【みんなの口コミ】映画『ビリーブ 未来への大逆転』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『ビリーブ 未来への大逆転』の感想評価評判

投稿日:

「相手は国家!伝説にして現役最高裁判事の、歴史を変えた実話!」「彼女の言葉が胸を打ち、泣いてしまう!」「諦めないことが大切なんだと考えさせられる映画!」


上映中【2019年3月22日(金)公開】

 

1970年代のアメリカで男女平等裁判に挑んだ女性弁護士、ルース・ギンズバーグの実話を描く人間ドラマ。『博士と彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズが夫に支えられながら、100%勝ち目のない裁判に打って出る主人公を演じる。監督は大ヒットを記録したパニック・アクション『ディープ・インパクト』のミミ・レダー。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

アメリカの貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は、すべてに疑問を持てという亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学。だが1956年当時、500人の学生のうち女性は9人、女子トイレすらそこにはなかった。家事も育児も分担する夫マーティ(アーミー・ハマー)の協力のもと、大学を首席で卒業したルースだったが、法律事務所で働くことは叶わなかった。当時は女性が職に就くのが難しく、自分の名前でクレジットカードさえ作れなかった時代。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れ始めるのだった。そんなある日、弁護士の夢を捨てきれないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが……。

●キャスト●

ルース・ベイダー・ギンズバーグ フェリシティ・ジョーンズ
マーティン・ギンズバーグ アーミー・ハマー
メル・ウルフMel Wulf ジャスティン・セロー
ドロシー・ケニオン キャシー・ベイツ
アーウィン・グリスウォルド サム・ウォーターストン
ブラウン教授 スティーヴン・ルート
ジム・ボザース ジャック・レイナー
ジェーン・ギンズバーグ ケイリー・スピーニー

●スタッフ●

監督 ミミ・レダー
製作 ロバート・W・コート 、 ジョナサン・キング
製作総指揮 ダニエル・スティエプルマン
脚本 ダニエル・スティエプルマン
撮影 マイケル・グレイディ
衣装 アイシス・マッセンデン
音楽 マイケル・ダナ
主題歌 KESHA

映画『ビリーブ 未来への大逆転』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『ビリーブ 未来への大逆転』鑑賞。
当事者意識を持って、変えられるものは変えないと、という気分になりました。
わりと早くにキーワードも出てきますが、
今生きてる人が守られない前例や慣習にはNoと言っていいんだと励まされる映画。
ジャック・レイナーの役に軽く驚いたけど。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』鑑賞。
邦題どうにかならなかったのかとツッコミたい!
夫婦仲が良く、理想の関係像が微笑ましく感じる一方で、男女差別に立ち向かう姿が凛々しく輝いてみえる。
平坦でなかったけど、これが後の平等社会の一歩なんだと実感できた。前半の感動ポイントも見逃せない。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』鑑賞しました。
女性差別を受けながらも自らの信念を貫く主人公の姿に感動😭

 

◉映画「ビリーブ 未来への大逆転(原題:On the Basis of Sex)」の邦題や宣伝の仕方、
どこからも叩かれないだろう夢・希望・勇気・感動とかの言葉で甘くぼかしたような印象。
過去のNASAにおける女性差別や人種差別の実話を元にした
映画「ドリーム(原題:Hidden Figures)」の際と同じにおいを感じる。

 

◉【ビリーブ未来への大逆転】
名門法学部を首席で卒業しても女性は職に就くことができなかった時代。
性差別解消の為に国と戦ったのちの米国最高裁判事ギンズバーグの実話。
自由を勝ち取るために戦うのは大変だが、そのおかげで未来に生きる人々も救われたのだ。
爽快で愛に満ち、勇気づけられる良作!

◉『ビリーブ未来への大逆転』
盛り沢山でテンポ良く展開しこの最高のシーン、読み上げる声が変わり、皆に愛されるRBG❣
信じ難いエネルギー、頭脳明晰、容姿端麗、人間的魅力はやはりスーパーウーマンです🦸‍♂️🌟
差別の時代が僅か半世紀で大きく変わった事にも、改めてこの国の力を感じました

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』。
フェリシティ・ジョーンズが、85歳の現役女性弁護士ルース・ギンズバーグに扮した伝記ドラマ。
妻であり、母であるからこそ気がついたであろう視点が多く、男女差別どころか、
逆に男なら成し得たのか?と言いたい見事なサクセスストーリー。地味だけど、爽快!

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
男女の性差別に挑む女性弁護士の実話を映画化。胸を打つ言葉がとても多く、
特に上訴反論4分間+αは全て文字に起こしたいほど素晴らしい。裁判物だからといって固すぎず。
家族愛にもほっこり。流石ミミ・レダー監督(ディープ・インパクトの監督さん)

スポンサーリンク

 

◉女性差別の切り口に男性差別から入るところが巧妙!!
差別とは想像力のなさから来ている。
女の不自由や権利を奪っている事に思い至らないオヤジどもに、
お前らと同じ男性も一部差別受けてるだろと、想像力を補完してやるのである。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
ズッーとワクワクしながら見てた。アラバマ物語であんなに熱く言い合える親子って素敵。
フォローする夫は更に素晴らしい。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
女性がカードを持てない時代があっただなんて初めて知りましたが、
女生徒を受け入れたハーバードに女性トイレが準備されてなかった事にもびっくり!
逆に男性差別を切り口にする事を思いつく旦那さまとの二人三脚、最高☆

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
フェリシティ・ジョーンズが立志伝中の人物ルース・ギンズバーグを演じた本作からは、
妻として母として社会の理不尽さを正そうとした彼女の信念と凛とした姿が伝わって来ます。

 

◉女性のみならず秘められた男性差別にも踏み込んだ約40年前の裁判をなぜ今描いたのか。
反トランプ&MeToo運動が製作意図としてあったのは間違いない。
つまり確実な男女・人種平等にはなっていない。作りとしては良くも悪くも堅実。
抽象的すぎて画竜点睛を欠く邦題は何とかしてほしかったところ。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
男女差別、70年代のアメリカが100年前のアメリカとあまり変わってないのに驚いた。
勇気ある女性が回りを上手く巻き込んでいく姿が描かれる。
ご主人も素晴らしい!彼女がアメリカの歴史を早回しし痛快!なんと実話!

 

◉アメリカで人種差別的な話は聞いていたが、
女性軽視的な風潮がここまでひどいとは思わなかった。

弁護士になりたいきっかけは分からなかったが、
男尊女卑を変えようとする意気込みは伝わった。
法廷で夫を頼りなく見せたのも憎い演出でした。

 

◉性差別と戦った女性弁護士(とその夫)の話。
硬派だけどとても気持ちいい、いい映画でした。
世の中は変わるし未来はいい方に向けてける。
がんばろう、負けないでいよう、って思いました。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』を鑑賞。
邦題どうにかならなかったのかとツッコミたい!
夫婦仲が良く、理想の関係像が微笑ましく感じる一方で、
男女差別に立ち向かう姿が凛々しく輝いてみえる。

平坦でなかったけど、これが後の平等社会の一歩なんだと実感できた。
前半の感動ポイントも見逃せない。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』:
理想の夫オブ・ザ・イヤー!アーミー・ハマー適役!
前半は急ぎ足、後半はやや冗長で、ハーバードの首席で
法科教授になったルースを「Mrs.ギンズバーグ」と呼ぶ学長が体現する"男社会"との
苦闘の描写も薄味なのだけど、実話パワーと俳優の魅力で爽やかに着地。

 

◉🎥「ビリーブ 未来への大逆転」

「ビリーブ」は、アメリカ🇺🇸で最も尊敬される女性、“RBG”の愛称で知られる
ルース・ベイダー・キングが挑んだ〈男女平等〉裁判を描く実話物語です。
涙が溢れて止まらなかった😭

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
アメリカ最高裁判所判事である女性が70年代に男女平等の為に挑んだ裁判の話。
こんな事実があったと知れてよかった、
自分が常識だと思ってる事も間違っているのかもと思う心は持っていたい、
それを教えてくれるのは映画と。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
今年86歳となる現役の米国最高裁判事女史ルース・ギンズバーグを描く伝記物。
'50年代の男尊女卑が根強い風潮ゆえに、
法科大学院を主席卒業しながら弁護士の夢を諦め教授職を選んだ彼女が、
性差別を巡る違憲判決を勝ち取るまでの半生。その道行きはどこまでも気高く熱い。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』見てきた。
久々に良き洋画を見たなと。
諦めないことが大切なんだと考えさせられる映画だった。

 

◉「ビリーブ 未来への大逆転」鑑賞。

女性が社会に出るのが難しかった時代に男女平等を得る為の裁判を起こす女性弁護士の話。
実話を元にしている為かそれほど大きく話が進んでいくわけではないのだが
爽やかな作品で気分良く感動出来きた。

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
すんごい良かったよーーー!!!!
現在の日本で裁判官が酷い判決を出す一方で、
1970年代のアメリカでこうやって戦う女性が実在して、
今も闘っているのかいるかと思うと胸が熱くなる!
男女が平等ではないことはおかしいと、
男だらけの中で学ぶことを武器として戦う格好良さよ!

 

◉ビリーブ 未来への大逆転 感想

男女差別へと立ち向かったルース・ギンズバーグの物語。
良作。彼女の物語でもあり、家族の物語でもあるかな。愛は偉大。

 

◉「ビリーブ 未来への大逆転」
邦題は軽い感じだけどかなりしっかりした法廷もの、
終始アメリカの法律用語や判例が次から次へと出てきますが
『大逆転』の瞬間は音楽がしっかり盛り上げてくれるので要点は掴みやすい。
派手な作品ではないことに好感が持てるし、フェリシティもアーミーも好演

 

◉ビリーブ未来への大逆転を見てきました。
面白かったのですが、ちょっと思っていたのと違ったかな。
これも事実にインスパイアされた話で、キメの台詞が事実と反するようで、
そこら気になっちゃった。
ただし、素晴らしい夫を演じるキュートでスマートなアミハマちゃんは百億点!!

 

◉『ビリーブ 未来への大逆転』
女というだけでどの事務所にも雇われない弁護士ルースは、
男というだけで母の介護のため専業主夫になることを認められない原告のため戦うことに。
相手は国家!伝説にして現役最高裁判事の、歴史を変えた実話。

 

◉「ビリーブ 未来への大逆転」鑑賞
85歳で現役の最高裁判事でもあるルース・ギンズバーグが弁護士として70年代に初の男女平等裁判に挑んだ実話
女性の地位がまだまだ低く見られていた時代にリベラルの信念を貫き戦うということがいかに難しかったか
クライマックスの法廷シーンでは彼女の言葉が胸を打つ

 

◉フェリシティ・ジョーンズ主演「ビリーブ 未来への大逆転」
アメリカで最高裁判事を最高齢の85歳で務めるルース・ギンズバーグの若かりし弁護士時代を映画化。
貧しさと差別をバネに、弱い立場の人々と手を組んで、権力に立ち向かった逆転劇。

 

https://gaga.ne.jp/believe/assets/pdf/believe_interview.pdf

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.