【みんなの口コミ】映画『ソローキンの見た桜』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

人間ドラマ

【みんなの口コミ】映画『ソローキンの見た桜』の感想評価評判

投稿日:

「日露戦争のロミオとジュリエット!」「看護師必見の献身さと、女性の気高さにうっとり!」「人間として惹かれあった2人の姿が美しい!」


上映中【2019年3月22日(金)公開】

 

日露戦争時にロシア兵捕虜収容所があった愛媛県松山を舞台に、日本人看護師とロシア将校との愛と、その子孫の女性という、2つの時代で繰り広げられる物語を描く人間ドラマ。『孤狼の血』の阿部純子が、日露戦争時代の看護師と現代パートでのTVディレクターという一人二役を演じる。監督は『太陽』でメイキング監督を務めた井上雅貴。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

2018年、新人TVディレクターの桜子(阿部純子)は先輩・倉田(斎藤工)の指示によりロシア人墓地の取材を皮切りにロシアにいくことになるが、興味を持てない。そんな中、祖母・菊枝(山本陽子)から、自身のルーツがロシアにあることを教わる。祖母の手元には、日露戦争時代に看護師をしていた先祖・ゆいの日記が残されていた。ロシア兵と日本人看護師の日記を紐解いていくうちに、桜子はある事実を知る……。日露戦争時代。ゆい(阿部純子/二役)は弟・健二を戦争で亡くしロシア兵を許せずにいたが、ロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになる。当時、世界から一流国として認められるため、日本はハーグ条約遵守を意識し、ロシア兵捕虜のアルコールの購入や外出などの自由を認めており、松山市民とロシア兵捕虜は交流を深めていく。ロシア兵を憎む一方でソローキンの寛大な心や女性を敬う考え方に惹かれていくゆい。ソローキンもまた、ゆいの心の奥の悲しみを取り除きたいと願い始める。しかしソローキンが捕虜となったのはある密命のためであり、ロシア革命に加わろうと収容所を脱出し帰国することにした彼はゆいも連れて帰ろうとするが……。

●キャスト●

高宮桜子/武田ゆい 阿部純子
ソローキン ロデオン・ガリュチェンコ
高宮菊枝 山本陽子
ボイスマン大佐 アレキサンドル・ドモガロフ
武田勇吉 六平直政
竹場ナカ 海老瀬はな
戒田節子
山本修夢
藤野詩音
宇田恵菜
井上奈々
TVカメラマン 杉作J太郎
倉田史郎 斎藤工
河野所長 イッセー尾形

●スタッフ●

スポンサーリンク
監督 井上雅貴
プロデューサー 益田祐美子 、 井上イリーナ 、 清水啓介 、 遠藤日登思
原作 田中和彦
原案 青山淳平
脚本 井上雅貴 、 香取俊介 、 大浦光太 、 コンスタンチン・サモイレンコ
撮影 岩倉具輝
音楽 小野川浩幸

映画『ソローキンの見た桜』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

◉松山が舞台の映画
ソローキンの見た桜
見ました。日露戦争当時の
ラブストーリーだけど
松山の良さわ再認識出来た☺️

 

◉『ソローキンの見た桜』。
日本各地の外国人捕虜収容所のエピソードを知ると、
戦時中唯一彼らが人間らしくいられた時間だったのだろうと思う。

「戦争がなければ出会えなかった」男女の皮肉な恋。
ラストは都合よくまとめ過ぎた感もあるが、敵味方を超え、
人間として惹かれあった2人の姿が美しい。

 

◉『ソローキンの見た桜』を見てきました。
まさに現代に蘇った美しきサクラこと阿部純子さんが素晴らしかったです。
かわいいのはもちろんのこと、阿部さん演じるゆいさんは性格も最高!
看護師必見の献身さと、女性の気高さにうっとりしました。

 

◉「ソローキンの見た桜」行ってきました。
映画もとてもとてもステキでした。皆さまぜひぜひ観に行かれてください!

 

◉「ソローキンの見た桜」
工くんからの動画メッセージがあり嬉しかったです🤗素敵な愛の物語でした❣️
日露戦争のロミオとジュリエット✋素敵な愛の表し方に涙が止まりませんでした🤣

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.