【みんなの口コミ】映画『ダイナー Diner』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

サスペンス

【みんなの口コミ】映画『ダイナー Diner』の感想評価評判

投稿日:07/04/2019 更新日:

「藤原竜也の迫真の演技にかなり圧倒される!」「窪田正孝の演じるスキンがとてもかっこよかったです♡」「玉城ティナの美しさが際立った!」


上映中【2019年7月5日(金)公開】

 

日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞に輝いた平山夢明の小説を、藤原竜也主演で映画化したバイオレンステイスト満載のサスペンス。殺し屋専門のダイナーを舞台に、店を仕切る天才シェフと殺し屋らが繰り広げる出来事がつづられる。写真家でもある蜷川実花が監督を務め、初めてのアクションシーンに挑戦。独特の映像美で魅せる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

そこは、命がゴミのように扱われる殺し屋専用のダイナー(=食堂)。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ(藤原竜也)。日給30 万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコ(玉城ティナ)は、ウェイトレスとしてボンベロの下へやってくる。次々と店を訪れる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、それとも殺し合いか……。店主、ウェイトレス、殺し屋たちによる新たな殺し合いが今、始まる……!

●キャスト●

ボンベロ 藤原竜也
オオバカナコ 玉城ティナ
スキン 窪田正孝
キッド 本郷奏多
ブロ 武田真治
カウボーイ 斎藤工
ディーディー 佐藤江梨子
ブタ男 金子ノブアキ
マテバ 小栗旬
マリア 土屋アンナ
無礼図 真矢ミキ
コフィ 奥田瑛二
川栄李奈
コムアイ
板野友美
木村佳乃
角替和枝
品川徹

●スタッフ●

監督 蜷川実花
原作 平山夢明
脚本 後藤ひろひと 、 杉山嘉一 、 蜷川実花
音楽 大沢伸一
主題歌 MIYAVI 、 DAOKO

映画『ダイナー Diner』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉映画『ダイナー』
これぞエンターテイメント!
蜷川さんの色満載。
そして豪華な俳優陣。
こんな真矢みき見たかったんだ〜

娘の大好きな窪田正孝。
窪田くんらしい役所、やっぱりカッコよかった。

藤原竜也言わずもがな

 

◉映画『Diner ダイナー』を観てきました‼︎🎬✨

面白かった‼︎見どころが満載で色んな楽しみ方ができる映画でした💜

カラフルな世界観も好き🥰
出演者さん全員素晴らしい‼︎おすすめ!

 

◉映画「ダイナー」
超飯テロ映画!
『殺し屋専門ダイナー』一流料理を出す店、訪れる客は全員いかれポンチの殺し屋。
機嫌を損ねたら即殺される、美食と狂気の世界に幸薄い一般人のヒロインは巻き込まれ…
蜷川監督らしい極彩色の世界が美しい。つか料理が全部本当に美味そうなんだ!

 

◉『Diner ダイナー』観に行ってきました🎥

藤原竜也さんの迫真の演技にかなり圧倒されました。
カッコいい名ゼリフがたくさんあって、色彩が素敵で、
蜷川実花さんの世界観が出ていました。
映画の中で出てくる料理はとても美味しそう🍔

 

◉ダイナー
窪田くん演じるスキンがとてもかっこよかったです♡
そして犬の菊千代も殺し屋だけど、大好きになりました🐶🍓
原作は読んだことなくて、知らなかったけど展開が読めず楽しめました!

◉映画 ダイナー

なんというか色鮮やかに殺され
それプラス音楽に魅力され
しかもあの豪華メンバーを一瞬で
消すという贅沢さ。何をとっても素晴らしい映画であり作品だったなぁ。
もう一回なんなら何回も見たくなる映画。最高。

 

◉映画『Diner ダイナー』
窪田くんがかっこよくて可愛いくて優しくて狂気的で美しい映画だった

 

 

◉『Diner ダイナー』

色彩豊かに描かれ、音楽と共にスピーディに展開されるダイナーの世界観に圧倒されました。
五感を超え六感を刺激する、映画の常識を覆すエンターテイメントを目にする事ができました。
個性溢れる殺し屋たちが本当に美しかった。

スポンサーリンク

 

◉ダイナー
楽しかった〜、キャストの皆さま和気藹々で、良い現場感が、伝わりました。
映画は、原作に沿ってはいるけど、別物感😅ちょっと違って、それも良しかな👌

 

◉ダイナー 観に行ってきました。

本編の上映でガツンとやられてきました。
クライマックスで流れた曲。
今は余韻に浸っています。
そして食テロ映画というのは本当だった。もう一度観たい!

 

◉ダイナー鑑賞。
流石の蜷川実花ワールド。映像は綺麗!でも、映画としては…中身がなさすぎて。
豪華俳優陣の使い方も勿体ないと思った。ただの客集め役?
特にアクションシーンが酷かった。
そう考えると…少し前に公開されたファブルは豪華俳優陣を使い切れていたし、
アクションも合格点だと思った。

 

◉『ダイナー』鑑賞。

蜷川実花監督作品だけあって、花が映らないシーンあるの?くらいの感じでした。
そして実の父、故・蜷川幸雄氏へのリスペクト感と親子愛すら感じました。

個性的なキャラクターばかりと情報量の多さに胃もたれ。

美しい映画でした。
菊千代可愛かった。

 

◉蜷川実花監督作『Diner』を鑑賞。
小説、漫画、映画、全て別物と考えればよく出来ていて楽しかった。
小説の映画化としては、キャラの深掘りがめちゃくちゃ弱くて未完成な印象。
『殺し屋』をテーマにしながら、猟奇性よりも芸術性を前面に押し出した、
見やすい作品と感じました。

 

◉ダイナー、鑑賞。

玉城ティナの美しさが際立った映画だった。その可憐な容姿は、
まるで『狂気の国』に迷い込んだアリスみたいで、彼女がいてこその映画だった。

正直、零れ落ちそうなほどの大きな彼女の瞳に、
魂を吸い取られそうになった。ワタクシ女だけど(笑)。

料理もエロティックで魅せられた

残念だったのは、カメラのブレが激しかったこと。恐らく臨場感を出してるんだろうけど、
アクションシーンで、せっかく良い演出してるのに、
画面がブレまくりで、視線が最後までついていけなかった。
訳が分からないまま、場面が終わってしまって、正直ストーリーに入り込めなかった。

それから、クライマックスでの『新世界』の演出ね。あれはガッカリ。
BGM新世界に花びらの組み合わせって今更陳腐過ぎて、
なんかもっと、こう、監督蜷川実花なら、私たちの予想を遥かに上回る、
唸らせるような演出が出来るはずなのに、今回それが無かった事は残念でならない。

 

◉Diner ダイナー 鑑賞。
玉城ティナ可愛いかった。以上!
冒頭から映画で舞台をします。と明示される為、
一々荒唐無稽さや奇天烈さに引っかかるのは当たり屋的見方だし、
蜷川実花監督に紋切り型の映画を求めているかと言えば違うのでコレはコレ。
ただそういった要素と映画的面白さは別なのが難しい所。

 

◉映画『ダイナー』鑑賞。
まず原作漫画をかなり変えたストーリーだったので驚いたんですが、純粋に面白かったです。
超絶グロ漫画を前年齢対象で作った心意気は天晴れの一言。

 

◉『Diner ダイナー』鑑賞。
さすが1カット1カットのこだわりが細かて美しい。
食堂に横尾忠則作品が飾られてるのも◎

 

◉映画ダイナー鑑賞。
藤原竜也を観に行ったつもりが、男装の真矢さんが麗し過ぎて素敵過ぎてノックアウト。
お声も素敵でノックアウト。現場からは以上です

 

◉ダイナー 2回目の鑑賞。
一番好きなセリフとお母さんの手料理で何が好きかっていう質問に
藤原竜也さんが1から語る所がすごく面白かったし窪田くん安定の天然で癒されました笑
思ったよりも茶髪で可愛かった☺️
ダイナーは誰が見ても楽しめる映画です、みなさんぜひ!

 

◉『Diner ダイナー』鑑賞完了です
邦画特有のファッションサイコパスが満載の頭が痛くなる珍作...
と思いきやクライマックスにはガンカタに目覚めた藤原竜也の大銃撃戦が始まる不思議な映画
何となく嫌いになれないです

 

◉『Diner ダイナー』。
ホラーな設定だが、ドラマよりビジュアルのインパクト大。
蜷川実花らしい極彩色の華やかな美術。

俳優陣のハイテンションな演技とド派手なアクションは舞台を観る感覚に近い。
そして、今回も安定の藤原竜也(笑)。
毒気たっぷりの独特な世界に浸れる異色サスペンス。

 

◉『Diner ダイナー』
極彩色の蜷川実花ワールド全開!盛って盛ってキャストもまるでフルスロットル!
贅沢三昧のキャストも最高!登場する料理も美味しそう!
藤原竜也さんが全てを呑み込んだかの演技!

 

◉スクリーンに映し出される色彩美に感動。
これが蜷川マジックなのかも。殺し屋相手の作品にも関わらず変な恐怖感を抱かせない。
でも迫力は満点。今ままでにない感覚で爽快な作品。
やはり藤原竜也の演技は際立つ。蜷川監督の目利きは間違っていない。

 

◉ダイナー
目的は、この蜷川極彩色と、藤原竜也節、玉城ティナちゃん、
そして共演の皆さんのキレッキレ殺人鬼っぷりを観に行ったんで、ごくごく満足。
お父様へのオマージュも垣間見ることが出来たし✨。
わたし、綺麗なものしか撮らないの」という監督のお言葉通り、スクリーン全体が美しかった

 

◉友達とダイナー観に行ったけど
映像が美しくて食べ物の描写が流石で美味しそうやった、、、
久しぶりに映画館まで観に行って本当に良かった!!
また観たい!

 

◉ダイナー観た〜
蜷川さんの世界観相変わらず凄い😳
ヘルタースケルターも凄かったよね〜最近映画大好きになった🤣

 

◉『Diner ダイナー』
人生に意義も居場所も見出せない少女オオバカナコが行き着いたところは、
殺し屋専用の食堂「ダイナー」。
硝煙と血煙、そして美食と極彩色に彩られた彼女のサバイバルは心沸き立つ。

 

◉ダイナー観ました。
ネタバレにならない範囲で感想を書くと、
「光・色彩・音の暴力」「瞬きしたら置いていく」「この映画の中では花びら一つでさえ俺に従う」
「藤原竜也窪田正孝藤原竜也藤原竜也窪田正孝真矢みき藤原竜也ーーーー!!!!!!」です

 

◉【※ダイナー感想ネタバレ注意※】
最初に予告を見た感想としては
「ま〜た藤原竜也が殺し合いの映画出てらぁ!」っていう感じだったんですが、
いい意味で予想を裏切られました。

まず1番言いたいのが、ちゃんとした料理人成長物語として成立してることです!
飲食務めてる人間だったらあーわかるわかるあるよね(笑)
みたいなシーンがあってクスッとくると思います

ここまではいかなくてもこれに近い
扱い受けたことある人間はいそうだな……みたいな

そして玉城ティナちゃんの服が大変えっちなのですが嫌な下品さはなく、
より彼女の可憐さを引き立てていました……安易にスカートじゃないところも良かっ

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-サスペンス
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.