ドキュメンタリー

【みんなの口コミ】映画『フリーソロ』の感想評価評判

投稿日:

「ホントに手に汗握る!ヤバすぎる!必見です!」「アレックスさん控えめに言って頭おかしいよ!」「ラスト20分はずっと心臓バクバク!」


上映中【2019年9月6日(金)公開】

 

2019年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞のロック・クライミングのドキュメンタリー。ロープや安全装置を使わないフリーソロ・クライミングのスター、アレックス・オノルドが、かつて誰もフリーソロで登ったことのない巨岩エル・キャピタンに挑む。2018年トロント国際映画祭観客賞、2019年英国アカデミー賞ドキュメンタリー賞ほか受賞多数。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

ロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登るフリーソロ・クライミングの若きスーパースター、アレックス・オノルドには、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むという壮大な夢があった。前人未踏の偉業を成し遂げるため、アレックスは準備に取り掛かる。2016年春。フリーライダーと呼ばれる約975メートルのルートを攻略するため、ベテランのプロクライマー、トミー・コールドウェルとともに現地でのトレーニングを始める。具体的なイメージを掴むため、ロープを使ってそのルートを登るが、手強い感触を得る。アレックスには、サンニ・マッカンドレスという恋人がいる。彼にとってサンニはかけがえのない存在だった。2016年夏。モロッコのタギアで練習に励むアレックスに、友人で、山岳ドキュメンタリー作家のジミー・チンが同行する。ジミーは、究極の夢に向かって突き進むアレックスの勇姿を記録しようとしていた。2016年秋。アル・キャピタンで練習していたアレックスは、序盤の難所フリーブラストから9メートル下に滑落し、足首を捻挫する。危険を冒しても達成感を追い求めるアレックスと、穏やかな生活を望むサンニは、人生観がまったく異なっている。二人を知るトミーは、フリーソロと恋愛の両立はできないと懸念を抱いていた。それでも入念に準備を重ね、アレックスはエル・キャピタンでのフリーソロ実行を決意する。ところが、フリーブラストに差しかかったところで、アレックスは引き返してしまう。ケガの影響か、精神的な問題か、それとも撮影クルーが気になったのか、理由は判然としないが、挑戦は翌年に持ち越された。2017年春。アレックスは再挑戦に向けて黙々とリハーサルを重ねる。アレックス、ジミー、サンニは、撮影がフリーソロに及ぼす影響について議論する。アレックスは、自分が万全なら平然としていられるはずだと語る。そして、6月3日の早朝、アレックスはエル・キャピタンへと向かう……。

●キャスト●

アレックス・オノルド
トミー・コールドウェル
ジミー・チン
サンニ・マッカンドレス

●スタッフ●

監督 エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ 、 ジミー・チン
製作 エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ 、 ジミー・チン
撮影 ジミー・チン 、 クレア・ポプキン 、 マイキー・シェイファー
音楽 マルコ・ベルトラミ
主題歌 ティム・マッグロウ

映画『フリーソロ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『フリーソロ』
いや、まさか、ロープ無しとは思ってなかった😅
少しの動作ミスで即転落死なのね!
「生きてるのを実感できる」って、あんた、アレックス!
数多くの難所と攻略動作の解説聞いてるだけで背筋が凍り、
ロープ使ったリハーサルだけで失神ものなのだが…

ラスト20分、ほんと、荘厳だったね💓

 

◉フリーソロ。
植村直己、加藤保男最近では栗城某。
皆んなニュースの中に消えた。未だ実感は無い。
彼らが死と隣り合わせにあったなど想像すら出来ないからだ。

本作の彼は確かに死の隣にいた。息が詰まった。
落ちないでくれ。そう願ったが、結局のところ私には彼の何もわからなかった。
あの彼女のことも。

 

◉『フリーソロ』鑑賞。

命綱無しで断崖絶壁に挑むクライマー。スポーツの域を越えた極限の境地!
登る事で生きている事を実感する。この精神が凄い!
そして、失敗すれば無条件で死が待っている。
危険を冒してまで挑む意味、愛する人の支え、
その瞬間を収めようとする撮影隊、ラスト20分世界が変わる!

 

◉『フリーソロ』観賞
アレックスさん控えめに言って頭おかしいよ!
ラスト20分はずっと心臓バクバクしてたし、
劇中に挟まれる別のクライマーの滑落シーンには心臓が止まるかと思った。

高所が苦手な僕には地獄の100分、
でも素晴らしい自然と死ぬほど恐ろしい緊張感を
同時に体感できた素晴らしい作品でもあった。

 

◉『フリーソロ』観賞しました
オープニングからの素晴らしい景色…
でもカメラワークが…カメラワークが…いきなり断崖絶壁😱❕
ドキュメンタリー映画ですね、とにかく圧巻の一言!
主人公より大変なのはカメラマン達かも知れない…機材を抱えながら
人間の可能性って凄い、と思わせてくれる映画でした

 

◉『フリーソロ』
ドキュメンタリーであるが、
クライマックスが用意されているのでダレる事がなく楽しく観れた

生い立ちと私生活そして活動とバランス良く配置されており、
無知識の私でも彼に親近感を湧く丁寧な構成

何せクライミングシーンは劇場で味わってこその迫力!
高所恐怖症も相まって手には汗が

 

◉『フリーソロ』鑑賞。
命を賭けて挑むアレックスは山に取り憑かれた人のそれ以上で、
撮影クルーが目を背ける中、登る姿を見つめる観客の私は胸が詰まる思いだった。
『MERU/メルー』が好きな人は観るべき傑作。

◉「フリーソロ」
970mの断崖絶壁をその身一つで登ろうとする
男の挑戦に密着したドキュメンタリー。
一つ間違えれば待ち受けるのは死。命を懸けた究極の自己満足、
これをロマンと言わずして何と言う。

映画史に残る最恐のラスト20分、
手が汗で滲んで最後は目頭が熱くなる。
本年のベスト映画の一つとなった。

 

◉「フリーソロ」観賞
断崖絶壁を登る、ただそれだけの事から目が離せない圧巻の100分

 

◉「フリーソロ」見てきた。刺激が強すぎて、体調悪くなった。

 

◉『フリーソロ』鑑賞。
うわぁぁ凄ぇ!1回でもズルッとしたら終わりじゃねぇか、ほとんど狂人の域。
こうして映画になるのだから成功はするのだろうと分かっていても
緊張感がハンパない!となりの見知らぬオジさんも身体が固まってた

 

◉「フリーソロ」
スイスイ山登っちゃう俺カッケーだろ映画じゃなくて、
この映画から野次やれる事も出てきそうなのに弱さも写しドキュメンタリーのお手本のようだった

100分という尺も緊張感を保ちフリーソロ同様計算の行き届いた映画だったなぁ〜

また観たいけどもう観たくない😂高い所こっわ!!!

 

◉『フリーソロ』
ホントに手に汗握る!ヤバすぎる!必見です!

スポンサーリンク

 

◉映画『フリーソロ』
DAWN WALLも手に汗握りながら観たけどこれは手から汗が滴り落ちた💦

 

◉フリーソロ
凄まじいもん観た。
なにがヤバいって彼のソロが狂気ではなく究極に正気なところ

「寿命を全うする義務はない」と彼女に言い放つ本人を理解するのは自
分には到底不可能なので周りの心配顔の方々に感情を預けることで気持ちを高めた

クライマックスのEl Capitanは観ずに死ねない生命の記録

 

◉初日観てきた🎥
何年も追うリアルドキュメント、それもビレイなしのフリーソロ、
一つ踏み外しても一つ指滑らせてもリアルな『死』が隣り合わせ…
そこでの人間模様と葛藤、挑戦、
ラスト20分が本当にヤバいくらいに痺れた!も一回行きたいな

 

◉「フリーソロ」
アレックス・オノルドの2017年フリーソロ・クライミングを追ったドキュメンタリー。
ラストは泣けた。死と隣り合わせの人間業、人間の未知なる可能性。
題材を超えて想う、人生と家族と愛の在り方と。必見。

 

◉映画『フリーソロ』字幕版鑑賞
岩壁に独り挑む男のドキュメンタリー。
映像だけで足が竦み、アドレナリンが出る。
それがどうして登れるのか、理解を超えて頭が麻痺してくる。
食べて、登って、怪我して、また登って、
講演をして、家を買い、登る。普通の延長にいることの凄さ。
撮影も驚異的。

 

◉フリーソロ、物凄過ぎて感動しました

 

◉『フリーソロ』
ロープを使用せずその身ひとつで頂上を目指すことから、
クライミングの手法で最難とされるフリーソロ。

全長900mを超えるヨセミテ渓谷の一枚岩エル・キャピタンで、
前人未到のフリーソロ達成を目指すアレックス・オノルドの挑戦に密着したドキュメンタリー。

 

◉『フリーソロ』観て良かったです。

 

◉『フリーソロ』観た!
下手なホラーより怖かったw
無謀な挑戦に見えるけど、実際は緻密な計画と練習と訓練
そして超人的集中力(扁桃体の話は興味深かった)で成し遂げる。

普通なら避ける死と隣り合わせの状況に敢えて挑むのは勇気か狂気か、
それとも他の何かか? 「人間」を超えた境地なのは確か。

 

◉『フリーソロ』
ドキュメンタリーだから表現出来る本物の極限、
断崖絶壁をロープなし素手で登る究極のクライミング一つのミスで死、
死を意識しながら生を感じる、彼が目指す完璧は常人には理解し難い、
人物像に迫りラストのフリーソロに手汗握り力が入る、
本人笑ってるしほんとすごいの一言!

 

◉『フリーソロ』
傑作‼️群を抜くスリリングなドキュメンタリー。
ロープ付きですら難攻不落な崖に素手だけでアタックするんです。
人物が魅力的で映画としても素晴らしい。
撮影してるカメラマンが何度も目を背ける。
見て居られないほど身がちぢむ。
鑑賞後に鏡を見たらあまりの緊張に真っ青でした😨

 

◉『フリーソロ』観てから
人生のほとんどを当たり前のようにトレーニングや
シミュレーションなどの準備に費やしてるアレックスの姿を思い出すと、
自分が慣れないことでうまくいかずに凹みそうになる時も、
どんどん練習して失敗を減らせばいいんだと前向きになれている。
アレックスは偉大。

 

◉【フリーソロ】観たよ!
ロープなしで崖を登る"フリーソロ"に挑む男のドキュメンタリー。
彼の果てのない努力に対する敬意と、
狂気としか言いようがない一途な情熱に対する畏怖を込め敢えて
"理解できない"と言いたい。理屈じゃねぇ世界が其処にはあったんだ。
この作品は是非劇場で体験して欲しい…‼️

 

◉『フリーソロ』
命綱なし。肉体のみで断崖絶壁へ挑むクライマーのドキュメンタリー。
キャリアと生への実感に満ちた世界の足元に広がる死の影。

けれどそれは内気な少年だった男が、
己の限界を知るための超日常。
本人や恋人、撮影隊の葛藤も緊迫の良作。

 

◉映画『フリーソロ』
ドキュメンタリー映画の傑作なのでみんな見ましょう。

 

◉映画『フリーソロ』を観てきた。
命綱無しで崖壁を登る、アレックス・オノルドに密着したドキュメンタリー。
本人だけでなく撮影者の苦労や、撮影に寄る影響も撮られていてリアルさがありました。
クライマックスのエル・キャピタン登頂では、
撮影監督の不安まで伝わってきて緊迫感に包まれていました。

 

◉フリーソロ 観賞
正直言うと凡人の僕には理解の範疇を越えていた
彼らのやり遂げた偉業、話してる内容、揺れ動く葛藤その全てが別次元過ぎて…
ただその中でも映画は僕ら凡人に分かるよう丁寧に作られてたと思う。
評価が高いのも納得

 

◉『フリーソロ』
岩や沢をメットやハーネスetc.安全第一で登っていた私には、
アレックスが軽装で神の領域エル・キャピタンへ挑む事自体理解を越えてました😲

平山ユージ氏からストイックで数学者のような人となりを伺い、
信じ難い映像にG・グールドの面影さえ感じ、孤高の人なのだと納得❣

 

◉『フリーソロ』を鑑賞。
入念な準備をし、恐れをなくし100%ミスなく行うのがフリーソロということ。
ヨセミテにそびえ立つ断崖絶壁のエル・キャピタン。
アレックスはこれに挑む。板挟みになる撮影クルー、幸福を望む彼女。
ラスト20分、息苦しさの連続に手足が痺れてしまうとは…。

 

◉『フリーソロ』
内気で孤独な少年が登山に目覚め、
自分の限界を確かめるように命がけのプロクライマーに!

年収の1/3を自然保護のため寄付し、ほぼ車中でストイックに暮らし、
アタックする壁を数式を解く様入念に下調べ。
圧巻の偉業に震えました☆

 

◉映画『フリーソロ』
「人間は皆いつ死ぬかわからない。登ることで"生"を実感できる」

生い立ち、環境変化へ苦悩し葛藤するシーンはグッときた。
大切な仲間でもある撮影スタッフ達の苦悩を描くドキュメンタリーでもあり。
とにかく息が詰まる映像の連続。
人間って凄い……。

 

◉フリーソロ、物凄過ぎて感動しました

 

◉フリーソロ鑑賞。
「なぜ山に登るのか?そこに山があるからだ」とある探検家は言ったが、
ロープなしで断崖絶壁を登る男の生き様もまた同じだった。

足が震えるような恐ろしい映像に何度も肝を冷やしたし、
狂人めいたクライマーと彼を捉えようとする
撮影部隊の奮闘ぶりには拍手を送りたくなった。

 

◉フリーソロ観てきた。
ヨセミテのEl Capitanをロープ無しで登るドキュメンタリー。
最近ヨセミテに行ったので景色や岩肌などをリアルに感じられる。
それだけに余計にクライミング映像は怖かった。
鑑賞中、ずっと手汗かいてた。

 

◉「フリーソロ」。
ナショジオや登山雑誌でアレックス・オノルドの偉業を知って、
ぜひ観たいと思っていた。
同じ監督の「MERU」も良かったし。期待を違わぬ傑作。

オノルドや他の登場人物との距離感が本当に適切で素晴らしい。
もちろん登攀シーンは息をのむ大迫力。
とにかく瞬く間に2時間過ぎた。

本当にいくらでも語れるような気がする。
恋人と一緒に新居の冷蔵庫を選ぶ時の心底どうでもいいという感情を
隠そうとしているがもろバレな様子とか、
料理した後しゃもじのままで食べちゃう様子とか、
それと別人のような挑戦の朝の様子とか…
挑戦する人種の最高の記録だった

 

◉『フリーソロ』
命綱なしで一人で登頂するロッククライマーのドキュメンタリーで、
登頂のプランニングや葛藤だけでなく、
人間の生き方さえも見えてくる映画で感動した。

登頂は、フリーなようで計画や鍛練が必要で、
危険に向き合いながら安全を求め、ソロだけどソロじゃない。
私には人生の縮図に思えた。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-ドキュメンタリー
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.