【口コミ・ネタバレ】映画『ハドソン川の奇跡』の評判、評価 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『ハドソン川の奇跡』の評判、評価

投稿日:09/24/2016 更新日:


「洗練され一切の無駄のないタイトな仕上がり!ラストに向け上昇し続けるエモーション!」「この作品はやはりIMAXで観て!」「紛れもなくイーストウッド監督による英雄映画だ!」「イーストウッド絶好調!」

 

hudson_kiseki_01
上映中【2016年9月24日(土)公開】

 

制御不能になった機体をハドソン川に不時着させ、乗客乗員全員を救ったサレンバーガー機長の実話を、クリント・イーストウッド監督&トム・ハンクス主演で映画化したヒューマンドラマ。パイロットとしての長年の経験から、不時着という手段で乗客を救いながらも、周囲から疑いの目で見られるサレンバーガーの苦悩を描く。-Movie Walker-

 

 

映画『ハドソン川の奇跡』を観た人の感想、評価、口コミ

ハドソン川の奇跡面白かった! 相変わらずアーロン・エッカートイケメンだった(´∀`=)

 

冒頭、製作会社ロゴと3カットの切り返しで涙腺崩壊(笑)。とりあえず役者が立ってる。NTSBの議長はムカつくし、アーロン・エッカートがムチャクチャいい。アカデミー助演獲るんじゃないかってぐらいいい!客も入ってたし大満足。

 

「ハドソン川の奇跡」大学時代、福知山線脱線事故についてのレポート書いたこと思い出した。あのとき、比較ってわけじゃないけど様々な公共交通機関の事故について調べたんだよなぁ。

 

「ハドソン川の奇跡」地味な作品だったけどよかった。スピルバーグ風のイーストウッド作品という印象。しかし、アメリカ人はヒーローが本当に好きだな。常にヒーローを求めてる。実際、サリーはヒーローだけど。

 

[ハドソン川の奇跡] イーストウッド史上最もコンパクト。その唐突とも取れる"あっさり"に一瞬戸惑うも、作中に消化不足は微塵もなく、飛行機事故とその後の討論を含めた決着までが1つの娯楽として画面に現れる。綺麗な物語であると同時に、丁寧なスペクタクル。イーストウッド、あんたは凄いよ。

 

『ハドソン川の奇跡』鑑賞。 めちゃめちゃ良い!! イーストウッド全然ハズしませんなー。 事故の回想シーンが若干くどい気もしたが、それぞれ視点も違うし、、、まぁ、必要かー。

 

『ハドソン川の奇跡』 誰か早く担当管制官に教えたげてよ〜 1人知らずに会議室で泣いてるとか気の毒すぎる… そしてやっぱりやたらと怒鳴ったり絶叫したりする人出てこないの安心する。

 

『ハドソン川の奇跡』 原題は"SULLY"なのね。奇跡とか奇蹟も好きよね… 性格は違うけど職人気質なトム・ハンクス今年2本目。 奇跡と言うよりはサリー機長が言ったように関係者が皆ちゃんと仕事したからってのが大きいんだろうな。

 

「ハドソン川の奇跡」鑑賞。 作品の良さはともかく、しょうもない話やけれどかなり早い時間から尿意に襲われた当方。 タオルを目に当て泣くテンションの一杯一杯さ。緊迫感。 ドラマチックさに何だか違うフィルターも掛かってしまった。

 

クリント・イーストウッド監督『ハドソン川の奇跡』鑑賞。自分も記憶にあるハドソン川への飛行機の緊急不時着水をサレンバーガー機長の視点から描いた作品。現場にいた人間の決断や意思について、その背景やその後のフォローを軸に描くイーストウッド監督らしい切り口。良い意味で期待通りの内容。

 

映画「ハドソン川の奇跡」 近頃はやたら神ってる神ってるなどと 感動をあおり立てるがごとき奇跡がインフレ化している でも、ここには英雄など存在しない そしてこれは奇跡なんかじゃない そう、ごく当たり前になされたグッジョブ プロフェッショナルとはそういうものである

 

「ハドソン川の奇跡」、2KIMAXでもやはり高精細にちゃんと見えるほどに本編自体のマスターが良いんだな。作品的にもクリアな映像だからこそ映える回想やトラウマ、またクリアなはずなのにどこまで信じていいのかわからなくなる展開、そして冬の寒い寒いニューヨークの雰囲気にマッチしてて良いぞ

 

『ハドソン川の奇跡』うんうん。ん?終わった…思った以上にトム・ハンクスな映画(御大はスピルバーグのチームと相変わらずなんでしょうか)。イーストウッドお馴染みなテーマ(久々ローラ・リニー)にハンクスの過去作品が接近し…タイムズスクエアのシーンが秀逸(小ネタ)。あと編集が替わった。

 

 

『ハドソン川の奇跡』9.11後のアメリカで、『アメリカン・スナイパー』に続き、監督はアメリカ的な善と美、正しさや良心を、その反対にあるものも織り交ぜて描こうとしているように見える。光り輝いているように見えて、どこか居心地の悪く不穏な気配。これからも彼の作品を注視せずにいられない

 

『ハドソン川の奇跡』またもイーストウッド監督による優れた作品。事件検証の経過に合わせて事件を様々な角度から映し、改めて奇跡と言わざるをえない恐ろしさ。トム・ハンクスと、アーロン・エッカート、2人のプロフェッショナルな仕事ぶり、緊張と不安、親密さを醸す静かで抑制された演技とてもいい

 

クリント・イーストウッドの『ハドソン川の奇跡』。2009年の旅客機のハドソン川への不時着し全員が生還した事故とその後の国家運輸安全委員会による機長への追求を96分で無駄なく描ききる。力強い一級の傑作!それにしても衰えることなく86歳でこれ程の映画を作るイーストウッドに脱帽。

 

「ハドソン川の奇跡」今年は色んなニューヨークを観るなあ。綱渡りだのゴーストだの動物だの亀だの。ニューヨークに泣かされる、は同感。綱渡りでも結局喪失の光景が一番ぐっとくるんだよ。

 

『ハドソン川の奇跡』、全編IMAX楽しめた。複雑じゃないから96分で充分。でかでかと飛行機が着水。二人のあの会話は唯一和むね。本編前のIMAX導入シークエンスから離陸してるね。

 

「ハドソン川の奇跡」早速観てきました。飛行機の着水だけでなく他にも同じようなシーンの繰り返しが多いのに全然飽きずに見入って楽しめました。ヒューマンドラマ系の作品たまには映画館で見るのも良いですな

 

『ハドソン川の奇跡』、過剰に人間ドラマや感動演出を盛り込むわけでなく淡々としていて、「あの状況下で着水判断した機長のプロ仕事凄すぎる」「しかも全員無事とかなんたる奇跡」を改めて、改めて噛み締めて「そうだよあの件は奇跡だよ…凄い…凄いよ!」ってなれるとても良い映画でした。

 

「ハドソン川の奇跡」、1549便が着水した後の救援が来ることになった描写がすごく好き。おそらく事実とは異なる少し話を盛ったようなステップを踏むんだが、あれぞ映画の語り口。実に心地よい。正確さより心地良さ。

 

『ハドソン川の奇跡』。『シン・ゴジラ』を観てプロが活躍する作品に痺れたものだが、この映画もまたプロがプロとして仕事をし、その意地を見せる作品で、実話ってことも考えると非常に爽やかな気分でスタッフロールを迎えられるから不思議だ。イーストウッドってやっぱり凄いなぁ。

 

ハドソン川の奇跡、バードストライクでエンジンが壊れて、機体がどうにもならなくなった時に、機長が『ハドソン川に下りる』って言った時の、副機長の『機長、あんたマジすか!!?』っていう表情が必見なので、是非見てください。私も『あんたマジすか!』って心の中で呟いたから。

 

「ハドソン川の奇跡」さすがイーストウッド&トム・ハンクス!!無駄の無い見事な作品だった。終始眉間に皺寄せてイーストウッドみたいな演技だったねトムさん

 

『ハドソン川の奇跡』。アメリカ映画ってこうあるべきなんだよな、という納得が嬉しかった。トム・ハンクスとアーロン・エッカートの肩越しに、着水した飛行機が見えるロングショットの美しさ。イーストウッドはすばらしい。

 

スポンサーリンク

 


 

映画『ハドソン川の奇跡』を観た人の感想、評価、口コミ続き

ハドソン川の奇跡、鑑賞。ドキュメントのような映画だった。エンジンが2つとも壊れどこの空港にも戻れないと 判断した機長の英断の行方は?Sullyが原題。本当に機長サリーを語る作品。良かった♪

 

「ハドソン川の奇跡」、「オデッセイ」や「シンゴジラ」に通じるものがあるからこの二作がハマった人はイーストウッド作品にあんまり縁が無くてもオススメしたいなぁ。 真の英雄的精神とは、もしかしたら「人間の理性」なんじゃないかと。

 

大傑作だった!エンドロール中、アタシずっと泣いてた。感動した。これ、今年のベスト10に入るかも。あと、この作品はやはりIMAXで見て正解でした。臨場感ヤバかった。 機長、あなたは英雄です。ありがとうありがとう。

 

クリント・イーストウッド監督「ハドソン川の奇跡」(続き)。911以降の米国で、飛行機のコントロールを人間が取り戻し、大きなトラウマを負ったNY市民、特に航空界、消防・警察関係者の慰めになった「イベント」を描いた映画とも言えます。

 

『ハドソン川の奇跡』。あくまで映画の中のサリーについてだけど、かなりイーストウッドの姿が反映されているような気がした。若くて可愛い女の子とのやり取りとか。暗闇の中でサニーの目だけに光が当たる冒頭の場面なんか、特にほぼ俳優イーストウッドだった。演じてるのはトム・ハンクスなのに。

 

『ハドソン川の奇跡』。これぞアメリカ映画、という堂々とした作品。とてもよかった。不時着水から、公聴会(hearings)で真実をつまびらかにする流れは、裁判映画の変奏である。アメリカでもっとも人気のあるサブジャンル、裁判映画のフォーマットがみごとに機能する力強いフィルム。

 

「ハドソン川の奇跡」というタイトル、実は良い邦題でもあるのかもしれない。原題は貴重の名前の短縮系である「サリー」なのだが。これはこれでありだと解釈も可能。

 

クリント・イーストウッド監督「ハドソン川の奇跡」見ました。実話をコンパクトにかつ力強い人間ドラマにまとめたイーストウッド監督は、相変わらず絶好調ですね。様々なシーンを用意した飛行機のシークエンスも迫力あるし、後半の裁判ドラマ的な展開もスリリング。

 

イーストウッドは86歳。 あと何本この人の映画を観れるんだろうって鑑賞中ずっと思ってた。

 

ハドソン川の奇跡鑑賞してきた!機長の決断も素晴らしいけど、川への不時着なんて恐ろしい体験だっただろうなぁ、と(´Д` ) 来週から安全のしおりちゃんと読んでおこうと思った。。

 

「ハドソン川の奇跡」、「アメリカンスナイパー」と見事に対となったような映画なのかもしれない。そして、アメリカンスナイパーでは無音だったエンドロールに、本作では優しい優しい歌が流れる。つまりはそういうことなんだ。

 

ハドソン川の奇跡、ちょっと不満を言うと本編をあそこまであっさり描いてしまうならエンドロールのアレはちょっと過剰に見えるかも…もちろん感動的で素晴らしいと思ったけどいっそ全部あっさりでもよいかなぁと。

 

「ハドソン川の奇跡」鑑賞。 世界的にも有名な航空機事故、全員生存で良かったね!という印象しかなかったけれど、実際機長と副機長への責任追及はかなりのものだったと初めて知った。作中での機長の精神的な負担は相当あったと描写されていて、トム・ハンクスの演技が光っていた。

 

 

『ハドソン川の奇跡』観た。95分あれば人間ドラマ、航空パニックサスペンス、群像劇、ミステリーといった要素を含んだプロフェッショナルムービーが作れることをイーストウッドは教えてくれました。多過ぎず少な過ぎず、美味しく皿の上に盛り付けられた映画だ。その手つきに驚いた。プロだ。

 

ハドソン川の奇跡…IMAX鑑賞。IMAXカメラで撮影されたそうなので画面いっぱいに広がる飛行機の飛行シーンが素晴らしいのはもちろん、人物の頭が目一杯構図の上に入ってるんだけど、これ普通の上映だとカットされてるのかしら?あと、音響が良い。

 

「ハドソン川の奇跡」 イーストウッド、世の中に怒ってるんやろうなぁ… って構えて観に行ったら、物凄い人間讃歌でビックリ。 ど直球でめっちゃ良かったです。 しかし邦題って、いい加減なんとかならんかね? 原題「SULLY」やで。

 

「ハドソン川の奇跡」良かったー。飛行機が地面が近づく時に操縦席で流れる警告音、日航機のニュースでも何回か聞いたけど胃がキュッと来る。緊急地震速報聞いた時と同じような感じ

 

実話だけどこの手のストーリーの映画は必ず胸くそ悪い保険会社とか責任を個人に擦り付けようとするの出てくるけど、今回も例外なく登場!でもスッキリ気持ちよく終わった。面白かった!

 

「ハドソン川の奇跡」ムービルにて鑑賞。サリー本人は英雄と呼ばれるのを嫌っているそうだが、この映画は紛れもなくイーストウッド監督によるヒーロー映画だ。42年間の経験の積み重ねの上に成り立つ判断は、外野の人間がとやかく言えるものじゃない。そんなイーストウッド監督の「喝采」が聞こえた。

 

本作『ハドソン川の奇跡』は前作『アメリカン・スナイパー』とまさに表と裏!!2本で1本の作品と言っても過言ではない!!人を殺して英雄になるのか、人を救って英雄になるのか。アメリカの英雄病と「英雄」から離れた「個人」の物語をイーストウッド御大は描いてくれた!最高最高最高!

 

「ハドソン川の奇跡」今のところ下半期1位ですね。私の中で。映画観て良かったと思った人は、サレンバーガー氏の手記でこの原作でもある「機長、究極の判断」も読んでみて。

 

ハドソン川の奇跡鑑賞。ここまで簡潔に事故状況と奇跡のようなプロ達の仕事、サリーの不安を描写するとはさすがイーストウッド。ひたすらよく出来た映画だなと感心し続ける。そしてあの時アメリカは不安な時代だったということ、そんな時代にあの奇跡がどれだけ心の支えになったのかを改めて実感した。

 

洗練され一切の無駄のないタイトな仕上がりといい!!ラストに向け上昇し続けるエモーションといい!!登場するプロたちの仕事ぶりといい!!やっぱりイーストウッドはハワード・ホークスのプロフェッショナルさを受け継ぐ者だよ!!

 

『ハドソン川の奇跡』をIMAXで観てきました!イーストウッドのコンパクトでエモーション過ぎない演出が合っていて、最後までハラハラが途切れませんでした。

 

安定と安心のイーストウッド監督&トム・ハンクス。 期待通りの作品。90分とコンパクトなのも素敵。 あとBrBaのスカイラーが出てた!!!!!

 

『ハドソン川の奇跡』できるだけ結論はわかりやすくしているけれど、実際の事故の一部始終に関してはできるだけ事実の列挙にとどめていて、そこが分かりやすい人と分かりにくい人に分けてしまいそう。正直どこまで観た人に通じているのか分かりかねる。

 

「ハドソン川の奇跡」この小ささがいい。静かに誇りを語る。トム・ハンクスとアーロン・エッカートの廊下でのシーンに涙が溢れる。ただ、トム・ハンクスとアーロン・エッカートのまま終わってほしかった…実話でも映画のままで。「ブレイキングバッド」のスカイラーも出番は少ないものの心に残る。

 

抑えた演技に抑えた演出。この映画自体ひとりの人間を英雄視し過ぎることなく、この事故に関わった人々への、ひいてはNYへの賛歌なのだなと感じた。エンドロールに入ると共に静かに感動が込み上げてきた。

 

 

●キャスト●
トム・ハンクス
アーロン・エッカート
ローラ・リニー

●スタッフ●
監督	クリント・イーストウッド
脚本	トッド・コマーニキ
原作	チェスリー・サレンバーガー 、 ジェフリー・ザスロー
●その他●

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.