【みんなの口コミ】映画『ブラック・クランズマン』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

クライムサスペンス

【みんなの口コミ】映画『ブラック・クランズマン』の感想評価評判

投稿日:

「潜入捜査にこの2人、息もぴったりでドキドキわくわく!」「ただ面白いだけの映画ではなかった!」「ラストが衝撃で心が痛くなった!」


上映中【2019年3月22日(金)公開】

 

第71回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝き、第91回アカデミー賞でも脚色賞を受賞した、スパイク・リー監督による史実を基にしたクライム・サスペンス。白人至上主義を掲げる過激派団体KKK(=クー・クラックス・クラン)への潜入捜査を試みる黒人刑事の活躍を描く。デンゼル・ワシントンの長男ジョン・デヴィッド・ワシントンの映画初主演作となる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1970年代半ばのアメリカ。ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるロンだったが、情報部に配属されると、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>のメンバー募集に電話をかける。徹底的に黒人差別発言を繰り返すロンは、やがて入会の面接まで進んでしまうのだった。騒然とする所内の一同。だが、どうやって黒人がKKKに会うのか。そこで、ロンの同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で一人の人物を演じることになる。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか……。

●キャスト●

ロン・ストールワース ジョン・デヴィッド・ワシントン
フリップ・ジマーマン アダム・ドライバー
デビッド・デューク トファー・グレイス
クワメ・トゥーレ コーリー・ホーキンズ
ウォルター・ブリーチウェイ ライアン・エッゴールド
パトリス・デュマス ローラ・ハリアー
フェリックス ヤスペル・ペーコネン
コニー アシュリー・アトキンソン
アイヴァンホー ポール・ウォルター・ハウザー
Dr. Kennebrew Beauregard アレック・ボールドウィン

●スタッフ●

監督 スパイク・リー
製作 スパイク・リー 、 ジェイソン・ブラム 、 ジョーダン・ピール
脚本 スパイク・リー
衣装 マーシー・ロジャース
音楽 テレンス・ブランチャード
美術 カート・ビーチ

映画『ブラック・クランズマン』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉スパイク・リー監督入魂の映画『ブラック・クランズマン
脚色賞を受賞しただけあり、息もつかせぬスリリングな展開に、
最後のプリンスの歌まで全てにおいて意味のある内容。
ぜひ『グリーンブック』とセットで観てほしい傑作です。

 

スポンサーリンク

 

◉劇場鑑賞映画「ブラック・クランズマン」面白かったです!

 

◉ブラック・クランズマン
スパイク・リーの新作。彼のライフワークたる差別との闘争を主題とする話題作。
黒人とユダヤ人を目の敵とするKKK。潜入捜査にて暴かれる実態と反抗心。
黒と白は今も対立してる。超お薦め。

 

◉『ブラック・クランズマン』
KKKに潜入した黒人警官の奮闘を描く実話。
可笑しくてスリリング、軽快なエンタメに仕上げられていても、
核にあるのはあの時代に逆行した社会や現政策への怒り。
鋭いメッセージ込みでS.リーにガツンと殴られた気分。

◉ブラッククランズマン
奇しくもビリーブと同じ時代設定だったよ。そして、こちらは朝から未だに続く人種差別問題…
軽いコメディタッチで楽しめたけど、ラストの🌽の映像に、監督の怒りが透けて見えたな。
ただ面白いだけの映画ではなかったよ。

 

◉ブラッククランズマン観たのですがここ数年観た映画で一番怖かったです

 

◉ブラック・クランズマン面白かった

 

◉「ブラック・クランズマン」
ほぼ全編に渡りスパイク・リーらしからぬユーモアを交じえた軽妙なバディムービーが展開される事で、
ラスト数分による「ジャンルが変換する瞬間」の衝撃が際立つ構造は非常に面白い。
スパイクの作家性が近年では最もポップに炸裂する佳作。

 

◉ブラッククランズマン
黒人とユダヤ人の刑事がKKKに潜入捜査するやつなんだけど
どんどん気に入られてリーダーに推薦されるとこまで行ってて笑った

 

◉ブラッククランズマン見てきた!
TVで紹介されてたの見て笑える映画かと勘違いしてた(ごめんなさい…)
けど、よい意味で裏切られた、見てよかった

 

◉ブラッククランズマン観た
面白かった、映画はすごい面白かった、ただかなり生々しくて、
あれが2017年の映像と思うと何を言ったらいいのかわからなくなる

 

◉ブラッククランズマンはちゃめちゃに面白かったから見て……
最後に結構ショッキングな映像流れるからそれダメな人は目つぶって耐えて

 

◉『ブラッククランズマン』
悪名高きKKKへの潜入捜査にこの2人、息もぴったりでドキドキわくわく❣
結局謂れのない排他主義の危険さ滑稽さが炙り出され😨

至る所にメタファーや背景を知らないと理解できない台詞も出てきて、
痛快な部分もありつつトーンは辛口、現代の社会派エンタティメント

 

◉ブラック・クランズマン最終試写で観てきた。
何気にブラックスプロイテーションへのオマージュが強くて、ほとんどコメディだった。
白人が揃いも揃ってお馬鹿ばかりで笑えた。

 

◉『ブラック・クランズマン』。
実話をベースにしたスパイク・リー監督作品。
「二人一役」に騙されるKKKを嘲笑う爽快感がたまらない。

異色バディによる潜入捜査、凄惨なエピソードや実録映像で語られる差別問題。
ユーモアとシリアスのバランスが上手く、社会派エンタメとして見応えのある作品。

 

◉『ブラック・クランズマン』
やたら突き進む新人黒人刑事、さすがデンゼル・ワシントンと同じ知的な眼差しで。
一方アダム・ドライバーは存在感そのものが味わい深過ぎ☺
70年代の音楽も、アフロヘア色々ヴァージョンも改めて迫力あるしチャーミング☆

 

◉『ブラック・クランズマン』
嘘をつくのが面白く感じれられるというか、
ピンチのハラハラ感以上に相手をおちょくってる感が楽しかった。
ラストからのエンドロールで、現実の世界を突きつけられる…。

 

◉『ブラック・クランズマン』
これ実話?ってほど、奇想天外でめちゃめちゃ面白い。
スパイク・リー監督最高!!ジョン・デヴィッド・ワシントン最高!!

 

◉『ブラック・クランズマン』
まさかの実話。電話の声って実際に会って話す声と微妙に違うし、顔が見えないからありうる話。
人種の違いでいがみ合う。アメリカの歴史もあるからなのか。警察上層部の闇も感じた。

 

◉「ブラック・クランズマン」鑑賞。
新米の黒人警官とユダヤ系白人警官がKKKに潜入捜査する設定で面白くない訳がない!
ジョン・デビッド・ワシントンとアダム・ドライバーの「二人一役」というスリリングな演技が光る。
エンタメ感もあり見応え十分。ラストは衝撃的。

 

◉映画「ブラック・クランズマン」鑑賞!

笑いとシリアスのバランスが素晴らしい
そして劇中に何度も重なるトランプ大統領の姿。負の歴史を繰り返そうとしている
映画の影響力の大きさを実感できる観る価値のある作品でした

 

◉ブラック・クランズマン鑑賞

予告だとコメディ色強めの印象だったけど、本編は不気味さや憎悪を孕んでいた。

確かにコメディの部分もあるんだけど、それに加えてサスペンス、ミュージカル?
や史実のドキュメンタリーと要素が多すぎて混乱する…

その全てにパワーがあって強烈に煽られる映画

 

◉「ブラック・クランズマン」鑑賞。
黒人刑事が白人至上主義団体KKKに潜入捜査した実話小説をスパイク・リー監督が映画化。
結構笑えてコメディ強めかと思ったら、シリアスでハラハラした😱
差別主義にここまでエネルギー使うなら他ののことで使え!
ラストが衝撃で心が痛くなった!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-クライムサスペンス
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.