ホラー

【みんなの口コミ】映画『ハロウィン』の感想評価評判

投稿日:

「最凶殺人鬼VS完全武装ババアの因縁のガチバトル!」「王道スプラッターホラーの雰囲気満載でよかった!」「終始続く緊張感やあの音楽が鳴る瞬間のゾクゾク感がたまらない!」


上映中【2019年4月12日(金)公開】

 

1978年公開「ハロウィン」のジェイミー・リー・カーティスが引き続き出演、同作の40年後を描くショッキングホラー。1978年に凄惨な事件を起こしたマイケルが精神病棟の輸送車から逃走。先の事件の生き残り・ローリーはマイケルとの対峙を決意する。「ハロウィン」の監督ジョン・カーペンターは製作総指揮と音楽を担当。「パラノーマル・アクティビティ」シリーズや「ゲット・アウト」のジェイソン・ブラムが製作に参加する。監督は「ボストンストロング~ダメな僕だから英雄になれた~」のデヴィッド・ゴードン・グリーン。ブギーマンと呼ばれた男がもたらす神出鬼没の恐怖を活写する。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1978年、ハロウィンの夜、アメリカ・イリノイ州ハドンフィールドで精神病棟から殺人鬼マイケル・マイヤーズが脱走。彼は真っ白なハロウィンマスクを被り作業つなぎの出で立ちで次々に人々を惨殺していった。一人の女子高生ローリー・ストロードの命を狙うマイケルはすんでのところで射殺されたはずだが、遺体が消える。この恐怖の化身を、人々は畏怖の念を込めてブギーマンと呼んだ。事件から40年後の2018年。ハロウィンを間近に控え、40年前の凄惨な殺人事件の真相を追うジャーナリストのアーロン(ジェファーソン・ホール)とデイナ(リアン・リース)は、マイケルが収監されている精神病棟を訪ね、主治医のサルテイン(ハルク・ビルギナー)に話を聞く。サルテインによると、この40年間マイケルは一言も話さず、動機や感情は一切不明であった。病院を後にしたアーロンとデイナは、事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)の元へ。彼女は事件以来トラウマが残り気難しい人間になっており、マイケル・マイヤーズが人知を超えた恐怖の化身ブギーマンであることを主張し、それ以上話すことはないと二人を冷たくあしらう。家族と一緒に過ごすよりも、マイケルが再び目の前に現れることを想定し非常事態に備えてきたローリーは、娘のカレン(ジュディ・グリア)からは距離を置かれ、孫のアリソン(アンディ・マティチャック)からは心配されている。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転。警察が駆けつけたときには、同乗していた警察官や他の精神病患者は息絶え、マイケル・マイヤーズは忽然と姿を消していた。カレンは母の言葉を信じず、またアリソンはハロウィンパーティーに出向いている中、ローリーは再び街に解き放たれたブギーマンとの対峙を決意。40年の時を経て、再び恐怖に満ちたハロウィンが始まる……。

●キャスト●

ローリー・ストロード ジェイミー・リー・カーティス
カレン ジュディ・グリア
アリソン アンディ・マティチャック
ホーキンス保安官 ウィル・パットン
ヴィッキー ヴァージニア・ガードナー
マイケル・マイヤーズ/ブギーマン ニック・キャッスル
マイケル・マイヤーズ/ブギーマン ジェームス・ジュード・コートニー
サルテイン医師 ハルク・ビルギナー
ダナ・ヘインズ リアン・リース
アーロン・コーリー ジェファーソン・ホール

●スタッフ●

監督 デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作 マレク・アッカド 、 ジェイソン・ブラム 、 ビル・ブロック
製作総指揮 ダニー・マクブライド 、 ジョン・カーペンター 、 ライアン・フライマン
脚本 ダニー・マクブライド 、 ジェフ・フラッドリー 、 デヴィッド・ゴードン・グリーン

映画『ハロウィン』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉ハロウィン
あの音楽で🎶開始早々から鳥肌。
ローリーの積年の思いに涙。母娘3世代の確執に涙。

随所にあしらわれたオマージュに涙。ラストシーンに涙。
たくさんの続編を一旦リセットし、
40年して再構築された設定に並々ならぬ思いを受け取った。ありがとう

 

◉ハロウィン
この母にしてこの娘あり
カレン「アイガッチュー!!」
からの
ローリー「ハッピーハロウィン」
鳥肌たったね
かっちぇえええ!!!
ってなるから!
特にあのカレンの目!
あれは覚悟を決めた、覚悟のある目だ!
まさにいつの時も暗闇に道を開くのは「覚悟のあるものだけ」だった。そんな映画

 

◉『ハロウィン』
ホラー映画らしく怖いところはしっかりしつつも意外と胸熱な宿敵同士のガチバトルもの。
『ターミネーター』のサラ・コナーを思わせるローリーがカッコいい。
もう少し親子3代のドラマを膨らませてくれたら文句なしだった。

 

◉『ハロウィン』

リアルから来る恐怖を、観るもの全てに与える。
人間は血に恐怖を覚える生き物だが、血よりも恐い何か本質的な恐怖が本作にはある。
人間が生まれ持つ人の業。それがこの映画自体に染み付いているのかもしれない。

闇夜に浮かぶ白いマスク。
これが恐い。恐いのだ。

 

◉『ハロウィン』観た。
ヒロインが理不尽に化け物に襲われて、
反撃を試みるもバットエンド気味に終わるホラーの定番をぶち壊し、

化け物VS武装ババアという新機軸と、
この映画このシーンやりたかっただけだろwという100000点のシーンがあって満足度の化身。

◉『ハロウィン(2018)』鑑賞。
ゾンビ版どころかそれまでのシリーズさえもなかったことにした1作目の正式な続編。
前評判通りめちゃくちゃ良かった!というかここ最近のホラー映画の中でも
ぶっちぎりの出来と言ってもいいんじゃないかな?
終始続く緊張感やあの音楽が鳴る瞬間のゾクゾク感がたまらない🎃

 

◉新作の『ハロウィン』も最高でしたが
オーケストラアレンジされたサントラや
「マーイケールッ!!!」って
怒鳴り声を声を上げ、消火斧を片手に単身でブギーマンに戦いを挑んじゃう
最高にカッコいいローリーの姿を拝める
『ハロウィン H20』もオススメです🎃

スポンサーリンク

 

◉『ハロウィン』
小細工不要な人間離れした腕力&使い勝手良い武器あれば容赦なく頂くスタイル、
関わる奴は殺っちゃうよ〜な真っしぐら感など王道スラッシャー映画の醍醐味に歓喜!
そしてそれだけで終わらないジェイミーリーカーティスのVS怪物の経験値と娘孫3代に渡るヒロインも良い!楽しい!

 

◉「ハロウィン」感想。
恐怖と娯楽性の黄金比。ビビって、チビって、だが面白い!

40年間“再会”を待ち続けた殺人鬼と被害者。かつての少女は、今や狂戦士へと変貌した。
共依存の両者が再び相見える時、血みどろホーム・アローンが始まる…

最後のカ・イ・カ・ンたるや!
これはガッツポーズですよ…

 

◉大絶賛のハロウィン❗❗
カーペンター映画は全く古びないですね❗
カーペンター信者としては最高に嬉しいですね❗
私も劇場で見て帰宅後再鑑賞しました❗
カーペンター万歳❗❗

 

◉『ハロウィン』面白かった!
こういう企画って原典への尊敬のあまりつい70年代的な画調とかにしそうなところ、
いい意味でフツーに今の映画として撮っている姿勢が潔い。

それでいてクライマックスはカーペンター作品に通底する
西部劇的カタルシスを思い出させる展開で、ラストカットにも気高い香り。

 

◉映画『ハロウィン』
三大スラッシャーが盤石の座組で大胆復活!
元祖戦うホラーヒロインvsブギーマンが40年ぶりに、同じ配役・音楽・舞台で激突する。

巨躯に反して静かに肉薄する不気味さ、不死身の肉体と
腕力の一方的暴力で殺戮する姿はまさにホラー代表の華であり、それを初見でも堪能できる完成度

 

◉『ハロウィン』鑑賞。
40年ぶりに現れた殺人鬼「ブギーマン」の恐怖を描いたデヴィッド・ゴードン・グリーン監督作品。
『GANTZ』、『ザ・プレデター』などの住宅街を舞台とした映画フリークとしてはたまらないものがあった。
ジェイミー・リー・カーティス演じるローリーのサラ・コナー化も最高。

 

◉ハロウィン
最近の変に奇をてらったホラー映画よりもずっと恐ろしい。
まさに王道ホラー。
不死身マイケル・マイヤーズはその後多くの関連映画を生んだことも納得の不気味さ。
ショッキングホラー映画の原点となる1978年作品の続編にあたるのだけど、
前作を見ていなくても楽しめる親切設計。

 

◉『ハロウィン』鑑賞
季節まで待って上映なら更に盛り上がったでしょう。
突っ込みどころが盛り沢山なのもこの手の映画王道感タップリで◎
カップルの隣で観ない方が良い。

 

◉『ハロウィン』鑑賞🎃🔪
予期せぬ傑作だった!あのテーマ曲のOPタイトルから鳥肌!
1作目のオマージュにあふれより続編として完璧。
40年経ってもブギーマンの衰えを感じずより強くグロく狂気的で怖さが増した。
特にマスクつけるシーンは最高すぎた。
今年の映画トップ10入りは確実!とにかく観て!!!

 

◉映画「ハロウィン」
ブギーマン映画、ショッキングホラー映画の原点と言っても良い正統派続編映画!
あのBGMと音をたてずに着実に標的の近くにいるマイケルが、シリアスな笑いを生じるから好きだな!
理由なき殺人は、気味悪く、胸糞悪い感じあるけど、ホラー映画だからこそ楽しめるエンタメ

 

◉ホラー映画『ハロウィン』も最高に面白い快作だったのでおススメ!!
内容は簡潔に言うと最凶殺人鬼 VS 完全武装ババアの因縁のガチバトルです。

 

◉「ハロウィン」
★★★★☆
感動した。原点を超えてしまった。
40年振りの続編は、いたってオーソドックスな作り。
ちゃんと人間ドラマを描き、殺人シーンを配置し、適度にヒネリを利かせ、
そして物凄く恐怖演出が上手い。
それだけで、ここまで面白い殺人鬼ホラーが見れるなんて。圧巻!

 

◉ハロウィン 鑑賞!
ちょっとホラーテイストを加えたターミネーター的な映画。
殆どのホラーシーンは予告編で出てくるので予告は見ないで見に行ったほうがいいかも
中盤までは話に進展がなく退屈だが、
終盤にかけて緊迫感が高まっていき、思わず画面に釘付けになる。
10点中6点

 

◉『ハロウィン(2018)』★★★★☆
公開日に鑑賞してきました。
見所はもちろんマイケル絶対殺すウーマンと化したローリーvsマイケル。
時代とともにグレードアップしてグロテスクになった殺し方が、
子どものいたずらのようにも見えて非常にカワイイ。オープニングから最高でした。

 

◉ハロウィン予想以上に楽しめた👍👍
だいたい展開を予測していたつもりやけど予想外の展開になるんだよね
"あの音楽"が流れると雰囲気がだいぶ変わってドキドキしちゃう
パンフのデザインも最高of最高✨
それにしてもこの家族タフすぎる

 

◉「ハロウィン」
40年ぶりにあの曲と共に、グロ増し恐怖増し増しでアイツは帰ってくる。
女性がホラー映画で怯える時代は終わったのよ!と言わんばかりに彼女らは、
ホラー映画のお約束からの解放のために過去と闘う。
もはやどちらが怪物かわからないフル装備コマンドーばあちゃんの闘いっぷりは必見。

 

◉『ハロウィン』を鑑賞。
40年後の続編。感情がないブギーマンの強さは、悪役のスターっぽくていいね。
話はシンプルだけど、おもしろいですね。
昔の王道スプラッターホラーの雰囲気満載でよかったです。

 

◉『ハロウィン』。
ジョン・カーペンターによる名作ホラーの40年後を設定した最新作。
怖いというよりショック系。突っ込み所がなくはないが、ブギーマンとの隠れんぼが怖すぎる。
ドアを開けるとイキナリ!振り返ると背後に!
そして意味が分からないほどの不死身っぷり(笑)。終盤の緊張感も◎。

 

◉『ハロウィン』
1978年公開の1作目の続編(他8作制作)という位置づけなので、
2作目に明らかになるローリーとの兄妹関係は?なのですが、
40年前のトラウマから思いがけない人生になってしまったローリーの物語でもあり、
初見でも存分に楽しめる仕掛け満載😱続編も決定のようです☺

 

◉『ハロウィン』劇場で鑑賞。
1978年版の直接的続編。
40年間滾らせ募った恐怖と狂気、怒りと殺意が激突する運命の夜は、
丹念なホラー演出と強烈な残酷表現、"前作"への手堅いオマージュによって彩られる。
怒涛にして鮮烈なラストが痛快。秀作

 

◉『ハロウィン』
こりゃターミネーター2だね、
武装ローリーはサラコナーで彼女に妄想英才教育されたカレンはジョンコナー?
ブギーマンの不死身、神出鬼没、怪力、無表情無感情、
1人の女性を殺すのに固執は1作目のターミみたいだし。鑑後感も似てる。

 

◉『ハロウィン』♪
タフで躊躇のないブギーマンの怖さがベースにありつつも、
それを上回るヤツを仕留めたいおばあちゃんの頼もしさもあって、
サバイバルの様相を呈す展開にワクワクした。
シリーズ知らなくても大丈夫!

 

◉『ハロウィン』
最後のカレンの「いただき」はT2シュワの地獄で会おうぜベイビーに匹敵するパンチラインでめっちゃ燃えます。
審判の日でなくハロウィンの対決、ラストは出来ればマイケルが燃え盛る炎の中で親指立てて沈んでもらいたかった。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-ホラー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.