必読!5分でわかる!スターウォーズ 全作品エピソードまとめ! - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

特集

必読!5分でわかる!スターウォーズ 全作品エピソードまとめ!

投稿日:12/15/2015 更新日:


star-wars-wallpaper

12月15日に全世界同時公開となる「スター・ウォーズ/最後のジェダイ
世間の盛り上がりに乗っかって、スターウォーズの最新作を観たいと思っているけれど、今からでは全7作品をチェックするには時間がないという方に、今回は「5分で分かるスターウォーズ 全作品エピソードまとめ」と銘打って一挙に紹介、解説をしていきたいと思います!

勿論、スターウォーズ入門初心者から、上級者の復習としても役立つ内容となっておりますので是非最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」公開前にチェックしてみて下さい!

前置き

今回は、全エピソードをEP1~EP6の時系列順番で紹介していきますが、当サイトとしては、映画を見る際には公開順の「EP4~EP6」→「EP1~EP3」の順番で観ていただく事をオススメ致します!

スターウォーズ エピソード1「ファントム・メナス」

(1999年公開/3D版:2012年公開)

「エピソード4」の主人公、ルーク・スカイウォーカーが生まれる前の話

「エピソード4」の主人公、ルーク・スカイウォーカーが生まれるずっと以前、「遥か彼方の銀河系」は銀河共和国が統治する平和な時代でした。

シリーズを通して主人公側として描かれるジェダイ(ライトセーバーを操る騎士)はその守護者でした。

ところが辺境の惑星ナブーを対立する通商連合が封鎖した為、ジェダイの騎士団は若きオビ=ワン・ケノービ(以降、オビワン)とその師匠であるクワイ=ガン・ジン(以降、クワイガン)をナブーへと派遣した。

オビワンとクワイガンは、ナブーの女王アミダラを救出し、辺境の惑星タトゥイーンへのがれるが、そこで異常なほどのフォース(超能力の様なもの)の高い少年アナキン・スカイウォーカーの出会う。

悪のフォース使い集団「シス」の登場

クワイガン等はナブー閉鎖の裏に、1000年間途絶えていた悪のフォース使い「シス」の匂いをかぎつける。

しかし、そんな彼らの前にシスの使い手、ダース・モールが出現した!

クワイガンはダースモールとの戦いで命を落とすことになるが、クワイガンの遺言を果たすべく、オビワンはアナキンをジェダイの騎士に育て上げることを決意した。

スターウォーズ エピソード2「クローンの攻撃」

(2002年公開)

アナキンは青年に、オビワンはパドメ(アミダラ)と恋に

「エピソード1」から10年後の話。
主人公のアナキンは立派な青年に成長していたが、己の力を過信するところがあり、オビワンは心配していた。

腐敗が進む銀河共和国から分離主義者が離脱を表明したが、その裏で手を引いていたのは「シス」であった。

一方、アナキンは女王を引退したパドメ(元アミダラ)と禁断の恋に落ちた。(ジェダイの掟では執着を生むとして禁じられていた)

共和国VS分離主義者

分離主義者はロボット軍であるドロイド軍で共和国に反旗を翻すが、共和国は秘密裏に開発を進めていたクローン・トルーパー兵団を使って勝利をおさめた。

スターウォーズ エピソード3「シスの復讐」

(2005年公開)

黒幕の登場

「エピソード2」から4年後の話。

共和国と分離主義者の対立は、共和国が優勢の状態で落ち着いていた。

そんな時、分離主義者に共和国議会議長のパルパティーンが誘拐されるが、オビワンとアナキンが救い出す。

しかし、このパルパティーンこそが長年にわたり陰謀を企てていた「シス」の暗黒卿ダース・シディアスだった!

密かにジェダイの掟を破ってパドメと結ばれていたアナキンだが、愛するパドメが死ぬという予知夢に苦しんでいた。

そんな心を見透かすように「シス」へ勧誘するパルパティーンの姦計によりアナキンはジェダイの一人を殺してしまう。

ダース・ベーダーの誕生

退路を断たれたアナキンは「シス」になればパドメを救えるとの思いから、ついにパルパティーンに屈して”ダークサイド”に落ちてしまい、「シス」へと変貌をとげてしまうのであった。

スポンサーリンク

「シス」となったアナキンだが、オビワンと対決して重傷を負うことになる。

瀕死のアナキンはパルパティーンにより全身をメカで覆われてダース・ベーダーとして新たな人生を歩むこととなった。

オビワンは、アナキンとパドメの間に生まれた双子を別々の惑星に預けるが、これが「エピソード4~6」の主人公であるルークと妹のレイアである!

スターウォーズ エピソード4「新たなる希望」

(1977年公開/特別篇:1997年公開)

伝説を生む第1作目 青年のルークが主人公

「エピソード3」で赤ん坊出会ったルークは砂の惑星タトゥイーンで農家を営む叔母夫婦に育てられ青年に成長していた。

そんな彼は皇帝となったパルパティーン率いる銀河帝国と共和国の残党で結成された反乱軍との戦いに巻き込まれることになる。

ルークは類まれなる能力を発揮して宇宙海賊ハン・ソロと共に帝国軍に囚われていたレイア姫を救い、反乱軍に加わり帝国の巨大兵器デス・スターの破壊を成し遂げた。

オビワン VS ダースベイダー(アナキン)

ルークの師匠オビワンは、宿敵ダースベイダーとの一騎打ちに敗れ霊体にになってしまう。

ルークは生前のオビワンから「フォース」を操る「ジェダイの騎士」という人々が存在し、自分の父親がその一員であることを聞かされていた。そして父親を殺したのは元ジェダイのダースベイダーということも聞かされていた。

スターウォーズ エピソード5「帝国の逆襲」

(1980年公開/特別篇:1997年公開)

ヨーダのもとで修業するルーク

「エピソード4」から3年後が舞台。

デス・スターを破壊されたものの勢力を拡大する帝国軍は、反乱軍を一掃するべく一大攻勢を仕掛けていた。

ルークはオビワンの霊の導きで、伝説のジェダイ騎士ヨーダのもとで修業に励んだ。

一方、ルークと別行動していたハン・ソロとレイア姫の間にはロマンスが芽生え始めていた。

しかし、ハン・ソロは帝国軍の罠にはまってしまい冷凍状態にされてしまい、その体は賞金稼ぎに持ち去らわれてしまう。

ルーク VS ダースベイダー

ルークはダースベイダーとライトセーバーで対決するが、戦いのさなか「アイ・アム・ユア・ファーザー(私がお前の本当の父親だ)」と聞かされて動揺してしまい、腕を切られてしまう!

防戦一方の反乱軍はどうなってしまうのか!?

スターウォーズ エピソード6「ジェダイの帰還」

(1983年公開/特別篇:1997年公開 2004年までの旧邦副題:『ジェダイの復讐』)

ハン・ソロの救出に向かうルークたち

「エピソード5」から1年後の話。

帝国軍は強大な第2デス・スターの建造を進めていた。

ルークとレイアは、冷凍状態にされオブジェにされていたハン・ソロを宇宙マフィアのジャバ・ザ・ハットから奪還した後、反乱軍と合流した。

反乱軍はデス・スター攻撃の妨げとなる防衛システムを叩くために、緑の惑星エンドアに上陸するが、そこでイウォーク族という小さなクマのような先住民族に出会う。

ルークはダースベイダーを改心させるため、自ら進んで対峙するが、耳を貸さないダースベイダーによってパルパティーンのもとに連行される。

「シス」の勧誘を拒絶するルークは皇帝の圧倒的なフォースの力でやられかけるが、最後の最後に良心を取り戻したダースベイダーによって命を救われる。

最後の力を振り絞って皇帝パルパティーンを倒したダースベイダーも死に、時を同じくして帝国軍に最後の戦いを挑む反乱軍の攻撃により建造中のデス・スターも爆発。

銀河に平和が戻ったかに思われた…。

スターウォーズ エピソード7「フォースの覚醒」

(2015年公開)

star-wars-wallpaper

「エピソード6」から30年後の世界。

離別した家族との再会を待ち続けながら、砂漠の惑星ジェグーで暮らす孤独なヒロイン、レイ。

ある出会いによって彼女の運命は一変する。

エピソード7に関しては、物語の全経をまとめていますのでそちらでじっくりとストーリーをおさらいしておこう!

続きは是非劇場で!!


スポンサーリンク

-特集
-, ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.