スリラー

【みんなの口コミ】映画『アス』の感想評価評判

投稿日:09/06/2019 更新日:

「狂気と悪夢に覆われた中盤の展開が面白い!スタイリッシュな映像も◎」「最初から最後までジョーダン・ピールの手のひらで転がされているような映画!」「恐怖と願いに満ちた見事な傑作!」


上映中【2019年9月6日(金)公開】

 

『ゲット・アウト』で第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピールが手掛けたスリラー。妻・アデレードが幼少期に暮らした家を訪れ、夏休みを過ごすウィルソン一家の下に、自分たちに瓜二つな“わたしたち”がやってくる。主演は、『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

アデレードは夏休みを過ごすため、夫ゲイブ、娘ゾーラ、息子ジェイソンと共に、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。しかし不気味な偶然が重なり、原因不明で未解決になっていた過去のトラウマがフラッシュバックしてしまう。家族の身に迫る悲劇の妄想をエスカレートさせるアデレード。その夜、自分たちとそっくりな“わたしたち”が現れる。

●キャスト●

ルピタ・ニョンゴ
ウィンストン・デューク
エリザベス・モス

●スタッフ●

監督 ジョーダン・ピール

映画『アス』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『アス』観ました。

同じ姿形をしているのに、声や動作によって
全く別の何かとしてそこにいる気味の悪さが凄い。
あれは発明だと思う。

分断による結束、結束による分断という
二律背反をさらっと提示しているのも良いと思いました。
超怖いし面白い。ウサギもいっぱい出てくるよ🐰🐰🐰

 

◉【映画】『アス』
私達に狙われる✂️
狂気に触れ、狂気が目覚めていく…
"静"の不気味さと"動"のスリル、随所で笑いも味わえる贅沢。

私達の二面性を感じさせる彼ら。"私達でない"彼ら。
一筋縄で行かない監督による題名からは、政治的メッセージも…
恐怖だけでなく、様々な解釈で何重にも楽しめる!

 

◉「アス」初日に観てきた!
ゲットアウトの監督の新作。
事前情報は少ない方がいいので調べずにとにかく映画館へGO!

耳に残る音楽と脳裏に焼きつくシーンの連続、
役者の異常な演技力がどれも怖くて最高!

ホラー苦手な人も楽しめるエンタメスリラーでは…?
観た後の満足度高い…楽しかった…最高…

 

◉『アス』を鑑賞。

家の外に赤いツナギを着てハサミを持った「私達」が立っている。
「私達」が私達に襲いかかる。

赤い「私達」の動きや叫び声😁👍
父親のちょっとズレてる所も😁👍
音楽のチョイスも◎。
劇中ずっと不思議に思っていた事が最後に明らかに。
続編アリの予感😍私好みのスリラーでした👍

 

◉映画『アス』

俺のなかではゲットアウト越えた。

『ゲットアウト』の不気味さはそのままに、
もっと引き込まれて、もっと怖い。

最初から最後までジョーダン・ピールの
手のひらで転がされているような映画でした。

◉『アス』
複製された家族に酷い目に遭わされるのかと思ったら、
影の軍団大集合。大量に人が死ぬのは楽しいと温く感じてたら、
最後の最後に全てをひっくり返す内容には拍手しかない。
ルピタニョンゴの表情が物語の恐ろしさを増幅。

 

◉『アス』
期待通り以上のぶっ飛びまくったモンスターホラーだった。
ただただ不気味な奴らの面白さとクスッとくる笑いの奇妙なマッチと
まさかの展開の連続でまた驚かせてもらいました…
ルピタ・ニョンゴの怪演も素晴らしかった…マジで面白かった。

 

◉『アス』。
『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督作品。
ドッペルゲンガーをテーマにしたスリラー。

最初は穏やかだが、ソックリ家族が現れた瞬間から突然怖くなり、
戦慄の連続。異常な表情、奇声、意味不明な言動。
狂気と悪夢に覆われた中盤の展開が面白い!スタイリッシュな映像も◎。

 

◉『アス』
類似ホラーを想像したがさにあらず。
とてもスケールの大きいサスペンス。
解き明かされる謎のその先も観たい。

 

◉『アス』鑑賞。
優れたホラーは観客に「地下」の存在を思い出させるが、
本作はそれを最良の形で脚本に出来ている。

前作同様、US(アメリカ)と自己の定義がホラーとコメディの間で揺れる。
「私たちはアメリカ国民だ」と言うモンスターに何が出来るのか?
貧困と罪悪感のドラマとして完璧。

 

◉アス

ジョーダン・ピールって黒沢清が好きなのか…?
そんな感じで作り手の「どうです!
○○っぽいっしょ!?」という無邪気さ溢れる、
こちらも色々と読み込んでみたい!と思う程度には楽しめました
ゲット・アウトに続き不気味な演者の顔芸も健在
ただアイデアに引っ張られ過ぎて話がちぐはぐな印象

スポンサーリンク

 

◉『アス』
想像を超える後から来る怖さ⚡︎
かつ社会情勢を交えての映画構成で、
全てを考えて作り込まれているからこそ次は何が起こるのか予想がつかない...
家族4人が全て自分のもう1人を演じる怪奇な演技にも賞賛。

 

◉『アス』怖面白い。
格差社会を絶妙な厭さで見せつける。
前作『ゲット・アウト』より不穏を強調し、間合いを詰める展開がたまらない。
似ているけど異なる私と誰かは何が違う?
もう一度見たい。

 

◉アス
音楽で脅かすタイプのホラー。兎に角キーはお母さん。
お母さんを観察して下さい。

理解すればするほど結末に納得出来ると思います。
後半はちょっと抽象的で(; ・ㅂ・)なんのこっちゃって思った笑
ホラー慣れしてる人はそんなビビる必要ないです笑

 

◉『アス』
ゲットアウト監督さんらしい作品やった!
終始雰囲気が独特で、
次に何が起こるのかドキドキしながら見てました(*´ω`)
良い作品だと思うけど、
個人的にはもっと予想外な出来事が起きて欲しかったかなー。

 

◉『アス』
道理の分からないドッペルゲンガーの容赦ない行動や奇怪さが怖く、
たまにユーモアな部分も魅せ、

最後まで続く問いの答えとメッセージに脳が震える
単純には終わらせず語らない新鮮味あるスリラーです

 

◉「 アス 」
本当に頭おかしい(褒め言葉)
120分間終始不気味で狂っていました。

なんだろう、キャスティングが絶妙というか彼らの演技力が
天才的でとんでもなかったです。

顔の表情や仕草、体の動かし方、どれを取っても最高に恐ろしかったです。
そして衝撃のラストが凄すぎてバカ驚きました。

 

◉『アス』恐怖!
予告とか見る限るドッペルゲンガー、
オカルト的な話かと思ってたけどあの場面で私の恐怖数値が上がった!

考えれば考えるほど恐怖!そして面白い。
前作のゲットアウトを超えて好きオカルト好きは見るべき映画。

 

◉『アス』
こんなにも短いタイトルにまで深い意味が込められた作品。
ジョーダン・ピールって本当に頭良いんだな…ひたすらに脱帽。

ホラーって、そんなに得意じゃなくて…
でも、「もう一度観たい!」それに尽きる。
これもまた、世界を知る作品。

 

◉『アス』鑑賞。
総じて緊張感と恐怖で気が抜けないけど抜かなくて正解だったラスト。
社会的メッセージの余韻もあるのでとにかく後味がすごい。
そして監督が怖いとしているあの動物が私も同じで親近感。
可愛いと思えないんだよなぁ…

 

◉『US アス』
冷戦を終え“大きな仮想敵”を失ったUS(私たち、米国)は
自分たちの信じたものの勝利により平和や平等な世界が訪れると
夢想したが敵なき自我に自制はなく肥大する欲と欺瞞という名の正義が
一度は団結した絆を分断しいつしか自身に刃を向けるものへと変貌した。
埋まらぬ溝に拡がる格差。

すぐそこにある声に耳を傾けることのない偽善と欺瞞に満ちた
欲深き正義は目には見えぬがすぐそこに存在するUSによって
取り返しのつかぬ“何か”を生んでしまったのかもしれない。

だからこそ“断ち切る”のではなく手と手を取り合って
“形作ら”ねばならないのだ。恐怖と願いに満ちた見事な傑作!

 

◉『アス』鑑賞。
ある黒人一家が避暑地で目の当たりにする
「もう一つの自分たち」を描いた、正にUnited Statesだからこそ成り立つ、白昼の悪夢。

前作『ゲット・アウト』同様、恐怖と笑いの振り子を微妙な加減で揺らす、
ジョーダン・ピール監督の掌で弄ばれた様な、不思議な浮遊感。さあ、手を繋ごう。

 

◉『アス』
ドッペルゲンガーに襲われるホラー映画。
「ゲットアウト」と共通しているのはのっとりとか成り代わりかな。
内容はホラーだけど、
見せ方はそんなに脅かしてこないので、やはり話しがうまい。

 

◉「アス」鑑賞
幸せ金持ちファミリーVSそっくりドッペルさんの仁義なき殺し合いホラー…

侵入者ものホラーかなと思ったら中盤から黒沢清のホラー映画みたいな展開になる…

まぁジョーダンピールだからあながち予測はしてたからスンゲエエとはならなかったな…
映画の中でアレクサ初めて見た

 

◉『アス』
〝わたしたち〟が築いた世界が影となって追ってくるホラー。
足元からゾワゾワとくる恐怖や唐突さの中に込められた台詞や演出が持つ多義性。
しかも、その大胆不敵さ込みで流石の脚本力。
問い掛け、活劇、暗喩。L.ニョンゴと非の打ち所がない

 

◉『アス』鑑賞。
自分とは何によって構成され、定義されるのか。
マジョリティが抱く、自分達がマイノリティに取って変わられるのではないかという不安と恐怖。
ラスト5分、その境界線が崩壊する。
我々の持つ、"自分達に似た異なるもの"に対する意識を描き出した傑作。

あれ、人間の鎖だよね……。

 

◉映画「アス」鑑賞。
夜中の別荘の前に4人立ってた時がピークで不気味だった。
★★★☆☆

 

◉Us アス鑑賞。
想像よりパニックホラー寄りだった。
ネタバレ気味の感想はnoteに書くけど、怖さも謎も最後まで楽しめたが、
時折感じるシャマランみは、なんだったんだろう…w

 

◉『アス』鑑賞。怖ぇぇ……。
不気味でひりつくような雰囲気と
先がどうなるか読めない展開に戦々恐々しっぱなし。
話が進むにつれて物語のジャンルも遷移していくので、
どう落とし込むんだろうと思っていたらあのラストですよね。

 

◉『アス』

結末云々よりもこの映画に込められた多義性と
スリラーとしての展開の面白さで2時間引っ張れる映画!面白かった!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-スリラー
-, , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.