【みんなの口コミ】映画『ボヘミアン・ラプソディ』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ドキュメンタリー

【みんなの口コミ】映画『ボヘミアン・ラプソディ』の感想評価評判

投稿日:


映画『ボヘミアン・ラプソディ』口コミ感想ネタバレ 映画『ボヘミアン・ラプソディ』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「見た人は終わった後にQueenの曲を聞きたくなるはず!」「フレディが憑依したかのようなラミ・マレックの音楽パフォーマンスは圧巻!」「まさにフレディからの贈り物みたいな映画!」


上映中【2018年11月9日(金)公開】

 

キャッチーかつメロディアスな楽曲と、ボーカル、フレディ・マーキュリーのパフォーマンスで世界中の人々を魅了したロックバンド、クイーン。その誕生のいきさつから、スターダムに上り注目される中でのメンバーたちの苦悩などを描く。ギタリストのブライアン・メイらが音楽プロデューサーを務め、28もの楽曲が使われている。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

レディ・ガガが“史上最高の天才エンターテイナー”と讃え、ケイティー・ペリーが“今も最も影響を受けている”と語るミュージシャン。それが伝説のバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーだ。その名を知らずとも、『ボヘミアン・ラプソディ』、『伝説のチャンピオン』、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』といった名曲をほんのワンフレーズ耳にしただけで、たちまち誰もが心浮き立ち、歌い出さずにはいられない。いかにしてフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、世界中から愛されるエンターテイナーとなったのか?なぜ愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?そして、崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立できた理由とは……? 20 世紀最大のチャリティコンサート“ライブ・エイド”で、音楽史に残る史上最高のパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏には、誰も知らない物語があった……。

●キャスト●

Freddie Mercury ラミ・マレック
John Deacon ジョセフ・マッゼロ
Roger Taylor ベン・ハーディ
Brian May グウィリム・リー
Mary Austin ルーシー・ボイントン
マイク・マイヤーズ
Paul Prenter アレン・リーチ

●スタッフ●

監督 ブライアン・シンガー
製作 グレアム・キング 、 ジム・ビーチ 、 ロバート・デ・ニーロ 、 ブライアン・メイ、 ロジャー・テイラー 、 ピーター・オーバース 、 ブライアン・シンガー
製作総指揮 デクスター・フレッチャー 、 アーノン・ミルチャン 、 デニス・オサリバン 、 ジェーン・ローゼンタール
脚本 アンソニー・マクカーテン
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽 ジョン・オットマン

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人の感想、評価、口コミ

◉映画「ボヘミアン・ラプソディ」
脚本上の都合とはいえ史実とは結構違う点があるのでアレが全部本当だと思わないでほしい

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』
映画批評家の評価は低いのに観客は大絶賛というのはとてもよくわかる。

映画として観ればとくに注目すべき点のない凡作かもしれない。
しかし観客を1985年のウェンブリースタジアムのライブエイドに連れて行ってくれるタイムマシンとしてはこれ以上はない大傑作。
是非観て!

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』は評論家の低評価と観客の高評価の落差が凄いという話を聞いた。
それがよく分かった。「映画評論家に特撮映画は評論できない。

特撮映画は何を見せるのか、客は何を観に来るのか、
映画評論家にはそれを説明する言葉がない」ボヘミアンラプソディもたぶんそういう映画。

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』
フレディが愛猫家ということでスクリーンにかわいい猫がガンガン映るので猫好きの皆さんにもオススメです。
映画館の音響であんなに猫のゴロゴロ声を堪能できるとは思ってなかった。

 

◉映画ボヘミアンラプソディは、批評家にはボロクソだが一般客には超高評価で、まさに「ボヘミアンラプソディ」そのままではないか。
オペラなんて誰も必要といていない、6分間は長すぎる、ラジオでかからない、なんて糞みたいな助言を聴いてたら、糞みたいな物しかこの世になくなっちまうぜ!

 

◉「ボヘミアンラプソディ」観てきたんですが隣のオッさんが画面に話しかける、足踏み手拍子する、
歌うという1人応援上映状態で近年ないくらい最悪な鑑賞環境だったにも関わらず感涙にむせぶという素晴らしい映画でした。
オッさんには来週あたりバチが当たると思います。

 

◉観た後震えが止まらなかった
Queen少しだけしか分からない俺でも楽しめた!
良い映画でした
スタッフの皆さんこの映画に出会わせてくれてありがとうございます

 

◉「ボヘミアン・ラプソディ」
オリジナルQueenを見たことがある世代、Queenは好きだけど生のフレディのライブを見たことのない世代、
フレディが夭折した後にQueenのファンになった世代全部に届く映画なんですよ。
ちなみに俺は2番目の世代ですが、この映画を見てある意味成仏しました。

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』
はっきり言って脚本や演出は凡庸だし、伝記映画としての切り口も斬新さなどないが、
それらは劇中フレディが言うところの「天国に触れる」体験の支障にはならない。
スクリーンと音響が境界をぶち壊して客席をその一部にしてしまう瞬間の醍醐味、それを存分に味わえた。満足。

スポンサーリンク

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』
フレディ・マーキュリーの人生とクイーンの歴史を通した超絶怒涛の人間賛歌に喰らいました。
終盤の展開で心が天国に誘われてメイドインヘヴン状態。まさにフレディからの贈り物みたいな映画だった。
今は満ち足りた気持ちで一杯。

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』
フレディが憑依したかのようなラミ・マレックの音楽パフォーマンスは圧巻。
LGBTものとしても完成度が高く、音楽映画としては最高峰。
『Under Pressure』のシーンで完全に涙腺が決壊した。

 

◉「ボヘミアン・ラプソディ」の間に何度か映画「ジャージー・ボーイズ」が脳裏に浮かび、イーストウッドは何て洗練されてるんだと思い返した。
でも私は「ジャージー~」は好きじゃなく、言いたい事としてはこっちの映画の方が「分かる」。
でもってこの映画が描いているのは、その齟齬による死なんだな。

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』観た。

大傑作。
フレディの生涯を描いた伝記映画故にQueenの曲をあまり知らない自分が楽しめるか心配だったが、
鑑賞後には曲、そして伝説と呼ばれる彼の偉大さを痛感した。
ラスト21分に及ぶ彼らの演奏と観客の一体感に涙。
知識を蓄えてからもう一度観たい作品。

 

◉「ボヘミアンラプソディ」

ミュージシャンの人生を追体験する映画や、プレイヤーの技や修練の厳しさを体感する映画は過去に有った。
けれど高いお金を出してわざわざ会場に足を運び、汗をかいて音楽を聴く価値を表現してみせた映画は過去に無かったように思う。
"目撃者となる"という新体験だった。

 

◉「ボヘミアン・ラプソディ」
クイーンの音楽の魅力を最大限に生かすというより、クイーンの音楽の力を信じていなければ絶対に作れない構成になっていたところも素晴らしかった。
また、ライブへと向かう後ろ姿が、冒頭とラストではまったく違うように映ってみえるのも、映画ならではの魔法ですよね。

 

◉【ボヘミアン・ラプソディ】をIMAXで観たっ
町山智浩さんのラジオ番組をネットで観てたので感動倍増したっ!特に歌詞の内容に込められた心情(泣)
唯一無二の才能ある人の最後20分のステージ感動の嵐です〜観客と一体になれるバンド
人を単なるイメージで判断するのは間違いってこの映画が教えてくれた

 

◉『ボヘミアン・ラプソディ』
細かな正確さより曲で語る気持ち良さと彼らの本質を凝縮することを重視した極上のエンタメだった。
ドラマとセトリの融合が絶品過ぎる。

バンドでやるなど曲がもう血肉になりライヴエイドを(フジテレビに怒りながら)
凝視してた僕には「見たかった」最高のクイーン映画だった。

 

◉「ボヘミアン・ラプソディ」IMAXにて😊❤️❤️
私は彼を知らないでもなんで涙がとまらないんだろう…(๑⃙⃘°̧̧̧ㅿ°̧̧̧๑⃙⃘)
すっごい映画でした…💖
家族と愛と仲間と…
なんにも言えない(ㅅ´∀`*)
とりあえず…買いました😊
Queen知らないけど買いました𐤔𐤔
一瞬でQueenを大好きになる映画でした

 

◉ボヘミアンラプソディ
QUEENを、彼らを知らない私でも今年最大限に心揺さぶられ心酔する物語
完璧な伝記映画ではないか!
歌詞と彼が呼応するシーンを目にした瞬間に感情は爆発を起こし虜になった!
生きるとはこういう事だ!伝説をスクリーンで目の当たり出来る機会を観逃すな!
極上極楽体感映画!!

 

◉ボヘミアンラプソディ観てきた!

とりあえず最高!!
見た人は終わった後にQueenの曲を聞きたくなるはず!

LIVEのシーンとかはもう本当鳥肌もんだった!!

エンドロール流れたら、帰る人ってどの映画でもいるけど、
この映画は最後まで誰も立たないでいて、それだけみんな満足したんだなって思った!

 

◉ボヘミアンラプソディ観てきたけど最高だぞ。
ライブエイドの時代に生まれたかったわ。
ちょっとクイーンのアルバム探してくる
あんなに映画中無言でいるの大変なの初めて🤷‍♀️

 

◉映画「ボヘミアンラプソディ」を見ました。
ネタバレNGなのであまり詳しく書けませんがフレディはやっぱり不世出の天才シンガー&パフォーマーだったとつくづく思いました😭
それにしてもボヘミアンラプソディはスケールの大きさといい奇想天外の曲構成といいどう考えてもプログレだと思います(笑)

 

◉「ボヘミアン・ラプソディ」を観た。
今年観た中ではベスト5に入るくらい好きです。とにかく最後のライブですよ。
あそこに向けて全てが高まっていく構成にしたのは、映画的に大正解だ思う。終わり方もカッコいい。
自分には無い何かを皆で寄せ合って物を作る、バンドという物の魅力が詰まった映画でした

 

◉「ボヘミアン・ラプソディ」は決して完璧な映画ではない。
なぜドラマ部分が薄っぺらいと映画評論家が言うのかはよくわかるし、
クイーンに全く興味がない人が見たら前半は全く面白くないのではと思う(知らんけど)

 

◉映画見てきました😃

ボヘミアン・ラプソディ

体で感じ心が震える映画でした😆
孤独と自由...😥
ハンカチ必須ですよ😳

世代は違えど
サビは知ってる曲ばかり😁
音楽のPOWERっスゴい😳
映画館で是非🤗オススメです

 

◉映画「ボヘミアン・ラプソディ」鑑賞。
名曲だらけのクイーンの曲はたくさん知っているのに、フレディ・マーキュリーはインド人だという事も知らなかった。
監督がブライン・シンガーなのは、フレディがゲイだからか。「フラッシュゴードン」がなかったのは残念だが、帰ってクイーンの曲をまた聴こう。

 

◉既に「ボヘミアン・ラプソディ」を観た人もいらっしゃると思います✨
映画、良かったですよね!😍
ウェンブリーアリーナでの大迫力のライヴを静かに座って観て血液が沸騰しそうだった人、
是非Rock DiscoのQUEEN特集で歌って踊ってくださいね〜!🎵🎵🎵

 

◉ボヘミアン・ラプソディ

いやぁー良かった
素晴らしかった✨

映画という限られた時間や色々な制約の中でとても高い完成度👑

ラストは込み上げる感動と涙🎹🎼

 

◉フレディマーキュリーの伝記映画「ボヘミアン ラプソディ」 改めてQUEEN の楽曲のパワーは凄まじいなと。

ブライアンメイ役の方、似過ぎてたなぁ。

 

◉ボヘミアンラプソディのライヴエイド追体験は、やるとは思ってたとはいえやはり圧巻で、極上の映画体験になった。
どんなQueenの伝記にもライヴエイドは欠かせないが、ああいう形で伝説を語ることができるのは、映画だけだと思う。
ライビュをも超越している。やはりDVDでなく映画館で観るべき映画です。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ドキュメンタリー
-, , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.