ブラックコメディ

【みんなの口コミ】映画『パラサイト 半地下の家族』の感想評価評判

投稿日:

「期待値遥かに超えてた!ほんとみんな観て欲しい!」「あと引きずる余韻あるいい映画でした!」「良い意味で予想を裏切られ、油断してたら凄まじい展開が待っていた!」


上映中【2020年1月10日(金)公開】

 

第72回カンヌ国際映画祭にて最高賞パルムドールを受賞した、「オクジャ/okja」のポン・ジュノ監督によるブラックコメディ。全員失業中で半地下の部屋に暮らす貧しいキム一家の息子ギウは、友人の代理で高台に住む裕福な家の家庭教師を務めることになり……。仕事がなくても楽観的な父を「タクシー運転手 約束は海を越えて」のソン・ガンホが演じる。第92回アカデミー賞国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)韓国代表作品。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

日の光も電波も弱い、半地下住宅で暮らすキム一家。父のキム・ギテク(ソン・ガンホ)はこれまでに度々事業に失敗しており、計画性も仕事もないが楽天的。元ハンマー投げ選手の母チュンスク(チャン・ヘジン)は、そんな不甲斐ない夫に強く当たっている。息子のギウ(チェ・ウシク)は大学受験に落ち続け、娘のギジョン(パク・ソダム)は美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない。しがない内職で日々を食いつないでいる貧しい彼らは、皆、普通の暮らしがしたいと願っていた。ある日、ギウを訪ねて、受験を勝ち抜き今や名門大学生となった友人ミニョクがやってきて、留学する間、彼に代わって家庭教師をしないかと持ち掛ける。受験経験は豊富だが学歴のないギウが向かったのは、IT企業の社長パク・ドンイク(イ・ソンギュン)の自宅である、高台に佇むモダンな建築の大豪邸だった。偽造した大学在学証明書にさほど目を通す様子もなく、若く美しい妻ヨンギョ(チョ・ヨジョン)に娘ダへの部屋へと案内されるギウ。受験のプロのギウは少し授業をしただけで母と娘の心をすっかり掴んでしまう。帰り際、落ち着きのないパク家の末っ子ダソンは、紹介したい家庭教師がいると提案。後日、ギウは妹のギジョンを連れて豪邸を訪れ、ギジョンはダソンの美術家庭教師となる。どの家庭教師も1か月も続かなかったというダソンを恐るべき速さで手なずけ、二人はあっという間に一家の信用を得ていった。そして、ギジョンは次にある仕掛けをし……。

●キャスト●

Choong-Sook チャン・ヘジン
Yeon-Kyo チョ・ヨジョン
Moon-gwang イ・ジョンウン
Dong-Ik イ・ソンギュン
Ki-Jung パク・ソダム
Ki-Taek ソン・ガンホ
Ki-Woo チェ・ウシク

●スタッフ●

監督 ポン・ジュノ
製作 ムン・ヤングォン 、 クァク・シネ
プロデューサー チャン・ヨンファン
脚本 ポン・ジュノ 、 ハン・ジヌォン
撮影 ホン・ギョンピョ
音楽 チョン・ジェイル

映画『パラサイト 半地下の家族』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉[パラサイト:半地下の家族] 前情報無しで観たけどタイトルの意味、このポスターの伏線、
2時間半くらいあるけど長さを感じさせないテンポよく綿密なストーリーで
終盤に向かうにつれ溢れ出していく狂気や格差社会の闇に度肝を抜かれる大大大傑作

もう夜は1人で寝られません。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』鑑賞。
全く面白くない。韓国の社会風刺や小ネタの充実が凄い。
あらゆる場面の構図もとても素晴らしいです。

場内では結構笑いがあったけど、
多分ネタバレで見たら苦笑いしか出ないんじゃないかな。
映画学校が文化授業の題材にするような作品。全く好みじゃなかった…

 

◉『パラサイト-半地下の家族』を観た。
まだドキドキしている。怖くて可笑しくて悲しくて
面白くてズッシリ来るのに爽快で、なんなのこのすごいの。

 

◉「パラサイト半地下の家族」を観ました。
「パラサイト…」最高に面白いとしか言えない。
進むに連れてどんどん引き込まれていく。

監督からネタバレ禁止のお願いが出てるだけあって、
何も知らず、ただただ観て欲しい。ラストが·····!

 

◉パラサイト 半地下の家族

何が起こるかわからない!
ハラハラゾクゾクエンタメムービー

映画慣れした人にこそ観てほしい
自分はなんて平凡な脳ミソなんだ!って思わされるほど裏切られる

とりあえず...うん...シャワー浴びて、着てる服洗濯したくなった( ´・ω・` )
(なにも語れないのでこんな感想w)

◉『パラサイト 半地下の家族 』
演出も構図も雨量も、その他諸々も凄まじくて、後半ずっと舌を巻いてた。

潜入劇でも脱出劇でもあるし、緊張が続くと思えば笑いもあるし、
一筋縄ではいかない。重いテーマではあるけど、終始飽きるポイントはなかったかも。

 

◉【パラサイト 半地下の家族】
韓国にも広がる格差社会の現実を巧みに料理し見せるエンタメ作。
しかも実に痛いところ…急所を突いてくる。

スポンサーリンク

前半、小ネタの数々に笑わされながら到る高みから、
一気に嗾ける後半は、意表を突き見事な展開。
緻密に組み上げられた映像的な演出もまた素晴らしい。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』を鑑賞。
今年の映画納め。半地下で暮らすキム一家が、
超裕福なパク家に嘘をつき雇われる。

彼らの計画はトントン拍子で進むはずだったが。
この後の思いがけない展開にドッキリしつつ、格差社会の現実が押し寄せる。
「金は心のしわを伸ばすアイロン」というセリフが印象的。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』
えーー…あり得ないでしょう?…の先にある物語が凄い。
韓国版万引き家族である半地下家族。

カンヌの審査員は恐らくあっちの家の人たちのはずなのに、
この家族の気持ちは理解できるの?
格差の壁を見つめる者の気持ちがジワジワ伝わる。恐い。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』。
カンヌでパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督作。
前半は繰り返し手法を用いた寓話的な展開。

ブラックな笑いと絶妙な緊張感が見事なバランスで、
終盤の惨劇まで一気に突き進む。
格差がもたらす埋めようのない溝が悲しい。『アス』とも共通点多い?

 

◉パラサイト 半地下の家族 観てきた🎬

いろんな感情が渦巻いたけど、
やっぱり格差社会、家族ってものをひしひしと感じたなぁ。

あの高台の豪邸の光と闇が最高✨

 

◉『パラサイト 半地下の家族』。
この前ソウルで泊まったホテルが地下部屋でもちろん窓など
無く当然電気を消せば真っ暗な監獄並みの宿だった。
上を見て暮らす生活、鬱々とした気持ちが少しは共感できた気がする。
貧困や格差を描いた映画は観るたび胸が痛む。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』鑑賞。

序盤半地下の家族が高台の家族を侵食していく様がとにかく面白い。
しかし中盤以降には様々な感情を観客に与え未だにその余韻が抜けない。

貧富の差を建物の高低差や匂いで表現した演出が素晴らしかった…。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』

貧困層の家族が富裕層の家に寄生していく様は滑稽でもあり、
愉しくもあるのだが、ポン・ジュノは、
そんな寄生家族の物語をタダでは終わらせたりしない。たまらんわ。

 

◉ポン・ジュノ監督の新作「パラサイト 半地下の家族」
当たり作品で良好なスタートを切れました。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』
一筋縄でいかない映画という感じ。
脚本もよく練られていて、コメディ、ミステリー、サスペンス、
あらゆる映画の面白さが一つになったような作品。役者もいい。

 

◉パラサイト 半地下の家族 鑑賞

なんだこの映画は。。。

呟きたいけど呟けない。
少しのネタバレも避けた方がいいな🤔

半地下という韓国社会が抱える貧富の差による
深刻な問題を強烈なブラックジョークで描く。

韓国映画の人間描写は邦画にも洋画にもない独特の生々しさがある。😟

 

◉パラサイト半地下の家族観た。

文字通り「半地下」に暮らす一家が金持ち一家に寄生していくストーリー。
いつバレるのかハラハラしながら前半は見ていたが、
物語は中盤から予想しない展開を見せる。

前半コメディ中盤からスリラーというかホラー。
笑いと恐怖は紙一重というけどそれをまさに体現した映画

 

◉『パラサイト 半地下の家族』
面白かった!予想つかない展開に集中しててあっと言う間に終わった。
コメディ、ミステリー、社会派とジャンルをまたぐ人間ドラマ。
しかしみんな演技上手い!奥様役のチョ・ヨジョン最高♡
あと引きずる余韻あるいい映画でした💯
次の韓国旅行の際、視点が変わる一本。

 

◉2020年映画館はじめは『パラサイト 半地下の家族』。
1本目からとんでもないものを喰らってしまった…。
何度も出てくる階段のシーン、窓越しのショット、大雨、そして、「パラサイト」…etc…etc
全てが一つに折り重なる衝撃の展開、さらに加速する物語。
映画の力を全身に浴びた!素晴らしい凄まじい!

 

◉『パラサイト 半地下の家族』

貧乏一家が口八丁手八丁で金持ちに取り入って
ちゃっかり職を得る(ちゃんと働く)。

コメディぽさもあり終盤までは難しい事を考えず観られて、
とにかく全編通してお見事と言う他ない。
烏丸少将の「姿は隠しても獣は臭いでわかりまするぞ」的なシーンがあるので必見です。

 

◉【パラサイト 半地下の家族】
第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した、ポン・ジュノ☓ソン・ガンホの話題作。
貧しい一家がお金持ちの家族に“パラサイト”するお話。

やはりポン・ジュノ監督、一筋縄ではいかない、
コメディというオブラートに包まれた皮肉たっぷりの問題作。

 

◉「パラサイト 半地下の家族」
タイトルが怖いと思ってた。
半地下ということで「クリーピー 偽りの隣人」みたいな感じだったらどうしようと。
みてるうちに、なんだ、楽しいやつだと安心してたら
一家全員が豪邸と関わることになってからがハラハラだった。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』

格差社会をユーモアたっぷりのサスペンスとして
徹底的にエンターテイメントに仕立てあげ、人間性を抉り出す。
そして、それ故にその狭間に垣間見える人生と家族の真実が胸に迫る構成が見事。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』を観てきた

笑えるところもたくさんあるんだけど、格差社会への風刺が効いててゾワっとくるシーンも
さすがカンヌでパルムドール取っただけのことはある

ポン・ジュノ監督は『ほえる犬は噛まない』の頃から観てるけど、
こういう作品作るのとても上手いね

 

◉韓国映画『パラサイト/半地下の家族』を観てきた。
韓国の覆しようのない格差社会の現状を
エンターテインメント作品として描く力量に圧倒された。

 

◉『パラサイト 半地下の家族』

良い意味で予想を裏切られ、油断してたら凄まじい展開が待っていた!
階級間格差と断絶を表すかのような゙匂い"。
作品的には昨年の『Us』に通じる部分もある

 

◉『パラサイト 半地下の家族』
観終わってから改めてポスターをじっくり観ると、
「ひっ……!」って声出てしまった。

みんなで答え合わせしたい

 

◉映画「パラサイト 半地下の家族」めちゃくちゃ面白かった!!

 

◉パラサイト 半地下の家族
今年最初の映画がいきなりの大傑作!
期待値遥かに超えてた!ほんとこれだけはみんな観て欲しい!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 1,296 times, 2 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ブラックコメディ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.