【みんなの口コミ】映画『いちごの唄』の感想評価評判 - ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末

青春ラブストーリー

【みんなの口コミ】映画『いちごの唄』の感想評価評判

投稿日:

「銀杏BOYZ好きなら間違いない!」「楽曲も素敵で、事前の予想を上回る心温まる良質な作品!」「悲しみを乗り越えていく展開に感動する!」


上映中【2019年7月5日(金)公開】

 

ロックバンド、銀杏BOYZの楽曲をモチーフにした青春ラブストーリー。偶然の再会を機に、中学時代の親友の命日である七夕にだけ会うことを許された男女のせつない恋模様が描かれる。主人公の青年をフリーアナウンサーの古舘伊知郎の息子で歌手としても活躍する古舘佑太郎、ヒロインを『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石橋静河が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

冷凍食品の製造工場で働いている笹沢コウタ(古舘佑太郎)には、伸二(小林喜日)という親友がいた。中学1年のとき、クラスのなかでは全然さえないふたりは親友になり、最高の青春時代を送っていた。ふたりは大好きなあーちゃんこと天野千日(石橋静河)を“天の川の女神”と勝手に呼び、偶像崇拝していた。孤児院育ちの伸二は大好きなビートルズを真似して、孤児院の庭をストロベリーフィールドの花でいっぱいにすることを夢見ていた。しかし伸二は、千日を交通事故から守り、身代わりとなって死ぬ。10年後の伸二の命日、コウタと千日は偶然高円寺で再会する。それからふたりは、1年に1度、伸二の命日に逢うことを決める。1年に1度だけの逢瀬を繰り返し、コウタは次第に千日に心惹かれていく。何のとりえも自信もないコウタはその想いを伝えることができず、そして何も語ろうとしない千日との間に溝ができていく。ある年、千日は「私は天の川の女神なんかじゃない!」と口にし、伸二との過去の関係を告白する。翌年、千日は約束の場所に現れなかった。それでもコウタの想いは止められなかった……。

●キャスト●

笹沢コウタ 古舘佑太郎
天野千日 石橋静河
コウタの母 和久井映見
コウタの父 光石研
天野千日(中学生) 清原果耶
伸二(中学生) 小林喜日
笹沢コウタ(中学生) 大西利空
シゲ 泉澤祐希
かずみ 恒松祐里
涼子 しゅはまはるみ
渡辺道子
ポール・マグサリン
シゲ(小学生) 山崎光
震災の女の子 蒔田彩珠
吉村界人
アケミ 岸井ゆきの
ラーメン屋 峯田和伸
園長先生 宮本信子

●スタッフ●

監督 菅原伸太郎
製作 小西啓介 、 岡本東郎 、 宮崎伸夫
プロデューサー 小西啓介
協力プロデューサー 長井龍 、 飯田雅裕 、 筒井史子 、 松岡周作
アソシエイト・プロデューサー 南陽
原作 岡田惠和 、 峯田和伸
脚本 岡田惠和
企画プロデューサー 馬上千明
撮影 岩永洋
音楽 世武裕子 、 銀杏BOYZ
主題歌 銀杏BOYZ

映画『いちごの唄』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉映画、『いちごの唄』を観た。
主人公は最初から最後まで片思いだった。
この映画は何が言いたかったのだろう。ヒロインの私生活が謎過ぎる。
ヒロインの名前を使ったネタが面白い。
主人公は最初から最後まで情けないままだった。
感想を言い辛い作品だ。 織姫と彦星でないことは確かだ。

スポンサーリンク

 

◉『いちごの唄』
原作を読んだ時から主人公コウタがあまりにも聖人で
銀杏BOYZがテーマの作品にはちょっと合わないなーという違和感、映画で加速。

性欲との葛藤的なシーンが全くなくて少なくとも初期銀杏ファンは
銀杏にそんな自分を照らし合わせて悶絶してた事が恥ずかしくなるレベル。
爽やかが過ぎる!笑

 

 

◉いちごの唄、見てきました
見覚えのある景色ばっかりで面白かったです、
アホだから言葉にできないんですけどめちゃくちゃ良かったです...
映画館に「犬人間」が流れる世界、想像したこと無かったな

 

◉映画「いちごの唄」観ました。
応援している俳優さんばかりで、前から観たいと思ってました♪
とても丁寧に気持ちを追いかけることができて、途中何度か涙溢れました。
後悔も悲しみも、やりきれないものにとどまらず、
ほどけた心の傍にいつも寄り添う温かさがあってよかったです✨

◉はい映画鑑賞終了🐸
今から事務所で仕事・・・
夜の予定も入ってたようで
何か(。´-д-)ダル。
いちごの唄のゆるい感じ好きです(๑′ᴗ‵๑)

 

◉『いちごの唄』
この世界が銀杏なんだーって思われると「いえ、違うと思います」って事であって、
この映画自体はしっかり泣けたし、古舘君も俺にとっても女神であるところの石橋静河もすごく良い。
だから『ボーイズオンザラン』も同時上映にして知らない人は補完して欲しいっていう気持ち。

 

◉『いちごの唄』
めちゃくちゃ素敵、こういう頃が懐かしい。

 

◉朝イチで『いちごの唄』を観てきた。
千日ちゃんの台詞の後、ゾワゾワきた。きゅ〜ん。泣けるなぁ。
映画の後もいろいろ想像できて…。素敵な映画だった。

 

◉『いちごの唄』
いきなり妙なテンションにびつくりですが、コウタの純粋で
真っ直ぐな魂がシンジ君と通じたのかな☺見守る家族もじんわり温かいです🏠

年に1度だけの再会に迷わず同じ黄色(好きだけど)Tシャツなのは適応規則性。。。
フォレストガンプを思い出しちゃったけど、なにゆえ年中半ズボン😆

 

◉『いちごの唄』
心を空っぽにして何でも受け入れるピュアな気持ちで見ると楽しめる映画かも

 

◉『いちごの唄』
今は亡き親友のシンジ君、当時まだ中学生なのにスゴ過ぎ!
心根の優しいコウタを見抜き、そっと千日ちゃんを見守り続け、
ふたりへの贈り物のような東京の片隅での再会。
楽曲も素敵で、事前の予想を上回る心温まる良質な作品でした☆

 

◉映画「いちごの唄」
銀杏BOYZ好きなら間違いない。
峯田界隈の役者さんがたくさんゲスト出演している。
こんな映画が見れるなんて、思いもしなかった。

 

◉『いちごの唄』
不器用でも、傷が疼いても、生きてていいんだと思うことが出来る作品。
岡田惠和氏の脚本は心に滲みる。言葉に救われた気持ちになった

 

◉『いちごの唄』
子役時代の物語が特に好き。
あーちゃんは中学生の男子が憧れるミューズそのもの。

子供の頃に見た景色を大人になって見返した時の、
何とも言えない気持ちに初恋は似てるのかな。
ラーメン屋さんと猫も可愛いし、ユウタの家族も好き。

 

◉『いちごの唄』。
岡田惠和脚本、銀杏BOYZの楽曲からインスパイアされた青春ドラマ。
「ひよっこ」のキャストが結構被ってる。
同ドラマで存在感を発揮した古舘佑太郎が純粋で真っ直ぐな主人公を好演。

心を閉ざした女の子を再生へ導く天使のような青年。
悲しみを乗り越えていく展開に感動する。

 

◉映画いちごの唄
田口さん、みうらさんに笑

甘酸っぱい=泣きそうになる

 

◉映画『いちごの唄』鑑賞
青年コウタ君、学生時代憧れてた千日(ちか)ちゃんに七夕に偶然の再会。
青春、と銘打たれるものにかまえてしまう私ですが、
作る方達の世界に対するあったかい眼差しを感じて、応援する気持ちが溢れる。
物や動物の扱われ方がなんとも優しくてほっこり。

宮本信子さんの園長が好きだった。
園長先生は悲しみも後悔も抱えるというより、したためているようで、この方の人生が気になった。
抱えた人と接するという立場もあるのかな。
ひねくれ者の私でも登場人物達が笑顔になる度に
素直に「良かったね;;」と思える作品て嬉しい

 

◉『いちごの唄』。
中学校の頃、女神と崇めていた女性と再会。
子供の頃の憧れの人への思いってこんな感じだったかも。

主人公は、彼女を女神と思っていたけど、
彼女から見ると彼は救いの天使だよね。二人の会話の雰囲気よいな。

 

◉『いちごの唄』
地方から上京し働く素朴な青年を古舘さんが演じる。半ズボンが印象的。
彼の幼なじみで憧れの女性を石橋静河さんがしっとりと演じた!
笑ったりホッコリしたり、ハラハラしたり。
こういう恋愛映画もいいですね!刺激少なめもいいね!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-青春ラブストーリー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.