歴史ドラマ

【みんなの口コミ】映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』の感想評価評判

投稿日:03/12/2019 更新日:

「凛とした佇まいながら強心臓メアリーに脱帽!」「メアリーの母親の顔と最期の姿が印象に残りました!」「歴史物ですが現代に通じる悲哀のある作品!」


上映中【2019年3月15日(金)公開】

 

スコットランドとイングランド。激動の16世紀に生きた2人の女王の運命が交錯していくさまを描く歴史ドラマ。スコットランド女王のメアリーを『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、エリザベスを『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーという若手演技派2人の共演によって、ドラマティックな物語がつづられる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

スコットランド女王メアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)は16歳でフランス王妃となり、18歳で未亡人になると、スコットランドで再び王位につく。しかし、当時のスコットランドを支配していたのは、従姉でもあるイングランド女王エリザベス1世(マーゴット・ロビー)だった。メアリーは自身のイングランド王位継承権を主張し、エリザベスの権力を脅かす。恋愛や結婚を経験し、気高く美しいメアリーに、エリザベスは複雑な感情を抱く。それぞれの宮廷内部で起こる裏切りや反乱、陰謀が2人の王位を危険に晒し、歴史の流れを変えていく……。

●キャスト●

メアリー・スチュアート シアーシャ・ローナン
エリザベス1世 マーゴット・ロビー
ヘンリー・スチュアート/ダーンリー卿 ジャック・ロウデン
ロバート・ダドリー/レスター伯爵 ジョー・アルウィン
ベス・オブ・ハードウィック ジェンマ・チャン
ジェームズ・ヘップバーン/ボスウェル伯爵 マーティン・コムストン
リッチオ イスマエル・クルス・コルドバ
マチュー・スチュアート/第4代レノックス伯爵 ブレンダン・コイル
メイトランド卿/サー・ウィリアム・メイトランド イアン・ハート
ランドルフ卿/サー・トーマス・ランドルフ エイドリアン・レスター
ジェームズ・スチュアート/マリ伯爵 ジェームズ・マッカードル
ジョン・ノックス デヴィッド・テナント
ウィリアム・セシル/バーリー男爵 ガイ・ピアース

●スタッフ●

監督 ジョージー・ルーク
製作 ティム・ビーヴァン 、 エリック・フェルナー 、 デブラ・ヘイワード
製作総指揮 アメリア・グレンジャー 、 ライザ・チェイシン 、 ケイト・パッケナム
原作 ジョン・ガイ
脚本 ボー・ウィリモン

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

◉ふたりの女王 メアリーとエリザベス 試写会
シアーシャとマーゴットが約500年前に実在した対立する女王を演じる。
人間とは、世の中とは、いつの時代も欲望や策略・嫉妬にまみれやるせない。辛い。
風景ショットの壮大さ、歴史映画の面白さ!赤の女王状態のマーゴットの演技も良かった。

 

◉『ふたりの女王メアリーとエリザベス』最終試写と、続けて『ある少年の告白』を観る。
二つの映画に共通する「愛と理念の葛藤」という大テーマにおののく…どちらもサントラが素晴らしい。

 

◉現代のカリスマ作曲家マックス・リヒターが音楽を手掛けた映画《ふたりの女王 メアリーとエリザベス》試写。
激動の16世紀英国を壮大なスケールで映像化。
それぞれ気高い女王魂を持ち、本当は誰よりもお互いに理解し合っていた
ふたりが運命に翻弄されて袂を別ってしまうのが哀し過ぎるわ。

 

◉ふたりの女王、試写会。
映画自体のレビューはあとでじっくりするけど、
上映後のトークイベントは作品がすきなひとあるいは英国史に関心のあるひとにして頂きたかった。
そもそもエリザベスとメアリーが超有名なペア(と言っていいのか)であることすらご存じなかったようで…

◉試写の映画はなかなかによかった。
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス。」

かくも女王とは孤独なものなのか。そして強いものなのか。
現代におけるジェンダーの問題が透けて見える。
彼女たちを黙って取り囲む黒い服の男の中に私自身がいないかと問われているようでもあった。

 

スポンサーリンク

 

◉ふたりの女王 メアリーとエリザベス 鑑賞。
精神的な部分に策略した権力争い面白かった!

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

 

◉映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を鑑賞。
歴史に疎い自分が飲まれました。女王の2人、共に素晴らしい存在感。
特にシアーシャ・ローナン!彼女の『女王』感、彼女は将来きっとメリル・ストリープになるでしょう…
歴史物ですが現代に通じる悲哀のある作品、オススメします。

 

◉『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
最初に結末を見せるのは歴史として周知の事実だからか。
そこに行き着くまでを主にメアリーの視点から描く。
時代劇だが、女性を蔑視する男性達という裏のテーマや、裏切りや嫉妬、複雑な愛と憎悪が興味深い。

 

◉『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
位があるが故の親子、夫婦、兄弟が想像を絶していた。女は強いだけてはなかった。

 

◉『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
攻めのメアリーと守りのエリザベス。
女王として頂点に立つ者同士わかり合えたはずなのに、対立したまま迎える終盤。
深い悲しみを覚えました。

 

◉『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
スコットランドのメアリーと、イギリスのエリザベス、同時代にいたふたりの女王。
二人は対立しながらも、互いに意識し合う間柄。
男社会の中で気丈に振る舞うけれど、陰謀に巻き込まれていく姿は切なかった

 

◉ジャクロがなかなかクソな役してます☺️
「僕の女王になって」ってプロポーズするわりにまじで王の座狙ってるから途中訳わかんなくなった(笑)
リッチオのめった刺しシーンがもう悲しかった。

 

◉ふたりの女王メアリーとエリザベス

すごく面白かったけど心が痛み過ぎて自分の中では面白いという言葉は適切ではないと思った作品。
最後は涙が溢れて止まらなかった。

カトリックとプロテスタントの宗教問題が想像以上に色濃く絡んでた。
最近続いている女王作品とはまた毛色が結構違うしすごく好き。‬

メアリーの人物像、衣装や装飾品も全てにおいてすごく素敵で好みだったし
凛とした表情で馬に乗って颯爽と走るシーンもたまらなく美しかった。
やっぱりシアーシャローナン最高。

職業病だけどエリザベスが付けていた黒蝶のバロックだと思われる
一粒ピアスが飾らない衣装の時に良い雰囲気ですごく素敵だったマーゴットロビーの
今までにない雰囲気の役柄がとても良くてエリザベスの立場や心境も
メアリーとは違う意味でとても胸が痛かった。

ジェンマチャンも程良い存在感があったし
女性キャストが個人的に好きな方ばかり。観れてよかった。

 

◉公開初日★.. .観てきた★.. .

映画はメアリーの最期から始まる
メアリー、エリザベス全く性格の異なるふたり

私はこの映画では
エリザベスがとてもかわいい人に思えて
メアリーよりエリザベスが好きって思った

そしてエリザベスの側にいるロバートが本当優しくて
エリザベスが天然痘にかかった時に寄り添ってくれたときにはうるうるしちゃった

あと
エリザベスが馬小屋で仔馬を見て
自分の影をちょっと細工して微笑んでるところ

でも
その顔は直ぐに悲しい顔になるの泣ける

ずっと対面せずのやり取りだけだったメアリーと
エリザベスが最後に顔を合わせて話す場面

メアリーにぶつけるエリザベスの思いが切なかった 、、、と
私はエリザベスの事ばかり書いてしまっているけれど

メアリーの方が出てくるシーンは多かった様な気がする
そんなことない?
メアリーは強く

エリザベスは強そうに見せて弱い人だと思った
面白かった★. .

 

◉映画[ふたりの女王メアリーとエリザベス]
邦題や宣伝文句は完全なミスリード😒
原題「Mary Queen of Scots」とあるようにほぼ、メアリーと男達(臣下)との政争の物語。
エリザベスは思ったほど出てこない。邦題つけたの誰や!

 

◉『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』これは超良い映画ですよ…!
シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーの演技合戦に見惚れ、
現代にも通ずるジェンダー論やLGBTへの理解なども描かれるのが誠実。
権力を欲するがあまりに(あるいは選択の余地なしに)不幸の歯車が回っていく様が切ない。

 

◉『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』。
女性が王位の座につくことを快く思っていない輩の陰謀や内乱に巻き込まれてしまう、
『女王陛下のお気に入り』とは別ベクトルの王室権力バトル映画!

 

◉『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』。
個人的な意見ですが、シアーシャ・ローナンが主演の映画はハズレがない。
好奇心や繊細さと強さを持つ女性の役を演じたら、天然な可愛らしさまで溢れ出る。
今作はエリザベス役のマーゴット・ロビーも見事。お二人の心理戦は見逃せない!

 

◉「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
映画はタイプの違う二人の女王の強さ、個人の気持ちよりと国を守る為の選択、
苦悩などぐいぐい引きこまれました。
個人的にはメアリーの母親の顔と最期の姿が印象に残りました。

 

◉鑑賞。
今までこの時代の映画を好んで観たことはなかったけれど
もっと国内外の歴史を勉強したいと思えるきっかけになった。

男だから、女だから
そんな言葉関係なく
いろんなことを考え
いろんなことに挑戦し
エリザベスのように強い決意で何かを守り
メアリーのように恐れずに進んで行く力をつけていきたい。

500年くらい前の映画だけれど
変わらない人間の性分を感じた映画。

 

◉「ふたりの女王、メアリーとエリザベス」観た

面白かったねえ。「ブーリン家の姉妹」と地続き、スコットランド側の女王周りのどろどろ劇。
陰謀裏切り嫉妬いがみ合い全部盛り。

「エリザベス」の製作陣が同時期のスコットランド側に着目し
製作と知り納得の1本。ストーリーから衣装まで満足。
いつの時代も権力と欲がからむと悲惨だけども、
そんな中凛とした佇まいながら強心臓メアリーに脱帽。

あと、この手の歴史物は縦横にいろんな映画が繋がって面白いよね😁
音楽はマックス・リヒターでしたね。

 

◉ふたりの女王メアリーとエリザベス、素晴らしい映画だった…
2時間あっという間に終わった…
メアリー・スチュアートの視点。こういうのが欲しかった。
エリザベス側のはよくあるんだけど、逆をあまり見た事がなかったから新鮮だった。
同じ時代の出来事も、視点を変えると全く違った。見てよかった。

 

◉まあ、私が不勉強なだけで、メアリー・スチュアート側の作品を知らなかっただけの可能性は大いにあるんだけどね。
ずっとまともに映画見てこなかったからなあ。なんともったいない時間を過ごしてきたんだ…

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-歴史ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.