極めるのってたいへん!1980年ウィンブルドンの史実は史実としてあり、
その描かれ方は重苦しかったけど迫力があって随所におしゃれな感じも挟まれていて、
なんだかんだ2人のエピソードにはほっこりさせられた

 

◉「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」見てきました。
すごく良かった~全体的に画の取り方が美しく、後半の試合のシーンもドキドキした。

 

◉「ボルグ/マッケンロー」映画鑑賞。当時テニスボーイだった私はTVでこの試合を観ていました。
マッケンローが倒れ込んだシーン、ボルグが勝利の瞬間コートに跪いたシーンが38年の時を超えて蘇って来て期待以上に感動しました。
しかしボルグ役のスベリル・グドナソン本人にそっくりやな~。

 

◉ボルグ/マッケンロー 両極端の2人はライバルであり、唯一の理解者だったのだろう。トップ=孤独で様々な重圧に耐えなくてはならない。感情は表に出さずその一球にぶつけるボルグ、感情のままに態度をとることがストレスの発散になるマッケンロー。終盤は感情移入して手に汗握る白熱した試合を見た。

スポンサーリンク

 

◉「ボルグ/マッケンロー」面白かった。
王者ボルグの苦悩が中心でなかなかしんどいとこもあったけど。
二人の闘いには手に汗握ったし、目頭が熱くなったわ。この熱い試合をリアルタイムで見たかったなぁ。

 

◉『ボルグ&マッケンロー』 テニスは門外漢だけど見ごたえあって面白かった
知ってはいたけどボルグが大変かっこよくてイケメン眼福(ご本人も演じた役者さんも)…
そしてマッケンロー役シャイアもピッタリな役でよかったし母国語ステランもよかった♥️

 

◉ボルグ/マッケンロー見た!スェーデン人役を演じるステランぱっぱ(スウェーデン人)を堪能。
伝説の一戦を知らなかった人なので、最後までハラハラした。ボルグさんを支えるコーチとの関係性がいい。
ボルグがメインにストーリーだったね。見ていて、完全なるチェックメイトを思い出した。

 

◉ボルグ/マッケンロー。他にも見所が多い。打球音がど迫力。
ベースライプレーヤーのボルグのギチギチに張ったガット。かたやネットプレーヤーのマッケンローのユルユルのガット。音が違うんだよね。

 

◉ボルグとマッケンローの映画おもろかった

 

◉ボルグ/マッケンローめっちゃ泣けた。良い作品だった。

 

◉「ボルグ/マッケンロー」試写会で見てきたけど面白かった。
思わず引き込まれる伝説のウィンブルドン決勝戦。メディアが作った2人のイメージとは真逆の内面描写。
本人かと思うほどソックリな俳優さん。テニスファンだけじゃなくあらゆるスポーツファンにおススメ。

 

◉職場の好きな女子が誘ってくれたので『ボルグ マッケンロー』観てきた。
テニスはルールも知らないしスポーツに興味がないので自主的には絶対観ない映画だったんだけど、めっちゃくちゃ面白かった…すごい良かった…

 

◉ボルグ /マッケンロー見てきた。
全く世代じゃないからどっちもよく知らないんだけど凄い面白かった! 2人ともめっちゃ似ててびっくり

 

◉「ボルグ/マッケンロー」。
一流プレイヤーのヒリヒリ、キリキリする様な孤独。当時クールな皇帝なんて形容詞がついてたボルグより、悪童マッケンローを応援してたなぁ。
でも、ボルグも熱い少年だった事とか、胸が熱くなる物語が詰まった作品。シャイア好かんかったけど、これは◎。

 

◉『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』。
真逆の個性を持つ2人の心理を描く前半〜ウィンブルドン決勝戦のクライマックスが良い構成。
試合後の再会シーンと、エンドロール前に示されるその後の2人の関係に感動。

 

◉『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』劇場鑑賞。
史実に「インスパイア」された物語で、本国スウェーデン版原題は「Borg」単独なので(「Borg McEnroe」或いは「Borg vs McEnroe」は英題)、どちらかと言えばマッケンローは客演的な描かれ方に思える。

 

◉【ボルグ/マッケンロー】好き、好き!すごく好き!お恥ずかしいことにこの試合のことを知らずに見て、手に汗握り、大興奮。そして知らなかったことをこれほどまでに感謝したことはなかったなぁ…トップに立つものだけが味わう苦しみ、それを知る者のみが分かち合うもの、そんな繊細でヒリヒリ感が…

 

◉「ボルグ/マッケンロー」すごく良かった。決勝はどっちの気持ちにもなって見れて、試合終了後は二人分込み上げてきた。
二人は正反対に見えるだけで根本的には似てるんだなと思って見てたからか、最後のテロップ読みながらまた泣く。

 

◉ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男を見に来たわけだが…
もうはじまるけど俺しかいないwww貸し切りwww

 

◉ボルグ/マッケンロー氷の男と炎の男を観た。
試合前の選手の緊張感、焦燥感は臨場感たっぷりに、ライバル同士の試合はとにかく熱い。
他者には立ち入れない二人の友情に込み上げてくるものがあった。こういうスポーツものが観たかった!素晴らしいね。

 

◉「ボルグ/マッケンロー」ボルグ役スヴェリル・グドナソンとマッケンロー役シャイア・ラブーフ。とにかく二人が素晴らしい。似ているわけではないのにあのウィンブルドンの試合を再見しているかのようだった。結果はわかっていても息を呑み手に汗握り、あの頃と違ったのはボルグを応援していたことか。

 

◉「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」観た。あの伝説のウィンブルドン決勝、もちろん結末は知っているけれど、それぞれの孤独と苦しみを抱え、死闘の中でお互いへのリスペクトが生まれていく様が美しかった。顔は全然似ていないのにだんだんマッケンローに見えてくるシャイアがスゴイ。

 

◉『ボルグ/マッケンロー』恋人、血の繋がる父親…側に居て、見護る者達。マスター…何が起きても、決して見放さない者。マグマの様に燃え盛る心を強く抑えていた硬い薄氷。制御する事が全く出来なかったロックな魂。両者共に自分自身に打ち勝つ闘い。労い合う闘い…名残惜しくなる時間に涙してしまう。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.