【口コミ・ネタバレ】映画『カフェ・ソサエティ』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ロマンティックコメディー

【口コミ・ネタバレ】映画『カフェ・ソサエティ』の感想・評価評判

投稿日:


「1930年代にタイムスリップ」「上流階級の男女の恋物語」「大人向け切ないラブストーリー」


上映中【2017年5月5日(金)公開】

 

黄金期のハリウッドを舞台に、美しい女性と恋に落ちた青年の運命を描く、ウディ・アレン監督によるロマンティック・コメディ。ジェシー・アイゼンバーグが夢見がちな主人公の青年を、彼が恋に落ちるヒロインをクリステン・スチュワートが演じる。“夢”や“人生の選択”といったテーマをアレン監督ならではの解釈で探求する。-Movie Walker-

 

 

映画『カフェ・ソサエティ』を観た人の感想、評価、口コミ

『カフェ・ソサエティ』見に行かせて頂きました。 ウディ・アレンの最新作。 最高でした…。 私、好きな映画監督は沢山居るんですが その中でもウディ・アレンは特別というか…殿堂入りというか…

 

「カフェ・ソサエティ」 ウディアレンの映画は幾つも観てるけどやっぱり一番面白くて、 人生最高だな…としみじみ感じるのは、痩せっぽっちの卑屈なじいさんが喋りまくるシーンだな。 今回はちょっとウザさが足りなかった。笑

 

オシャレムービー ウッディ・アレンだしオシャレ映画なんだろうなぁと衣装とか雰囲気に期待して観に行きました。 実際めちゃくちゃ衣装可愛いかったです。女の子はもちろん男の子もオシャレでさすがハリウッド黄金時代設定だな…ってかんじです。パーティーシーンも結構あるのでドレスとか煌びやかで素敵です。 ストーリーはちょっともやもやする感じでした。ストーリーについてはあんまり期待してなかったんですが、期待よりかは面白かったです。個人的にはラストでここで終わらせるのーーっ?と思っちゃいました。でも今となってはあそこで切ってもらってよかったかも… ただクリステン・スチュアートに不倫ネタやらせていいのかな?と無駄にドキドキしてしまいました(笑)ブレイクは文句なしに綺麗でした。ライヤン・レイノルズが羨ましい限りです(笑)

 

切なさと音楽 期待していた以上に切なさの残る映画でした。 この作品の監督が誰かを知らないで観ても、映画ファンならウディ・アレンだと答えると思います。 観ながら思っていたことは、「ウディ、〇〇の役、自分が演じたかっただろうなあ(よく我慢したなあ)」ということです。 切なさ・・という点では、「ラ・ラ・ランド」級だと思いました。

 

30年代にタイムスリップできたし衣裳すてきだったけど、、なんか伝わらなかった

 

ウディアレン作品の中でも5本の指に入る好きな作品となった ハリウッド批判とニューヨーク礼賛といういつものヤツが混ざっているが、かなりストレートに「昔の彼女がずっと自分のことを忘れないでいてくれるといいなー」という男のヘタレな願望が表現されているピュアファンタジー 現実世界で様々な恋愛の戦場を経験した真の助平たるウディ師匠だからこそ描ける「でも、女っていいよね笑」というメッセージもはいっとるし、男版タラレバ話としてはララランド以上にど直球に楽しめ、同時に味わい深くもある

 

これが「ラ・ラ・ランド」でいいんじゃないか。

 

ゲスってる上流階級の男女の恋物語。 音楽と軽快なテンポで進んでいく展開は観ていて全っ然飽きません!1930年代ジャズも最高!女性ウケが良い映画かな...?🤔(おすぎもオススメしてました。笑) 最初はボビーとヴェロニカ(1人目)がイケイケに攻めすぎて調子乗ってるなーってめちゃめちゃ思いましたけど、最後はシュン...😞とした気持ちになりましたね。過去には戻れないです、きちんと選択をしましょう...。😞

 

ジェシーアイゼンバーグはアレン翁の代役として出色の演技をしており、特に序盤のユダヤ人コールガールとのくだりは70年代のウディ本人を見ているかのよう。彼のボンクラな世界観が好きな人にはたまらんと思います

 

最高に 、儚い……。 それに尽きる、堪らん いい映画です ラストシーンのジェシー・アイゼンバーグの表情、たまらんものがある オトナな映画

 

30年代の雰囲気がよかった フランス映画っぽくてすき 途中、蛍の光流れたきがする(笑)

 

現在公開中の今年度アカデミー賞6部門に輝く「ラ・ラ・ランド」を彷彿させる。 そして「ラ・ラ・ランド」同様に“叶う夢もあれば、叶わない夢もある”。 ウディ・アレン監督は、主演のジェシー・アイゼンバーグ、ヒロインのクリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー、スティーブ・カレルという旬なキャストで、当時の煌びやかな社交界とそこに生きた男女の光と影を浮き彫りにする。 ラストの何とも言えない“切なさ”が心に余韻を残します。

 

『カフェ・ソサエティ』 楽しませていただきました。m(_ _)m 観覧者方々の層に(ある程度の予想をしてたとは言え)まったく馴染めない野澤でしたが本作。ウディ・アレンの最新作です。

 

 

ハリウッドとNYの華麗なる社交界で2人のヴェロニカに恋に落ちた青年のお話。 ララランドと言い、ハリウッドは本当にオシャレだね、夢に溢れるね✨と言った世界観がガンガンと伝わってくる…。そういう意味ではとても観やすいイントロ。 お話は語り部もいるので世界観に入りやすく、ハリウッドとNYの描き方も差があって成功や夢にあふれているから娯楽としては素敵。でも、最後何かありそうでなさそうな感じが・・・。うーむ。 女子は好きな映画ですね!以上!

 

観て良かった作品。 それなりに不貞さを含みつつ、鑑賞後に爽やかな気持ちになれる作品。軽快な音楽と、懐かしめな色味が素敵でした。

 

1930年代。平凡な青年ボビーが社交界デビューするのを見守る映画。 ボビーの日記みたいな映画でした。特に劇的でもなく誇張もせず彼の等身大の日記。2人のヴェロニカに出会い社交界デビューしていく。そこに思いもよらない恋の敵が現れ、、、そこはコメディタッチで進んでいきます。クリステン演じるヴォニーは相当のビッチですがそこもこじんまりと描かれていました。逆にそこが社交界なのかも。不倫くらいどうってことない。大ごととして捉えない。それが社交界なのかもしれません。 ボビーの青春はヴォニーでできているんですね。ヴォニーはボビーにとって社交界の道への第一歩でした。ボビーの人生においてキーパソンだったのではと思います。ブレイク演じるヴェロニカは可愛らしい新妻でした(笑)

 

キャストの衣装や舞台になる場所などが、煌びやかで華があり、魅せる映画だった。 前半のストーリーは面白かったが、終わり方が中途半端…残念。

 

「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼルよりずっと先に、生粋のジャズ・オタクがここにいたなと思い出しました(笑)“映画は魔法だ”と、少し落ち込む日々が続いていたのですが、見事に魔法にかけてくれました!(*^¬^*) ウディ・アレンは、近年は特にビタースウィートなおとぎ話しか作っていないですし、苦手な方なのですが、本作は彼の作品の中で一番好き!So Lovelyです♪場面切替えが少し気になりましたが、会話劇がウィットに富んでいて、ピリッと辛い白ワインの様で、何度もクスリと笑ってしまいました。

 

LALALA~より、断然!

 

ウディ・アレン最新作「カフェ・ソサエティ」。 1930年代のハリウッド〜ニューヨークで繰り広げられるオシャレなオシャレなラブストーリー。 主役のボビーにジェシー・アイゼンバーグ。「グランド・イリュージョン」とは違って、素朴でシャイな青年を好演。そのボビーくんに絡むのがクリスティン・スチュワート(「トワイライト」)とブライト・ライブリー! 美しい〜! 美しすぎる〜! ハリウッドやニューヨークに集う上流階級のファッションの数々。全編にわたって流れるジャズ。目から、耳から、オシャレ100%。 誰の人生にもあったであろう、淡くかなしい恋愛の岐路を、ウディ・アレン流のゆったりとしたノスタルジックな時間の中で描いています。 素敵な夜を過ごせる映画です。 (ブライト・ライブリーが家で待っててくれるんなら、絶対浮気なんかしない! 絶対(^^))

 

クリステン・スチュワートは「トワイライト」シリーズより何より本作のヴォニーは可愛い!!(*´∇`*) 意外にレースが似合うんですね。知的な文学少女のクリステンと誰もが振り返るチアリーダー・タイプの華やかなブレイク・ライヴリーを反対ではなく、この配置にしたのも見事です。アレンが目を付けたということは、ライブリーも本格ブレイクするのかな?ちなみにナレーションは久々にウディ・アレン自身が担当していて、これもまたイイ感じです♪終わり方まで凄く好みな“映画の魔法”時間でした(*^▽^*)

 

いつものウディアレンのたまにニヤってくるやつは楽しめた。 残念なのは2人のヴェロニカにイマイチ魅力を感じられなかった。 ゴシガルのセリーナ、まんまだったなー笑 ボビーと家族はいい味出してたなー。兄さんのわかりやすい生き方嫌いじゃない

 

さすがウディアレン!って感じのお洒落さ。セットも衣装も使ってる曲も、すべてがお洒落で終始この世界観にウットリ、、色遣いが可愛くてすごく好み!

スポンサーリンク

 

ロマンチックでお洒落な世界に、ウディアレン節全開。いつもと同じように、人生でこんなもんだぜ!ってことを突きつけてくるんだけど、試写室に笑いが起きるぐらい皮肉交じりのユーモアも健在。でも"人生は喜劇、残酷な筋書きの"ってゆう言葉が思いの外響く。めっちゃ響く。ただこれの救いは、ちょっとイっちゃってるおじいちゃんが作ってるってこと。若い時大変でもなんとか大丈夫だ生きていけるんだって思えること、、、

 

そう、恋はタイミング。リズミカルに流されるのが、正解だ。

 

 


 

映画『カフェ・ソサエティ』を観た人の感想、評価、口コミ続き

1930年代 アメリカ 故郷・ニューヨークでの日々に希望を見出せずにいた青年 ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、映画業界でエージェントとして活躍する叔父 フィル(スティーヴ・カレル)を頼りにハリウッドへとやってくる。 多忙を極めるフィルに代わり、ハリウッド見物の案内役として紹介された秘書 ヴォニー(クリステン・スチュワート)。 一目で彼女に恋に落ち 叔父の仕事を手伝いながらアプローチを続けていくボビーであったが、ヴォニーにはワケありの恋人がいた…。 すれ違う男女の恋愛模様を通し、人生の喜び・虚しさ・希望を描いた作品だ。

 

ウディ・アレンは残酷な世界を、不完全な人間の姿をいつだって描く 同時に、抗えない現実を受け止めた先でしか得られないモノも必ず描いている 皮肉にまみれていても、希望は残されているのだということを 人生悪いことばかりではないということをユーモアたっぷりに描いている ウディ・アレンこそ、その希望を 人の可能性を誰よりも信じている男なのだとぼくは思う。 今年で82歳 これからも変わらずに年1ペースで、健康に映画を作り続けていって欲しい 人生の 恋の先生で在り続けて欲しい。 GW、ぜひ劇場でご覧ください。 青春★★★ 恋 ★★★ エロ★★★ サスペンス★★★ ファンタジー★★★ 総合評価:B

 

ちよっと昔のハリウッド豪華でタイムスリップした気分になった

 

女性向けオシャレ映画かと思えば、男性でもかなり楽しめました。 ララランドのトレンドで観られることが多いと思う。あっちが夢ならこっちは現実。 女の子と盛り上がる感じとかデリヘルに説教しちゃう感じとか、そのへんの描写が好き。

 

クリステン・スチュアートに ブレイク・ライヴリー そしてジェシー・アイゼンバーグ 大好きな役者陣!最高のキャスティング!! 1930年代のゴージャスなアメリカを舞台に品のあるジョークが飛び交いまくり、ユーモラスでたくさん笑った!ファッションも見所満載!

 

日本はララランド大フィーバーのようだが、他のレビュー者さんとおなじくわたしも断然こっち派。 ララランドにはまったく共感持てなかったけど、こちらはどハマり。 やはりウディアレン、美しいセリフにうっとりしてしまう。 是非是非こちらも見てください。

 

アイゼンバーグのキレッキレでたたみかけるようなセリフ回しが大好き。憎たらしいイメージ強いけど(「ソーシャル・ネットワーク」で)今回の彼が演じるボビーは鈍感でピュアな愛らしい男性。 ただ、それは他人事だからで、よくよく考えたらけっきょくかい!って男の心境現実問題突きつけられて…思い出したら腹立ってきた。笑 ストーリーとしては、もう少し時間の経過を感じられるものであれば…と思う部分も。

 

ラ・ラ・ランドのような雰囲気だけど、私は断然こちらの方が好きです。 ウディ・アレンらしいな~~という洒落た台詞とユーモアが大好き。 やっぱりブレイクは画面映えする! クリステンも美人なはずなのにブレイクに負けていた(笑) 最後は、切ないけれどちょこっとモヤモヤが残る。。。 「永遠に続く想いもある。それって悪いこと?」

 

やっぱりウディ・アレンが好きです。笑 とてもとても失礼な比較だけど 「ウディ・アレンが描いたララランド」だと思った 今までの彼の映画のエッセンスがたっぷり詰まっていてファンには堪らないし 何よりこっちのしょっぱい恋愛の方が親近感がある どんなに可愛い子と二人で出掛けても「君のボガートは誰?」なんて聞けないのが普通であり ジェシー・アイゼンバーグ(最高)演じる主人公はその僕らの"普通"を演じきっている(でもデートがロマンチック過ぎる!笑)

 

しゃれた世界観と粋なユーモアと小気味良いテンポ

 

ララランドよりこっちです

 

K.ステュワートの、白いリボン(ヘアバンド)最高にカワイイです

 

ニューヨークの感じも華やかで素敵だし 冷静にキャスト豪華よね、 内容的にはなんとなくララランドと似てる、のかな こっちを先に見たのでララランド見たときにそう思った 愛はタイミングすぎるなあ、

 

 

おしゃれ。付き合うまで一瞬だけど、付き合ってからの期間が細かいのが、なんかいい

 

日本版ポスター… またまったく映画内の色味と違うものを作りましたね… はぁ 30年代のハリウッドの情景や人々の服装がすごく素敵でした。

 

マジックインムーンライトを 超えるつまらなさ。 いつも以上に意味のない ウディアレンの妄想だった。

 

ウディ・アレン最新作を鑑賞。ここ最近の作品の中ではダントツに好き。 大人向け切ないラブストーリー。 30年代のニューヨークという設定もお洒落でたまらなかった…! ジェシー・アイゼンバーグが若い頃のウディ・アレンのようで、まるで乗り移ったかのよう。 クリステン・スチュアートって苦手なタイプだったけれど、魔性の女って感じで美しかった。ウディの好きそうなお顔の女優さん。

 

鑑賞!ウディ・アレンの最新作。 1930年代、映画黄金期のハリウッド。ハリウッドで権力を持つ叔父の紹介で、映画界に足を踏み入れることになった青年ボビー。無垢で純粋な彼も、叔父の秘書ヴォニーに恋をしたことから次第にハリウッドの光と闇に飲まれて行くこととなる。 まずは世界観がツボ!とにかく30年代のアール・デコ風の建物や装飾、軽快なジャズ、黄金期を彩った往年のスターたちの名前が惜しみなく出てきて、それだけで魔法に浸っているかのよう。 時代も描き方も違えど、映画界の魔法と現実を舞台にしている点では話題沸騰中の『ラ・ラ・ランド』と若干リンクする点あり。

 

ラストのそれぞれのカット、役者の表情が熱烈に印象的

 

特筆すべきはやっぱり主役のジェシー!ウディ・アレンは色んな女優さんを見出して、自分の作品のミューズにしてきましたが、男優さんでここまで彼の世界観にピッタリ合う人はいないのでは? ウディ自身がもうおじいちゃんだから、あまり主演を張ることが難しい今、ジェシーのこの淡々とした表情、そして一見どこにでもいるような親しみやすい雰囲気、抜群の演技力は、多分ウディにとって最高のパートナーな気がしました。それくらい、本作の彼の魅力はピカイチ!!

 

ウディ・アレンが紡ぎだす極上の郷愁! ゴールデンエイジと呼ばれる1930年代の ハリウッドとニューヨーク。 精神的にも、もしかしたら物質的にも、 おそらく今より豊かだった時代を背景に、 万民共通の「ほろ苦い恋愛」を描く。 郷愁というものを受け入れる準備ができた (受け入れざるを得ない) 大人のためのストーリーだ。

 

全体的なストーリーは大人向け。この世は思い通りになるっていう恋愛ばかりじゃなくて、たくさんの苦い恋愛もあるってことを教えてくれます。 そんな苦い恋愛の中にある幸せなひと時や、夢のような時間を映画という魔法の世界を舞台に描いた作品。ウディ作品の中では決して派手な一本ではないし、古い映画マニアじゃないと分からないネタに溢れているようでしたが、それでも一見の価値ありです! 日本語版ではもう一回きちんと観直したい!!

 

ストーリーの紡ぎ方が素晴らしい。 「郷愁」は恋愛だけではない。 カフェに、映画館に、ショービジネス、 ギャング、豪邸と中間層の住宅地モザイク状に散りばめられる 一つ一つのシーンは、すべてが不可欠だ。それなのに尺は96分。 何を撮り、どのリズムで放り込めば、 シーンに最大の輝きを与えられるのか、 申し子、ウディ・アレンは知っている まさに名人芸。

 

男女の噛み合わなさ、タイミングの悪さといい「ウディアレンの映画!」って感じ。 スウィングジャズが流れるあの時代って素敵ですね。

 

序盤はすごく面白いシチュエーションで興味津々でくすくす笑えるし面白かったけど、エンディング虚しかった。。 クリステンスチュアートって超ハスキー声でめちゃ男っぽい人だから超ガーリーな服装は変だった!笑

 

★皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
Bobby	ジェシー・アイゼンバーグ
Vonnie	クリステン・スチュワート
Veronica	ブレイク・ライブリー
Phil Stern	スティーヴ・カレル
Rad	パーカー・ポージー

●スタッフ●
監督	ウディ・アレン
脚本	ウディ・アレン

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ロマンティックコメディー
-, , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.