【口コミ・ネタバレ】映画『64 ロクヨン 後編』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ミステリー 小説

【口コミ・ネタバレ】映画『64 ロクヨン 後編』の感想・評価評判

投稿日:06/11/2016 更新日:


「出演者が豪華すぎる。中年になって渋みのある演技をしてるのが感慨深い。」「観てない人は前編⇒後編と一気見してください」「佐藤浩市の格好良さは凄い!」

 

64
上映中【2016年6月11日(土)公開】

 

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。-Movie Walker-

 

 

映画『64 ロクヨン 後編』を観た人の感想、評価、口コミ

『64ロクヨン後編』観てきました。すごく面白かった(^^) 俳優さんたち みんないいです。すごくいい映画です。

 

「64ロクヨン後編」原作未読だけど後半が物凄く駆け足に感じた。前半のロクヨン模倣事件の部分は面白かったんだけど、クライマックスの予告で三浦友和が言っている犯人を昭和64年に引きずり戻す、という方法があまりにも偶然に頼り過ぎでなぁ。もっと計画的になんとかして欲しかったな

 

「64-ロクヨン-後編」鑑賞。1ヶ月楽しみにしてきたけど、ちょっと期待はずれ…ポスターで犯人もわかってたしそれは良いのだが、前編の勢いが完全に失速。それにしても相手のやる事に慮れん人間ばっかだな。雨宮の執念だけは秀逸。二課長の会見はギャグだった。

 

64-ロクヨン-後編を観てきた。犯人を探すというより、被害者や関係者達の行動の結末を追っている描写が良かった。本当に昭和64年に置き去りにされたままという言葉がピッタリな作品だった。奥深くて見応えがありました。

 

『64 ロクヨン 後編』前編を現像液に浸し、鮮明に浮き出る各場面にゾクゾクした。まるで自分までこの時代に引きずり戻された感覚。昭和イズムの様なそれぞれの仕事ぶり、泥臭さこそが人間だと。事件の全容だけが魅力ではない満足の一本。

 

「64 ロクヨン後編」を観た。 緒方直人の姿に圧倒された。 と言うか、豪華で重厚すぎて何も言えない。

 

【64-ロクヨン-】前編は最高で後編やや失速かな。 出演者が豪華すぎる。主演の佐藤浩市を含め中年の役者さんに感情移入。若い頃はチヤホヤされてた役者さん達が今ではすっかり中年になって渋みのある演技をしてるのが感慨深い。

 

「64 ロクヨン 後編」オープニングから佐藤浩市さんの演技に圧倒され、永瀬正敏さんの演技に引き込まれて、気づいたらエンディングでした。前編・後編とも、また観に行きたい!

 

64ロクヨン後編...観終わりました。 見応えあった。 アレとコレがこうやって、あぁなって 繋がってこうなるのかぁー(笑) 前編を観た人は、是非後編も観てください(笑) まだ、観てない人は前編⇒後編と一気見してください(笑)

 

『64 –ロクヨン–後編』鑑賞。こういう組織の(大人の)汚ない部分をリアルに描いていて、なおかつ悲しい作品って、感想がコンディションで左右される。最近はとにかく明るい話を観てスカッとしたい気分なので、評価は“普通”です。でも、見応えはあります。 ★★★☆☆

 

待ちかねた 瀬々敬久「64 ロクヨン 後編」観てきた。とてもよかった。役者陣の演技に圧倒されっぱなしだった。午前早い回だったけどけっこう入ってましたね。瀬々監督よかったなー。鉄塔、川べりの公衆電話、どんど焼の火。ああ、瀬々監督だなーと思う。

 

「64-ロクヨン-後編」観て来ました〜(^_^) 見応えありました! 佐藤浩一さん、三浦友和さん、正義を貫く姿に感動!終盤に64の犯人が連行されるシーンで、その姿を観てしまった幼い娘が絶叫するシーンは印象的でした。

 

『64-ロクヨン-後編』鑑賞。豪華な役者陣による魂込めた演技合戦。力強くかつ美しい映像。映画ならではの改変にも作り手の想いを感じた。全てが濃い。前編とはまた違う熱量と展開を堪能。満足です。

 

 

「64 -ロクヨン- 後編」観ました。個人的には前半の方が板挟み感あって見応えあったような。いくつかギャグでやってんのか?と思うような場面が…。いや、真面目だしシリアスなんだけど。俳優は達者ばかりで安心感。緒形直人の表情芸は力入ってるなw

 

映画『64 ロクヨン 後編』 ★★★3.0点。 原作に手を入れての結末で、カタルシスが担保されました。それでもやはり前後編、通しで公開すべきだったと思います。

 

ずっと観たかった映画『64-ロクヨン- 後編』を観る。前編とは全く違い、ミステリー色が強くアリバイも手が込んでいる。撮影や大道具をつくるのも大変だったのだろう。またラストの公衆電話からの着信がいい。 しかし大傑作だ。瀬々敬久監督は、さすがだなあ。また前後編で、続けて観たい

 

『64-ロクヨン- 後編』 監督 瀬々敬久 二部作の後編。感想を一言で言うと役者陣の演技を堪能する作品。前編もそうでしたが、佐藤浩市を筆頭に端役から主役までがお互いを鼓舞しあっているような印象。物語と役者が相まって、感動するのではない。役者の演技、熱意に涙する作品だ!

 

64-ロクヨン-後編 を観た。 テレビ版よりもわかりやすい。 ラストが明確でこっちの方がいいかも。 テレビ版はそっちのよさもあります。 どっちも面白いということだね。 原作も読まないと。

 

『64-ロクヨン-後編』面白かった。 あーそういうことだったんだーと思った。前編で張り巡らされた謎を後編で綺麗に解いていく、あの感じが良かった。

 

「64 -ロクヨン-後編」鑑賞。 序盤は、またしてもマスコミの畜生さが賑わせていたけれど、中盤以降の模倣事件からロクヨンの真相解決まで、実にテンポ良く適度な緊張感が続いて見る事が出来た。 しかし佐藤浩市の格好良さは凄い。主役だからか特に際立ってる。

 

「64 -ロクヨン- 後編」だん。自分が好きなタイプの映画ではありませんが、メチャクチャ良かったです。👍👍 ストーリー、役者さんが素晴らしい。

 

「64-ロクヨン-後編」公開おめでとうございます!前編観終わった瞬間から楽しみすぎて。やっとみれるー♪♪不機嫌よそおいつつ、大ヒットですねって言われて微笑んじゃう浩市さんがすてき^_^

 

映画『64-ロクヨン-後編』を観賞。前編とは何処か違う空気が流れてた。前後編とも変わらぬ榮倉奈々に脱帽。しかし生命を感じる作品でした。予想してなかった展開だったし原作を読んでみようかな。俺なんて過去にやり残した事だらけ。

 

『64 ロクヨン 後編』組織のいざこざがメインみたいなところがあって、一応ヒューマンドラマではあるけどやっぱり腐れきった警察や終始喧嘩腰で無礼な記者クラブにウンザリはしたけど俳優陣の演技はとても良かった。後編は特に永瀬正敏さんが素晴らしかった。しかしストレス溜まるわー(笑)

 

「64 ロクヨン 後編」"意義なし" 原作の流れを忠実に抜き取り、これまでにない豪華キャストにもそれぞれ上手く見せ場作った結果、逆に今までの前後分割に意義を示した。しかしながら、ご都合主義の登場人物/背景には否定的。3.5/5

スポンサーリンク

 

 

 


映画『64 ロクヨン 後編』感想 映画『64 ロクヨン 後編』口コミ 映画『64 ロクヨン 後編』評価 映画『64 ロクヨン 後編』評判 映画『64 ロクヨン 後編』あらすじ 映画『64 ロクヨン 後編』試写会 映画『64 ロクヨン 後編』レビュー 映画『64 ロクヨン 後編』興行収入 映画『64 ロクヨン 後編』動員数 映画ランキング

映画『64 ロクヨン 後編』を観た人の感想、評価、口コミ続き

『64 ―ロクヨン― 後編』観る。誘拐捜査も記者会見も明らかになる真相も、何もかもが虚ろで哀しい茶番。それでも組織は死にもの狂いで駆動する。誰にも止められない。愚者を取り囲む無数の視線。被害者/加害者を同化する死んだ魚の目。水に吸い寄せられてゆくような終幕。大力作。監督瀬々敬久。

 

「64 ロクヨン 後編」鑑賞。未解決事件を模倣したと思える誘拐事件の顛末をスリリングに描写。さらに原作とは異なる後半の展開で、人間の心の闇と犯罪の持つ複雑さを表現。同じ瀬々敬久監督の「ヘヴンズ ストーリー」と通底するものを感じてしまいました。何にしても身応え十分の作品です。

 

64ロクヨン、なんかやばくて前編だけで5回くらい泣いたんだけど、後編終わったら全身の水分流しきってるかもしれない…

 

64ロクヨン 後編の刑事の中に忍成修吾さん(デスノの魅上)がいて、出演してるの知らなかったのでびっくりしたw 柄本兄は安定の兄だった。そういや烏丸せつこさん、映画ハサミでは窪田君の叔母さんだったけど、今回、日吉君のお母さんだったんだね。最初きづかなかったよ。

 

64ロクヨン後編観てきた!! 初日舞台挨拶でキャスト登壇したけど豪華すぎて夢みたいだった! 瑛太に会えてほんとうに嬉しい☺️ 思いがけない結末で観終わったあとも余韻が冷めなくてうまく伝えられないけどこんな面白い映画久しぶりに観たかもしれない。

 

『64 -ロクヨン-後編』鑑了。原作から大きく転換する中盤からは一秒ごとに息を呑み、弛緩が許されない眼球疲労はエンディングまで続く。前編で翔子が握っていた繭玉。そこにこめられた記憶のバトンが渡される…

 

「64-ロクヨン-後編」★★★☆ 前編に引き続き情熱の佐藤浩一劇場。事件解決に向けてのサスペンス的な展開と言うよりは内に秘めた思いがぶつかり合う人間ドラマと言った印象の方が強い。真面目なしっかりとした作りである反面、単調過ぎる感も否めない。

 

「64-ロクヨン-後編」舞台挨拶後の上映。濃密な時間が流れて、まだうまく感想が書けない。ただ、エンドロールが終わって客席から拍手が巻き起こったことを、ここにお知らせします。

 

とにかく64ロクヨンすごかったです。 とてもとてもよかった。 日本映画ばんざい。 緒形直人すごいわぁ。ムカつく人もいるけどそれぞれの正義なんだなぁ。後編の赤間さん(滝藤さん)はちょっとかわいかった。

 

映画『64-ロクヨン 後編 』 瞬きする暇もありませんでした(*_*) 感無量。

 

「64 ロクヨン 後編」にCheck-inしました。 2部作にする必要がないんじゃないかと思われる作品が多い中、本作は前後編といわずもっと観たくなる。 テレビドラマでは描けないような細かい演技が光る映画ならではの作品。

 

64-ロクヨン-の前編・後編見てきた!! 臨場感まじで半端なかった。うん、ただただ圧倒されました。

 

64ロクヨン前編もう一度見たけど面白かった。64ロクヨン後編は期待以上ではなかった。展開が読めていたので残念感が。

 

 

『64(ロクヨン)後編』を見てきました。前編からの続きで64を模倣した女子高生誘拐事件から始まり64に隠された真実に繋がっていくストーリー。前編は被害者の視点に対し後編は加害者の視点でも楽しめるよ😉親が想う子への気持ちに(涙)(涙)

 

64ロクヨン後編観てきた。前編が「動」、後編が「静」という感じだけどそれぞれの家族の在り方が描かれていたし前編からの伏線が、あぁ、、そうだったのか(T^T)と繋がってじんわりときた。できれば前編後編続けて観た方が良いかも。もうちょっと窪田くんの出番が欲しかったけどw

 

『64(ロクヨン)後編』公開初日のあさイチで観る。組織を守るためには、犠牲になる者がいてもやむなし。そんな中で、人間として生き貫いた三上広報官(佐藤浩市)。ロクヨン誘拐事件被害者の雨宮芳男(永瀬正敏)との心の繋がりに、隣の席にいた若い女性にも涙が見えた。

 

『64 ロクヨン 前編』凄かった。ストーリーも引き込まれたけど佐藤浩市さんの演技が凄すぎて。某シーンで、そんな泣くところでもないと思うのに自然に涙が流れてしまった。後編はもっと展開がありそうで楽しみ。

 

『64-ロクヨン-』は1日で見るなら前編見て食事とか休憩とってからの後編というのがいいかも知れない。気力体力あれば一気見もOKだが。原作は読んでない方がいいかな、難しいところ。私はかなり前でいい具合に忘れてた。

 

映画「64 ロクヨン 後編」を観てきた。先月観た映画の後編だ。朝から結構な人の入り。午前一番の回でチケットは残数少の表示が出ていた。後編なのだから当然犯人分かる。犯人役の俳優さんを久々に観た、イイ。満足して帰る。

 

『64-ロクヨン-後編』鑑賞。豪華な役者陣による魂込めた演技合戦。力強くかつ美しい映像。映画ならではの改変は賛否ありそうだが作り手の想いを感じた。全てが濃い。前編とはまた違う熱さと展開を堪能です。

 

「64ロクヨン後編」前編で巻いたネタの回収が全体的にぞんざいなのが残念…。三上の娘、本庁と県警の対立、幸田メモ、引きこもりの戻るとか録音班等々の後編での扱いとその結末の描き方が雑に思える…。また、前編は良かった系二部作映画に名を連ねる作品が増えてしまった

 

※随時更新中※

 

 

●キャスト●
三上義信	佐藤浩市
諏訪	綾野剛
美雲	榮倉奈々
三上美那子	夏川結衣
目崎正人	緒形直人
日吉浩一郎	窪田正孝
手嶋	坂口健太郎
柿沼	筒井道隆
村串みずき	鶴田真由
望月	赤井英和
漆原	菅田俊
日吉雅恵	烏丸せつこ
御倉	小澤征悦
蔵前	金井勇太
三上あゆみ	芳根京子
石井	菅原大吉
落合	柄本佑
辻内欣司	椎名桔平
赤間	滝藤賢一
荒木田	奥田瑛二
二渡真治	仲村トオル
幸田一樹	吉岡秀隆
秋川	瑛太
雨宮芳男	永瀬正敏
松岡勝俊	三浦友和

●スタッフ●
監督	瀬々敬久
脚本	瀬々敬久 、 久松真一
原作	横山秀夫

●その他●
主題歌	小田和正

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ミステリー, 小説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.