小説 時代劇

【みんなの口コミ】映画『サムライマラソン』の感想評価評判

投稿日:02/18/2019 更新日:

「マラソンと戦のシーンは迫力が凄かった!」「竹中直人さんが最後ふんどし一丁だったのには笑いました!」「肩の力を抜いて観た方が良い作品!」


上映中【2019年2月22日(金)公開】

 

「超高速!参勤交代」の脚本家・土橋章宏による小説『幕末まらそん侍』を豪華スタッフ・キャストで映画化。幕末。迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里の山道を走る大会を開催。そんななか、藩士不在の城に刺客が送り込まれる。出演は「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の佐藤健、「恋は雨上がりのように」の小松菜奈、「怒り」の森山未來、「きみの鳥はうたえる」の染谷将太、「来る」の青木崇高、「レオン」の竹中直人、「淵に立つ」の筒井真理子、「止められるか、俺たちを」の門脇麦、「海を駆ける」の阿部純子、「リングサイド・ストーリー」の奈緒、「覚悟はいいかそこの女子。」の中川大志、「ワンダーウーマン」のダニー・ヒューストン、「パンク侍、斬られて候」の豊川悦司、「シン・ゴジラ」の長谷川博己。監督は「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ。企画・プロデュースは「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明。脚本は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の斉藤ひろし、バーナード・ローズ、「喰女 クイメ」の山岸きくみ。音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

260年間の鎖国が終わりを迎えようとしていた1855年、幕末。幕府大老の五百鬼祐虎(豊川悦司)は、黒船でアメリカからやって来た海軍総督ペリー(ダニー・ヒューストン)と面談、和親条約という名の開国を迫られる。そんななか、安中藩主・板倉勝明(長谷川博己)は迫る外国の脅威に備え、国と藩を守るため、藩士たちの心と体を鍛錬しようと、十五里の山道を走らせる遠足の開催を宣言。優勝者はどんな願いも叶えられると聞いて、藩士たちが色めき立つなか、勝明の娘・雪姫(小松菜奈)が城を脱走。芸術的才能に恵まれた雪姫は、江戸へ出て絵画を勉強し、いずれは異国へも渡りたいと願っていたが、父からは厳しく反対されていた。重臣の息子で傲慢な辻村平九郎(森山未來)を婿にとって藩を治めるよう命じられ、強い決意のもと逃げ出したのだ。一方、城下の人々の間では、さっそく誰が一着になるかという賭けが始まった。藩でいちばん足が速いのは、足軽の上杉広之進(染谷将太)であった。上杉は両替商の留吉に茶屋で奢られ、一着にならなければ十両渡すと八百長を持ちかけられる。妻子の待つあばら屋へ帰った上杉は、一着と金とどちらをとるか頭を悩ませる。その夜、江戸城では、以前から勝明を警戒していた五百鬼が、安中藩の遠足を“謀反の動き”と見て、アメリカの最新式の拳銃を携えた刺客を放つ。だが翌朝、安中藩に仕える勘定方・唐沢甚内(佐藤健)が五百鬼の企みに気付く。実は甚内は、幕府の命令で藩を監視する“忍び”。藩の上司の植木義邦(青木崇高)にはもちろん、妻・結衣(門脇麦)にさえ打ち明けてはならない秘密であった。やがて、出発点に集結する参加者たち。虚栄心から不正をしてでも一着を取ろうと気合を入れる辻村。だが、その背後には遠足に乗じて江戸まで行こうと計画する男装に身を隠した雪姫がいた。守衛番を解雇された栗田又衛門(竹中直人)は、最後にひと花咲かそうと亡き親友の幼い息子と出場。太鼓の音が響き、開始の掛け声で一斉に飛び出す藩士たち。だが、ほどなく刺客たちが関所を襲撃。甚内は、一刻も早く城へ戻ろうと全力で走り始めるのだった……。

●キャスト●

唐沢甚内 佐藤健
雪姫 小松菜奈
辻村平九郎 森山未來
上杉広之 染谷将太
植木義邦 青木崇高
木幡竜
小関裕太
深水元基
カトウシンスケ
岩永ジョーイ
若林瑠海
栗田又衛門 竹中直人
筒井真理子
門脇麦
阿部純子
奈緒
中川大志
ダニー・ヒューストン
五百鬼祐虎 豊川悦司
板倉勝明 長谷川博己

●スタッフ●

監督 バーナード・ローズ
製作 余海峰 、 吉崎圭一 、 亀山慶二 、 中西一雄 、 依田巽 、 畠中達郎 、 宮崎伸夫 、山田裕之 、 木村正明 、 渡邊耕一 、 狩野隆也 、 樋泉実
チーフプロデューサー 井口高志 、 厨子健介 、 佐々木基
プロデューサー 池上司 、 八木征志 、 大野貴裕
アソシエイト・プロデューサー 三船力也 、 クリスチャン・ストームズ 、 アレイニー・ケント
原作 土橋章宏
脚本 斉藤ひろし 、 バーナード・ローズ 、 山岸きくみ
撮影 石坂拓郎
衣装デザイン ワダエミ
音楽 フィリップ・グラス
企画・プロデュース ジェレミー・トーマス 、 中沢敏明

映画『サムライマラソン』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

View this post on Instagram

 

#サムライマラソン ✨完成披露✨ . キャストの皆さんのやり取りをにこやかに眺めていたバーナード監督は、「皆さんそれぞれ役者としてスタイルが違うし、演じる役も違うけれど、最強のキャストに恵まれました。素晴らしいアンサンブルが生まれており、本当に皆さんの演技に感服」と手放しで絶賛🙌 . 最後に佐藤さんが「これまで様々な現場で経験してきた常識が一切通じない、何もかもが初めての挑戦でした。新しい事に対してもがきながらも、いつも以上に役と向き合ってみんなで力を合わせて生み出したという感のある作品。新時代の時代劇として楽しんでほしい」と公開に向けてアピールし、和やかな雰囲気でイベントは終了しました🏯✨ . 『サムライマラソン』は来月2/22いよいよ公開です😊 . #佐藤健 #小松菜奈 #森山未來 #染谷将太 #青木崇高 #木幡竜 #小関裕太 #竹中直人 #バーナードローズ監督

映画『サムライマラソン』公式アカウントさん(@samuraimarathon)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

◉試写会を見にに行きました。
サムライマラソンと言う映画で
主演は健くんでした。
高速参勤交代みたいな映画かと思ったら、全く違う物でした。又、伊野ちゃんの映画が見たいな~😊
その前にドラマかな😁

映画『サムライマラソン』を観た人の感想、評価、口コミ

◉サムライマラソンの試写会に行ってきた。
★現代の言葉を入れ過ぎ(監督が日本人ではなく脚本をチェックできない?アドリブも多かったらしいから?)
★登場人物に感情移入できず(キャラクターの説明不足)
★盛り上がりに欠ける(佐藤健等の太刀周りが少ない)
★エンディングに興醒め(来年の為の映画?)

 

◉佐藤健主演「サムライマラソン」に行ってきた。
とにかく走りまくる映画。アップダウンの激しい山道を、和装で草履で腰に刀を携えて走りまくる。
そして、走りながらの殺陣にアクションに時々笑いのスピーディな幕末エンタテインメント作品。😊

 

◉サムライマラソンの試写会へ。
いだてんで金栗さん達が走るマラソンは10里ですが、
映画のモデルのマラソン発祥と言われる安政遠足は15里。大変だっただろうなぁ。

この映画では森山未來くんが15里走るわけですが、
ムキムキで胸が揺れまくってました。最後に金栗さんがちらっと

 

◉映画「サムライマラソン」の試写会に行ってきました。
サムライたちが和やかにマラソンする時代劇コメディかと思ったんだけど、
予想より骨太でハードな展開でいい意味で予想を裏切られました…!

 

◉『サムライマラソン』
映画もしっかりとした時代劇だけど面白かった。
たけるさんのアクションと腰の低い殺陣が大好きだと実感。

 

◉サムライマラソン♪
日本史上初のマラソンといわれる大会(安政遠足)を
開催したという史実をもとに作られた作品
行きはマラソンだったはずなのに帰りは“戦”に変わっていた?!
ということでたけるん好きなので観てきました😊
かな~りしっかりと本格的な時代劇でした😄

 

◉森山未來さんも迫力の演技で
佐藤健さんは草として控えめな演技が素敵です😍
そして始終笑わせてくれたのが竹中直人さん!
もう天下一品ですでも凄い役者さんなんだよなぁ~
ちゃんとした時代劇好きな方お勧めです😊
結構笑えるポイントもあるので時代劇好きじゃなくてもOKです♪

 

◉ド派手な忍者としてではなく、
草としての仕事、隠密としての役割を正しく描いてくれていました。
首の飛び方も凄いです😱 ちょっとグロイです😰 PG-12 指定です

 

◉サムライマラソン お友達と行ってきた!
すごい豪華なキャストの映画で、面白かったし、
マラソンと戦のシーンは迫力が凄かった!

 

◉「サムライマラソン」
自然美や遠足での音楽の使われ方が良く映像の流れに乗った
終盤 あの後どうなってるの.と想像してしまう抜け感の不思議さ、
栗田又衛門(竹中さん)で度々笑いが起こる場内🎵
侍が終わる少し前.自由を手にすること生きていてほしい人に生きていてもらえる喜びがあった🌈

 

◉サムライマラソン
原作が、超高速参勤交代の方ということでしたが、エンタメすぎず、
でも重すぎずで面白かったです。

ストーリーはただただ主人公アホやろってだけだけど。
森山未来の役柄が嫌味な中に可愛さがあってよかった。

 

◉『サムライマラソン』いってきたー。
黒澤明の『隠し砦の三悪人』を思わせるようなシーンが目立つ印象。
一個だけ、文書の字がどうも当時の崩し方じゃないのだけめっちゃ気になってしまった笑

 

◉『サムライマラソン』
クセの強い映画でぶっちゃけ好き嫌いは分かれると思うのですが、
ブラックコメディにも思える話をシリアスに描くという作風と、
「サムライがマラソンをしていただけのはずなのに『レザボア・ドッグス』みたいに連鎖的に人が死ぬ」という内容が
個人的にドツボで今年ベスト級です。

 

◉『幕末福男選び』鑑賞
とにかく走る!姫様が逃げ出して変なのが藩を襲ってきてるけど走る!
帰り道に死体が山程転がってるけどそんな事どうでもいいから走る!
そして最後は謎の感動!いやー本当に酷い!(大絶賛)

しかし「安中藩が幕末に遠足をしていた」と言う史実だけで
どうしてこんな変な話が出来上がるのかと思ったら原作がそもそも盛り盛りなのね(´・ω・`)
ただ調べてみると原作は本作でごちゃ混ぜになってる要素がそれぞれ独立していてオムニバスになってると
…余計カオスじゃん(絶賛)

 

 

◉映画サムライマラソンに行ってきました。
時は幕末、安政遠足(あんせいとおあし)を題材にした時代劇。
映像にそこはかとなく「侍映画リスペクト」を感じると思ったら監督のバーナード・ローズ氏は
黒澤明監督らの時代劇映画が大好きだそうで納得。佐藤健さんカッコよかった!

 

◉『サムライマラソン』
参勤交代みたいなコメディーと思い込んで観たのでちょっと勝手が違った(^^)/
でもじゅうぶん面白かったと思う。役者がそれぞれ持ち味を発揮していた。

 

◉『サムライマラソン』ゆるい原作を藤沢周平風に重厚にして、見応えありました。

 

◉サムライマラソンおもしろかった
ちゃんと笑いもあってグロいとこもあったけどすごく良かった
健さんの声が素晴らしくイケボで最初の方のゆたくんのキャラがかわいい
竹中さんの演技がくさくて最高でした みなさんの演技素晴らしかったです

 

◉サムライマラソン 感想
なんだろう… 時間は短く感じた。でも、何となく 見せ場がなかった気がする 殺陣は素晴らしい👏
全体的に 平坦な感じで終わった… 私のあくまでも個人的感想です。
2回目とかなると また違った感想になるかもしれませんが…😅

 

◉「サムライマラソン」見終わる。
走るのが絵になる豪華キャストによる娯楽時代劇。
撮った外国人監督は「子連れ狼」の影響を受けてるような気が
。アタシは好物たっぷりだったので楽しめたが、肩の力を抜いて観た方が良い作品であります。

 

◉映画 サムライマラソンを観ました。
面白かったです。竹中ちゃんが最後ふんどし一丁だったのには笑いました。

 

◉サムライマラソン
勘定方の愉快な仲間達、のシーンがサラリーマン喜劇みたいで可愛かった~

 

◉サムライマラソン初日、観て来ました💕
健くんのナレーション、走り格好良かった💕後半の甚内さん好き💕
面白かったです。また見に行きます。

 

◉「サムライマラソン」鑑賞。
原作の持つユーモアが全て消去されていた。
「超高速!参勤交代」的雰囲気を期待しつつ、そうはならなかった。
原作と映画とどちらが史実に近いのかはよく分からない。

 

◉サムライマラソン超面白かった笑笑 楽しかった〜!! 竹中さん流石すぎた笑

 

◉サムライマラソンめっちゃ面白かった!!
まさか、あの人も忍びだったなんて。
本当に嘘くさくない斬り合いと、身体をはった俳優陣に、圧倒された。
もっと、落ち着いて状況よんで、江戸に手紙おくれば良かったよね。たけるん。(笑)

 

◉サムライマラソン、公開初日、朝一で観に行ってきた😌💓
役者の健さん本当に素敵!健さんの仕事はとってもカッコいいなって思った🥺
私に取っては新しい感じの映画だったな💓💓💓

 

◉『サムライマラソン』鑑賞。
豪華キャストが朝から晩まで実際に走りまくって身体を張って撮影。
監督は自然の天候にこだわり、雨のシーン等は実際に雨の日に撮影したとの事。
この話が史実とは知らなかったので驚いた。

 

◉『サムライマラソン』
「超高速!参勤交代」シリーズの脚本担当の土橋章宏の小説を、
佐藤健主演でバーナード・ローズ監督が映画化した本作は、
豪華キャストと世界トップクラスのスタッフで日本史上初のマラソン大会をエンタメ要素一杯に描き出す。

 

◉サムライマラソン見てきたけど、本気で微妙だった。
なんかストーリーえ…って感じたし、ただただ佐藤健と森山未來がかっこいいだけの映画

 

◉「サムライマラソン」も見てきたけど、これはなんかほんま中途半端な作品。
コメディでもなく、スポコンでもなく、歴史大河でもない、正直いってつまらない。
健くんの無駄遣い。

 

◉サムライマラソン
大河と東京五輪の話題性に乗ろうとして盛大に失敗した印象で誰にもオススメできない

 

◉「サムライマラソン」観た。 面白くない…。
唐突に勃発する容赦ないバイオレンスは最高だが、
いかにもなタイトルに反して終始重々しいテンポ、暗い画面、繋がらないドラマ…
マラソンを期待すると肩透かしだし、時代劇だと思うと盛り上がりに欠ける。
そして最後にはオリンピックマーク……なるほど…。

 

◉サムライマラソン
タイトルがライトすぎるけどわりと血も出るし首が飛ぶ映画だから注意な

 

◉サムライマラソン🏃‍♂️観てきました

あの映画……
青木崇高さんで
良かったんじゃない😢

◉サムライマラソン
予告みて気になり、原作小説は「痛快スポーツ時代小説」てあるのでエンタメ映画かと思いきや、
めっちゃ理不尽にどんどん人が死ぬシリアスな話だった(º﹃º )
原作とはまったく違うみたい…?
また走る小松菜奈。

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 353 times, 2 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-小説, 時代劇
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.